萩・石見空港で会議

0

    自転車活用推進計画の検討委員会で、益田市にやってきました。

     

    とはいえ、会議会場が萩・石見空港の中にあり、

    空港の日帰り往復で終わるパターン。

    空港会議室で会議ってのも、すごいよねー!

     

    到着すると、アイルランドな雰囲気でした。

    五輪の自転車競技のアイルランドチームのキャンプ地なのです。

     

    せっかくなので、2階のレストランでランチしました。

    なんとなくみんな麺類で、ゆず塩ラーメン。

    さっぱりしてて、おいしかったー。

     

    さて、会議です。

    到着スケジュールパネルがある会議室ってレアだわー。

     

    今回は初回だったので、自己紹介と、あとは、益田市の現状の確認や、

    今後行うアンケートの内容について話し合いました。

     

    バックグラウンドがかなり広くて!さらに女性も多くて!

    発言しようという方も多くて!

    益田市らしい活用推進計画になりそうです。

     

    市民の皆さんに、自転車を活用していただけるようにするには?と

    交流人口をいかに増やしていくか?というところが課題ですが、

    地域の皆さんが乗ってくれないと、ツーリズムの振興も難しいので

    やっぱりそこが一番大切なのかなと思います。

     

    地域によって、課題が違うのは当然ですが、

    地域の皆さんが自転車に対して抱いている感覚もまた違うので、

    そこがとっても新鮮です。

     

    さて、短い滞在だったけれど、そろそろ羽田に帰ります。

     

    サイクルステーションのある

    萩・石見空港。

    このすぐ近くから景観のよいエリアが広がっているし、中心街とも近く、

    空港から走り出せる環境だし、信号はほとんどなくって、走りやすい!

     

    ツーリズムのお客さんを受け入れるにも、

    地域の皆さんに自転車を活用していただくにも、

    非常に良い環境が整っているエリアなので、

    益田に根ざした有益な計画を作りたいです!

     

    次回の委員会開催時は、もうちょっとゆったり時間の余裕を持って来て、

    地域を視察しようかなと思ってます。


    パンと耳の小さな事件

    0

      次女が中耳炎になりました。

      耳の中になにか入ってるのが見つかって!

      大慌てで取ったのだけれど、パンっぽっくて。。

      押さえたり、寝込みを襲ったりして

      どうにかそこそこ取ったのだけれど、

      どうにも奥まで取りきれない感じがして。。

       

      怖くて、耳鼻科に行ったら、両耳が中耳炎になっている、と!

       

      パンなんて入ってないですよと怪訝な表情をされてしまいました。。

      がんばって、取ったんだってばー。

       

      ひどい風邪をひいていたわけでもないし、

      なにが影響して中耳炎になったのかわからないようだけれど、

      ともかくもやたらと量の多い抗生物質を処方されました。

       

      ともかく薬は暴れもがいて、頑なに飲み込まず、

      なかなか飲ませられないので、飲んでくれるとも思えず、

      バニラアイスに混ぜてるけど、かなり怪訝な表情で(笑)

       

      きっと、今夜あたりは拒否られるなあ。。

       

      それにしても、耳鼻科では、看護師さん三名と私の四名で

      全力で押さえ込んでの診察と治療で、

      耳鼻科ってのも大変だなと思いました。。

       

      動いちゃったら、相当のケガをしちゃうもんね。

       

      なんでパンを入れちゃったんだろう。

      パンから中耳炎になったのか?

       

      ナゾです。


      初山翔を「送る会」は「自作自演」なんだって!

      0

        初山選手の現役引退が発表されました。

         

        突然で、それはそれは衝撃的だったけれど、

        あまりにもいさぎよい幕切れで、先を見据えた感もあって、

        悲しいとか、もったいないとかという感情はまったくわかず、

        朝焼けのような清々しさと、広がりゆく希望を感じています。

         

        世界を見晴らして、出た結論だったのかなと。

        リリースにあった大門さんのコメントも、

        愛情深くて、納得できるものでした。

         

        人生ってやつは結構長くて、後半もとても重要なので、

        次の挑戦をはじめようということなのかなと思います。

         

        しがみつかない強さが、すごいと思った。

         

        最初に会ったのは、12年前でした。

        みんなで、19歳のお誕生日をお祝いしたっけ。

        見返して、若い!と思ってしまった(笑)

         

        とても印象が強くて。

        前に向かうまっすぐなオーラと、他のひとが持っていない要素を持っていて、

        このひとは、絶対に、一段違うなにかになるひとだ、と思った。

         

        とんでもなく苦労して、たぶん、とてもとてもたくさんの努力をして、

        駆け上がって、果てを、見定めてしまったのかな、とも。

         

        詳しくは、本人が語るのだろうと思います。

         

        ということで、おそらく史上初の、

        本人プロデュースの引退パーティーが開催されることになりました。

        日程は、決して、私が圧力をかけたわけではなく(笑)、年末まで遠征があるそうで、

        皆が集まれる日ということで、29日になった、ようです。

         

        全力で駆け抜けてきた初山選手が、応援してくださった皆さまに

        感謝の思いを込めて、準備するパーティーです。

        ぜひ、予定をやりくりして、ご参加いただけたらと思います。

         

        初山選手のこれまでの活躍をねぎらい、

        これからの新しい挑戦を後押ししましょう!

         

        皆さんに純粋に楽しんでいただけるようなコンテンツを準備しているそうです。

        楽しむ気満々でお集まりください。

         

        「”自作自演” 初山翔を送る会」

        日時: 2019年12月29日(日)18:00〜21:00 
        ※17:30より受付開始

        会場; TURBO CAFE
        〒192-0083 東京都八王子市旭町12−6, JIビル 3F 
        TEL:042-645-2434

        ●会費: 6,000円
        ※バイキング方式。アルコール、ソフトドリンク飲み放題込み。
        小学生以下は2,000円
        これまでの所属でゆかりのある選手たちが大集合するそうです。
        お申し込みはこちらから

         

        皆さまのご参加をお待ちしております。


        山梨自転車条例へご意見を!

        0

          検討を続けていた山梨の自転車条例の案が固まり、

          皆さんからのご意見(パブリックコメント)をいただく運びとなりました!!

          全国では初めて、子乗せ自転車へのチャイルドシートの

          シートベルトの装着を保護者の努力義務としてもらったり、

          レンタサイクルの自転車保険の加入を義務化したりと、

          自転車を使う上での安全をよく考えていただいた内容になっています。

           

          山梨に住んでいなくても、県内を走る上では、

          自転車保険の加入も義務となりますし、ルールの順守も必要となりますので、

          山梨を走られる方は、チェックしておいてくださいね。

           

          子乗せ自転車って、ダメージを負うのは、運転する大人ではなく

          乗っている子供たちなので、安全を守るためのルールは絶対に必要だと思います。

           

          ベルトさえしていれば、よろけて傾いたり、転倒しても

          子供達が落下したり、飛んでいくこともありませんし、

          子供が寝てしまって、横に頭をせり出して、電信柱にぶつかって

          吹っ飛んでいくようなことも起こりません。

           

          周囲でも、けがをされるケースもあり、やんわりお声かけをしてはいるけれど、

          近くのなんでもないママという存在では、やっぱり聞いてもらえず。。

          リスクを負うのはお子さんという状況が続いていて、

          お子さんを守るために、ルールとして提示してもらうことが必要だと思います。

           

          現状、山梨の自転車利用率は低いのですが、それでも、真剣に考えてくれた

          山梨県には感謝です。

           

          自転車の安全利用について各年代に伝えていく機会も

          しっかりと確保していく予定です。

           

          「安全」をベースにした上で、皆さんが自転車を楽しく、

          安全に使う土地になってくれたらと願っています。

           

          まずはパブリックコメント(ページはこちらから)。

          ぜひ、皆様のご意見をお寄せください。


          あの石岡でライド開催決定!

          0

            来年3月22日、茨城県石岡市でライドが初開催されることになりました!

            その名も獅子頭ライド

            なんだか結構いいエイドが企画されているそうなんですよー!

            あの「いしおかサンド」も登場する可能性があるとか。

             

            フルーツラインなどがコースに盛り込まれているようです。

             

            先月発売になったバイシクルクライブのナショナルバイシクルルート企画でも

            石岡を訪れています。

            ブルーベリーのいしおかサンドをご紹介しています!!!

            立ち寄ったパン屋さんが本当に絶品でした。

            あの福神漬け入りカレーパンは絶対に食べた方がいいです。

             

            恋瀬川サイクリングロードは、とても幅が狭いので、すれ違いがなく、

            恋が実ると言われているんですよー!

            過去にも八代亜紀さんなど、何回か曲のタイトルにも採用されています。

             

            個人的には足尾山が超オススメ!

            山頂からのあのビューは感動モノです。

             

            この日は、ツール・ド・とちぎの最終ステージでして、

            私は伺えないのですが、参加できる方は、ぜひ!

             

            私は別日に走りに行くつもりです♪

            秋にも、チャンスがあるかも、って。


            その3は、ビワイチです!

            0

              そして、先週、ビワイチエリアに行ってきました。

              これも、ナショナルバイシクルルートの実走企画です。

              琵琶湖沿岸をぐるりと回るいわゆる「ビワイチ」ではなく、

              琵琶湖エリア全般を楽しもうということで、かなりエリアを広げ、

              取材してきています!

              いわゆる「ビワコイチバン!」の方の「ビワイチ」です。

              実は想定よりかなり寒くてガタガタブルブルしたのですが、

              紅葉が始まっていて、すごくキレイでしたー!

              今回はビワイチから想像しないようなヒルクライムも盛り込んでいますし、

              こんな昔ながらの町並みがどうして残っているの!と驚くようなエリアもあり、

              平坦でおしゃれで、グルメ満載!の誰でも楽しめるコースもあり、

              どんな方でも楽しめる誌面になりそうです。

              新号が出たばっかりですけど、いまから次号もお楽しみに!


              ナショナルバイシクルルート2掲載!

              0

                バイシクルクラブが選んだ「ナショナルバイシクルルート10選」の

                実走企画その2が今月発売のバイシクルクラブに掲載されています。

                その2は北海道オホーツク!

                女満別空港を起点に、清里〜知床五湖、

                女満別〜感動の径〜カーリングのまち常呂

                網走〜スイーツパラダイス北見〜女満別

                というルートを載せています。

                 

                この地域の紅葉は「黄葉」で、黄金色とオレンジのグラデーションの美しいこと!

                秋蒔きの小麦畑はあざやかな黄緑色で、この写真もそうですが、

                ビビッドな黄緑と、お休み中の畑の豊かな土色のパッチワークと、

                この黄葉が合わさった景観は、日本とは思えない美しさでした。

                 

                白樺は幹が白いので、陽の光を浴びて、葉も枝もキラキラして、

                青い空をバックに、おとぎ話みたいにキレイだった。。

                 

                北海道だもん、当たり前ですが、グルメも満載!

                その1の茨城に続き、記事も書かせていただきました。

                ぜひぜひ、お目通しください!

                 

                まだ入手できてないのですが、

                本誌付録でバイクスケールがついてるみたいです!


                今度はここに来ています。

                0

                  バイシクルルート企画の取材撮影でサイクリストが多く訪れる土地に来ています。

                   

                  たまたま冷え込むタイミングに来てしまい、

                  想像していたより、かなり寒くて、タイツ2枚履いて、

                  持ってたインナーを毎日全部着ています(笑)

                   

                  寒さのおかげで紅葉は美しくなっていて、

                  あっちこっちに絶景が広がっています。

                  また今回も、かなり範囲を広げて取材しているのですが、

                  こんなに美しい道があったのかと、改めて感動しっぱなしです。

                   

                  伝統も大切に残されている土地で、

                  そのレトロ感もともかく魅力的。

                  今日は最終日です。

                  お天気もよさそうなので、よい写真が撮れるんじゃないかと思います!

                   

                  前回取材した奇跡のオホーツクは、もうそろそろ書店に並ぶころです♪

                   

                  実は、今回、二人の娘を人生初、パパが見てくれていて、

                  二人の怪獣に翻弄されまくってるらしいです(笑)

                  がんばれー!


                  10日「しが・スポフェスティバル!」でトークします!

                  0

                    週末の9日、10日はイオンモール草津で

                    しが・スポフェスティバルが開催されます。

                    オリンピック・パラリンピックのカウントダウンイベントで

                    滋賀県をはじめホストタウンに限定された各市ともに、

                    様々なスポーツの体験やステージイベントなどで盛り上げるのだそうです。

                     

                    10日に、ナショナルサイクルルートに指定されたばかりのビワイチをアピールする

                    「ビワイチ魅力発見トークショー」が予定されており、

                    ここにお邪魔して、お話をさせていただきます!

                     

                    先日のサイクルモードビワイチブースにパネルになっていたお写真のときに

                    一緒に走ってくれたビワイチ推進室のゆきりん(勝手に命名)こと

                    田畑有稀さんとのトークです!!

                    この部署に異動後、すぐにクロスバイクを買ってデビューしたアクティブガールです。

                     

                    もちろん、入場無料!

                    近隣の皆さま、ふるってご来場ください!

                     

                    お時間は14時から30分間です。

                    もうツール・ド・おきなわも国際レースは決着がついているころですね〜。

                     

                    皆さんのご来場、お待ちしております!


                    サイクルモード個人的タイムトライアル選手権

                    0

                      今年は会期中の中日に突然開催された新たなサイクルモード名物の

                      「第2回個人的タイムトライアル選手権」

                       

                      ブラッキーさんからレポートを書くようにとのお達しなので(笑)

                      「オフィシャルカメラマン カキさん」からの画像で

                      レポートさせていただきます。

                       

                      ブラッキーさんのあまりにも突然の開催決定にもかかわらず、

                      今年も、信じられないくらいの豪華メンバーが集まりました。

                       

                      昨年度は、豪華メンバーを抑え、あのタンパーニこと辻啓氏が優勝。

                      今年はタンパーニがディフェンディングチャンピオンとして臨みました。

                       

                      ラインナップは、宇都宮ブリッツェンからアベタカ選手、岡篤志選手、

                      ブリヂストンサイクリングチームから平塚吉光選手、

                      JBCFから廣瀬佳正選手、自転車普及協会から栗村修選手

                      さらに、豪華かつ芸達者メンバーの中に、

                      ...まさかのサイクルジャーナリストの別府始氏と

                      シンガーソングライターの水越ユカさんも混じっていて、軽く目を疑う。

                      大会の趣旨は正しく伝わっているのだろうか。。不安。

                       

                      今年も「オフィシャル計測担当」「オフィシャルカメラマン」が

                      その場で募集され、3名が就任しました。

                       

                      選手たちは出走バイクとヘルメット選びに散り、ウォーミングアップののち、

                      レースが始まりました。

                       

                      まずは(この手の)タイムトライアルのプロ、栗村選手。

                      パフォーマンスで派手に転んだものの、なかなかのタイムを叩き出す。

                      これがしばらくトップタイムとなりました。

                      ちなみにこの転倒でジャージにダメージが行ったらしい。

                       

                      よく見たらロードバイクを選んでいるので、そこそこやる気があったのか?

                       

                      レポートを書く気なんてなかったので、出走順を覚えていないんだけど(笑)

                      最近どえらくかわいい娘のパパになり、ミルク代を稼ぎたいという廣瀬選手が

                      ピンクヘルメットをかぶり、真顔でコーナーを攻め、


                      別府選手の出走時は

                      熱い握手が交わされた。

                       

                      ホールドをホールドする意味のわからない光景の中

                      優雅にハット型ヘルメットで出走。

                      ホールドったって、別府選手の足はべったり地面に付いてるし!(笑)

                      12インチでの激走は、脚が辛かったらしい。。

                       

                      紅一点となった水越ユカさんは、担ぎを加えて、

                      クロスっぽく可憐に走り終えた。

                       

                      数年前、モードのTT選手権で指を骨折した過去がある平塚選手のエントリーに

                      緊張が走ったけれど

                      第2コーナーでの1コケで無傷でフィニッシュ。ほっ。

                      タイムトライアルのスペシャリストアベタカ選手。

                      ミニオンズヘルメットの岡選手にホールドされ

                      奇跡のバランスからのスタート。

                       

                      すごい。

                      自転車とボディとのバランスがすごい。

                      顔も真剣。。。

                       

                      そして、今ノリに乗ってる岡選手。

                      画像はなかったけど

                      トップタイム!

                       

                      こちらも画像はないけど、持ち込んだ「ホットシート」に座ってた

                      栗村選手がシートを叩いて去っていった。

                       

                      満を持して、ディフェンディングチャンピオン タンパーニの登場!

                      世界をめぐるプロフォトグラファーも、この日は選手です。

                       

                      コーナー内にポールを立てられたりといういぢわるにもめげず

                      うつくしくコーナーを攻め、

                      フィニッシュラインに飛び込んだ!

                      その結果は!

                       

                      辛くも、岡選手に及ばず!!!

                      その差、確か0.7秒くらい!

                      岡選手、優勝確定!

                       

                      「でも、ディフェンディングチャンピオンは来年も参加しないといけないんですよ」

                      との事実を知らされ、岡選手はこのあと両手で顔を覆ったのでした。。

                       

                      「いやー、来季もブリッツェンだったら、

                      この報奨金で500万円年棒アップだったんですけど、

                      来季はマルセイユだから無理だな、残念」と廣瀬元GM 。

                      岡選手はひたすら苦笑。

                       

                      「あ」

                      「『早くズイフトブースの片付けに帰って来い』って繰り返し連絡が入ってます」

                      すみません....

                       

                       

                      「来季はもっと高いところへの挑戦なので、今回の優勝を踏まえてがんばります!」

                      このTTはマルセイユでの参戦と同列のレースだったんすか。。

                       

                      ともかく仲良く記念撮影。

                      岡選手には、賞品として、モード名物の大ぶりなわらび餅が贈られました。

                       

                      今年もお疲れさまでした!

                      急遽召集されたオフィシャルのみなさんも、ありがとうございました!

                       

                      来年も、二日目か三日目、参戦してくれそうな人が多い方の日に

                      ゲリラ的にキッズエリアで開催されるみたいです!

                      観戦希望の方は、日程を予想して、閉館30分前にキッズエリアにお越しください!



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM