ジャパンカップ

0

    ジャパンカップが閉幕しました。

     

    子供達がいたので、数年ぶりに後泊させてもらい、

    今日宇都宮から帰ってきました。

     

    今年も濃厚でしたね。

     

    クリテはまったく何の写真も撮れていなくて!

    デゲンコルプの「ほんの2−3踏んだら勝っちゃった」みたいな

    エンジンの違いすぎるスプリントは圧巻だったし、

    あれだけの脚質差がありながら、連覇に向けて、

    全力で挑戦したカノラもすばらしかった。

     

    それにしても展開がチームの作戦から外れたのを見て

    「OK!俺が取る」と、ちょちょいと勝ちに行けちゃうって、すごい。

    なんせ世界のトップスプリンターだもんなぁ。

     

    デゲンコルプに贈られたチョコの像

    ケースが光っちゃってうまく撮れなかったんだけど、

    すごい芸術品でした。

    機内持ち込みで持って帰るのかな、食べきっていくのかな?

     

    この日はとちぎテレビさんを担当していたのですが、

    レース終了直後から雨と風が吹きあれたりとすごかったですね。

    なんとも、神がかってるというか。

     

    そして日曜日は森林公園。

    チーム数が増え、21のテントを並べられるよう、

    改造をしたようでした。

    壮観だわぁ。

     

    ジャパンカップを最後に選手生活を終えることを決めたというオスカルプジョルが

    最初にキレのあるアタックをかけ、そこからレースが動きました。

    最初にクリテリウムスペシャルチームで来日したのは、2010年だったのか。

    クライマーでありながら、お役目を果たそうと一生懸命になっていた姿が

    みんなに感銘を与えて、確か連続で2年呼ばれていたと記憶しています。

     

    ここにマルコスガルシアらが加わり

    逃げたのですが、

    このアタックからのTTのような独走が、レースのペースを上げ、

    きついものに変えることになったように感じます。

     

    それにしてもプジョルに山岳賞を取らせてあげたかったなあ。

     

    クーンボーマンがまさか2回も取りに行くなんて!

    きっと彼は山岳賞はポイント制だと勘違いしていたのだと思うので、

    どうか、来年からは、山岳賞は1回ずつ表彰対象なのだと、

    しつこいくらい海外チームに教えてあげてください!

     

    大会史上初ですが、ブリッツェンが集団をコントロールして!

    先頭はブリッツェンとトレックの赤いジャージ!

    最後捕まったあとの展開を有利に持ち込むための作戦?

    存在感を示す作戦?

    まさに勇気ある作戦の決行で、

    先頭を引く選手たちの姿に、心をわしづかみにされた方も多いはずです。

    デゲンコルプの前に雨澤選手がいて、すごい絵だったなぁと。。

     

    最後はアントワントールク選手とロブパワー選手の一騎打ち。

     

    いろいろ試しては見るけれど、抜け出せず、

    スプリント勝負するしかなかったトールク選手。

    去年も4位だったし、今年こそ表彰台のてっぺんに立ちたかっただろうけれど、

    ロブパワー選手に敗れ、今年は2位で終えることになりました。

    最後まで、いろんなドラマが詰まっていました!

     

    栃木放送で解説を担当してくださった若杉社長と平井アナと。

    今年はレースが速く、ゴール後の時間がかなりあったのですが、

    いろんなトピックスに花が咲き、あっという間に放送終了となりました。

    今年は日本人の表彰台をお伝えできなかったのはちょっと残念でしたが、

    速かったし、パワフルだったし、厳しい年だったかなと感じました。

     

    上の娘を受け取り、下の娘は託児所に迎えに行き、

    着替えて、準備してたらかなり入りが遅れてしまった恒例のパーティー。

     

    今年はキナンが不思議な仮装をしていて、壇上はハロウィンみたいな空気。

    佐藤市長はこの異様な雰囲気にもまったく動じず、

    笑顔で歓迎し、調和してくださって、

    大盛り上がりのお客さんたちも大喜びでした。

     

    締めの挨拶は栗村さんの指名で雨澤選手。

    苦手そうでしたが、来年は表彰台のてっぺんに、という趣旨の発言もあり、

    最後まで会場を沸かせてくれました。

     

    過去のどの年よりも盛り上がっていた今年のパーティーもここでお開きに。

    本当に今年はすごかった!

    マイクを使っても、全然声が通らないくらい。

     

    パーティー中は、娘たちを連れて来させていただいていたのですが、

    下の娘も

    上の娘も

    みなさんに温かく迎えていただき、パーティーを終えることができました。

    本当にありがとうございました!

     

    チームプレゼンからの3日間。

    今年も、たくさん緊張して、興奮して、感動して、反省して...

    あっという間に流れ去ってしまいました。

    ともかく濃厚でした。

     

    パーティーの最後にながれた3日間のダイジェストムービーです。

    これ見たら、来年も行きたくなり、ますよね。

     

    また、来年、宇都宮で会いましょう!


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM