サイクルモード個人的タイムトライアル選手権

0

    今年は会期中の中日に突然開催された新たなサイクルモード名物の

    「第2回個人的タイムトライアル選手権」

     

    ブラッキーさんからレポートを書くようにとのお達しなので(笑)

    「オフィシャルカメラマン カキさん」からの画像で

    レポートさせていただきます。

     

    ブラッキーさんのあまりにも突然の開催決定にもかかわらず、

    今年も、信じられないくらいの豪華メンバーが集まりました。

     

    昨年度は、豪華メンバーを抑え、あのタンパーニこと辻啓氏が優勝。

    今年はタンパーニがディフェンディングチャンピオンとして臨みました。

     

    ラインナップは、宇都宮ブリッツェンからアベタカ選手、岡篤志選手、

    ブリヂストンサイクリングチームから平塚吉光選手、

    JBCFから廣瀬佳正選手、自転車普及協会から栗村修選手

    さらに、豪華かつ芸達者メンバーの中に、

    ...まさかのサイクルジャーナリストの別府始氏と

    シンガーソングライターの水越ユカさんも混じっていて、軽く目を疑う。

    大会の趣旨は正しく伝わっているのだろうか。。不安。

     

    今年も「オフィシャル計測担当」「オフィシャルカメラマン」が

    その場で募集され、3名が就任しました。

     

    選手たちは出走バイクとヘルメット選びに散り、ウォーミングアップののち、

    レースが始まりました。

     

    まずは(この手の)タイムトライアルのプロ、栗村選手。

    パフォーマンスで派手に転んだものの、なかなかのタイムを叩き出す。

    これがしばらくトップタイムとなりました。

    ちなみにこの転倒でジャージにダメージが行ったらしい。

     

    よく見たらロードバイクを選んでいるので、そこそこやる気があったのか?

     

    レポートを書く気なんてなかったので、出走順を覚えていないんだけど(笑)

    最近どえらくかわいい娘のパパになり、ミルク代を稼ぎたいという廣瀬選手が

    ピンクヘルメットをかぶり、真顔でコーナーを攻め、


    別府選手の出走時は

    熱い握手が交わされた。

     

    ホールドをホールドする意味のわからない光景の中

    優雅にハット型ヘルメットで出走。

    ホールドったって、別府選手の足はべったり地面に付いてるし!(笑)

    12インチでの激走は、脚が辛かったらしい。。

     

    紅一点となった水越ユカさんは、担ぎを加えて、

    クロスっぽく可憐に走り終えた。

     

    数年前、モードのTT選手権で指を骨折した過去がある平塚選手のエントリーに

    緊張が走ったけれど

    第2コーナーでの1コケで無傷でフィニッシュ。ほっ。

    タイムトライアルのスペシャリストアベタカ選手。

    ミニオンズヘルメットの岡選手にホールドされ

    奇跡のバランスからのスタート。

     

    すごい。

    自転車とボディとのバランスがすごい。

    顔も真剣。。。

     

    そして、今ノリに乗ってる岡選手。

    画像はなかったけど

    トップタイム!

     

    こちらも画像はないけど、持ち込んだ「ホットシート」に座ってた

    栗村選手がシートを叩いて去っていった。

     

    満を持して、ディフェンディングチャンピオン タンパーニの登場!

    世界をめぐるプロフォトグラファーも、この日は選手です。

     

    コーナー内にポールを立てられたりといういぢわるにもめげず

    うつくしくコーナーを攻め、

    フィニッシュラインに飛び込んだ!

    その結果は!

     

    辛くも、岡選手に及ばず!!!

    その差、確か0.7秒くらい!

    岡選手、優勝確定!

     

    「でも、ディフェンディングチャンピオンは来年も参加しないといけないんですよ」

    との事実を知らされ、岡選手はこのあと両手で顔を覆ったのでした。。

     

    「いやー、来季もブリッツェンだったら、

    この報奨金で500万円年棒アップだったんですけど、

    来季はマルセイユだから無理だな、残念」と廣瀬元GM 。

    岡選手はひたすら苦笑。

     

    「あ」

    「『早くズイフトブースの片付けに帰って来い』って繰り返し連絡が入ってます」

    すみません....

     

     

    「来季はもっと高いところへの挑戦なので、今回の優勝を踏まえてがんばります!」

    このTTはマルセイユでの参戦と同列のレースだったんすか。。

     

    ともかく仲良く記念撮影。

    岡選手には、賞品として、モード名物の大ぶりなわらび餅が贈られました。

     

    今年もお疲れさまでした!

    急遽召集されたオフィシャルのみなさんも、ありがとうございました!

     

    来年も、二日目か三日目、参戦してくれそうな人が多い方の日に

    ゲリラ的にキッズエリアで開催されるみたいです!

    観戦希望の方は、日程を予想して、閉館30分前にキッズエリアにお越しください!


    さいたまクリテ!(今さらだけど)

    0

      あまりに日々が濃厚すぎてなにも書けなかったさいたまクリテですが、

      J:COMさんの番組で、川村エミコさん、JOYさんと会場を回っておりました。

      すごく楽しいお二人で、時間の経つのもあっという間でしたー!

      私は本年は初めてTシャツでロケでした。

      Tシャツもいいねって話になったりして。

       

      フェスタでは、右京さんとボビーとちゃりん娘の皆さんがトークショーをしていたりして。

      ボビーが「片山のとこ行くよ!」というのでチームUKYOブースに行って

      右京さん交えて写真を撮ってもらうの図。

      ボビーはあいかわらずチャーミングでした。

      UKYOウェアが小さすぎて入らなくって、文句を言ったら

      「来年ボビー用に作るよ!」って言ってたけど、右京さん、本当ですか?

       

      J:COMスタジオから中継があって、廣瀬さんともご一緒したのですが、

      写真を撮っていなかった!!!失敗。。

       

      キッテルが登場したのですが、超絶紳士で。。

      待ち時間も自分から「まだ時間があるから皆さんと写真を撮ってくるよ」と

      少しの時間もファンサービスに充てたりしてて。

      みんな、一瞬でファンになりました。

       

      さて、レース観戦はアリーナの中で。

      今年は久々にさいたまアリーナの中を走る形になったのです。

      これはこれで、またよいね。

       

      レースはご存知の通り、新城選手の優勝で、

      さいたま新都心の温度が上がるくらい、盛り上がりましたねー!

       

      最後、ベルナル選手らが来てくれました。

      なにを聞いてもしっかり返してくれて、川村さんの質問にもさらりと大人な返答を返すし、

      川村さんに、さっと左目でウィンクをしてくれたりしたそうで、

      弱冠22歳とはとても思えない!

       

      ちなみに私にはウィンクをしてくれなかったけど、

      それは私の右隣にベルナル氏のガールフレンドがいたからだ、ということにしておこう。

       

      ともかくも、堂々としていて、でも、とても気さくで、神経質じゃなくて、

      もうオーラがあって、すごく素敵な方でした。

       

      この番組は、栗村さんがコメントや解説を加え(私たちは彼がなにを語ったのか知らないけれど)

      さいたまクリテリウム楽しんじゃいました!というタイトルで

      16日からJ:COMさいたま、ぐんまでオンエアが始まるようです。

       

      観られる環境の方は是非是非ご覧ください!


      モードを終えて

      0

        サイクルモードが終わり、ブース関連の片付けもほぼ終わりました。

         

        女性向けブースは、もちろん事務局が設計や発注をしてくれるのですが、

        中身は企画から、各方面へのご協力の交渉から、全部ひとりでやっているので、

        なかなか大変な作業量なんです、けれど、片付けを皆さんに手伝ってもらって、

        全部終えると「やってよかったねー!」という声が出てくるし、

        皆さんに喜んでいただけているので、やる意味や価値は十分にあるのかなと思っています。

         

        「女性たちにも、もっと自転車を楽しんでもらいたい」という思いで

        もう10年ほど、主催者企画としてこのブースを開いてくれている

        事務局に感謝しなくてはいけないなと思います。

         

        今年も旅エリアとコラボし、オススメの旅プランを作ってもらい、パネルにして、

        女性たちに投票してもらう企画をしました。

        女性たちにもっといろんな旅先の可能性に気づいてもらいたくて

        開催した企画だったのですが、

        1位は予想どおりしまなみサイクリングだったものの

        多くの方がいろんな土地のパネルを見て悩んでくれて、

        企画した甲斐があったなとしみじみ。

         

        今年は資生堂さんがブースに協力してくださって

        シーブリーズジェルや純白専科のサンプルを出してくれて、

        協力してくださった皆さんにお渡ししました。

         

        若者のものってイメージも強いけど、意外と大人も性別を問わず使えるんです。

        使ってみると、コスパがすごくよくって感動しますよー。

        専科も非常に評判のよいアイテムなので、使ってみるのが楽しみですね!

         

        さて、最終日は

        BTBさんにお越しいただき、自転車の箱詰め!

        いざ聞いてみると知らないことだらけで!

        次回からは、この手で箱詰めしよう。。

        達人に聞くって重要ですね。

         

        さらに名人伊美さんをお招きし、輪行の実演。

        今年もポケット型のもので実演をお願いしました。

        これを見ると、輪行のハードルが下がります。

        これなら、誰でもできる!

        今年も大盛況でした。

         

        旅エリアからは、台風の被害が大きかった岩手・三陸サイクルツーリズムさん。

        ホタテとかとれたての海の幸がおいしーんだって!

        e-bikeを使ったツアーについてご紹介いただきました!

         

        いまなら往復4000円で行かれるキャンペーンがあるという東京諸島。

        台風の被害もかなり落ち着き、いまはウェルカムな状況になっているそうです。

         

        伊豆大島一周+島カフェめぐりツアーは、今年準備することが難しく、

        来春になるということでした。

        いまから楽しみですねー!

        とりあえず、4000円なら先に行きたいな。。。どうにか行かれないかな。

         

        ノリで?開催が決まった福岡のトーク

        アマンディーヌさんが福岡の魅力について語ってくれました。

        福岡も、都市部あり、田園地帯あり、多彩ですよね。

        来年3/8にレースとサイクリングのイベントがあるので、要チェックです。

         

        あと、最終日には自転車名人の就任式がありました。

        ご存知のことと思いますが、道端カレンさんが就任されました。

        脚がながーくて、ほそーくて!

        何頭身なんだろう。。すごいなぁしか言葉が出ない。。

        トライアスリートで、先日は大会で優勝されたとか!

        すごいですねー!

        これからも、ご自身のスタイルで、自転車を楽しんでいただけたらと思います!

         

        さて、レポートできなかった1日目は

        ちさこマネージャーに来てもらって、女子トレをやったり

        (マイクの調子がすごく悪くて、声が通らなくて申し訳なかったです。。)

         

        ワコさんのコーデトーク!

        終わった後も質問攻め、骨格診断攻めにあっていました。

         

        金田さんのボディバランスのトークは皆で実演しつつ。

        端的に診断すれば、腹筋を鍛えることで、かなりいろいろ解消できるのだそうです。

        ヨシ、今日からやってみよう!

        もう聞いてから数日経ってるけど(笑)

         

        初日はだれもなにも食べられないまま夕方を迎え、だいぶ限界が来て、

        フードコートに乗り込みました。

        あ、見たことある人たちが(笑)

        知床サイクリングサポートの西原さんもいらっしゃってて、一緒にグルメアタックしました。

        あと、レースとかで会場に来てた畑中選手も。

         

        え?誰がこの画像を撮ったのかって?

        あなたも一味なんだから写りなさい!と言われ、呼び込まれた

        ルブリカントでMCをやってた片岡由衣ちゃん!

        皆さん、お疲れさまでした!

         

        モードはなにせフードがピカイチでして。

        今年はモーターショーとぶつかり、難しかったのかもですが、

        それでもめちゃめちゃ美味しかったです。

        まったくもってかぶりつけない厚みの佐世保バーガー!

        おいしすぎて、困ったものでした。

        ところでこれは明らかに別日の画像ですが(笑)

        娘が来た二日目に二人でいただいたものです。二人でも食べきれなかったかも。

         

        他、ステーキとか肉やきそばとか、ケバブ(←今まで食べた中で最高の味だった)とか

        どれを食べても、驚くほど美味しかったです。。。

        みなさん、来年はアタックしてください!

         

        モード名物のでっかいわらび餅も。

        真ん中は今回わらび餅売りになってた藤井さん。

        グルメといえばこの方なんです。

         

        今年もブースは菊浦啓子ちゃん、中井めぐみさんにお越しいただき、

        chikaさん、利恵さんに個人的に手伝っていただきました。

        ありがとうございました!

        今気づいたけど、全員の集合写真も撮っていなかった。。。

         

        ブースの運営にご協力くださった皆さま、ありがとうございました。

         

        そして、ご来場いただいた皆さま、本当にありがとうございました!!


        もぐもぐライド1

        0

          オホーツクで今年も開催されたもぐもぐライド。

          今年もとても豪華でした!

           

          今年のスタートは網走駅。

          1日目は網走方面を走ります。

           

          バーレーの二人乗りチャイルドトレーラーを使わせていただくことになり、

          オホーツクに持っていきました。

          自転車一台とトレーラーで大荷物ですが、ベビーカーの一種なので、

          フライトへの搭載料金は無料なのです。

           

          子供二人を乗せると、体重とトレーラーで45kgほどになるので、結構重い。。

          鈍速になり、他の方々にご迷惑をおかけするので、平坦限定で引くことにしました。

          スピードがアップや、向かい風、勾配上昇で、一気にきつくなるけれど、

          ママチャリくらいのスピードだったら、なんでもなく快適なので、

          グループライドじゃなくって、家族ライドだったら、全然問題ないと思います。

          子供と会話もできるし、なかなか面白いですよー。

           

          リスの森あらため、「RIMO」へ。

          もはや全国区になった有名ジェラート店です。

          抹茶入りのヤツが、イタリアの国際大会で優勝したフレーバーなんだけど

          ちょいとお高いのです。

          スタンダードないちごとナッツ系をセレクト。

          ここのは、どれもうまいです!

           

          続いては、ベーカリー「ブランジェアンジュ」へ。

          ここももうお馴染みになりました。

           

          小麦をはじめ、地元の素材を活かして焼いていて、

          調理パンも、ハード系も、菓子パンも、どれも、本当に美味しいんです。

          お約束に、どれもおいしそうすぎて選べなーい(笑)

           

          ここのパンを持って、ひまわり畑に行くことになりました。

          一面のひまわり畑!

          皆で眺めを楽しみました。

          さっき買ってきたパンを、近くの眺めのいいところで。

          おいしすぎてペロリですよ。。

          残そうと思ってたのに、つい。

           

          ここから気持ちよく走るパートへ入ります。

          菜の花が随所に咲いてて、いい香りだし、キレイだった!

          ちょいとジェットコースター的な道で、

          がーっと下って、勢いで上って。

          ダイナミックで、楽しかった!

           

          が、時間が押してしまい、急遽先に小清水道の駅に行ってランチとなりました。

          ここで小清水で今話題のじゃがいもスイートポテトが出てきました!

          甘さ控えめで、気持ちのよい甘さで、しつこくもなく、すべてほどよくって、

          しっかりボリュームがあって、食べ応え満点。

          めっちゃおいしかったー!

          レシピを知りたい!!!

           

          限定販売で、売り切れちゃうらしいんだけど、

          インカのめざめを使った商品もさらに数限定であるらしい。

          学生時代、ペルーのイモ畑を追ってた人間としては興味満開です。

          いつか食べたいな。

           

          ここの食堂「恋麺」ってのが美味しいらしいです。

          うちはこどもたちの食事確保でいっぱいいっぱいになっちゃって、

          ランチは食べられそうなものを確保し、適当に済ませてしまったのだけれど。

           

          ここから、じゃがいもでんぷんと海の幸を使ったお菓子、ほがじゃの工場へ。

          大人の工場見学ってヤツですね。

          売店は試食がかなり多くて、食べるとほしくなる!

          みんなでいっぱい買っちゃいましたー!

           

          さて、ここからまた走ります!

          網走のあの揚げたてかまぼこにも行く予定だったけど

          結構閉店ギリギリになっちゃって、ペースアップ。

           

          無事、立ち寄りもできるようになりました。

          イモが山積みに!

          北浜駅にも小休止。

          流氷ライドのときには、一面真っ白だったのに、別世界です。

          駅のホームにも降りてみた

          不思議な感覚!

           

          さて、ここからは一路網走へ!

          そして順調に北見食品に滑り込みました。

           

          好きなかまぼこを一つ選んで

          じゃん。

          この場で揚げてもらうのです!

          あつあつ、プリプリで、めっちゃおいしいの!

          いっただきまーす!

          男性陣はさっさと食べてしまったらしかった(笑)

           

          そして、ゴール!

           

          よく食べて、走りました!

          楽しかった!

           

          もぐもぐライドはまだ1日目。

          翌日は北見方面に向かうもぐもぐが待っていますー!

          こちらのレポも、また後日♪

           

          シクロワイアード安岡さんが書いてくれたレポートはこちら


          ホノルルセンチュリーライドツアー3

          0

            東武トップツアーズホノルルセンチュリーライドツアー最終日。

             

            朝はタンタラスの丘へのモーニングライド!

            早朝出発だけど、空気がさわやかで気持ちいい!

             

            ちょっとしたヒルクライムなんだけど、

            上っていくと、ワイキキの景観が開けてきます。

            軽いシャワーもあったけど、その分

            虹が見えました!

            加賀温泉でもお世話になった、すてきな新婚カップルと虹。

            幸せをおすそ分けしてもらった気分です♪

             

            小田夫妻はこの翌日挙式を挙げたそうです。

            本当におめでとうございます!!!

             

            参加者みんなで記念撮影

            本当にここの景色は心が晴れ晴れします。

             

            パジャマのまま連れてきちゃったんだけど、サポートカーに乗せていただいた娘と。

            ちなみに去年の写真

            首がすわっていなかったんだけど、今年はもう走り回ってます。

            髪があまり伸びてない...

             

            さて、下山して、急いで準備して、ノースショアへ!

            3つの班にわかれ、45kmほどを走ります。

            ノースショアは海が近くて、平坦で、これまたすごくきれい!

            ビーチからビーチへ繋いで走ります。

             

            パンクがあって、通りすがりの車が止まってフロアポンプを貸してくださって!

            よく伺ったら、日本からいらしてて、センチュリーライドも走ってる方々でした。

            鈴木さん、貴重な観光中のお時間に、ありがとうございました!

            本当に助かりました!!

             

            ランチはいつもカフクのジョバンニで、ガーリックシュリンプなのですが、

            激混みだったし、娘は食べられないので、近くのフィッシュバーガーを頼んだ..けど

            ほとんど食べてもらえず。母は娘の食事にテンパってランチ写真なし。

            離乳食のパッケージをトライした方がよかったなぁ。

             

            ウミガメちゃんを見に行ったんだけど、

            ちいさな子ウミガメが波の合間に手を振ってくれたり、顔をのぞかせてくれるのみで

            ちゃんとは見えなくって。ちょい残念。

            でも、大人たちは

            海突入番長を先頭に、今年は女性隊員も豊富で

            すんごい楽しんでましたー。

             

            主発しようとしたら、ハワイらしいシャワー。

            みんなで雨宿りです。

            あっちゅうまに水浸しになったけど、また虹が出て!

            写真には写ってないか。。

            得した気分でした!

             

            ここからハレイワへ

            ついた、ついた!

             

            あまり眠れない日々が続いていたので、私の疲労がマックスになってしまい、

            いろいろ危険になってきちゃったので、ロングスドラッグで

            翼の生えるドリンクを飲んでから、マツモトシェイブアイスへ。

            かなーり元気になりました!

            「ICHIBAN Special!」以外、どうしても頼めない。

            これがおいしすぎるし、コスパよすぎるの。

            でかすぎて、咲璃の頭が完全に隠れてるし(笑)

            フレーバーはピクルドマンゴー。

            ピクルスっぽくなったマンゴーで、甘くなくって激ウマなんですよ。

            どうしてもこれ以外頼めない。

            一年に一度くらい、どうしても食べたい。

             

            食べられるお皿に、かき氷とアイスとあずきと白玉が乗って6ドルです。

            超オススメ!

             

            こいつを食べて、バスに乗り込んでワイキキへ。

            バスの中では、曲芸レベルに娘を中央に抱き、

            上半身を通路サイドに振るメトロノームな爆睡を疲労したらしいです...。

             

            濃厚だったツアーの行程はこれにて終了。

            参加者の皆さんに楽しんでいただけていたら、幸いです。

            今年も笑いの耐えないノリノリツアーでした。

            ご参加くださった皆さま、ありがとうございました!

            綾野さん、藤原さん、お写真を使わせていただきました。

            ありがとうございました!

             

            また来年、みんなで思いっきり楽しみましょう!!!

             

            最終日のアルバムはこちら


            ホノルルセンチュリーライドで100マイル!ツアー2

            0

              さて、日曜はロングライド!

               

              今年は咲璃を片道チャリオットで引っ張るつもりだったけど、

              炎天下に1歳2ヶ月の子供を長時間引っ張るのは、ほぼ虐待だってことに

              9月に入ってから気付いて(汗)

              短い距離ならいいけれど、80kmとなると振動の脳への影響も1歳児には怖くて、

              去年お世話になったシッターさんに連絡したら、見てもらえることになりました。

              よかったー!

               

              朝、彼女がたくさんのおもちゃを抱えてやってきてくれて、

              寝ている咲璃を引き渡して、スタート会場へ。

              みなさんとスタート前の記念撮影

               

              ちなみに、最前列には

              うちのツアーの参加者の皆さんがひしめいていたとか。。

              確かに、見たことのある顔ばっかり!

               

              みんなでスタートして、順調に走っていたけれど、

              一番右側の車線が自転車用に交通規制がかかっているフリーウェイで、

              突然警官がふわーっと動いて自転車を止めて、ブレーキが間に合わなかった参加者の女性が

              前方の自転車に接触して転倒、滑って行って、肩を打ってしまった。

               

              信号は関係なく進むよう誘導をする警官が多いので、行けるのだと思ってしまって、

              私も行く態勢で、止まりましょうと声をかけなかったので、ものすごく申し訳ない気分。

              自転車のブラケットが大きかったから、たぶん、私もこの自転車では止まれなかったと思う。

              改めて、手の小さな女性に対して、確実にブレーキ操作ができる自転車を

              ちゃんと説明して販売してもらったり、そういう情報発信をしなくてはダメだと思いました。

               

              前日も転倒したという彼女は、それでも起き上がって、恨み言を言うでもなく、

              笑顔で乗ろうとされていたので、本当にすごいと思った。

               

              金田さんと橘田さんが来てくれて、身体と自転車のチェックをして、

              問題ないということで、再スタート。

               

              ハートブレイクヒルを越えて

              最初のエイドへ。

              今年も順調にドーナツエイドでした。

              氷はふんだんにもらえます。

               

              今年はともかく蒸し暑くて。

              さらに、ちょっと風も出てきて、しんどい感じもあったかも。

               

              マカプウの登り

              たまたまなんだけど、ボディーガードをいっぱい従えて登ってきた感じで

              なんだかカッコよかった。

               

              マカプウの真っ青な海をバックに、みんなで記念撮影!

              本当にきれいだったなー。

               

              ちょっと遅れ気味だったので、先を急ぎましょう。

               

              なんせ私に脚がない。

              屋外をほとんど乗ってないので...

               

              ジャングルを抜け、かき氷のあるエイドへ。

              毎年、なんとなくブルーのを選んでます。

              バニラ味。

               

              ちょっと遅れてしまっているので、

              なんとなくがんばりめにセブンイレブンエイドを目指します。

              このセブンエイドを10時半までに通過しないと、

              100マイルまで挑戦できないの。

               

              このエイドで、今中さんたちのグループに追いついた!

              エイド出発は遅れたけど、いっちばんキレイなビーチで合流成功!

              今年はここで、金田さんのグループまで全員合流して、記念撮影をしました。

              女子撮影も。

               

              折り返しに向けて、再スタート!

              ツアーのみなさんの長い隊列ができました。

              折り返し地点へ。

              やったね!

              ここにみんな笑顔で到達できて、ハッピーです!

              スパムおにぎりが今年もあった!

              みんな大喜びです。

              さてー。

              私は脚がなく、グルッポイマナカの特急トレインには乗れないし、

              娘の受け取りがあるので、先に単独でスタート。

              脚力がない場合は、一定ペースで走ることが鉄則なのです。

               

              次のエイドではパンの実や

              (手前はゆでたもの)

              スターフルーツが。

              今中さんグループはシャーっと快適にやってくるのです。

               

              美女の水浴びサービスも。

               

              みなさんとご一緒しながら走らせていただいて

              今年はともかく暑くて、脚つりも多々発生したみたいです。

              温暖化の影響かな。

               

              最後の難関マカプウの上りを終えたところで、ツアーの皆さんが手を振ってて、

              記念撮影することに。

              いやー、本当に絶景じゃないですか!

              しんどかったみんなが笑顔になりました。

               

              あとはゴールを目指すのみ!

              今年は最後のエイドで、まさかのレナーズのマラサダとコーヒーが!

              でも、本店のだったみたい。。

              二日くらい前のかなと思って食べてたんだけど、そうか、本店のだったか。

              あまりの違いにびっくりしたけど、ありがたかったー!

               

              脚つり用にって、乾燥梅干が置いてありました。

              効くのだろうか...

               

              最後は激走して、約束の時間に間に合って、咲璃と対面。

              食事もたんまり食べて、彼女のおもちゃでたくさん遊んだんだそうです。

              お疲れさまでしたー!

              楽しかったねー!

               

              部屋に帰って支度して、夜はパーティーです!

              みなさんのエピソードを聞いたりするんですが、

              毎年、これがやたらと面白くって盛り上がります。

               

              ええとちなみに、私は今年のジャージにスカートを合わせてみました。

              アリかな?

               

              食べて飲んで、笑って、恒例の「来年も参加するぞー」

              で、お開きに。

               

               

              最後の最後にスタッフ記念撮影。

              終日撮影をしてくれた綾野さん、藤原さんは、超特急で写真をセレクトし、

              スライドショーにしてくれるんです。

               

              みんなの100マイル完走のためにタイムキープしたり、押したり、

              全力でがんばってくれた金田さん、橘田さん。

               

              お一人でサポートカーを運転し、あれこれ対応してくれた樋沢さん

              たのもしく参加者の万が一のトラブルに備えてくれたメカの栗田さん。

              お疲れさまでした!

               

              また、来年もみんなで走りましょうね!

               

              ツアーの様子がわかるアルバムはこちら

              後夜祭はこちらから


              ホノルルセンチュリーライドツアー!その1

              0

                今年も東武トップツアーズのセンチュリーライドツアーで

                ホノルルを走らせていただいてきました。

                ぼちぼち、レポートをあげていこうと思います。

                 

                初日は悩みに悩んで、ルルドのナチョス。

                娘はBanyanのお部屋で大喜び!

                この娘は強いなぁ。

                 

                エントリーに行って

                このジャージが妙に気になってしまった。

                自転車を追い抜くときは3フィート開けるのがルールですよ、ジャージ。

                色味もなかなかない色だし、首元にハワイ柄。

                片方の肩はドライバー向け、もう片方の肩には自転車向けのメッセージ。

                下には「ありがとう!」のメッセージ入り。

                 

                さてさて、ツアー最初のイベントは直前講座。

                今中大介さんと「今からでも間に合う」準備についてお話しします。

                このツアーでは近年はグリコさんのご協力をいただき、

                パワープロダクションのサプリを3割引で、ツアー期間内の使用分に絞ったパッケージで

                販売させていただいています。

                毎年、なんとなくスルーしてしまったようで、現地で焦って探す方が少なくないので、

                来年は現地まで幾らかの分を持って行って、お分けしようかとも。。

                ホノルルで、良質でフレーバーが日本人に合う補給を準備するのは難しいんです。高いし。

                 

                ペース配分や補給などについてお話しし、金田さんのストレッチの後は

                記念撮影をして、軽くみなさんと走ります。

                 

                BBBASEライドなどでもご一緒してきた須山さんと。

                ケガがある程度治ってよかったですね〜

                 

                このあと、希望者はファーマーズマーケットなどにも行ったみたい。

                うちは部屋で娘の食事などさせて、午後に備えます。

                 

                午後はプラクティスライド。

                私は初級向けとビーチで遊びたい方向けのハナウマビーチ行き班です。

                 

                うちはちょいとした出がけのトラブルでお約束に出るのが遅れて、

                少し車に乗せてもらって、途中合流となりました。。。ごめんなさい。

                ちょっと曇ってたけど、途中でも記念撮影。

                 

                ハワイバイシクルリーグジャージメンツで記念撮影。

                ともかく美しいビーチで!

                毎年来てるけど、毎年感動します。。。

                 

                大人になっても、海では遊ぶのです!

                 

                咲璃は

                (黒木さん、お写真をありがとうございました!)

                 

                海は好きみたいでした。

                水に入れても、動じず。

                紅香はギャン泣きだったのに、子供によって違うんだなぁ。

                 

                何年前からか、すっかり恒例となった最後のジャンプ

                みんなのタイミングを合わせるのがなかなか難しい...

                 

                楽しかったなぁ〜

                 

                でも、ここからが私の中で重要で。

                この、マラサダ!

                ドーナツっていうか、揚げパンみたいなもの?

                有名店のキッチンカーなんだけど、本店と比べたら

                キッチンカーの方が断然、別モノレベルにうまいのです。

                みんな、ここに寄るのが恒例になりました。

                 

                じゃーん。

                カリッとしてて、中はモチモチで、さほど甘くない。

                娘が、事件のレベルに気に入ってしまって。。。

                このでかいのをひとつ食べてしまった。。

                もう真顔です。

                 

                食事も拒否してレナーズの箱を漁ろうとする娘と戦いながら、

                この日の夜は暮れていきました。

                いよいよ、日曜日はロングライドです!

                 

                ツアーアルバムはこちら


                スタッフ打ち上げ

                0

                  さて、どっからアップしたらいいかわからないのですが、

                  アフターライドまでの日程を終え、スタッフ打ち上げも兼ね、
                  参加者の中から濃厚なメンバーと、参加を熱望された方を迎え、

                  BanyanホテルでBBQをしました。

                   

                  うちは娘の食事を終えてから合流したので、遅れちゃったけど、
                  着いたら、メカの栗田さんと、シクロワイアードの藤原さんと、
                  還暦も回ったのに五輪の組織委員会の激務をこなしつつ、サポートライダーを務められた橘田さんと
                  よく考えたら、ほぼ一人でこのツアーを全部回してる?樋沢さんと
                  どうしてだかわかんないけど参加者の荻野さんが焼き方を務めてくださって、


                  他のみんながわいわいとお肉を食べておりました。

                  こちら肉班

                  こちら草食班?

                  野菜もふんだんに。

                  肉がぶあつい!!!

                   

                  「階段」を見つけちゃった咲璃が、

                  目を離すと「無限階段チャレンジ」に繰り出すので、


                  しょちゅう追っかけていたのですが、大西さんがかなり代わりに追いかけてくれて。

                  大西さん、ありがとうございます!


                  さぁ食べよう、と思うと、ニコニコ走って階段に行ってしまう咲璃を追うのに疲れ果て、
                  アタックがかかるごとにチェックにいくアシストの疲弊って、こんな感じなのかもと
                  全然まったくレベルは違うけど、ぼんやり考えてしまった私でした(笑)

                   

                  お肉が出るわ出るわ!


                  ホノルルに入ってから咲璃が食べてくれそうなメニューにずっとトライしていて、
                  ほぼ立って飲むように食事していたので、座ってぶあつい肉をいただくことに
                  なんだがものすごく感動してしまった。

                  そして行程の最後の最後にかなり元気になりました(笑)

                   

                  見て!このハンバーガー。

                  パテがすごい!

                   

                  デザートにマシュマロを焼くことになり、たまたまそのフロアに

                  ハワイには珍しい25セント以外のお金、紙幣も使える自販機があったので、

                  スニッカーズを買ってみたら…


                  まさかの、お釣りが全部25セントで出てきた!


                  怖くなるくらい「ちゃりんちゃりん」音が続きコインが出てきて、大爆笑。

                  いったいこのマシンの中には、どれくらいの量の25セントが入っているのだろう?

                  お札がお釣りで出てくる日本のマシンは本当にすごいんだな。


                  コインラインドリーを使うのに、25セントが8枚必要で、毎日わざわざ両替してたのに、
                  なにも最後の日の夜にこんなに25セントがそろわなくてもいいのに…

                   

                  なにはともあれ、スニッカーズを乗せて、マシュマロを焼きました!


                  ここでお開きに。
                  最後に記念撮影!


                  ↑疲れ切った樋沢さんは、別枠(左上)での参加です(笑)

                   

                  みんなで一緒に動くのは1年に1度、このツアーだけなんだけど、
                  いつも一緒に活動しているみたいな信頼関係と、チームワークです。


                  いや、言い過ぎた。私には信頼はないな…毎年ギリギリで完走してるし方向オンチだし(笑)
                  なにはともあれ、それそれの担当分野において、
                  参加者のみなさんに安全に気持ち良く楽しんでいただこう!と、
                  毎年、全力で動いているメンバーです。
                  リピーターさんがとっても多いのが、このツアーの誇りです!

                   

                  とはいえ、私は子連れで伺っており、余計なお手間も増やしておりまして。
                  今年もスタッフのみなさんにも、参加者の皆さんにも、本当にお世話になりました。。
                  参加者の皆さんも、仲間感がすごく強いのが、このツアーの特徴です!なんて。

                  これも毎年のことですね。

                   

                  1度参加したら病みつきになるというこのツアー。

                  ぜひ、みなさんも来年はツアーの一味になりませんか?

                  どっぷり楽しめますよー。

                  ライドのレポはまた改めて。


                  なんだか居心地のいいヒルクライム、キャベヒル!

                  0

                    8/31-9/1と、群馬県嬬恋村を舞台にキャベツヒルクライムが開催されました。

                    ほどよい緊張感とほどよいのんびりさがただよう空気感が心地よい

                    大好きなイベントのひとつです。

                    参加者の皆さんのマナーもよく、おもてなしも温かくて、

                    一度参加すると「帰ってきたくなる」イベントなのです。

                     

                    そんな居心地のいい、ハードルの低いイベントなのだけれど、

                    今年もNIPPOヴィーニファンティーニファイザネから、

                    5名の選手と監督、スタッフのフル体制でやってきてくれました。

                    チームにとってものすごく大切なツール・ド・北海道の直前なのに。

                     

                    今年から大門監督の提案で、子供向けの自転車教室を催すことになり、

                    ウィーラースクールから3名の関東スタッフが来て2回スクールを開催してくれました。

                    講師はもちろんNIPPOの選手です。

                    絶対に負担をかけさせたくなくて、フルにではなく、短い時間で、と、

                    お願いしていたのですが、ほぼフルに、2回とも参加してくれました。

                    当たり前だけど、レース中は怖い顔をしているオーラ満開のメンバーが

                    見たことのないニコニコ笑顔で子供達と接してくれて。

                    楽しんでくれたのかな。

                    いざとなったら気後れして参加できなくなっちゃったお子さんのところにも

                    何人もの選手が来てくれて、「やろうよ、おいで」的な声かけをしてくれて。

                    みんな、一生の思い出になったと思います。

                    この日フアンホセロバト選手の呼び名は「ジェイジェイ」(JuanJoseと綴るから)

                    ちょっと怖そうなのに、ヘルメットに「ジェイジェイ」シールをつけて

                    一本橋耐久に挑んでる姿がえらくチャーミングで、

                    もう「ジェイジェイ」以外の名前が浮かばなくなってしまった。。

                     

                    ステージでは、初山選手に2回トークを担当してもらいました。

                    受付開始のタイミングになってしまい、あわわと思ったけれど

                    たくさんの皆さんが集まってくれました。

                     

                    今年ジロで、世界中のサイクルロードレースファンの注目を集める走りをしたわけですが、

                    「いろいろ経て、人として成長したかも」っていう話題にもなったのだけれど、

                    感情を込めて自然体で話すようになっていたり、

                    心をつかむひとになるってこういうことなのねと、

                    その「成長」ってものを、まさに目の前でまぶしく見上げた時間でした。

                     

                    洗車サービスフル稼働でお疲れのはずの西メカとのトークで、

                    この日の演目は全て終了。

                    ここからホテルに移動して、プリンスホテルさん主催の夜のパーティーです。

                     

                    前方のテーブルクロス付きのテーブルに選手たちが座り、

                    円卓に参加者の皆さんが座ったら

                    なんとも記者会見みたいなカタめの雰囲気になっちゃって。

                     

                    大門さんが真面目に律儀に皆さんからの質問に答えて、

                    みんな背筋が伸びちゃったりして(笑)

                     

                    来季のことも、話をしてくれて、

                    まさにここでしか聴けないことばかりだったから、

                    爆笑パーティーではなかったけど、価値はあったかなと思います。

                    最後になって、まさかの副村長のシュプレヒコールで盛り上がる。

                     

                    来年はテーブルをなくし、もっとフレンドリーに開催することになりそうです。

                    来年も来てくれるのか、まずはそこだけど。

                     

                    そして、翌朝。

                    意外と気温が下がらず、暑くない、快適な気温の中でスタートしました。

                    お約束の、かつき先生のウォーミングアップに、セキノコと熊川村長も加わって

                    みんなの注目を集めておりました。

                     

                    選手の皆さんと、ぐんまちゃんも来た!

                     

                    今年は伊藤選手と初山選手がエキスパートに出て、

                    ジェイジェイとボウ選手が女性多めのカテゴリーに、

                    溶けちゃいそうな笑顔のザック選手がお子さんたちと走りました。

                     

                    今年は、エントリーしたお子さんたち全員にNIPPOジャージのプレゼントがあって!

                    ちっちゃなNIPPOライダーがたくさん集まってくれて、かわいらしかったです。

                    ものすごくマナーがよく「スタート時に接触が起こりやすい」ってことを

                    忘れてしまうくらい、何の問題もないスタートでした。

                     

                    下山を待つまで、私は休憩!

                    娘は嬬恋村の施設(一戸建て)で、地元の子育てサポートさんに見ていただいていて

                    ノリノリでした。

                    こんな施設があるなんて、すごく住みやすい村なんだろうと思う。

                    この日は、ここで女性たちの食事会もあったようでした。

                     

                    子供とブースめぐり。

                    ふわふわすぎて、300円という値段に心底驚いた激ウマかき氷や

                    その場で豆から挽いてくれるコーヒーなどをいただきました。

                     

                    さて、レースは当然ですが、あっという間にトップがゴール。

                    今年の優勝タイムは48分台と速かった。

                     

                    およそ20kmで1000m上るコースなのですが、

                    タイムを狙う人にとってどうなのかわからないけど、

                    平均勾配は5.1%で、比較的、走りやすいみたいです。

                     

                    表彰式、じゃんけん大会。

                    海外勢には「さいしょーはグー」が苦手みたい!

                    でも、「ジャパニーズスタイルでやる!」ということだったので、

                    「さいしょはぐー」からやってもらいました。

                     

                    選手の皆さんは、最後の最後まで、にこやかに参加してくれて、

                    参加者の皆さんも、最後まで過去最多の方々が残ってくれて、すごく盛り上がりました。

                    本当に最後まで残ってくれた皆さんとの記念撮影。

                    子供達も、すっごく嬉しそうだった!

                    これからもずっと、今日の選手達を応援するだろうと思う。

                     

                    みんな言ってたけど、今年は例年にも増して会場の雰囲気がずっとよくって、

                    二日間、笑顔ばかり見ていた気がします。。

                    村の皆さんが朝からいいお出汁で煮込んでくれた具沢山けんちん汁などのふるまいも、

                    皆さんが残って味わってくれたので、ちょうどゆきわたったみたい。

                     

                    嬬恋村の方々が作るいい空気があり、

                    プリンスホテルの皆さんもすごくあったかくて、

                    サンケイの皆さんもピリピリしないので、こういう空気感になるのかな。

                     

                    やっぱりオーラ満開のNIPPOの選手がにこやかに参加してくれるから

                    この高揚があるんだと思います。他にはこんな大会ないもん。

                     

                    写真撮ってたら、一緒に写ってこいとマルコさんに押し出され

                    結構動揺しながらもしっかり笑顔で入り込んだの図(笑)

                    昔、私はこのチームの広報スタッフだったしね。

                     

                    楽しい時間を、本当にありがとうございました。

                    この疲れが出ないことを祈っています。

                     

                    参加者の皆さんと、北海道に向かう選手達とを見送って、

                    今年のキャベヒルが終わりました。

                    参加してくださった皆さま、ありがとうございました。

                     

                    不思議に楽しいヒルクライムなので、関東近郊の皆さん、

                    来年は参加を強くオススメしますよー!

                     

                    たなちゅうさん、お写真をありがとうございました!

                     

                    お土産にいただいたキャベツ、どうやって食べようかな♪


                    TOKYO2020 1 year to go!@相模原

                    0

                      昨日アリオ橋本で東京オリンピック・パラリンピック1年前イベントがあり、

                      パパが出るので、子供たちを連れて行ってきました。

                       

                      子供たちは、ボートに乗ったり、

                      噴水エリアで走り回ったり。

                      ミストに加え、定期的に噴水が出てきます。

                      お姉ちゃんがえみりの面倒も見てくれて、微笑ましいけど、

                      えみりの緊急退避をするために、私は近くで待機してるので、

                      私も当然びっしょびしょです。。。

                       

                      えみりは声をあげて、興奮状態でヨチヨチ走り回ってるけど、

                      触るともう体が冷えて冷たくなってしまったので、退避。

                      ふたりとも乾いた衣類に着替えて、バーガーキングのキッズミールを買って、

                      トークショー会場に行きました。

                      私は着替えないんだ、ちなみに(笑)

                       

                      お。

                      やってる、やってる。

                       

                      栗村さんと畑中選手のトークショー。

                      ショッピングセンターで、1時間のトークって、ものすごく稀なので、

                      どんな感じなんだろう?と思ったけれど、席には、ウェア姿の方々が多く、

                      にやにやしながら(ニコニコ?)トークを最後まで楽しまれておりました。

                       

                      ただ、席に座ってバーガーキングって感じではなく、

                      迷惑にならないところに停めたベビーカーにお姉ちゃんを座らせて

                      そこでランチしてもらって、えみりを抱っこベースで...

                       

                      ただ、彼女は開放空間に興奮し、私がお姉ちゃんに何かをしている隙を狙って、

                      東京2020うちわを振りながら、笑顔でどこかに走り去ってしまうので、

                      常に追いかけて走り回ってて、トークショーの1時間はあっという間でした。。

                      もう一つの会場では、ボートや、自転車を体験できるってことで、

                      自転車はズイフトが来ていました。

                      栗村さんが乗ってるーと思ったら、

                      電話で呼び出されたという初山選手が立ってて

                      彼もズイフトしてました。

                      地元人材活用型だわ。

                      いつもは絶対に、絶対に、絶対にこういうのをやらない娘が

                      気づいたら乗ってて!

                      すごい!

                      しかも足がうまく届かないのに、一生懸命ペダルを回してました。

                      いったい、彼女に何が????

                      まったく分からない。。

                       

                      サポートしてくださったスタッフの皆さま、ありがとうございました!

                       

                      せっかく、スタンプラリーを企画してくださっていて、

                      相模原のグッズも当たるそうなので、スタンプラリーもやることにしました。

                      館内5箇所のスポットでクイズに答えていきます。

                      こういうのがあると、各地をめぐるから、確かにいいね。

                      抽選の結果、さがみはらのサコッシュをゲットしました!

                       

                      会場には、ミライトワとソメイティが登場。

                      ものすごくレアな登場らしく、盛り上がっていました。

                       

                      私はわかりやすく疲れ切ってしまい、

                      用事があって寄ったミニストップで、モンブランソフトを。

                      モンブランクリームがおいしかったー!

                       

                      神奈川って自転車が盛り上がらないイメージがあったのですが、

                      こういうイベントがあって、うれしかったです。

                      秋から保険が義務になる条例ができたりという動きはあるけれど、

                      いろんなところが、変わっていくといいなー。

                       

                      みなさん、お疲れさまでした!



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM