オホーツクとホノルルと

0

    金曜からオホーツクに行き、火曜日に帰ってきて、次の金曜からホノルルという、

    一年の中で、もっともアクティブな期間に突入しつつあります。

     

    ふたつの振れ幅がかなり大きく、もはや、なにを用意したらいいのか、

    よくわかんなくなってしまって、スーツケースを前にぼんやりしてしまう...

     

    オホーツクは午前中は12度くらいのようなので、

    長袖か、ジャケット的なものも必要だろうな。

     

    オホーツクは、現地のご厚意で、2人の娘を連れていきます。

    子育て中の女性たちも応援したいということで、本当にありがたい限りです。

     

    宿泊が長くなると、咲璃の食事をどうするかが悩みどころで..

    どれくらい買い足そうかと悩んでいたら、

    咲璃が乱入してきた(笑)

     

    咲璃が手に取ってる「やわらかごはん」という

    レンジであたためるごはんが、やわらかく、量も少ないので、

    幼児期にありがたくって、紅香の時にも、子連れ出張必須アイテムでした。

     

    朝食はブッフェならだいたいどうにかなるし、

    だいたい白いごはんは、夕食時なんかは手に入るので

    そこにちょっとしたおかずがあればいいんだけど、

    離乳食レトルトは食べてくれなかったりして結構悩むものなんです。

    箱入りの主食とおかずセットの「弁当」は意外と食べてくれる。

    アンパンマンのカレーは、今日試したらパクパク食べたので、イケる!

     

    栄養が足りなくなっちゃうかもな時は、

    離乳食に不足しがちな栄養を補ったフォローアップミルク頼りで、

    「ステップ」の固形キューブのやつが本当にありがたい。

     

    1キューブで40mlのミルクが作れるのですが、軽いし、計量も楽だし。

    最低限、シンプルなパンと、このミルクでも..。

     

    さらに問題はホノルルです。

    こっちは咲璃のみ連れていきます。

     

    ホテルはフルキッチン付きで炊飯器もあるからお米を炊き、

    チキンとにんじん、たまねぎでシチューとか、なにかしらお料理を作っていたんだけど、

    これまでありがたく利用していたワイキキ内のスーパーが閉店しちゃったの!

    食材をどこで手に入れるのか。

    トローリーに乗って、ドンキホーテかなぁ。

     

    ちゃんと整理して、忘れ物のないように支度しなくちゃ。

     

    だいたいなにかしら忘れるんだけど(笑)


    おおきくなって、嬉しいこと、難しくなること。

    0

      下の娘がかなり大きくなってきて、びっくりすることが多いです。。

       

      真夏前までに保育園の活動用に履いていた12.5cmの靴(右)。

       

      真夏は暑すぎるので水浴び中心になり、靴を履かずにいた間に

      サイズアウト。

      そのサイズアウトっぷりがハンパなく、13cmの靴も入らない。

      13.5cmが微妙で、まさかの14cmを履くことになりました。

       

      この数ヶ月になにがあったんだ!(笑)

       

      ともかく靴と靴下が好きで、いろんなサイズの試し履きをしたものだから

      家の中でも靴を求めるようになってきて困ってます。

       

      よく洗ってはあるけど、寝るときまで靴。。。

      (当然窮屈そうなので、寝付いたら脱がせるけど)

       

      本人は靴も「たーた(幼児語で靴下のこと)」と呼ぶのだけれど、

      一日中「たーた!たーた!」と叫んでます。。

       

      お姉ちゃんのお下がりや、いただいた靴を回してるけど、

      今の保育園は「避難時用」「活動用」「登園用」と3つの靴が必要なので、

      そのサイズの靴をいかに確保するかは、深刻な問題だったりします。

       

      それにしても、7月の入院時にすごくやせて、

      退院後、すごい勢いででっかくなったんだけど、

      その「超回復」的なもので、足も大きくなったのかもね。

       

      上の娘が6歳になり、ルール上こども乗せ自転車に乗せられなくなってしまい、

      アメリカから買った3輪の自転車の荷台に上の娘を乗せ↓

      下の娘はおんぶで乗っていたのですが、大きくなってくると

      おんぶも次第に窮屈になり、お姉ちゃんを乗せなくていいときに、

      試しに子乗せ自転車の前のシートに乗せてみたら、大喜び!

       

      自転車で走るのも、ヘルメットをかぶるのもうれしくてたまらないらしい。

      ただ、新たな問題が。。。

       

      自転車を止めて降ろそうとすると、泣いて怒って抵抗するし、

      ヘルメットを脱がそうとしても、泣いて怒って抵抗するし、

      さらには、靴を脱がそうとしても、泣いて怒って抵抗するので、

      登園のハードルがまたあがってしまいました。

       

      慣れてきて、当たり前になったら大丈夫かな?

       

      私が厚着になったらおんぶもキツイし、

      どうにか、二人を連れて保育園往復できる手段を考えなくちゃだわ。

      ルールを守ろうと思うと、6歳児の登園手段問題は深刻なのです。

       

      未就学時まではこども乗せ自転車の使用OKにしてもらえないでしょうか。

      当然のように誰も守らない(守れない)ルールだけど、

      守らない前提のルールが存在するってのはなぁ。

       

      今月は中旬からものすごいスケジュールになるので、

      1日1日を大切に行こうと思います。

      風邪ひいちゃったから、早く治さなくちゃ。


      自転車保険ってむずかしい。

      0

        昨日は自転車安全適正利用対策検討会議で、甲府を伺って来ました。

        安全に自転車を使っていただくための施策と

        条例をどうするかという課題を検討するための会議です。

        配られたのは南部茶。

        山梨県南部で収穫されているお茶なのだそうです。

        すっきりしてて、飲みやすかったー!

        自転車関連の方が少ないので、一般的な率直な意見が出てきて
        ものすごく興味深い。。

        「自転車保険なんてわからないし、個人賠償責任保険なんて知らないよ!」

        「知らないで乗ってる我々みたいな存在も、クルマを買うときみたいに、
         販売店でごく当たり前に入れる流れを作れないんですか?」
        という発言があって、そうか!強制になった方がよいってこともあるのか
        と思ってしまいました。
        クルマや原付は、強制的に自賠責に入るもんね。
        山梨県は、MTBを推す姿勢になってるのですが、
        公道上の事故を対象とする保険ではカバーできないって指摘が出てきて、
        林道でもどこまでが公道なんだ?
        公道でもない山を走るのは危険行為なんじゃないか?とか
        いろいろ膨らみました。
        でも、公園内のサイクリングコースも公道じゃないので、
        そこで誰かをケガさせても、同様ですよね。
        そこもカバーしますという自転車保険商品もあるし
        個人賠償責任保険であればカバーできるけど、
        よく見て選んでもらわなくてはいけないってことになるのかな。
        また、県内にはレンタサイクルが多く、インバウンドの利用も多いので、
        どういう規定を適用させるかということも話題になりました。
        業務中の事故をカバーする施設賠償責任保険の話になったりして
        たしかに、ああ、保険ってややこしい。
        あれ?メッセンジャーの方々の保険とかって、どうなってるんだろう。
        ウーバーイーツとかもあるよね。
        たとえ個人で入ってても、業務中の事故は保障されないはず。。
        どうなってんだろ?怖くない?
        いろいろ話し合って解散となったわけですが、
        会議してたとこの入り口で、農業大学校さんの野菜を売っていて
        かぼちゃが豊富!!!
        もう店じまいの時間だったのですが、少々残ってて
        せっかく売りに来られてるのに、売れ残るのもかわいそうだし、
        ついつい買っちゃいました!
        バターナッツと、あと、なんだっけ。。。甘龍?
        さらにルビーのメークイーン系のおいもさん。
        当然、やたらと重い(笑)
        保育園に行っても、全部の荷物と娘は抱っこできず、
        保育園に一晩置かせてもらってきました。
        昨日から、本当にひさしぶりに二人とも登園していて
        昨日は食育で月見だんご作りだったのですが、休んじゃったお姉ちゃんに
        信玄餅の桔梗さんで、月見だんごを勝って帰りました。
        喜んでくれたー!
        月は見えなかったけど、お月さまに見せる感じにして、いただきました。
        私も、もっと保険の勉強しなくちゃな。
        かぼちゃはどうやって食べようかな。

        また来たピンチ

        0

          週末、咲璃が連続して39.5℃を超える熱を出し、

          手足口病の可能性もあると指摘されたり、

          全身ががたがた震えてしまったりで、

          結局連日付き添ったり、医者に行ったりで

          週末の予定が全部狂ってしまい、ほとんど何もできなかったの。

          夜中は泣くし..

          ごはんも食べてくれないし。

          いらいらするのか痛いのか、両手の人差し指を弾くように噛んでいて

          気づいたら内出血なのか、色が変わっちゃってて...

          ここが痛いから、さらにフキゲンに。

           

          ひー

          やめてくれー

           

          こんなときに懇談会とかがあったりするんだよねぇ。

          ああ。

           

          咲璃がようやく解熱したと思ったら、今度は紅香が夜から38.8℃。

          伝染ったか。。。

          姉妹で仲が良すぎるだろ!

           

          ...ああ、かわいそうに。

          申し訳ない。

           

          夜中に起きて作業をするから、睡眠不足が蓄積してきてて

          それ以前に、またもやいろんなことが間に合わない〜

          ああ〜どうして〜いつも自転車操業なの〜♪

           

          明日、私は出張なのに、二人は保育園に行かれるのだろうか。

           

          眠さ対策で、ずっと食べてるから、脚が自分のものじゃないみたいにむくんでるし。。

          目も白眼がたるんできちゃったし。

           

          それにしても、私はこのままホノルルを走れるのか?

           

          はー。

          いろいろピンチなんです。

           

          でももう睡眠不足すぎて、大失敗しそうだから、少し寝ます。

           

          朝起きたら、二人が奇跡の回復をしていますように!!


          ジャージがもらえる!”ぐるサイ”パート2

          0

            埼玉県内の指定コースを走って、発信しようという

            ぐるっと走ろう、じてんしゃ王国埼玉キャンペーンの第2期が始まっています。

             

            対象ルートも82に増えました!

             

            エントリーし(後述)、ライドへ出発。

            SNSにライドで楽しんだものなどをハッシュタグをつけ、情報発信していただき、

            ライド後に、ブログ的な記事を書いて県に提出していただきます。

             

            記事が県のサイトに掲載されたら走行距離に応じ

            35km未満ならサイクルキャップ

            35km以上なら

            サイクルジャージが贈られます!

            すごい!ふとっぱら!

             

            文章の得意不得意は関係なく、

            どなたでも参加していただけるそうです。

            ジャージ、キャップには数の限りがありますので、皆さんどうぞお早めに。

             

            エントリー締め切りは令和2年1月31日(金曜日)までとなっています。

             

            応募いただいた方の中から毎週末に選考を行い、

            コースや応募者の皆さんの属性の偏りがないようにし、

            申告していただいたルートから、お願いする走行ルートを決め、

            参加をお願いすることになった場合は参加決定通知書が届くそうです。

            こちらを受け取ったら、サイクリングにGO!!です。

             

            詳細はこちらでご確認ください。

             

            ぜひぜひ、ライドを楽しんで、同時に埼玉の魅力発信にご協力くださいね。

             

            私たちも今月走りに行ってきますよ〜!


            なんだか居心地のいいヒルクライム、キャベヒル!

            0

              8/31-9/1と、群馬県嬬恋村を舞台にキャベツヒルクライムが開催されました。

              ほどよい緊張感とほどよいのんびりさがただよう空気感が心地よい

              大好きなイベントのひとつです。

              参加者の皆さんのマナーもよく、おもてなしも温かくて、

              一度参加すると「帰ってきたくなる」イベントなのです。

               

              そんな居心地のいい、ハードルの低いイベントなのだけれど、

              今年もNIPPOヴィーニファンティーニファイザネから、

              5名の選手と監督、スタッフのフル体制でやってきてくれました。

              チームにとってものすごく大切なツール・ド・北海道の直前なのに。

               

              今年から大門監督の提案で、子供向けの自転車教室を催すことになり、

              ウィーラースクールから3名の関東スタッフが来て2回スクールを開催してくれました。

              講師はもちろんNIPPOの選手です。

              絶対に負担をかけさせたくなくて、フルにではなく、短い時間で、と、

              お願いしていたのですが、ほぼフルに、2回とも参加してくれました。

              当たり前だけど、レース中は怖い顔をしているオーラ満開のメンバーが

              見たことのないニコニコ笑顔で子供達と接してくれて。

              楽しんでくれたのかな。

              いざとなったら気後れして参加できなくなっちゃったお子さんのところにも

              何人もの選手が来てくれて、「やろうよ、おいで」的な声かけをしてくれて。

              みんな、一生の思い出になったと思います。

              この日フアンホセロバト選手の呼び名は「ジェイジェイ」(JuanJoseと綴るから)

              ちょっと怖そうなのに、ヘルメットに「ジェイジェイ」シールをつけて

              一本橋耐久に挑んでる姿がえらくチャーミングで、

              もう「ジェイジェイ」以外の名前が浮かばなくなってしまった。。

               

              ステージでは、初山選手に2回トークを担当してもらいました。

              受付開始のタイミングになってしまい、あわわと思ったけれど

              たくさんの皆さんが集まってくれました。

               

              今年ジロで、世界中のサイクルロードレースファンの注目を集める走りをしたわけですが、

              「いろいろ経て、人として成長したかも」っていう話題にもなったのだけれど、

              感情を込めて自然体で話すようになっていたり、

              心をつかむひとになるってこういうことなのねと、

              その「成長」ってものを、まさに目の前でまぶしく見上げた時間でした。

               

              洗車サービスフル稼働でお疲れのはずの西メカとのトークで、

              この日の演目は全て終了。

              ここからホテルに移動して、プリンスホテルさん主催の夜のパーティーです。

               

              前方のテーブルクロス付きのテーブルに選手たちが座り、

              円卓に参加者の皆さんが座ったら

              なんとも記者会見みたいなカタめの雰囲気になっちゃって。

               

              大門さんが真面目に律儀に皆さんからの質問に答えて、

              みんな背筋が伸びちゃったりして(笑)

               

              来季のことも、話をしてくれて、

              まさにここでしか聴けないことばかりだったから、

              爆笑パーティーではなかったけど、価値はあったかなと思います。

              最後になって、まさかの副村長のシュプレヒコールで盛り上がる。

               

              来年はテーブルをなくし、もっとフレンドリーに開催することになりそうです。

              来年も来てくれるのか、まずはそこだけど。

               

              そして、翌朝。

              意外と気温が下がらず、暑くない、快適な気温の中でスタートしました。

              お約束の、かつき先生のウォーミングアップに、セキノコと熊川村長も加わって

              みんなの注目を集めておりました。

               

              選手の皆さんと、ぐんまちゃんも来た!

               

              今年は伊藤選手と初山選手がエキスパートに出て、

              ジェイジェイとボウ選手が女性多めのカテゴリーに、

              溶けちゃいそうな笑顔のザック選手がお子さんたちと走りました。

               

              今年は、エントリーしたお子さんたち全員にNIPPOジャージのプレゼントがあって!

              ちっちゃなNIPPOライダーがたくさん集まってくれて、かわいらしかったです。

              ものすごくマナーがよく「スタート時に接触が起こりやすい」ってことを

              忘れてしまうくらい、何の問題もないスタートでした。

               

              下山を待つまで、私は休憩!

              娘は嬬恋村の施設(一戸建て)で、地元の子育てサポートさんに見ていただいていて

              ノリノリでした。

              こんな施設があるなんて、すごく住みやすい村なんだろうと思う。

              この日は、ここで女性たちの食事会もあったようでした。

               

              子供とブースめぐり。

              ふわふわすぎて、300円という値段に心底驚いた激ウマかき氷や

              その場で豆から挽いてくれるコーヒーなどをいただきました。

               

              さて、レースは当然ですが、あっという間にトップがゴール。

              今年の優勝タイムは48分台と速かった。

               

              およそ20kmで1000m上るコースなのですが、

              タイムを狙う人にとってどうなのかわからないけど、

              平均勾配は5.1%で、比較的、走りやすいみたいです。

               

              表彰式、じゃんけん大会。

              海外勢には「さいしょーはグー」が苦手みたい!

              でも、「ジャパニーズスタイルでやる!」ということだったので、

              「さいしょはぐー」からやってもらいました。

               

              選手の皆さんは、最後の最後まで、にこやかに参加してくれて、

              参加者の皆さんも、最後まで過去最多の方々が残ってくれて、すごく盛り上がりました。

              本当に最後まで残ってくれた皆さんとの記念撮影。

              子供達も、すっごく嬉しそうだった!

              これからもずっと、今日の選手達を応援するだろうと思う。

               

              みんな言ってたけど、今年は例年にも増して会場の雰囲気がずっとよくって、

              二日間、笑顔ばかり見ていた気がします。。

              村の皆さんが朝からいいお出汁で煮込んでくれた具沢山けんちん汁などのふるまいも、

              皆さんが残って味わってくれたので、ちょうどゆきわたったみたい。

               

              嬬恋村の方々が作るいい空気があり、

              プリンスホテルの皆さんもすごくあったかくて、

              サンケイの皆さんもピリピリしないので、こういう空気感になるのかな。

               

              やっぱりオーラ満開のNIPPOの選手がにこやかに参加してくれるから

              この高揚があるんだと思います。他にはこんな大会ないもん。

               

              写真撮ってたら、一緒に写ってこいとマルコさんに押し出され

              結構動揺しながらもしっかり笑顔で入り込んだの図(笑)

              昔、私はこのチームの広報スタッフだったしね。

               

              楽しい時間を、本当にありがとうございました。

              この疲れが出ないことを祈っています。

               

              参加者の皆さんと、北海道に向かう選手達とを見送って、

              今年のキャベヒルが終わりました。

              参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

               

              不思議に楽しいヒルクライムなので、関東近郊の皆さん、

              来年は参加を強くオススメしますよー!

               

              たなちゅうさん、お写真をありがとうございました!

               

              お土産にいただいたキャベツ、どうやって食べようかな♪


              旅立ち

              0

                だんなさん方の祖父が旅立ち、お別れを終えました。

                入院はしていたのだけれど、最後に会った時は、肌もつやつやしていて

                娘とタッチして別れたので、まだまだがんばってくれると思っていました。

                急に容体が悪化し、娘たちを連れて行く予定の前日に、突如旅立ってしまい、

                訃報を聞いたときには、ショックで呼吸困難に陥りそうになりました。

                紅香と咲璃をすごく可愛がってくれたおじいちゃん。

                もう一度会わせたかった。

                 

                思えば、あんなにランドセルにこだわっていた紅香が突然あっさりと購入を決め、

                それを背負って会いに行ったのが最後だったのだけれど、

                これも、何かの知らせだったのかもしれません。

                 

                92歳ではあったけれど、アタマは常にクリアで回っていて、

                ちょっといたずらっこみたいな目をしながら、いろんな話をしてくれました。

                100歳までは余裕だと思っていたのに。

                 

                全く苦しまず、眠るように旅立ったようです。

                あまりにも生き切った感が強く、湿っぽいところのないお見送りでした。

                とはいえ、92年もの人生が幕を下ろしたという事実は重く、

                やはり、涙がこぼれました。

                 

                去年3人追加され、計5名のオール幼児のひ孫がいるので、

                特に初七日の会場などは、遊び場化して、常に歓声や泣き声が響き渡っていて、

                未来への広がりそのものといえるような明るい会になりました。

                おじいちゃんも、光景を見て笑っていたことでしょう。

                 

                温かく細やかな気遣いのある斎場で

                寄せ書きや手紙を書いたり、折り鶴を折ったり。

                ほぼうちの娘が書いてる気もしますが(笑)

                そして「と」が逆だよ。

                 

                初山選手がお通夜に来てくれて(なんと律儀な!)

                アベタカも交えて、みんなでビンゴ大会をしていたお正月の話で、

                大いに盛り上がったりもしました。

                 

                このタイミングで、和歌山の小坂農園さんからいちじくのお取り寄せをしていたのですが、

                なんと、おじいちゃんの好物はいちじくだったそうで!

                知ってたら、もっと持って行ったのに〜!

                私が好きすぎる小坂さんのいちじく。

                親類一同で食べたのですが、あまりのおいしさに歓声があがりました。

                でっかくて、ジューシーで、やわらかくて、甘い。

                ここのフルーツは、本当においしすぎるのです。

                 

                おじいちゃんの居場所に据えられた祭壇にフルーツをお供えしました。

                 

                淋しいけれど、みんなで、お見送りできてよかった。

                 

                セレモニーの間、暴れる咲璃を押さえたり抱き直したりで、

                すっかり右手首を傷めてしまいましたが、

                そんなことも笑って見てくれているでしょう。

                これまで、ありがとうございました。

                 

                そして、私たちは、しっかり生きなくてはですね。

                後悔や不完全燃焼のないように。


                TOKYO2020 1 year to go!@相模原

                0

                  昨日アリオ橋本で東京オリンピック・パラリンピック1年前イベントがあり、

                  パパが出るので、子供たちを連れて行ってきました。

                   

                  子供たちは、ボートに乗ったり、

                  噴水エリアで走り回ったり。

                  ミストに加え、定期的に噴水が出てきます。

                  お姉ちゃんがえみりの面倒も見てくれて、微笑ましいけど、

                  えみりの緊急退避をするために、私は近くで待機してるので、

                  私も当然びっしょびしょです。。。

                   

                  えみりは声をあげて、興奮状態でヨチヨチ走り回ってるけど、

                  触るともう体が冷えて冷たくなってしまったので、退避。

                  ふたりとも乾いた衣類に着替えて、バーガーキングのキッズミールを買って、

                  トークショー会場に行きました。

                  私は着替えないんだ、ちなみに(笑)

                   

                  お。

                  やってる、やってる。

                   

                  栗村さんと畑中選手のトークショー。

                  ショッピングセンターで、1時間のトークって、ものすごく稀なので、

                  どんな感じなんだろう?と思ったけれど、席には、ウェア姿の方々が多く、

                  にやにやしながら(ニコニコ?)トークを最後まで楽しまれておりました。

                   

                  ただ、席に座ってバーガーキングって感じではなく、

                  迷惑にならないところに停めたベビーカーにお姉ちゃんを座らせて

                  そこでランチしてもらって、えみりを抱っこベースで...

                   

                  ただ、彼女は開放空間に興奮し、私がお姉ちゃんに何かをしている隙を狙って、

                  東京2020うちわを振りながら、笑顔でどこかに走り去ってしまうので、

                  常に追いかけて走り回ってて、トークショーの1時間はあっという間でした。。

                  もう一つの会場では、ボートや、自転車を体験できるってことで、

                  自転車はズイフトが来ていました。

                  栗村さんが乗ってるーと思ったら、

                  電話で呼び出されたという初山選手が立ってて

                  彼もズイフトしてました。

                  地元人材活用型だわ。

                  いつもは絶対に、絶対に、絶対にこういうのをやらない娘が

                  気づいたら乗ってて!

                  すごい!

                  しかも足がうまく届かないのに、一生懸命ペダルを回してました。

                  いったい、彼女に何が????

                  まったく分からない。。

                   

                  サポートしてくださったスタッフの皆さま、ありがとうございました!

                   

                  せっかく、スタンプラリーを企画してくださっていて、

                  相模原のグッズも当たるそうなので、スタンプラリーもやることにしました。

                  館内5箇所のスポットでクイズに答えていきます。

                  こういうのがあると、各地をめぐるから、確かにいいね。

                  抽選の結果、さがみはらのサコッシュをゲットしました!

                   

                  会場には、ミライトワとソメイティが登場。

                  ものすごくレアな登場らしく、盛り上がっていました。

                   

                  私はわかりやすく疲れ切ってしまい、

                  用事があって寄ったミニストップで、モンブランソフトを。

                  モンブランクリームがおいしかったー!

                   

                  神奈川って自転車が盛り上がらないイメージがあったのですが、

                  こういうイベントがあって、うれしかったです。

                  秋から保険が義務になる条例ができたりという動きはあるけれど、

                  いろんなところが、変わっていくといいなー。

                   

                  みなさん、お疲れさまでした!


                  もぐもぐライド、男性オッケーになりました!

                  0

                    9月21-22日に開催されるもぐもぐライドですが、

                    男性からの問い合わせと要望が多かったそうで、

                    実行委員会内で協議があり、男性も参加オッケーになりました!


                     

                    21、22日ともに、出発地点は網走駅で、朝9時スタートです。

                    網走駅のお弁当屋さんのカレー弁当は隠れグルメです。

                     

                    21日はほがじゃの工場や、ケーキ屋 Hanautaなどに立ち寄り、

                    感動の径など、網走エリアを中心に走ります。

                    流氷館にも行くようなので、このキャラメルソフトに

                    塩の結晶がちりばめられたソフトクリームも食べられます。

                    全国のデパートの催事でも有名なジェラート店「リスの森」監修なので、

                    絶妙なバランスのおいしさなのです。

                     

                    22日は、「国民的5人組アイドルグループ」がJALのCMを撮ったことで有名な

                    能取岬や、平昌冬季五輪で一躍有名になったカーリング女子日本代表行きつけの松寿し、

                    ↑特産のホタテがともかくうまい!

                    あと、お吸い物も、添え物になり得ないくらい美味しい。。

                    そして、ここのシーフードだらけのシーフードカレーも絶品なのです。

                    さらには北見市内のスイーツ店などをめぐる予定です。

                     

                    詳細は、オホーツクサイクリングロード情報ポータルサイトに掲載予定です。

                     

                    20日の前夜祭から始まりますよー!

                     

                    皆さまのご参加をお待ちしております!

                     

                    シクロサイアードさんの告知記事はこちら


                    秋の伊豆大島 おいしいものめぐりグルメライド!

                    0

                      ふんわりお伝えしていた伊豆大島のツアーの募集が始まりました。

                      タイトルは「秋の伊豆大島 おいしいものめぐりグルメライド」

                      10/4ー6までの行程です。

                       

                      大島一周ライドはもうメジャーですが、東岸にそこそこの上りがあり、

                      ここは今回バッサリカットしました(笑)

                      平坦基調なところを走って、は、止まって、

                      おいしいもの食べて..というゆるゆるライドです。

                       

                      10/4金曜夜発で、大型客船で1泊していただき、到着後は御神火温泉で休憩、

                      午前中には20km程度のライドが予定されています。

                       

                      オズマガジンに東京都のお土産に選出された「リスまんじゅう」や

                      (中身はリスの形のカステラまんじゅう系のお菓子です。確かにかわいい)

                      「大島牛乳ぷりん」のシャロン洋菓子店に立ち寄ります。

                       

                      「大島牛乳ぷりん」はしぼりたての大島牛乳を100%使用し、

                      牛乳のうまみを生かした甘さ控えめのスイーツで、

                      とろっとろの口当たりが楽しめるとか。1日200個の限定生産です。

                       

                      町営牧場「ぶらっとハウス」に立ち寄り、

                      大人気のベーカリー「アイランドキッチン」特製のランチBOXをいただきます。

                      画像はアイランドキッチンFBより

                       

                      このお店、何を見てもおいしそうなんです。

                      あまりにおいしそうなので、交渉していただき、

                      今回のランチボックスが実現しました!

                       

                      午後は南下し、元町を通過して、波浮港まで走ります。

                      波浮港には、羽根つきたい焼きで有名な「島京梵天」が!

                      島の塩、大島牛乳、地玉子を使ったたい焼きはどれも大人気です。

                      鵜飼商店」の注文を受けてから揚げる揚げたてコロッケも絶品とか。

                      べっこう寿司も有名なんだけど、もう食べられないかも(笑)

                       

                      いったん元町港に戻り、ホテルにチェックイン。

                      夕飯まではフリータイムです。

                       

                      トリトン」のアイスが最近人気らしいので、行ってみたいですね。

                      200円/250円という破格の安さ。ダブルで350円だって。

                      島海苔アイスが人気らしい。

                      (須山さん、お写真使わせていただいちゃいました!)

                      こちらは、須山さんが送ってくれた溶岩アイス&塩バニラのダブル。

                      溶岩フレーバーの正体はオレオとゴマで、今一番人気なんだって。

                       

                      元町グルメや椿油の製油所などをお楽しみいただいて、宿で夕食。

                       

                      こりゃ、もっと走らないと食べすぎだよ!という方は、早朝から

                      アジア選手権や全日本選手権で使ったコースなどでモーニングライドをしましょう。

                       

                      朝食をいただき、ホテルをチェックアウトして、

                      グルメマップに基づいて、フリーライドとなります。

                       

                      1日目は北に行かないので、なんでも一通りある岡田港か、

                      もうちょっと足を伸ばして、泉津のカフェか。

                      岡田港はお土産もあるし、カフェもあるし、

                      島のメシって感じのものも楽しめるし、スイーツもあります!

                      それぞれの趣向に合わせてめぐりましょう。

                       

                      14:30の大型客船に乗って、竹芝客船ターミナルを目指します。

                       

                      料金は、ものすごく頑張ってくれて、全てコミコミで26,900円。

                      (ただし、カフェやお買い物などの飲食は自費になります。)

                      自転車は宅配が難しいそうで(20,000円になっちゃう)、基本輪行になります。

                      竹芝に駐車場があるので、ここまで乗せてきて、輪行袋に入れ変えるのが一番楽かな。

                      船に乗せるだけなので、前輪外しとか、楽なものでいいと思います。

                       

                      ツアーに行きたいけど、輪行は自信ない...という方は、手段を考えますので、

                      メッセンジャーなどでご連絡ください☆

                      ともかく竹芝までお越しいただければ!

                      状況によっては、竹芝などの港まで送り込んでいただいて、

                      そこで輪行することもできるかもです。

                       

                      東京諸島観光連盟さんが、これからサイクルツーリズムをやりたいということで

                      かなり頑張って計画してくださったツアーです。

                      初開催なので、行き届かないこともあるやもですが、

                      融通は利かせてくれそうなので、きっと大丈夫。

                      楽しくやりましょう!

                       

                      私はおそらく、下の娘を引っ張っての走行なので、

                      かなり低速です。。。

                       

                      告知から開催まで、あまり時間がないのですが、

                      ぜひぜひふるってご参加ください☆

                       

                      行程はこちら。

                      東京アイランドドットコムに詳細を掲載予定でしたが、

                      リンクなどが遅れているそうです。

                      チラシはこちらから。

                      お問い合わせやお申し込みは📞03-3436-6955 にご連絡ください。

                       

                      皆さまのご参加をお待ちしております!



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << September 2019 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM