ホノルルレポ!写真とともに。

0

    なんと、公開しそこなってました!

    綾野さん撮影の写真とともにホノルルセンチュリーライドのレポートです。

    娘をチャリオットでひいて、一緒に走ることとしたものの、
    自力で行けるのは80kmを限界と読んでいました。

    8月にひどく体調を壊し、それを引きずったままだったし。

     

    近年のセンチュリーライドはアップダウンも増え、向かい風なんてこともあり..
    ツアーの参加者どなたにも会えない可能性もあり、

    せめてゴールのお迎えをさせていただこうと思って。

     

    子供を乗せて引っ張れるチャリオットは重量はありますが、

    かなりスムースに転がるので、平坦であれば全然問題なし。
    ただし、登りになった途端、がくっと重くなるんです。

     

    危ない時にすぐ足がつけるフラットペダルで行こうかと思ったけど、
    せめて持ち合わせてる力をもれなく使えたら!と、

    ロードシューズで行くことにしました。

     

    スタートは走行スピード順なので、
    さすがに時速30kmのAに娘をひいて並ぶのはまずかろうと、
    Bの最後尾に並んでスタート。

    これが大失敗!!

    6:15頃にはスタートできたものの、

    混んでいて時速15kmしか出せない状態でコースを行くうちに
    ずるずると遅れて、とんでもない差が開いてしまいました。
    これじゃ、参加者どなたにも会えないよー!

    しれーっと Aから出ればよかった!

     

    今年突然追加されたハナウマ湾への登りが、まずは最初の難関。
    これまでの「ハートブレイクヒル」より、

    長くて、ちゃんと登る必要があるんです。

     

    1km以上あるのですが、手元のサイコンでの計測では

    最大勾配が一瞬8%くらいが付く程度で
    ほとんど3~4%の登り。
    意外なくらい難なく登ることができました。
    よかった!

     

    朝の光に輝く海と山と、超美しい絶景を眺めながらハナウマを下り、
    最初のエイドであるサンデービーチパークへ。

    参加者はどなたもいらっしゃらない。。。

    娘はここでもう寝てしまっていました。


    大急ぎで水だけいただき、出発しようとしたら、
    ツアーのサポートライダーのお二人が声をかけてくれました。

    今回ツアーの参加者の皆さんはみなAから出て、かなり順調に走っているとか。

    なんとすばらしい!

    でも、どなたにも会えないまま終わることになりそうだな。。

     

    ここからしばらく一緒に行ってくれることになり、

    さらに「きついところは軽く押してサポートします」と言ってくれました。

     

    「押して走れるなら、ジャンプアップさせたいんです。

    絹代さんが誰にも会わずに終わるのは、やはりよくないと思うんです。」

     

    はっ、と。

    当たり前ですが、ツアースタッフで来ているのに、この状態はまずい。。

     

    50マイルの折り返しまで順調に行かれたら、誰かに会える?

    ともかく75マイルの折り返しに制限時刻の10時半までに着けば、多くの方を見送れるかも!

    そこまで全力で行っても、6時間あれば、ひとりで帰ってこられるだろう。

     

    「お願いします!」

     

    ここからが決死隊。

    私は、そもそもない脚でともかくがんばって、

    内山さんと金田さんが道路状況を見ながら、押せるところは押してくれました。

    景色はキレイだけど、風がきついことが多い海沿いエリアもクリア。

    ジャングルエリアもなんなくクリア!

     

    あっという間にふたつめのエイド、50マイル折り返しへ。

    今中さんと綾野さん、ツアー参加者の皆さんに追いついた!

    娘が朝からほとんど食べてくれてないので、

    熱中症にならないように、かき氷や飲み物、バナナを渡して、

    強制的に水分と栄養補給。バテちゃいますもん。

     

    体温が上がっちゃった時用にと用意してあった冷えピタを見つけられてしまい

    貼りっぱなしになっちゃって、写真写りがえらく悪い(笑)

     

    短めの休憩で、大急ぎでスタート。

    さぁ、ここからは完全に想定外のライドです。

     

    目指すは75マイルのエイド、セブンイレブン!

    そこまで行かれたら、たぶん多くのツアー参加者の皆さんに会える。

    帰りは、まぁ、ちょっと休めばどうにかなるだろう!と。

     

    またお二人が合流してくれて、きついところで押してくれることになった。

    本当に本当にありがたい。

     

    自分が持ってる限界の速度では、たどり着けたとしても足切りになるかもしれないし、

    そんな風に走ったら、そのあと、一人で帰る脚はもう残らないかも。

     

    市街地を抜け、ひたすらひたすら次のエイドを目指す。

    後ろで「押しすぎないように」と話し合ってるのが聞こえる。

    いつもはなんでもない小さな登りでも、チャリオットを引いているとそこそこの勾配に感じるのですが、

    そのプラス分をある程度カットするような方向でサポートしてくれてるらしい。

     

    なんと10時過ぎにセブンイレブン到着!

    奇跡だー!

    かなり多くのツアー参加者の皆さんがいて、ここで記念撮影。

    はー、よかった!

    目的達成です!!

     

    娘もチャリオットから出てきてエイドのクラッカーをいただいたり、写真を撮ったり。

     

    でも、でも、ここまできたら、もしかして、いけるんじゃない?

     

    東武トップツアーズのツアーにはサポートカーがいるので

    折り返しまで引っ張って、そこでサポートカーにチャリオットを乗せられたら、

    帰路は参加者の皆さんと帰れるかも!!

     

    こんな素晴らしい天気の日。

    折り返し近くの、コース内で一番美しいビーチを見たいし、見せたい!

     

    幸いにも今年はほぼノートラブル。

    (だからサポートライダーのお二人も普通に走っていた)

    相談してみたら、ツアーのサポートカーもトラブルがないので稼働しておらず、

    「お客様にトラブルがあり、自転車を積まなくてはいけない場合は

    チャリオットと娘を降ろす」という条件付きなら、

    と、いうことで乗せてもらえることになった。

     

    よし、いざ!

     

    今中さんまでときどきサポートしてくれて、

    順調に一番美しい海のエリアへ。

    チャリオットの中から「海だ!」という娘の歓声と

    海だかこいのぼりだかの歌が聞こえてくる。

    本当に本当にキレイな海。

    車窓から見るのと、自転車の視線、スピードで見るのとでは、

    やっぱり、感動が全然違うんだ。

    センチュリーライドを走るなら、この海まで見たいよね!

     

    居合わせた参加者の皆さんも交え、絶景ポイントでパチリ。

    ここまで来られたこと、みんなで写真を撮れたことが、すごくすごくうれしかった。

    ひとえに内山さん、金田さんのおかげです。

     

    折り返しのエイドへ。

    ドーナッツやクラッカーにピーナッツバターを乗せたものとか、

    一通りつまんでセブンイレブンへ

    なんとなく、ここでスパムおにぎりを食べるのが定番なんだー。

    娘に変なおもちゃを買わされたけど(笑)

    なぜか跳ぶ写真がブームになったー!

     

    サポートカーにチャリオットと娘を積み込んでいただいて、

    皆さんと一緒にスタート。

     

    自転車がうそみたいに軽い!

    電動アシストみたいだ!

     

    ...でも、脚は残ってない...まずい。

    食べ過ぎも響いたかも(汗)

    今中さんと綾野さんは、もっと前方を走っている方々の撮影もあり、

    前に上がって行って、

    私たちはツアーのリボンを着けた皆さんと一団でゴールを目指すことになった。

     

    エイドでは食べ物はだいぶ少なくなっているのだけれど

    中にはなぜか追加でピザが運び込まれてくるところもあったりで、

    帰路のエイドのたべもの探しも、実はそこそこ楽しい。。

    このプリッツェルとピーナッツバター、バナナの組み合わせは

    当初から予定されていたのか、思いついて並べてみたのか、不明。

    でも、意外と美味しかったよ(笑)

     

    最後の難関、マカプウの登り。

    心が萎えるんですよねー。

    でも、景色がキレイだと、頑張れる!

     

    参加者の皆さんの中には、メカトラとか、転倒などのトラブルもあったけれど、

    ともかく大事はなく、無事にゴール!

    これまで何度もセンチュリーライドを走ってきたけれど、

    今年はちょっと自分の中でも特別でした。

     

    腹筋すら触ると痛いくらいの私の全力総力戦だったのですが、

    そこまで頑張れたこともすごく達成感があって、気持ちよかったし、

    娘がチャリオットから海を見て、すごく楽しんでくれていたことが嬉しかった。

    勝手に「やり遂げた」思いでした。

    今年のツアーはいつも以上にアットホームで、仲間感が強くて、

    参加者の皆さんとわいわい走るのも、すごく楽しかった。

     

    今年はともかく天気に恵まれて、いつも以上に絶景の連続で、

    改めて、ハワイを自転車で走ることって気持ちいいんだなとも思ったし、

    (だってクルマで走ったら、絶対にこんな感動はないもの!)

    「キレイ」「おいしい」みたいな感動を共感できるって、

    すごく楽しいことなんだなって。

     

    ツアーにご参加いただき、一緒に走ってくださった皆さま、

    本当にありがとうございました!

     

    来年も、晴れるといいな。

    来年は9/24の開催のようです。

    いまからスケジュールを空けておいてくださいねー!

    シクロワイアード にもツアーのレポートがあります!)


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM