リチウム電池の謎

0

    今日からホノルルです!

     

    前に国内線ですが、バッテリーを預け荷物に持っているだろうと言われたものの

    実際スマホの予備バッテリーとかは持っていなくって、なんのことだかわからなくて

    全荷物を開けて説明させられて、大変だったことがあります。。

    結局何のことだったのか教えてももらえないままともかくオッケーって言われて

    何が何だかわからないまま帰ってきたのだけれど。

     

    その時に改めてよく見たのが

    え?

    ボタン電池もダメなの?

    こういう薄いデジカメとかのバッテリーもダメなの?

    というこの図。

    サイコンには確かにボタン電池も入ってるし。

    持ってるデジカメにはどれもこんなバッテリーが入ってる!

    ライトも充電できるということはこういうのが入ってるはず!

     

    自転車関連のアイテムには、リチウム電池とかリチウムイオン電池とかに

    絡むものが多々あるので、預けていいのか手荷物じゃないといけないのかとか

    悩みますよね。。

     

    JALで見ると、

    リチウム電池またはリチウムイオン電池を内蔵した電子機器

    リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの 
    リチウムイオン電池はワット時定格量が160Wh以下のもの 

    は手荷物でも、預けてもいいって書いてある。

     

    で、予備バッテリーとか電池も

    リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの 
    リチウムイオン電池はワット時定格量が160Wh以下のもの 

    だったら手荷物限定で持ち込めるのだそうな。

    ただし短絡(ショート)しないように個別に保護されていることが条件となるとか。

     

    サイコンなどに良く使うボタン電池CR2032のリチウム含有量は0.07gらしいので

    予備電池を手荷物に持って入る分にはオッケー。

     

    で、デジカメとか電動コンポのバッテリーも

    530mAhの7.4Vとかみたいなので、全然160Whには達さず!

    (物理はからっきしだめなんだけど、3.922Whとかだよね?)

     

    前に律儀に申告したら、次々違う係員がやってきて待たされて待たされて

    大変だったんだけど、もしかしてこの計算をやっていたのだろうか。

     

    充電式のライトとかは、内蔵した製品だから預けられるはずで、

    バッテリーを外す場合も、リチウムイオンバッテリーの容量内であれば

    手荷物持込オッケーってことで、安心しました。

     

    とはいえ、根拠を説明さえできれば、前みたいに意味のわからないまま

    ひたすら待たされることもないし、

    説明させられる可能性を踏まえて、すぐに出せるところに入れていこうと思います。

     

    今夜のフライト。

    今日は最後の準備です。

    それにしても今回は過去最大の大荷物なんだなー。


    深谷のネギパワー!

    0

      先日、埼玉自転車王国の収録で深谷の割烹「楓」さんをお伺いしたのですが、

      ここでメニューとは別に出していただいたネギがあまりにおいしくって。

      絹子さんというおかみさんのお肌がぴっかぴかで!

      理由を聞くと、深谷のお野菜をたっくさん食べているから、と。

       

      でも、理にかなってるかも。。

      MSM飲むと肌がかなり綺麗になるけど、MSMの有機イオウは

      確かネギに入ってたと思う。

       

      そして、ここに嫁がれて、このネギを食べ始めてから

      1回も風邪をひいていないって。

       

      私なんて人生風邪だらけなのに!(笑)

       

      レシピは簡単。

      ネギを刻んで、おかかとごま油としょうゆを垂らすだけ。

      それなのに、ちょっとピリッとして、でもネギが甘くって、激ウマ。

      出していただいた全員が「ウマ!」と叫んだよ(笑)

       

      娘の風邪がもう何週間も全然完治しなくって。

      ずっと咳してるの。

      保育園で新しい風邪をもらい続けてるのかも。

      元気なんだけど、ウィルスを巻き続ける娘。。。

       

      私もそれを受け続けてるのか、私もずっと完治しないままで、

      なにかあるとそこがぐっと悪化する。

      このままじゃまずいってことで、ネギを買ってきて食べてみることにした。

       

      うー。

      おいしいけど、深谷で食べたのとはやっぱり違う。。。

      産直の生協とかで埼玉のネギを買ってみたら、近い味になるかな。

       

      もちろんここの看板料理「煮ぼうとう」はすっごく美味しかったです。

      たっくさん入ってるお野菜のダシが出てて〜。

       

      ご一緒させていただいたこにわさんと、うわさの絹子さんと。

      ありがとうございました!

       

      この日は利根川自転車道を走りましたが、すっごく綺麗でした。

      川沿いの道は飽きやすいっていうけど、意外と飽きなかったな。

      グライダーが飛んでたりして!

       

      オンエアは10月1日からです!


      金沢へ。

      0

        今日は金沢の自転車ネットワーク形成に向けた勉強会を伺ってきました。

         

        金沢は路面表示のトップランナーなわけですが、
        やはりこの路面表示はすごいと思います。

         

        そうそう、歩行者がでっかくて、自転車は小さいんだよ。

        妊娠したり、子供を持ったりすると、弱者になるみたいで、

        歩道を飛ばしてくる自転車が本当に怖い。

        歩道を徐行している自転車なんて、逆にめったにいないですよね。。

         

        「自転車は歩道にあげるべし」という方はやはりいらっしゃるのですが、

        どうして「歩道」なのに安全に歩かせてもらえないのかわからないんです。。

        自転車って結構怖いんですよ(汗)

         

        話戻って、日本語がわからなくても、これだけ描いてあればわかる気がする。

        こういう感じなら、自転車で車道を移動しても不安は少ないんじゃないかな。。
        信号待ちも、交差点を渡ることも。

         

        今日はコミュニティーサイクルを使って観光されている方も多く、
        その中には海外からのお客さまもいらして、
        自転車も「日本語が読めない方」への対応を考える必要性を強く感じました。

        石川県に限らず、各地からさまざまなバックグラウンドの方が参加されていました。


        さてさて、勉強会。

        私は今回は自転車の身体や心への効果を中心にお話ししてきました。

         

        後半はラウンドテーブル方式で、私を含め4つのトピックスの発話者の
        テーブルを参加者が回って話をするというものでした。

        かなり大掛かりな走行空間の整備をされた香川の報告、
        運転席からの死角体験をしたり、バスと自転車の共存のトピックス、
        三国さんからの海外の事例からの話題があって、
        私も他のテーブルを回って、あれこれ聞きたかった…
        時間はあっという間に過ぎ去りました。

         

        こういう会が回を重ねているってすごいなぁ。
        いろんな方とお話しさせていただきましたが、
        情報交換したり、質問したりと、こういう横のつながりって
        すごく大切ですよね。

         

        金沢には三国夫妻がいらっしゃるから、
        こういう動きが生まれ、いまもなお発展しているのだと思いますが、
        こういうカギを握る存在の方って、本当に貴重だなと思います。

         

        前にちょっと触れたかもですが、自転車が集中する生活エリアだけでなく
        サイクリング環境の安全をどう守るかということについても、
        もっと考えていかなくてはいけないと思うんです。


        ブルーラインは、指定したコースを示す道標であって、
        安全を守ってくれるというところまでは期待できないように思えるので。

         

        サイクリングコースの中でも、交差点などは
        自転車の存在をアピールした方がいいと思うし、
        車の量はそれほど多くない道って、
        逆に車が飛ばして来るから怖いので
        「ここはサイクリングコースで自転車がやってきます」
        ということを路面表示などでドライバーさんに示していかないと
        安全を守れないと思うんですよね。


        山の中の道って、路面状態も悪いことが多いし。
        とはいえ、自然に近いということは、地域によって特性も異なるわけで
        回答はひとつではないのかもしれません。

         

        今週はいろんな地域の方々とそんな話をする機会が多かったのですが、
        今日も三国さんや、自活研の藤本さんとやっぱりそんな話をして帰ってきました。

         

        もっとあれこれお話ししたかったけど、時間切れとなりました。。

         

        こういう機会にお声掛けいただけたことに感謝です!

         

        石川県もサイクリングに本腰を入れるようですよ!

        近代的なスタンプラリーをされているようです。

        公式サイト、チェックしてみてくださいね。

         

        これだけの路面表示をされている金沢がある石川県。

        サイクリング環境の整備の工夫にも期待しちゃいますー!

        ふふ。


        交通公園デビュー

        0

          昨日は信濃毎日新聞の取材で長野市に行ってきました。

          篠ノ井に交通公園があって、子供用の信号や踏切もあるってことで!

           

          補助輪付きの自転車も貸してもらえました。

          両足で蹴る車タイプのものとか、

          後ろにバーのついた三輪車もあったよ。

           

          マイヘルメット、マイバイクも持って行っていたのですが、

          補助輪付きに乗ってみようということで、自転車をお借りし、

          6歳以上ということでヘルメットの貸出しがあり、

          サイズがぴったりだったので、貸してもらいました。

          こういう場所があるといいね!

          小学校1年生の交通事故が多いということで、

          就学前に家族でこういうところで実際に動いて遊びながら

          ルールを確認する時間が持てたら、とってもいいと思います。

           

          昨日は交通安全教育支援センターも伺いました。

          別に財源を持ち、無償で出張の交通教室を行われている団体です。

           

          しっかりとした理念を持たれて、

          自転車教室用の備品の開発などもされていて。

          結婚出産などで退職された元女性警官が指導者となっているそうです。

           

          形だけの安全教室ではなく、ちゃんと伝えよう、

          身につけてもらおうという思いを持って教室を行われているようでした。

           

          こういう団体が全都道府県にあったら、絶対に違うだろうな。

           

          本当は交通ルールの指導は小学校でやるのが一番だと思うのですが、

          こういう団体があれば!

           

          昨日は交通公園の取材ということで被写体になってもらうべく

          娘を連れて早朝出たのですが、高速道路であのアラートが鳴り

          サイレンが鳴って、娘が不安がるんじゃないかとビクビクしちゃいました。。

          でも意外と受け入れてくれるもので。

          ラジオで情報を聴いて、大丈夫だよねと確認。

          こんなことがあるなんてなあ。

           

          被写体になってくれたご褒美に公園で遊ぶ時間も確保したのですが、

          ドーム型の巨大トランポリンがあったりして、すごかった!

          これも楽しそうだったー!

           

          自然があって、こんな身体を動かせる環境にあるところで育つ子はいいなぁ。

           

          県庁にもご挨拶に立ち寄らせていただき、情報交換をし、

          実り多き長野行きでした。

           

          記事の掲載は24日。

          情報が多すぎて悩ましいですが、よきものにできたらと思います。

           

          さてさて、今日は勉強会で金沢です!


          楽しかった♪ ツールドNIKKO

          0

            昨日、ツール・ド・NIKKOを走らせていただいてきました。

            悩んだけど、一番ハードな100kmコース。

            1750mくらい上るらしいので、そこそこきついはずのコースです。

            脚の退化を感じ、でも、ひとりじゃ長距離ガマンできない。。

            だけど、みんなと一緒に走るなら、きつくたってがんばれる!ってことで。

             

            昨日はこれ以上ないってくらいサイコーの天気!秋晴れ!

             

            スタート後はきもちのよい林の道。

            あ!

            ここ、前に「Ride ON!」に呼んでいただいたとき走った!

            と、記憶が蘇る。

            このあと、おそば食べて、それでエンディングでたまげたっけ(笑)

             

            実りの時期で、すごく素敵でした。

             

            第1エイド。

            すごーい!!

            甘栗におさるのサブレに、金谷ホテルのチョコパン!!!!

            あと、トマトやキュウリもありました。

             

            「結構コースがきつい」という前情報にビビっていて、

            食べすぎたら走れないかもと、ここはバッグに入れて通過。

             

            不安になるくらい上らない。。。

            この楽チンコースで1750mってことは、どこかでとんでもない上りが出てくるのでは?と

            この先が不安でしかたない小心者の私(笑)

             

            前を走られていた地元の走行管理の方が「あれ?」と時計を見始めた。

            どうしたんだろうと思っていたら「蒸気機関車が1-2分で通過します!」

             

            「ぽー!」と音が聞こえてきた。

            「止まって見ていきます!」と急遽空きスペースに入って待機。

             

            きた!!!!

            すごーい!

            娘がいたら大興奮だったろうな。

            こんなのが普通に走ってるなんて!

             

            なんでも8月から運行が開始されたんだって。

            黒煙はすごかったけど(笑)楽しそう!

             

            快適にバイクを飛ばし、鬼怒川温泉へ。

            ライン下りやってたりして、楽しそうだし、景色の美しいこと!!!

             

            ただ、場所が場所的に「きぬ」ネーミングが多くって。

            「キヌハイツ」と名付けられたアパートに、ひとり爆笑してしまった。

             

            第2エイド。

            これまたいい感じの芝生。

             

            ここで出た湯葉おにぎりが!!!

            こんなおいしいものが世の中にあったなんて!というレベル。

            湯葉の歯ごたえ、味、味付きのごはんとのマッチング。。。

            奇跡の絶品!

             

            おいしかった〜!!

            すっかり元気をいただき、再スタート。

            情報によれば、このあたりからやや登り基調になるらしい。

             

            がんばろう。

             

            それにしてもどこを見ても気持ちのよい景色ばかり。

            こういう木々の間の道も涼やかでよいよね。

            ダム湖もうつくしかったー!

            多くの方があまりの美しさにバイクを止めて休憩してました。

            遠くの山々まで見えました。

             

            さて、おそばエイド。

            この先から本格的に上るらしいです。

            行列ができてたけど、めっちゃおいしいという前情報をいただいていたので

            先が不安でも並びます。

            歯ごたえサイコー!

            確かに、ものすごくおいしー!!!

            このフレッシュな大根おろしもサイコー!

             

            汁まで飲んで、塩分補充して、さぁスタート!

             

            ...うわさは本当でここからかなり上りました。

            九十九折。。

            でも、10%を超えるような激坂はあまり現れず。

            意外と上りやすい。

             

            牧場エイド!大笹牧場です。

            ただ多くの方に「牧場からがきつい」と言われてきたので

            本格的にビビる。。。

            栗をいただいて、おにぎりはこの先が怖いからパス。

            でも、ゼッケンを見せると、牛乳がもらえると聞いて...

            行くしかない!

            1cmもムダに上りたくないけど、ミルクをもらえる建物まではスロープを上る私(笑)

            じゃじゃーん!

            ブラウンスイスっていう牛なんだって。

            普通の牛の半分しかミルクが取れない貴重な牛乳とか。

             

            なみなみと注いでくれて、本気で感動。。

            こういうことがうれしーよね。

            コクがあるけどさっぱりしてて、甘みがあっておいしかったなぁ。

            ごちそうさまでした!

             

            ここからが一番きついらしい。

            でも、のぼりはあと9kmくらい。

            がんばるぞ!

            牧場を出るとさっそくこの看板。

            上るのね。

             

            でも、意外とそれほどきついのぼりは現れず、

            ここまでびくびくしながら乗ってきたけど、順調に残り距離が縮まってきた。

            これなら行ける!

             

            最後はかなり快調に上れて、下山開始ポイント到着!

            やったー!

             

            この「やった!私、がんばった!」って思えるってことが自転車の良さですよね。

            日常生活で「私、がんばった!」って思える出来事なんて、あんまりないもの。

             

            下山はさすがブリッツェンイベント。

            グループを作り、先頭が速度調整をし、途中で何回か休んで

            ブレーキレバーを引く手の握力を回復させてから下ります。

            こういう安全への配慮が素晴らしい。

            トンネルの入り口には点灯をうながす看板も立ってるし。

            スタート前には廣瀬GMがしっかりと走り方についてお話しされていたし。

             

            恐怖もなく、きもちよく降ってきて、ゴール!

             

            皆さんと話をしていたら、ロケをされていた「Ride ON!」組が

            最後の集合カットを撮りますー!と声かけをしていた。

             

            さすが人気番組!

            すぐにたくさんの参加者が最終カットに参加してたよー。

            というわけで、私も廣瀬さん、怜ちゃん、だいじさんと撮ってもらいました♪

            キャストの皆さんは短いコースに出て、

            視聴者の皆さんとエイドで交流しながら撮影してきたんだって。

            どんな仕上がりなのか、オンエアが楽しみですねー!

             

            楽しかったなぁ。

            それに運営もすばらしかった。

             

            抜いていく車のドライバーもやさしくって。

            沿道から、通り過ぎる車の中から、いろんなところから手を振って応援してくれました。

             

            2000人が走ったツールドNIKKO。

            来年はぜひぜひご参加下さい!

            私もまた走りたいなー!

             

            皆さま、どうもお世話になりました!

            ありがとうございました!


            念願のいしおかサンド!

            0

              今日は茨城の石岡市に行ってきました。

              かねてから気になっていた「いしおかサンド」を食べられる日が来た!

               

              「石岡市産品を使用」「サンドしている」「各店のオリジナリティが加えられている」の

              3つのルールの中で、各店舗が作るスイーツが「いしおかサンド」なのだそうです。

              いろんな店舗が作ってるらしいので、めぐったら楽しいだろうなあと妄想も広がります。

               

              さて、特急で石岡へ。

              もうすぐお祭りなのだそうです。

               

              本当は石岡市長も参加表明していたらしいのですが(すごい!)

              公務が立て込んでしまい、走るのは断念することになったと...

              県庁の関係の方など、総勢16名で走りました。

              私はいつものレンタサイクルを拝借〜。

               

              まず向かったのはダチョウ園。

              想像以上にハッスルしてるダチョウが大量にいました。

              参加者の皆さんもエサをあげたりすごくエンジョイしてましたよ〜

               

              ここに走れないけれどと律儀に石岡市長も顔を出してくれました。

              自転車、すごくやる気があるみたいです!期待!

               

              ここからナシの選果場へ。

              オートメーションと、人の目が絶妙にタッグを組んでいて

              かなりのスピードでナシが箱詰めされていました。

               

              規格外に弾かれたものは、格安で販売されるとかで、

              たくさんのお客さんが規格外の商品がたまるのを待っていて

              画期的なシステムにびっくり!

              これが、恵水(けいすい)というなかなか手に入らない大人気のナシ。

              良品は1個2200円もするんだって!

               

              画期的な機械で、置くだけで糖度が測れるんだってー!

              今年の夏はどんよりで雨がちだったので、

              8月頭には記録的に糖度が高かったのが、次第に落ちてきてしまったとか。

              それでも糖度13!!

              今年のナシは「企画外」となるものが少なく、良品が多いそうです。

               

              その「恵水」をありがたくも試食させてくださったのですが、

              めっちゃ甘くって美味しかったです。

              値段を聞いたら恐れ多くて食べれなくなった(笑)

               

              ここから陣屋門や石岡小学校を拝見。

              恐れ多くも市長さん自ら石岡の歴史について説明してくださいました。

              話聞いてたので写真がなくって...すみません。

              かつて国府があったという歴史の厚みをひしひしと感じるエリアでした。

               

              さて、ついにいしおかサンド!

              こんなラインナップなんだって!

              季節によって変わるらしいけれど。

               

              今回は複数のサンドを置いているまちかど情報センターで

              ブルーベリーのサンドをセレクト。

              冷凍タイプで、独特の食感の皮も、

              甘さ控えめなクリームも酸味の利いたジャムもすごく美味しかった。

              いつかコンプリートしたーい!

               

              昔ながらの駄菓子や、祭りグッズを売ってるお店があったりして。

              この街並みも、古い店舗がそのまま保存されていたりで

              すごく興味深かったです。

               

              短いライドでしたが、歴史あり、スイーツありで楽しかった!

              いつかツール・ド・いしおかサンドしたいな。

               

              企画してくださった茨城県の皆さん、ありがとうございました!


              海・川・山をつなぐ「WAKAYAMA800」!

              0

                昨日、ホテルニューオータニで「サイクリング王国わかやま」を標榜する

                和歌山県の自転車観光PRのレセプションが開催されました。

                 

                ゲストはTREKの野口忍さんと

                プロヒルクライマー(←私はこの肩書きが好き❤️)の日向涼子さん。

                かっこよすぎるお二人のプロモーションビデオが公開されたあとは

                お二人のトークショー。

                野口さんのは、息遣いが聞こえるようなダイナミックなもので、

                日向さんのは女子旅をイメージしたふんわりとしたもの。

                 

                これまで走られてきた和歌山の感想を語られていました。

                野口さんは過去にキナンに所属されていたそうで、

                新宮〜串本をよく走っていたそうです。

                神秘的な川古座川の上流まで言ってみたいと語っていました。

                 

                日向さんはピンクリボンのゲストでお越しになって、

                (あの年は雨で、辛かったかもですが)その時の話とか、

                11/18-19に開催されるライドオンすさみのコースを走られたときのお話などされていました。

                 

                和歌山はこれからWAKAYAMA800という愛称でPRするそうです。

                全県に800kmのブルーラインを引いておもてなしするとか。

                 

                「やるからには本気です」と和歌山観光連盟。

                すごい!楽しみ!

                 

                サイクリングのための走行環境整備って、まだどの土地も試行錯誤だし、

                正解は出ていないと思うんです。

                 

                交通量も、地形も、路面状態も、気候も異なるわけで。

                島と橋をつなぐしまなみ海道のコースはあれで素晴らしいと思うけれど、

                他の土地はまた違うものが必要ですよね。

                 

                でも、自転車に乗る人の目線から必要なものを考えていけば、

                おのずと、なにを整備しなくちゃいけないのかは見えて来ると思うんです。

                 

                和歌山は、観光資源にめぐまれて、食も楽しめる魅力的な土地なので、

                自転車に乗る人目線で、車も人も自転車も共存できて、

                自転車が安全に走れる環境作りに取り組み、トップランナーになってくれたらと願います!

                 

                本気ってことで

                知事もいらしていました!

                本当に本気です!

                期待してます!

                 

                そして、和歌山の食材を使った超絶美味メニューが振舞われました。

                 

                熊野牛のローストビーフ!

                とろとろすぎです!

                うまい!

                 

                この梅の茶漬けが〜絶品。

                このクエのあら汁も、めっちゃめちゃ美味しかった。

                フルーツ王国!

                こんなに豪華なフルーツ三段盛りを見たのは初めてです!

                いちじくのタルト。

                 

                海の幸、山の幸、あれこれ楽しめるという和歌山の底力をたっぷり見せつけられて帰ってきました。

                パンダだっているしね!!

                 

                和歌山の自転車については、長いこと関わらせていただいてきて

                いろんなお願いをしてきたのですが、

                これから、本当の意味での、環境作りが始まり、

                誰もが楽しく走れるサイクリング王国になってくれたらと本当に期待しています。

                 

                これからが楽しみだー!

                今月は17日のグルメ系サイクリングに参加しますよ〜


                公開収録を見てきた!

                0

                  昨日、アリオ橋本のJ:COMショップスタジオで
                  「ジモスポかながわ・まちだ」という番組の公開収録があり、
                  TeamUKYOから畑中選手・徳田鍛造選手・中井選手が
                  登場するということで
                  私も娘と観に行ってきました。

                  どうやら地元のスポーツチームや選手を紹介する番組らしい。

                  ものすごく渡辺裕太さんに似た方がいらして、
                  ぼんやりとめちゃめちゃ似てるなぁと思っていたら
                  なんとこの番組のMCで、ご本人でした!
                  すごい!

                  月曜夜8時のショッピングセンターという
                  アウェイな環境で、だれも来ないのでは?と
                  内心心配してたのですが、追加のイスが出るくらい
                  多くの方にお越しいただき、
                  皆さまの温かさにしみじみ感謝。


                  娘はノリノリのテンションで、
                  電話で呼びつけた地元の「翔くん」と遊んでるし(笑)
                  私らがなにも席に座ってトークを聴かなくてもよいかなという思いもあり
                  私は立ってなんとなく観ておりました。

                  さすがのハキハキとした進行で、
                  たぶんご覧になったこともない競技について、
                  会って数分の3人の選手のキャラを
                  しっかり引き出しながら構成されていました。
                  プロはすごいなぁ。

                  放送エリアは限られているようなのですが、
                  鍛造選手の名前の由来や卵焼き秘話も語られているので
                  放送エリアの方はぜひご覧ください!

                  お越しくださった皆さま、
                  本当にありがとうございました!


                  最高の天気の下の最高のヒルクライム!

                  0

                    嬬恋キャベツヒルクライム、すばらしい大会でした。

                    参加者が一気に増え1000名を超え、

                    ビギナーの方が多い大会とあって、不安もあったのですが、

                    みなさんすごくマナーがよくて、にっこにこの笑顔で安全にスタートしてくれて

                    スタートにも転倒等のトラブルは1件もなし!

                    豪華すぎるNIPPOヴィーニファンティーニのメンバーが

                    共に走り、笑顔でファンサービスをし、しっかりと大会を盛り上げてくれました。

                     

                    朝、会場に向かうと真っ青な空が広がった快晴でした!

                    気温は11℃。

                    夏に慣れた身体には堪える気温でしたが、お天気がよく、

                    スタートの頃までには、走るにちょうどよい温度になっていました。

                    青い空と、深い緑の山々が本当に美しかった!

                     

                    ゲストのNIPPOヴィーニファンティーニと嬬恋村の熊川村長。

                    村長のノリがよくって、楽しかったー!

                     

                    関連キャラ大集合で、セキノコ、嬬キャベちゃんやマルコメくんも来てくれました。

                    セキノコの存在感がすごくって...

                    吉川代表のトークにコケてみせたりして〜

                    目が離せない。。

                     

                    開会式終了後、非常に短い移動時間だったのですが、

                    みなさん速やかにスタートの列に並んでくれて、無事に全員スタート。

                     

                    クネゴ選手やベルラート選手がスターターを務めてくれて、

                    参加者の皆さんは、選手一同に見送られながら笑顔でスタートしていきました。

                     

                    スタート時って密集しているので、ちょっと広がってもらった方が接触の危険もなく

                    安全だし、その方が計測マットを越えるときに体制を整えやすいのですが、

                    気が急いてしまって、我先に出てしまいがちなもの。

                     

                    今回、見たことのないようなピッカピカの笑顔で見送ってくれるNIPPOの選手たちの影響もあって

                    参加者の皆さんはみんな笑顔を向けながら出てくれて、すごく美しいスタートでした。

                     

                    NIPPOの選手たちは、エキスパート/一般の部/ファンライドの部に分かれてスタート。

                    どのグループで出るかは、当日発表だったのですが、

                    クネゴ選手、デネグリ選手とともにスタートしたグループは特にラッキーでした!!

                     

                    あ。

                    エキスパートで出た中根選手とバジョーリ選手のリザルトを聞かぬままだった。。。

                     

                    小学校低学年から参加できるファンライドクラスは

                    全員のゴールを待って、自転車やバスで下山とのことだったのですが

                    予想より早いタイミングで下山してきました。

                    みんなちょっと誇らしげなめっちゃいい笑顔だったなぁ。

                     

                    下山後の振る舞いも豪華で!

                    具たっぷりのけんちん汁!

                    マルコメのいろんなタレをつけて味わえる生キャベツ!

                    ふわふわのかぼちゃケーキやふかしたとうもろこし!

                     

                    そして全員に嬬恋キャベツのプレゼント!

                     

                    頂上のゴール地点でもふるまいがあったそうで、

                    大満足!という方が多かったみたいです。

                    ふるまいをしてくださる皆さんが、また温かくって。

                    ぬくもりを感じる心づくしのふるまい、でした。

                     

                    表彰の後は、クネゴ選手のトークショーと、

                    選手たちからサイン入りポスターのプレゼントがあったりして

                    握手したり一緒に写真を撮ったり。

                    実は今週からツールド北海道で、福井メカは選手の下山を待ち、

                    自転車を積み込んで、先行で北海道へと旅立っていきました。

                    このタイミングのこんなあたたかいファンサービスに感動された方も多かったみたい。

                     

                    クネゴ選手が、イタリアはわりと本気で走るイベントが多く、

                    こういうヒルクライムみたいに、記録には臨むけれど、キレイな景色をみながら

                    楽しんで走るようなものはないらしくて、

                    こういう自転車の楽しみ方があるのか、と、新鮮だったと語っていました。

                    ゆったりスタートしたのに、ついつい途中選手の性が出て本気になりかけてしまったけどね、と。

                    スターターは気持ちよくって、最高だった!と。

                     

                    今後の自身のキャリアもそう長くないと思うから、

                    全力のレースに限定せず、こういういろんな経験をしてみたいし、

                    自分が仕事をするところを子供達にも見てもらいたいと語っていたクネゴ選手。

                     

                    人間味があって、いつも笑顔で、いろんなことをフランクに語ってくれる姿を見て

                    すっかりクネゴ選手のファンになった方も多かったみたいです。

                     

                    人数が増えた初年度ということもあり、

                    実はスタッフサイドでは直前まで協議することも多かったのですが、

                    幕を降ろしてみれば、笑顔ばっかりのすばらしい大会でした!

                     

                    一年に一度、この日しか自転車で走れない万座ハイウェーも

                    これだけの晴天に恵まれて、本当に美しかっただろうし。

                     

                    来年も開催予定とのこと。

                    皆さん、ぜひぜひ日程を確保し、来年走りに来てくださいね!

                     

                    ご参加くだった皆さま、ありがとうございました!!

                    嬬恋村の皆さん、ありがとうございました!


                    嬬恋キャベツヒルクライム前日イベントへ

                    0

                      嬬恋キャベツヒルクライムのため、嬬恋にやってきております。

                       

                      天気予報より天気はかなり好転してくれて、

                      青空ものぞく良いお天気に。

                       

                      タイトルもかなり個性的なわけですが

                      参加賞がかなり良い感じ!

                      キャベツキャップ!

                      これがかなりいい感じなんですよ〜♪

                      おねだりして、1個もらってしまった。

                      明日はかぶろうっと。

                       

                      マルコメさんの

                      甘酒ゼリーなんかも参加賞に入ってます。

                      うれしーね!

                       

                      NIPPOヴィーニファンティーニがスペシャルゲストでして

                      今日は5名の選手が登壇してくれました。

                      デネグリ親分のやさしい笑顔が新鮮!

                      ベルラート選手が愛嬌たっぷりだったり、

                      「へー」の連続でともかく新鮮でした。

                       

                      今回はクネゴ選手(ちょうど上の写真には写ってないんだけれど)

                      はお嬢さんを連れてきていて、トークショーではパパとしての話もしてくれて

                      ものすごく貴重なお話を伺った感があります。

                      お嬢さんがこれまためちゃめちゃいいお嬢さんで。。

                      娘を持つ親として、いろいろ考えてしまったよ。

                       

                      中根選手は、明日のヒルクライムをうまく走る方法や

                      下山のアドバイスなどをいきいきと話してくれました。

                      ノーシナリオで質問して答えてもらったのだけれど、

                      あれだけ語れるのはすごいと思う。

                       

                      福井響メカの洗車サービスは大人気で、洗車ショーみたいになって

                      いつも人だかりができていて。

                      オープンキッチンじゃないけど、職人の技を見せるって重要だなぁ。

                      マルコさんが語っていたけれど、イタリア語では「ラバッジョ」というのね。

                      福井メカも、メンテナンス講座をしっかり務めてくださいました。

                       

                      久しぶりに遭う人、久しぶりに聞くイタリア語、

                      今日はいろんなことを思い出すきっかけが多くて、

                      自転車に関わるようになってからの年月の長さをしみじみ痛感した。。

                       

                      参加人数が大幅に増えた今大会。

                      事故やトラブルが起きないように、明日はできる限りのことをしたいと思います。

                       

                      お天気はいいようなのですが、下山はかなり寒いと思いますので、

                      参加される方は、くれぐれも下山用防寒具をしっかりご準備くださいね。

                      早め早めの移動、早め早めのご準備をオススメします!

                       

                      明日は楽しい1日にしましょうね☆



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM