幼稚園の参加日、のぞき見てきた。

0

    娘が通い始めた幼稚園には親が参加できる日程があり、

    本当は希望日とか言えないんだけど、どうにか行かれる日にしてもらって、

    私も幼稚園を伺ってきました。

     

    なんとまぁ、先生方の大変なこと。。。

    私が伺った日は工作だったんだけど、子供達が使う材料も全部セットされていて、

    1日のカリキュラムの準備も相当手がかかっていそうでした。

     

    「自由」「個性の尊重」を大切にしている園なので、

    園庭やら廊下に走って行ってしまう子もいて、

    そのたびに可憐な先生が走って行って、抱きかかえて帰ってきて。

    でも、決して叱ってはいけないみたいで、

    いまはどういう時間なのかをやさしく話しかけていて...

     

    保育園の子たちと、一人が担当する人数が違う上に、

    やたらと自由な子供たちばかりでエネルギー値が全然違うから、

    長時間お世話する保育士さんの大変さとはまた別の

    ものすごい体力と愛情が必要だなと思いました。。

     

    そんな思いとサポートを受けて、

    子供たちが創り出す工作はすごくって、心底びっくり!

    幼児にこんなアイデアと好奇心とテクニックがあるんだなぁと

    子供たちの可能性を見て、本当に驚かされました。

    伸ばしてあげたいものだよね。

     

    基本、撮影は厳禁なので、なんの写真もないのだけれど。

     

    あと、最近の悩みのタネだったお弁当。

    量とか、おかずの数とかさー。

     

    保育園のときには、お肉やお魚とお野菜と、

    きっちり食べさせてもらってたから

    どうしても、ごはんだけじゃなく、たんぱく源と、お野菜を入れ..たくなる。

     

    でも毎回ごはんとかお野菜を残してくるから、ごはんがだんだん少なくなって、

    朝は炭水化物メインなので、たんぱく押しの構成になってました。

    フルーツを入れてくれというので、

    保冷剤代わりにもなる冷凍パイナップルを入れてみたり。

    昔は意味不明だと思ってた赤いウインナーも、

    いまは自然由来の色素になっていて、

    入れると華やかになるから、入れるようになってしまいました。。

    娘にはこれまで無塩せきのソーセージをあげてたんだけど(笑)

     

    この日は初めてアンパンマンはんぺんを投入してみた。

    ちょっと安かったから買ってみたのだ!

     

    子供たちと一緒にお弁当を食べてみたら...

    他の子たちのはみんな炭水化物押しで、おかずもすごく少なくって〜

    こういうものなのか!!

    お野菜が入っている子なんてほとんどいない...

    うちだけ、異様にモリモリの栄養バランス弁当だった(笑)

     

    早く食べてお外に遊びに行きたいらしくって、

    もっと短時間で食べられる構成がいいんだな。

    おかずを大喜びで食べて、最後に白いごはんだけが残るみたいで

    そうなると、ごはんが食べにくくて残るみたい。

     

    ちょっとずつそれぞれのおかずの量を減らして、

    ごはんにフリカケかけて出してみよう。

     

    そんなわけで、収穫多き参加日でした!


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM