自転車天国@石岡

0

    今日は茨城の石岡市で「自転車天国」と名付けられたイベントがありました。

    交通封鎖して歩行者天国とし、ストライダーイベントや、試乗会、

    ステージでのシンポジウムが開催されました。

    私は疋田さんがコーディネーターを務められたシンポジウムに参加。

     

    疋田さんの進行は、単調じゃなくて聞きやすいし、

    パネリストのお二人の個性もしっかり出ていて、

    市長の発言もなんともおもしろくって、

    お客さんも惹きつけられている印象でした。

     

    石岡市が提唱されている自転車の6つのメリット

    健康や環境、観光、機動、格納、家計という6Kに絡めて、

    自転車の健康面でのメリットや、安全の話、

    石岡での自転車の可能性などについて、話が展開されました。

     

    市長が自転車の活用を推進されているのですが、

    その背景には東日本大震災の被災があったそうです。

     

    自転車専用通行帯を作ったり、自転車の購入補助があったり、

    免許返納後のシニアの皆さんへの施策があったりと、

    今泉市長ならではのお話が多々ありました。

    サイクリングクラブを作って、市長もe-bikeで参加してくれるみたい♪

     

    トーク後は、みんなで恋瀬川サイクリングロードの視察ライド。

    すごく幅が狭い、と、地域のサイクリストの皆さんは

    あまりよく言わないのだけれど、

    片側が田んぼ、片側はこんもり茂った緑の中、キラキラ輝く恋瀬川で、

    なんとも心が晴れ晴れする豊かな景色。

    ちょっと冒険っぽいシーンもあって。

     

    これはアリだよ!!!と

    疋田さんも私も大興奮でした。

    あまり速いスピードで走りたくなる種類の道ではないし、

    道幅が狭くても、それはそれでいいんじゃないのかなぁ?

     

    師付の田井なる湧き水にも行きました。

    万葉集にも歌われているのだとか。

    きれい!

    疋田さんがくっきり映っていました。

    市長、副市長ともに走ってくださったのですが、

    市長はe-bike。

    上りの早いのなんのって。

     

    根本副市長はマイバイクとともに、茨城ジャージでお見えになっていました。

     

    最後は市街地に戻って、石岡サンドをアタック!

    石岡名物の「サンドする」フードなのです。

     

    夕方であまり種類がないなぁと思っていたら、

    納品があって!!

     

    栗とブルーベリーのを買っちゃってたけど、

    あまりに美味しそうなので、さっそくみんなで追加でゲット。

     

    栗のオムレットでした。

    凍ったままでもおいしかったよー

     

    この石岡サンド、もっとバリエを広げられないかなぁ。

     

    最後は最近オープンした横丁の

    女子高生にブームになっているという焼き鳥屋の、焼き鳥

    じゃなく、タピオカ。

    女子高生が毎日列を作って買ってるんだって!

     

    ご主人が台湾の方で、本場のタピオカを作っているのだとか。

    2時間練るらしい〜

    他のタピオカとは味が違うんだって。

     

    これはミルク黒糖だけど、

    ミルクウィスキーってのもあって!

    聞いたら、カクテルのような味らしい。

    美味しいって〜。

    次に来た時は飲んでみよう!

     

    お土産に釣鐘最中を買って、石岡を後にしました。

     

    石岡も、おいしいものがたくさんだ!

    今日はミニライドだったけど、いつか石岡サンドライドとか、やりたいな。

     

    久しぶりに自転車に乗れて、

    恋瀬川サイクリングロードがステキな道だとわかって、ハッピーだった!

     

    今はまだ車社会だけど、石岡でこれから自転車がどんな風に

    広がっていくのか、楽しみです。

     

    お付き合いくださった皆さま、ありがとうございました!

     

    根本副市長、中村さん、お写真をありがとうございました!


    サイクルモード2

    0

      サイクルモード最終日。

      やっぱり最終日が一番盛りだくさんでした。

       

      ブースでは、旅エリアとコラボし、

      女性たちに、一番魅力的と感じたエリアやイベント、ツアーなどについて

      ブース単位で投票していただく企画をやっておりました。

       

      それぞれの出展者さんにご提供いただいた画像をブースでスライドショーで投影したのですが、

      20以上の団体分のいただいた画像をそれぞれの出展者名の表紙→そのブースの画像と

      順番をつけてスライドショー投影する方法がわからず、ものすご手こずっちゃいました。。

      素人はこういうところでつまづくんだよね^^;

       

      さて、最終日のひとつめはブーストーク。

      最終日は「女性が一番自分の生活を楽しみにくくなる子育て期をどう楽しむか」

      がテーマでした。

       

      今回、スーリーさんのチャイルドトレーラーをお借りして、

      ブース内に展示していたので、最初はチャイルドトレーラートーク。

      子供を乗せられるバギーで、自転車に接続できるのです。

       

      聴きに来てくださったご家族のお子さんが

      トレーラーに乗ったら気に入っちゃって、出てこなくなって(笑)

      でも、それがとても嬉しかったです。

      乗り心地いいみたいなのよー。

       

      これがなくなったら、私は出かけられなくなるし、

      家族旅行もできなくなっちゃう。

      このトレーラーって、ものすごく心強い味方なのです。

       

      願わくば、トレーラーで子供をひいて参加できるイベントが増えますように。

      これが道路交通法違反だと勘違いしている方も多く、

      とても危険だと思ってるみたいなんだけど、

      危険なのはチャイルドシートでスポーツバイクに乗せる方で、

      このトレーラーは自転車が転んでも倒れないので、とても安全なんです。

       

      続いてはリエチ先生!

      3児の母で、トライアスリートの整形外科医って。。

      いったいどういう生活してるの?

      どうして3種もトレーニングが必要なトライアスロンを?

       

      スキーが趣味だったご主人に自転車を始めてもらい、

      リエチ先生はスキーを始めて、今はご夫婦でトライアスロンに参加されているとか。

      ご夫婦交代交代でお子さんを見たり、保育園のある病院に勤めを変え、移住して

      自転車に乗ったり走ったりできる生活を実現させたとか。

       

      すごい。

       

      充実して、すっきりしたリエチ先生はオーラがあって美しかったし、かっこよくて。

      私も見習わなくちゃと本気で思ったよー!

      悩むより、目指すものに向けて、動かなくちゃ。

       

      続いて鈴木真理さんのパワーメーターのトーク。

      自身もトップ選手で女子チームもコーチしている真理さんの話は、

      ものすごく説得力がありました。

       

      今回展示したパイオニアのパワーメーターは、出力だけでなく、

      左右のペダリングの効率とか、ペダル一周する中でどんな風に出力が出てるのかとか、

      メーターが乗り手の限界を管理していて、

      ライドのその時点でどれくらい疲労しているかを示してくれるのです。

      パワーメーターがあるから、どんな遠隔でも、数値で示すことができるようになって、

      的確にコーチできるようになったって。

       

      レーサーではない女性も、これがあることで、効率的な乗り方とか、

      正しい乗り方ができるようになり、シェイプアップにも効果が出てくるし、

      乗り姿もかっこよくなってくるって!

      がぜん、パワーメーターつけて乗りたくなった!!!!

       

      リエチ先生も、真理さんも、超お忙しい中、どうにか時間を調整して来てくれたのです。

      本当にありがとうございました!!

       

      東武トップツアーズでセンチュリーライドツアーについてトークして

      UKYOの内藤メカと平塚選手によるアスリートワークショップに

      進行役として参加して、帰って来てから、最後のトーク。

       

      写真がないんだけど、栗村さんと今年もブースを手伝ってくれた中井めぐみさんと

      レース観戦についてのトーク。

       

      栗村さんが完全に芸人さんの域に達していて、

      なんというかパワーがすごいなぁと思いました(笑)

       

      脱線しまくりだったけど、皆さんには楽しんでいただけたかと思います!

       

      最後の最後に、突如ウィラースクールでゲリラ的に企画された

      「個人的タイムトライアル選手権」

      公式のものじゃなく、あくまで個人的にやっているというスタンスですが、

      ブラッキーさんのいつものトーク全開で、

      参加「選手」の皆さんも全開で、芸達者で

      大爆笑のT.T.T(最初のTは個人「的」のてのTらしい)でした。

       

      公式フォトグラファーに指名されたT.T氏のフォトで、

      どんな感じだったのか、推し量ってください(笑)

       

      ええと、来年もたぶんまたあると思います!

      最終日、ラスト30分はウィーラースクールエリアへ!

       

      盛りだくさんだったサイクルモード。

      今年も皆さんにお世話になりました。

      楽しかったです!

       

      本当にありがとうございました!


      サイクルモード!!!!

      0

        サイクルモードインターナショナル2018、無事に終了しました!

        あまりに濃厚な3日間で、なにを書いたらいいのかわからない(笑)

        毎日あれこれ書きたかったけど、帰り着くと子供の世話があって、

        翌日の準備もあって。。

         

        今年は女性向けのブースにみっちりおりまして、

        旅エリアとのコラボ企画などもあったので、かなりいっぱいいっぱいでした。

         

        初日は、和光ケミカルさんとのトーク2本と、

        新たに設立されたe-bike協会のシンポジウム。

         

        あの水を使わない洗車を見ちゃうと、

        自分のバイクがかわいそうになる。。

        私は水で洗う派なので、女子にしてはよく洗ってる方だと思うけど、

        プーリーとか、拭くだけだもんなあ。

         

        右京さん、韓さん、小林さん、疋田さんに加え、

        モータージャーナリストのピーターライオンさん

        自動車ジャーナリストの河口まなぶさんも参加して、

        e-bikeの可能性や未来のモビリティについて語りました。

        シンポジウム終了後にバークヤードにて。

         

        実は限られた時間内でなにを話すか、議論になりまして、

        当日の打ち合わせで大きく内容が変わったのでした。。

        それくらい、みなさんの思い入れも強く、期待が込められたトピックスだったんですよね。

         

        自動運転車の走行プログラムの設計の中に、「自転車」が入っていないんだそうです。

        ルールを無視した逆走の自転車がやってきた瞬間に、自動運転は大混乱をきたすのだとか。

         

        クルマがEV車、自動運転車と進化する中、

        ジテンシャもe-bikeと進化した、このタイミングに、

        未来のモビリティで重要な役割を果たす存在として認識してもらい、

        クルマと一緒に、発展していくようにしたい、というのが根底にある願いです。

         

        e-bike協会の母体となるJBCFはe-bikeのレースカテゴリーを作ったり、

        今後e-bikeを活用できるような働きかけをしていくようです。

        期待したいですね!

         

        さて、ブースは

        こんな形になりました。

        今年もたくさんのブランドさまにご協力いただき、

        魅力的なアイテムをご紹介することができました。

        本当にありがとうございました!

         

        今年は子供と一緒にでかけよう!もテーマだったので、

        チャイルドトレーラーを入れ、こどものトルソーもかざりました。

        電動アルテグラが付いたのに20万円を切ったコーダーブルームのバイクに

        パイオニアのパワーメーターをつけて、試乗OKにしました。

         

        土曜日からはトーク開始!

        まずはBTBさんのハコヅメトーク。

        何度でも利用できる強い素材で、保管時は折りたたみも可能。

        中は、フレームもホイールも外からベルトで固定するので

        ペダルも外さなくていいんだって!

        ものすごく楽で、でも、しっかり固定されてて、ともかくびっくり。

        これなら、横積みされても、縦にされても全然問題ないですよ。

         

        蟹由香さんにお越しいただき、女子旅を設計するためのコツや

        最新のキャンプツーリングについて話していただきました。

        ハンモックでのツーリングとか、本当に魅力的だった!

        やってみたいよねぇ。

        ハンモック専用の寝袋とかあるんだって!

         

        そしてメイク!

        今年も斉藤みつきさんにお越しいただき、

        汗にも強く、崩れにくいメイクと

        それを支える肌を作るためのスキンケアについて教えていただきました。

         

        盛りだくさんでした〜!

         

        最終日については、後編に続きます!


        ジャパンカップ

        0

          ジャパンカップが閉幕しました。

           

          子供達がいたので、数年ぶりに後泊させてもらい、

          今日宇都宮から帰ってきました。

           

          今年も濃厚でしたね。

           

          クリテはまったく何の写真も撮れていなくて!

          デゲンコルプの「ほんの2−3踏んだら勝っちゃった」みたいな

          エンジンの違いすぎるスプリントは圧巻だったし、

          あれだけの脚質差がありながら、連覇に向けて、

          全力で挑戦したカノラもすばらしかった。

           

          それにしても展開がチームの作戦から外れたのを見て

          「OK!俺が取る」と、ちょちょいと勝ちに行けちゃうって、すごい。

          なんせ世界のトップスプリンターだもんなぁ。

           

          デゲンコルプに贈られたチョコの像

          ケースが光っちゃってうまく撮れなかったんだけど、

          すごい芸術品でした。

          機内持ち込みで持って帰るのかな、食べきっていくのかな?

           

          この日はとちぎテレビさんを担当していたのですが、

          レース終了直後から雨と風が吹きあれたりとすごかったですね。

          なんとも、神がかってるというか。

           

          そして日曜日は森林公園。

          チーム数が増え、21のテントを並べられるよう、

          改造をしたようでした。

          壮観だわぁ。

           

          ジャパンカップを最後に選手生活を終えることを決めたというオスカルプジョルが

          最初にキレのあるアタックをかけ、そこからレースが動きました。

          最初にクリテリウムスペシャルチームで来日したのは、2010年だったのか。

          クライマーでありながら、お役目を果たそうと一生懸命になっていた姿が

          みんなに感銘を与えて、確か連続で2年呼ばれていたと記憶しています。

           

          ここにマルコスガルシアらが加わり

          逃げたのですが、

          このアタックからのTTのような独走が、レースのペースを上げ、

          きついものに変えることになったように感じます。

           

          それにしてもプジョルに山岳賞を取らせてあげたかったなあ。

           

          クーンボーマンがまさか2回も取りに行くなんて!

          きっと彼は山岳賞はポイント制だと勘違いしていたのだと思うので、

          どうか、来年からは、山岳賞は1回ずつ表彰対象なのだと、

          しつこいくらい海外チームに教えてあげてください!

           

          大会史上初ですが、ブリッツェンが集団をコントロールして!

          先頭はブリッツェンとトレックの赤いジャージ!

          最後捕まったあとの展開を有利に持ち込むための作戦?

          存在感を示す作戦?

          まさに勇気ある作戦の決行で、

          先頭を引く選手たちの姿に、心をわしづかみにされた方も多いはずです。

          デゲンコルプの前に雨澤選手がいて、すごい絵だったなぁと。。

           

          最後はアントワントールク選手とロブパワー選手の一騎打ち。

           

          いろいろ試しては見るけれど、抜け出せず、

          スプリント勝負するしかなかったトールク選手。

          去年も4位だったし、今年こそ表彰台のてっぺんに立ちたかっただろうけれど、

          ロブパワー選手に敗れ、今年は2位で終えることになりました。

          最後まで、いろんなドラマが詰まっていました!

           

          栃木放送で解説を担当してくださった若杉社長と平井アナと。

          今年はレースが速く、ゴール後の時間がかなりあったのですが、

          いろんなトピックスに花が咲き、あっという間に放送終了となりました。

          今年は日本人の表彰台をお伝えできなかったのはちょっと残念でしたが、

          速かったし、パワフルだったし、厳しい年だったかなと感じました。

           

          上の娘を受け取り、下の娘は託児所に迎えに行き、

          着替えて、準備してたらかなり入りが遅れてしまった恒例のパーティー。

           

          今年はキナンが不思議な仮装をしていて、壇上はハロウィンみたいな空気。

          佐藤市長はこの異様な雰囲気にもまったく動じず、

          笑顔で歓迎し、調和してくださって、

          大盛り上がりのお客さんたちも大喜びでした。

           

          締めの挨拶は栗村さんの指名で雨澤選手。

          苦手そうでしたが、来年は表彰台のてっぺんに、という趣旨の発言もあり、

          最後まで会場を沸かせてくれました。

           

          過去のどの年よりも盛り上がっていた今年のパーティーもここでお開きに。

          本当に今年はすごかった!

          マイクを使っても、全然声が通らないくらい。

           

          パーティー中は、娘たちを連れて来させていただいていたのですが、

          下の娘も

          上の娘も

          みなさんに温かく迎えていただき、パーティーを終えることができました。

          本当にありがとうございました!

           

          チームプレゼンからの3日間。

          今年も、たくさん緊張して、興奮して、感動して、反省して...

          あっという間に流れ去ってしまいました。

          ともかく濃厚でした。

           

          パーティーの最後にながれた3日間のダイジェストムービーです。

          これ見たら、来年も行きたくなり、ますよね。

           

          また、来年、宇都宮で会いましょう!


          OITAサイクルフェス!!! 終了。

          0

            昨日大分から戻ってきました。

             

            大会2日目、おおいたアーバンクラシックは、

            日本代表の石上優大、松田祥位選手のワンツーフィニッシュ。

             

            石上選手に関しては、逃げに乗り、その逃げが捕まったあとも

            また抜け出して、3人になってからも、雨澤選手を二人で振り切って、

            優勝、という、なんというか、王者的な勝ち方でした。

            本当にすごい。

             

            私は駅前のパブリックビューイング班だったので、写真もなにもないのですが、

            広場ではお子さん向けのショーやグルメブースが並んでいただこともあって、

            レース終盤には、多くの一般大分市民の皆さんがたたずまれていて、

            この展開を興味深そうにご覧になっていました。

             

            それにしても、UCIレースで日本代表のワンツーフィニッシュって、

            これまで、ありました??

             

            献身的に、ひたすら未来のために、スケジュールを組み、

            身を粉にして世界を転戦してきた日本代表の浅田監督にも、

            大きな拍手が送られていたと思います。

             

            駅前の広場では、レース終了後、ウィーラースクールや抽選会が開催されました。

            ブラッキーさんは期間中、近隣のいくつもの小学校を回って教室をしていて。

            クリテで勝った黒枝選手も、ロードで勝った日本代表チームも、

            講師を務めてくれていたそうです。頭が下がります...

             

            私は夕方からアフターパーティー会場に移動しました。

            今年は円卓に参加者の皆さんに座っておいていただき、

            入場してきた選手のどこかのチームがのこりの席に着席するという企画。

            どうなるかなぁと思っていたのですが、

            特にオーストラリアやスイス勢が大盛り上がりで、

            海外のパブとかバールみたいになってました(笑)

             

            冒頭から押してしまい、終始時計を気にしながらの進行になってしまって、

            本当はちょっとインタビューもしたかったのですが、

            抽選会もハイ次ハイ次という感じになってしまいました。。

            ..反省です。

             

            最終的には、みんな笑顔で帰ってくれたので、よかった、の、かな。

             

            昨日は、まぶしいくらいすっきりした顔の日本代表チームと

            一緒のフライトで帰ってきました。

            こんな心遣いが!

            うれしいですね。

             

            咲璃は、日曜は21時半くらいのお迎えになり、不安だったのですが

            ゴキゲンでした。温かくお世話していただいて、感謝です。

            日中は施設にいた他のお子さんも一緒に遊んでくれたのだとか。

             

            胃炎もよくなったそうなので紅香には欲しがっていた

            クリスピークリームドーナッツのハロウィンドーナツ。

            ここのドーナッツ、味がよくなりました?

            生地がおいしくなった気がする。

             

            さて、週末はジャパンカップ。

            日本のサイクルロードレースは、後半戦のクライマックスを迎えていますね。


            ドラマチック!いこいの道クリテリウム

            0

              大分サイクルフェス!!!1日目は、いこいの道クリテリウム。

              すばらしい晴天に恵まれて、多くの観客の方々にお集まりいただき、

              エキサイティングな1日になりました。

               

              大分駅南口に作られた1kmのサーキットを使った

              クリテリウムレースです。

               

              チームプレゼンテーションで全チームをご紹介し、

              サーキットを選手や市民の皆さんがパレード走行。

              市長は、自前のニットウェアを着て走られていて、素敵でした。

              写真を撮れなくて、残念...

               

              12:05、いよいよレースがスタート!

              大分市出身のスプリンター黒枝兄弟が所属するシマノレーシング、愛三レーシングは、

              なんとしても、勝利をもぎ取らなくてはならない使命を背負ってのスタート。

               

              パンフレットにもふたりが特集されていたし、

              地元のTVなども取材をしていたようで、期待も大きく、

              プレッシャーはハンパなかったのではないかと思います。

               

              1kmのサーキットを30周。

              30kmという短いレースということから、

              冒頭から、ゴールに向かうようなハイスピードの展開になりましたが、

              常にシマノレーシングが前方に位置、

              チームメンバーは、咲哉選手の勝利のために全力を尽くします。

              まさに全力。。

               

              私はスタートを見送ってから、廣瀬さん、前園さんとOBSの公開生放送へ。

              映像を見ながら、トークをしていました。

               

              栃木で大活躍したオーストラリアンサイクリングアカデミーのメンバーは

              今回も来日していて、調子も良さそうだし、

              本日もトビーとウェルスフォードは優勝候補。

              後半から、力勝負で前方に出てくるシーンが増え、

              死力を尽くし続けるシマノレーシングのメンバーの姿に、

              これだけ実直に走って、結果に結びつかなかったらどうなるんだろうと

              私がめちゃめちゃ緊張してしまいました...

               

              あっという間に最終局面。

               

              位置取り合戦となり、競り合いながら、最後のスプリントを制したのは、

              黒枝咲哉!!

              なんと!なんと!

               

              これだけのプレッシャーの中で、今年新加入という若い選手が、

              きっちりと期待に応えて勝てるって、本当にすごい。

              お兄ちゃんの士揮選手が、早めにかけて、それがアシストになった、のかな。

              チーマ選手の転倒に巻き込まれて転倒してしまったのだけれど、

              それでも5位入賞。あっぱれです。

               

              チーマ選手は、ウェルスフォード選手と接触があっての転倒?

              鎖骨骨折してしまったそうで、このシーズンの最後に...心が痛みます。

              NIPPOは3名になってしまいました。

               

              台本があったのでは?という疑惑が起きるほど(笑)

              ドラマチックなレースとなりました。

              お伝えしながら、手に汗を握りました。

               

              前園さんとトークショーがあったり、

              サッシャさんも加わった、栗村さんが司会の自由なトークショーがあったりで、

              今日の演目は全て終了。

              こうやって見ると、私は小さいなぁ。

              もっと小さいころ牛乳飲めばよかったよ。

               

              さて、明日は!

              UCIレースです。

               

              私は今中さん、ブラッキーさんと、

              この駅前広場でパブリックビューイングを担当します。

              どんなレースになるんだろう??

              じわじわと緊張しますね。

               

              レースの後はアフターパーティー!

              当日券もあるようですので、ぜひぜひご参加ください。

               

              明日も、濃厚な1日になりそうです。


              センチュリーライドツアーDAY2・ビーチへ

              0

                さてさて、東武トップツアーズセンチュリーライドツアー2日目。

                 

                朝は直前講習から始まります。


                ちょっと朝は段取りがうまくいかず、
                今中さんに先に講習を始めていただいていて遅刻で合流。

                直前にも役立つ事項の確認をして、
                金田さんのストレッチ講座があって、試走へ。

                 

                よいお天気で、街並みも海も緑も、サイコーにキレイでした!

                午後は、プラクティスライド。
                私は毎年初中級者と海で遊びたい方のためのAコースに参加しています。

                 

                今年も、フリーウェイに上がる前にみんなでおやつやドリンクを買って、

                みんなでしばしサイクリング。


                ついに、保護区であるハナウマビーチへ!

                上から見ても水が透明すぎて底が見えていて、改めて感動。


                中にはニモみたいな魚が珊瑚礁の間を泳いでます。


                水深数十センチの浅いところでも魚がいっぱいいるの。

                 

                今年は咲璃がいるので、私は荷物番のつもりで


                ハナウマビーチにやたらと生息してるマングースでも見てようかなと。

                誰かが置いて行ってしまったランチボックス(本当は厳禁なんだけど)を

                マングースが狙ってて、出てきてはちょっと運んで、人気を感じて隠れて、

                を繰り返すのが面白かった。

                最後は開き直ってここで食べてたよ(笑)


                ところが、ツアーの皆さんが興味津々に見守ってくれてるので、


                合間を見て海へ!


                大人になるとなかなか海には行かないので、
                貴重な機会になってるんじゃないかと思う。
                大人になっても、みんなで飛び込む海は意外と楽しいんだな(笑)

                みんなピカピカの笑顔だもん。

                 

                恒例の砂浜ジャンプ写真を撮って、帰路へ。

                 

                帰り道の新定番はマラサダで有名なレナーズのキッチンカー!


                これが、本店より格段においしいのです。

                今年は誰もなにも言わないのに、ほぼ全員がこのキッチンカーに向かってた(笑)

                 

                聞いたら、本店の経営が世代交代し、
                こっちのキッチンカー店の方が、しっかり砂糖をつけてカリッとさせているとか。


                お店の女性はやる気ない感じに見えるし、本店よりおいしいって不思議なんだけど、
                ともかくおいしい。

                ありがたくもチョコをいただいちゃったのですが

                こんなに入れて大丈夫なの?ってくらいフィリングたっぷりで。

                パフェ食べてるような満足感。。


                ライドには最適!


                これって、フィリングないのもおいしいのでは?とオーダーしてみたら

                シナモンシュガーは揚げたてで!

                まさにサイコーでした。

                翌朝の朝ごはんも(本当は油ものは避けた方がいいけど、
                クリームばっかりだからよしとする)ここで確保しちゃたよ(笑)

                ここは本当に毎年来たい。

                ハナウマに上がる手前の交差点のところのモールの道路際にあります。

                 

                帰り道は快調に。
                フリーウェイの路面も新しく舗装されたみたいで、すごくスムース。

                走りやすい分、疲れが出て、眠くなる人が続出したようです。。

                 

                2日目、終了。
                ツアーはともかく濃厚です!

                 

                ※集合写真は一部東武トップツアーズのフォトアルバムから頂戴しました


                センチュリーライドツアー1日目。

                0

                  28日から、東武トップツアーズホノルルセンチュリーライドツアーのために

                  ハワイに行っておりました。

                   

                  今年は生後3ヶ月に満たないあかんぼ連れです。

                  お姉ちゃんは、母に見てもらうことになりお留守番。

                  ちょっと心配だったけど、お留守番のごほうびに買ったハグミンを

                  えらく喜んでいて、問題なさそうな雰囲気でした。

                  たぶん問題があるとすれば、面倒を見る母の方です(笑)

                   

                  咲璃はまだ首が据わらないので、チャイルドシートも横ネンネ。

                  となると!!!でかくて座席が倒せず、大型荷物が積めない!

                   

                  カングーでも自転車輪行箱がそのまま乗らないことに

                  またもや出発前に気がついて、アワアワと箱を解体。

                  予定よりかなり遅い出発になったのでした...

                   

                  3辺の和が160cmを超え、JALくらいでしか運べないスーツケースと、輪行箱と、

                  チャイルドシートとベビーカーと、持ち込み用荷物と首のすわらないあかんぼ。

                   

                  どうやって移動するんだろうともはや笑ってしまていましたが、

                  サポートライダーの金田さんが手伝ってくれることになって一安心。

                   

                  車を預けた駐車場の送迎バスの方が荷物の積み込み、積み降ろしをしてくださって

                  真顔で「ご主人はいらっしゃるんですか?」と聞いてきた。

                   

                  ...??

                  出産後シングルになって一人で出かけるのかと聞かれているのか?

                  もしくは畑中という名前を見て、もしや畑中選手の自転車?と気づいたロードレースファンか?

                   

                  一瞬考えちゃいましたが「ご主人と待ち合わせでご主人の自転車を

                  空港まで運んでるのかと思った」そうです(笑)

                  そりゃそうだ!

                  あかんぼ連れて一人で自転車持って空港に行く女って、確かに意味不明だよね。

                   

                  空港では、県警の警察官が3名出てきてくれて、空港内に荷物を運びこんでくださり、

                  そこに金田さんがやってきてくれて、JALのスタッフさんと荷物を運んでくださって、

                  ラウンジでは、参加者のいより夫妻や藤澤さんが一緒になって面倒をみてくれました。。

                   

                  今回のエアーもJAL。

                  新しい機体で、バシネット付きの席の快適なこと!!

                  こういう赤ちゃん用のベッドがつけられる席があるのです。

                  バシネット席は足元も広いの!

                  すっごく快適で、楽チンだった。

                   

                  ホノルル空港でもいより夫妻や金田さんが荷物を運んでくださって。

                  あのオレンジのでかいケースと、ピンクのチャイルドシートと、

                  いよりさんが運んでくれてるベビーカーと、自転車輪行箱が私の預け荷物。

                  家財道具か!(笑)

                   

                  今中さんがタグを取ってきてくださったりと、

                  総お世話になる体制で移動してしまいました。。

                   

                  もっと汗だくヨレヨレになる覚悟で行ったのに、

                  かなり快適に楽しく移動してしまった!

                   

                  お客さまや今中先生にまで手伝わせてしまったけれど(汗)

                  ツアーのみんなは仲間なのです!(身勝手)

                  東武トップツアーズツアー、なんて温かいんだ!

                   

                  ..本当に本当にありがとうございました。

                   

                  お部屋に入ると、初めて海沿いのタワーだった!

                  フルキッチン付きなので、本当に助かります。

                  咲璃も快適そう。

                   

                  さて、昨年行かれなかった「ボルケーノシェイク」へ。

                  すごくない??

                  6つくらいあって、全部どこかの火山をイメージしてるらしい。

                   

                  味もおいしくって感動!

                  まさかの今中先生もシェイクの会に参加してくれました。

                  おいしかったなぁ。

                   

                  食後はスーパーに寄って、部屋で咲璃のお世話をして、

                  ゼッケンを取りにアラワイ運河沿いへ徒歩で。

                  キレイで、ちょっと感動しました。

                   

                  夕方からスタッフミーティングがあって、終了後に全員でゴハン!

                  こちらも昨年話題になったけど、行かれなかった爆盛り店へ。

                  どーん!

                  どーん!

                  どーん!

                  この衣、食感も甘辛な味もおいしかったなぁ。

                   

                  デザート!

                   

                  エネルギーチャージもバッチリ。

                  ながーい1日目は、こうして暮れたのでした。

                  濃厚だったよー!


                  キャベヒルは、今年も「いい感じ」。

                  0

                    昨日はキャベヒルでした!


                    東京あたりは大雨らしかったのですが、スタートのころまでには雨は上がり、
                    路面も乾いて来ていました。
                    神さまついてる気がします。

                     

                    今年も、いい雰囲気の素敵な大会!

                     

                    大注目の参加賞は

                    キャベツサコッシュ!

                     

                    生地がものすごくしっかりしていて、みんなびっくり。

                    一般的に販売されているバッグレベルの生地だったのです。

                    「もう一個欲しい」という方が多く、急遽予備分が販売されているほどの人気でした。


                    NIPPO ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニは


                    今年も5名のゲストライダー&クネゴ氏という豪華メンバーで来てくれました。

                     

                    嬬恋村といえば、熊川村長!

                    今年も「Ladies snd gentlemans!!」から始まるインパクトのあるご挨拶をしてくださって、

                    参加賞のキャベツサコッシュもさっそく身につけてくれて。

                    嬬恋村はイタリアのポンペイ氏と友好都市提携をしているのだそうで、

                    いつかイタリアのイベントとコラボできる日もくるかも!

                     

                    スポーツソックスのR×Lさんは、このイベントに合わせ、

                    NIPPOヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニレプリカソックスを発売。

                    私もさっそく履かせていただきました!

                    タイツに合わせると、柄がちょっと編み上げみたいに見えて、

                    レーシーながらもオシャレで、女性にもオススメです♪

                     

                    ほんのりゆるくて居心地のよい大会なのですが、
                    今年は去年より本気っぽい参戦の方が増えたかも?
                    それでもハードル低く、どんな方でも楽しく走れる空気は変わりナシ!

                     

                    今年もマルコメさんにご協賛いただき、
                    糀甘酒や糀甘酒ゼリーをご提供いただきました。

                    非常に栄養価は濃いけれど、アルコールはナシ。
                    少し、塩気も感じる仕上がりになっていて、
                    スポーツ前後の栄養補給に最高かも!!
                    美容にもよいしね〜

                     

                    ちなみに、後期つわりで食べ物が食べれなくなったとき、
                    救ってくれたのは甘酒と小豆と桃でした。
                    甘酒と小豆と桃で子供を2800gまで育てたと言ってもいいくらい!

                     

                    今年も準備体操をしていただいたのですが、


                    セ・キノコが今年もふわりと現れ、なんとキレのよい体操を披露してくれてー!
                    もう、彼から目が離せなくて困った(笑)

                     

                    グループごとにスタートしたのですが、
                    エキスパート、一般、ファンライドに
                    ゲストライダーは別れて出走してくれていました。
                    一緒に走れたら嬉しいよねー

                     

                    今日は路面状態が悪かったこともあり、注意喚起事項も多くって

                    スタートがものすごく余裕なくて、写真撮れないまま終わってしまいました。。

                    痛恨のミスです。

                     

                    会場にはブースが並んでいました。
                    こんな「きゃべつこんにゃくゼリー」も!


                    きゃべつ風味らしいですよー。
                    お土産に買ってきたけど、食べるのが楽しみ!


                    横の嬬キャベちゃんキャンデーはなぜかいちご味。
                    かわいいだけでなく、おいしいらしいですよ。

                     

                    そうそう!

                    熊川村長が嬬キャベちゃんのバッジをくれました!

                    かわいい〜!

                     

                    下山してきた皆さんに伺ったら、下山時、登坂時に、雨に遭った方もいるみたいです。

                    でも、下界が晴れていれば救われる、よね。

                     

                    スタート会場では今年も心のこもった振る舞いが。

                    これでもかというくらいお野菜が入り、

                    野菜の甘みとダシが効きまくってるけんちん汁。

                    野菜のお高いいま、お野菜がこんなに入ってるなんて、最高級に贅沢です。

                    野菜を切るだけでも大変な作業ですよ..。

                    「お野菜のダシがたっぷり出てるのよ〜」と誇らしげに提供してくれる女性たちを見て、

                    野菜の甘みとともに作ってくれた皆さんの愛情を強烈に感じました。

                     

                    他にはふかしトウモロコシやかぼちゃのケーキ、

                    嬬恋が誇るキャベツ!

                    キャベツのサクサク感、甘みが素晴らしくって、感動しました。

                    やっぱキャベツは嬬恋だ!

                     

                    今日は気温もちょうどよく、

                    NIPPOの選手も先頭グループに入ってペースアップしたようで、

                    上位選手がぞろっとタイムレコードを破るという信じられない展開に。

                     

                    19.8kmでおよそ1000mを登るコースで、優勝者の記録はネットタイムで47分台!

                    これまでの記録を3分ほど縮める歴史に残る大会になりました。

                     

                    表彰式後はNIPPOの選手によるじゃんけん大会。

                    イタリア人選手が楽しそうに「じゃんけんぽん」を連呼してました(笑)

                     

                    軽いトークショーをして、今日のイベントは全て終了。

                    お天気が心配でかなり巻いて進行したので、解散も予定より早くなり、

                    最後まで多くの方が残ってくれて、華やかなフィナーレとなりました。

                     

                    お土産に、嬬恋のキャベツを一玉ずつもらえます。

                    よく見たら、グランフォンド軽井沢で走ってるバラギ高原の出荷だったよ!

                     

                    我が家は、1日3食キャベツを食べるので、

                    私もお土産にいただいてきちゃいました。

                    めっちゃうれしいー!

                    胃粘膜を保護してくれたり、カルシウムも入っていたり、

                    いいことづくめのお野菜なのです。

                     

                    大会を終えて、事故なし!

                    路面状況も良くなかったのだけれど、皆さん安全走行に努めてくださいました。

                     

                    去年より本気っぽい方が多かった印象だけど、

                    それでもトラブルが起きなかったのは本当に素晴らしいです。

                    ご協力、ありがとうございました。

                     

                    ビギナーの方でも参加しやすく(小学生も参加できます♪)

                    ゲストライダーの存在もあり、記録を狙いたい方はバッチリ狙える、魅力的な大会です。

                     

                    未参加の方は来年ぜひぜひご参加くださいね。

                     

                    今年もたくさんの方々にお声掛けいただきました。

                    ありがとうございました!


                    シマノ鈴鹿ロード

                    0

                      シマノ鈴鹿ロードに来ています。

                      青空が広がっているのに、涼しくて、どこかさわやかで。

                      こんなに快適な真夏イベントもめずらしいってくらいの好条件!

                      ラッキーです!

                       

                      今年はMCを担当せず、講習会だけの参加です。

                      が、かなりバタバタしまして、まったく余裕もなく

                      気づけばもうこんな時間(汗)

                       

                      今回、子連れで来させていただき、

                      頼れる友人たちに、講習会の間、

                      娘たちの面倒を見ていただいています。

                      本当にありがたいですし、

                      女性のための講座を!ということで

                      環境を整えてくださったシマノさんにも感謝感謝です。

                       

                      今年も各社さまのご協力をいただき、

                      いろんなアイテムの展示をさせていただいています。

                      今年は女性向けのカラフルなインナーも揃えています。

                      コスメ等も充実♪

                       

                      バイクは、Di2アルテグラがついてるのに、20万円を切った女子バイクをお借りしました。

                      信じられないお値打ち品です!

                      価格をおさえたバイクは、ブレーキは無印のものが使われることが多いのに、

                      ブレーキもちゃんとシマノの105でした。

                      トップ長も500と短めでコントロールしやすいし。

                      本当に安心!

                      誠意に脱帽です。

                      どうやってこの値段で商品化にこぎつけたんだろう??

                       

                      女性サイクリストが増えたり、

                      女性の特性を理解して、女性と一緒にほどよい気遣いをしながら

                      走ってくださる男性サイクリストが増えるきっかけになれたらいいな。

                       

                      明日も9時からです!

                       

                      そして、こころさんとの講座も、

                      レーシングの入部、湊、黒枝、秋田選手と野寺監督にお越しいただき、

                      濃厚なものになりました。

                      選手たちの関心の高さには感動しました!

                      栄養関係の知識を一通り持っているし、

                      自分に合わせた形で実践しているし。

                      食事の管理もできずに、一流選手にはなりえなんだなと実感。。

                       

                      明日はまた違うメンバーが集まるとか。

                      どんな講座になるのか、楽しみです。

                      こころさんの栄養講座は10時半から。

                       

                      シマノ鈴鹿にお見えの皆さま、ぜひ、お越しくださいねー!

                       

                      明日も、よろしくお願いいたします!

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM