疾風スプリンター上映スタート!

0

    新宿武蔵野館に行ってきました!

    疾風スプリンターの初回上映は満員御礼。

     

    会場に着いてみると、担当者さんもこのオリジナルジャージ姿でびっくり。

    みんな、すんごいノリノリのやる気です!

     

    初回を見終えた皆さんの前でのトークだったのですが、

    客席は皆さんのピカピカの笑顔で埋まっていました。

     

    ロードレースをテーマとしたものとしては珍しい、アジアの映画。

    なんというか、シーンに温度があるんです。

    スポーツのスピードとか迫力だけじゃなくって、

    青春映画的な熱さと、あまずっぱさと。

     

    香港のダンテ・ラム監督の作品なので、なんというか香港映画テイストもあって、

    「えー!そんなことがロードレース中に起きちゃうのー!?」という事件も多々発生(笑)

    映画を見たあとに、みんなでお茶とか飲みにいったら数時間語れそうですよ。

    真理さんと控室では

    「あのブランドのフレームが劇中に登場した!」

    というネタで盛り上がってしまいました(笑)

    ちょっと髪も長めになっていて

    なんだかいい雰囲気を醸し出していた真理さん。

    今日は自走でいらしていました。

     

    俳優さんもアジア人だから、なんというか自分たちと近くて、

    表情の中で、かっこいい!キレイ!と感じる感覚も近いだろうし、

    そこで、より共感したりしやすいのかなと思います。

     

    個人的にはラブストーリーが描かれて、

    女性が選手っていうところに結構びっくりして...

    やっぱり、うれしかったです。

    彼女がローラー台でトレーニングしてたりするのが

    なんともキレイな感じに扱われていて。

     

    今日は出演されている俳優さんたちのファンの方もいらしたけれど、

    自転車愛好家の方が多かったようでした。

    ロードレースを知ってる人も、知らない人も同じように楽しめる映画です。

     

    それにしても、すごい撮影です。

    あんなの日本では絶対に撮れないだろうなー。

    スタントマンなしってのも、本当にすごいし。

     

    楽しませていただきました!

     

    終了後は控室の壁にサインを描かせていただきました。

    他の映画のトークイベントの出演者さんもみんなサインを描かれていて、

    恐れ多くてびくびくしてましたが、

    真理さんが男気を出して「こんなのは目立ってナンボだ!」

    油性ペンの太い方を使って「疾風スプリンター」と極太に描いてくれました。

    さすが日本が誇るスプリンター!

     

    サインをすると、フラットペダルを付けたメリダで

    さっそうと新宿の街をあとにしていきました。

     

    さて、疾風スプリンターは、新宿武蔵野館で絶賛上映中。

    気になっている皆さん。

    ぜひぜひ観に行ってみてくださいね。

     

    パンフレットにもエッセイを寄稿させていただいております。

    こちらもよろしくお願いいたします!

     

    綾野さん、お写真をありがとうございました!

    シクロワイアードのレポートもどうぞお楽しみに!


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM