ツールドとちぎ

0

    木曜夜から日曜までツールドとちぎのため、栃木を伺っておりました。

    今回は二人の娘連れで、本格的に余裕がなく、SNSもほとんど更新できなかった..

    気づいたらもう火曜です。

     

    初日のタイムトライアル、第2ステージの周回コース、

    そして最終ステージのラインレース、と、変化にも富んでいて、

    各会場は来場客を楽しませるための計らいがたくさんあったので、

    多くの皆さんにご来場いただきましたし、楽しんでいただけたのではないかと思います。

     

    初日はスタート前が暑くて、熱中症の心配をしていたくらいだったんですが、

    ゴールの頃にはかなり寒くなって、風もあって、天気って怖いなとしみじみ痛感。。

    3kmという短い距離のタイムトライアルでしたが、

    出走順により、風の影響が強く出てしまった選手もいたかもしれません。

    表彰後のメディア取材。

    一気に寒くなって、みんなベンチコート着用です。

    三日月を連想させるくらい細いのにベンジャミンダイボールが脅威のタイムで優勝しました。

     

    1秒以内の差で2位となったアウラールは、

    マンセボ氏が推薦してきた選手とのことなのですが、

    中南米のタイムトライアルの大会で優勝しているのだとか。

    マンセボはこのタイムもしっかり予想していたそうです。

     

    この後のステージでは個人総合を占う上では、僅差のところで複数名の選手が並び、

    中間スプリントとゴールに設定されたボーナスタイムが、

    とても大きなインパクトを持つ大会になりました。

    中間スプリントで3秒、ゴール1位で10秒。

    これで大きく動きます。

     

    第2ステージは道の駅やいた周辺の周回コース。

    朝のスタートが寒くて、寒くて、震える選手たちにインタビューするのが

    ちょっと申し訳ないくらいでした。。

     

    会場のステージでは、廣瀬GM、若杉社長、だいじさん、そしてMIHOさんが

    パブリックビューイングをしていました。

     

    私の持ち場は栗村さんとゴール脇だったのだけれど、

    会場内2カ所でトークが展開されるって、すごいことだと思う。

    どこにいても楽しめるようになっていて。

     

    強力な逃げ集団ができたけれど、最後は集団スプリント。

    マリス・ボグダノヴィッチが優勝し、

    グリーンジャージはアウラールに移りました。

     

    記者会見の終わりに安原監督が「あの!すいません!」

    何があるのかと思ったら

    「監督のおかげで勝てましたって入れてもらえます?」

    苦笑する通訳さんと、通訳を聞いて笑うアウラール。

     

    お約束の「監督の腕やがな」写真を撮って

    記者会見は終了しました(笑)

     

    最終日。

    スタートの見送りのみになっちゃうんだけど、

    烏山駅には多くの観客が集まってくれました。

    サイクルロードレースファンというよりは、地域の皆さんという感じ。

    いきなりグリーンジャージが..とか話をしても絶対にわからないから

    0からわかるようにお話ししなくてはと、改めてハッとしました。

    「初めて」観に来てくださる方々がいる大会は、とても重要ですよね。

    反応を見ながら工夫してしゃべったけれど、伝わったかな。。。

     

    ブースのぐるめも充実してました!

    他にもパンとか、コーヒーショップのキッチンカーとか、焼き鳥とか!

    中野さん、お写真をありがとうございました!

     

    うまく撮れなかったけど、スタートです。

    このあと、烏山駅ではビンゴゲーム大会などもあったみたいです。

     

    スタートを見送り、ゴール地点に着くと

    大盛り上がり!

    こちらでは千紗子ちゃんがゲストでお話しされてました。

    産後すぐとは思えない感じで、キラキラかわいくって、すごいなと思ってしまった。。

    私はよれよれしてますから(笑)

     

    この日も、ポイント賞のボーナスタイムなど確認しつつ、

    バーチャルの総合優勝を計算しながらのレースで、

    サイクルロードレースって、頭を使うよねとしみじみ。。

    だから人を魅了するのでしょうけれど。

     

    この日のスプリントを制したのはレイモンド・クレダー。

    個人総合もポイント賞も全て最終日に覆して持って行きました。

    すごい。

    こういう逆転劇もあるのか。

     

    3日間、本当にあっという間でした!

    3日間、余裕のないままでした。。

     

    情報配信を担当されていためぐみさんと撮ってもらったのをいただきました!

    今年のスタッフジャンパーも暖か仕様で助かりました。

     

    こちら的には、第1第2ステージは宇都宮の託児所を利用させてもらい、

    最終ステージは足利の託児所が満員になってしまって、

    やむを得ず、子連れで烏山駅と足利市総合運動公園に行かせていただきました。

    宇都宮には24時間営業で年中無休の託児所があるの。

    スタッフの皆さんはすごくやさしいし、明瞭会計だし、娘も楽しいみたいで

    本当に本当にありがたいです。

    給食も美味しいらしい。

     

    でも、上の娘は中身にメンバーの誰が入っているか分からない

    ブリッツェンの立体キーホルダーを買って、中を開けたら増田選手で

    「ますぴーも好きだからいい!」と、レースの間、ずっと平らなますぴーと遊んでました。

     

    下の娘は表彰の間、廣瀬GMがずっと抱っこしていてくれて。。。

    人見知り期なのに、すぐになついていたので、驚いてしまいました。

    本当にありがとうございました!

     

    ふりかえれば、あっというまだったツールドとちぎ。

    毎度ながら、反省点ばかりです。

    いっぱい失敗したし。

    ああ。

     

    多くの方にお世話になって、多くの方のご好意をいただいた3日間でした。

    ありがとうございました!

     

    これだけのおもてなしをつけて、公道レースを開催してくださった

    栃木県の皆さんにも感謝ですね。

    1300名のボランティアスタッフの皆さんが稼動されたそうです。

     

    レイモンドクレダーが、まだまだ国内レースはたくさんあるのに、

    「また来年お会いしましょう!」と最後に観客の皆さんに言っていたのですが、

    選手たちにとっても、それくらい、よい印象の大会だったのかなと思います。

     

    はー。

    終わっちゃった。

     

    ご来場くださったみなさま、ありがとうございました!


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM