応援したくなるまち、魅力的なまち、草津

0

    草津白根山の本白根山が噴火してしまいました。

     

    「ツール・ド・草津」というヒルクライムイベントで長年お世話になっていて、

    このイベントも、いろんな時期やトラブルを乗り越えてきていたので、

    個人的な思い入れがかなり大きな場所で。

     

    ニュースで、見覚えのあるレストハウスの風景が流れたときは

    いま、皆さんはどれだけ大変だろうと、涙が出てしまいました。

     

    予知できなかった3000年ぶりの噴火で、不運にも命を落とされた方もいらして。

    ご冥福をお祈りするとともに、怪我をされた方の早い回復をお祈り申し上げます。

    自然の計り知れない力を、思い知らされますね。

     

    白根山の警戒レベルが引き下げられ、ツール・ド・草津は4年ぶりの復活を決めていました。

    (大会が使うコースは「白根山」に向かうもので「本白根山」ではありません)

     

    草津というあの魅力的な土地での大会復活に、すみやかにエントリーも済ませ、

    4月15日を心待ちにされている方もたくさんいらっしゃると思います。

    現在は状況確認中ということで、いったんエントリーは休止し、

    大会の開催について、検討されているそうです。

     

    東日本大震災のあと、草津温泉も風評被害を受け、観光客の量が減りました。

    その中2011年にも、草津を元気にしたい、と、大会は開催して、

    チャリティーオークションをしたり、エントリーしたけれど

    来られなかった被災地の方にゲスト全員のサイン色紙を送ったり、

    できる限りのことをやった記憶があります。

    被災された方が優勝されたカテゴリーもあり、

    その力強い言葉に、会場は熱い想いを共有しました。

     

    まさかの大雪に見舞われてしまった年もありました。

    大会の開催は断念したけれど、できる限りのおもてなしをしよう、と

    急遽炊き出しの場所をスタート会場に移したり、

    急遽まだあたたかい温泉まんじゅうを草津中のいろんなお店からご提供いただき

    雪の中でもスタート会場まで来てくださった皆さんに振舞ったり、

    急遽草津温泉の補助券を大量に用意してくださったり。

    この年は確か、走れないとわかっていても、

    団長さんや右京さんが雪の中かけつけてくれたんだっけ。

    団長さんは乗っていたクルマが雪で動かなくなって、

    ヒッチハイクして会場まで来てくださって。

     

    こんなに迅速に計画を変更し、その通りに皆さんが迅速に動けるって、

    実はすごく珍しいことなんです。

    「お越し下さった方々のためにできることをしよう」

    というおもてなしの思いを、草津の皆さんが共有されているからこそで、

    その思いが、あの皆を魅力する草津のまちを作り上げているのだと思うのです。

     

    スタートで皆さんを見送ってから、殺生までのショートコースを

    走らせていただいた年もありました。

    まだ雪の残るコースはすごく気持ちよくて楽しかったし、

    ゴールでいただいたホットココアの美味しかったこと!

    白根まであがったら、どれだけ美しい景色を見られて、どれだけの達成感だろうと

    いい大会だなぁと痛感しました。

     

    大会までも、もちろんそうだけど、

    大会の当日は、ものすごく朝早く(というか夜中)から、皆さんが動かれて、

    なにかあるごとに「参加者の皆さんのために」と真剣に話し合って、

    ベストの方法を探して、臨機応変に動いて...

    という、大会を支える方々の姿勢を何年間も間近で見てきていたので、

    今回のことにも、どれだけ心を痛め、対応に追われているだろうと

    私も胸が詰まるような辛い思いです。

     

    今年の大会は、開催できるかわからないけれど、

    草津温泉は本白根山から5km以上離れており、警戒区域は2km圏内ということですから

    現在でも温泉を楽しむことには、問題はないそうで、

    国際スキー場も麓のゲレンデは営業も再開されているそうです。

     

    毎分32300リットル以上の温泉が湧きだす豊富な湯量と、良質な泉質。

    湯もみの風景も有名ですし、湯畑やまち並みの風情も最高に素敵です。

     

    草津は本当にパワーのあるまちで、これから、きっと、

    しっかりと、真心をもって、立ち上がられると思います。

     

    自転車を楽しむひとたちのために、心を尽くしてきてくれた草津町を応援するために、

    ゆったりと草津温泉に遊びに行きたいなと思いました。

     

    パワフルでチャーミングな(ものすごいキレッキレの動きをするんですよ〜)

    ゆもみちゃんにも、また会いたいな。

    草津を、みんなで応援しましょう!


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM