シマノの日、でしたね。

0

    ロード男子の全日本選手権に行ってきました。

     

    ドラマッチックで、見ているだけで、すごくエネルギーを勝手に消耗したような。。

     

    結果は、入部選手の優勝。

     

    今年はお父様の体調不良や他界もあり、かなり大変な中で心身のコンディションを整え、

    レースをされてきたと思います。

    ここまでも、全日本にはツキがなかったような気がしていたし、

    「報われるべきひとが報われた」と言えるのかなと。

     

    徳田選手が一人逃げていて、シマノやアベタカが集団を牽引していて、

    残り7周くらいで、確か一気に差が詰まって、

    集団が徳田選手を捉えてしまったのにびっくりして!

     

    こんなに早くに捉えていいの?とか、こんなに労力を使っていいのか?とか、

    リスクがすごく気になってしまって。

    そこから一気に活性化して、サバイバルレースになったのを見て、

    前に他のレースで同じような展開を見たことがあった気がしたし、

    またシマノが、がんばり損になってしまうの?と...軽く絶望してしまいました。。

    これでつぶれちゃったら、最悪な展開ですよ。

    リスクなく走ってきた選手たちの方が、フレッシュで強いに決まってるわけでー!

     

    結局、チーム員がいるいないに関わらず、強い選手が上がってくる展開になるのかなと

    レースのきびしさにクラクラしてたんだけど、入部選手がきっちり上がっていて。

     

    ケガ明けなのに、すごくパワフルで、やたらと大きく見える新城選手と、

    まだ若手なのに、しっかり食らいついてる横塚選手の3人に絞られて。

     

    全日本ってレースは、観るのが辛くて、もう頭が考えるのを拒否してて、

    予想などもなにもしない、できないまま、最終周回。

    2名から遅れたけれど、決死でくらいつこうとする横塚選手を見て、軽く涙して、

    新城選手との一騎打ちから、先行したままガッツポーズでフィニッシュする入部選手を見て、

    いろんな思いがよぎって、私もガッツポーズして、泣いてしまいました。。

    お父さん、きっとあのやさしい笑顔で、見てくれてたと思う。

    ゴール後、入部選手はずっと号泣していたそうだけれど、どれだけの思いがあったことだろう。

     

    すべて終わってみたら、シマノは、がんばり損をしたんじゃなくて、

    チーム全体で、真っ向から戦って、優勝をもぎ取って、さらに4位にも入ったわけで、

    また「育成のシマノ」から「強いシマノ」になってきたんだなと。

    シマノとしては、久々のチャンピオンジャージでは?

     

    新城選手はケガ明けの単騎参戦で、それでも必要な局面にはきっちり出てきて、

    あんだけ自ら動いて、リザルトとしても、2位に入るわけで。

    あの強さはなんだろう?と思わず話し合ってしまいました。

    精神面でも強いし、経験値とか、勘も冴えてるってことなのかな。

     

    別府選手も、増田選手も、ケガ明けの参戦。

    メンタルも意思も強くないと、こんなにすぐに身体を戻せないですよね。

    絶望したり、何かを恨めしく思ったりせず、切り替えて、集中するんだろうな。

    気持ちの切り替えとかストレスケアも才能な気がする。

     

    本当はレース後ただちに失礼するつもりだったけど、どうしても見たくて、表彰まで残りました。

    入部選手は、家から着てきたんじゃないかって思えるくらい、

    チャンピオンジャージが似合ってました。

    本当に、本当におめでとうございます!

     

    インタビューで、皆さんへの感謝を述べていたんだけどさ、

    奥さまへの感謝があってもいい気がしない??

    「そういうことは言わないひとなんです」と奥さまが言ってましたけれど。。

    あんなに入部選手のことを思って、動いてくれてる奥さまなのになぁ。

     

    今日のレースの完走は25名。150名以上出走したのに!

    全日本選手権は、いつの年も厳しいですね。

    すばらしいレースを見せてくれた選手の皆さんに、拍手!

     

    このあと、咲璃の病院に行くべく、紅香を連れて、大急ぎで帰路に付きました。

     

    ここんとこの心身の疲労と累積の睡眠不足で、昼ごろからどうにもならなくなってしまって、

    フラフラしたり、頭がふわっとしてきて、ダメになりかけた時間帯があったんだけど、

    あまりにも決死でがんばる選手たちや、優勝した入部選手の感動で

    血圧が上がったのか、ラスト2周くらいからなぜか頭がシャキッとなりました(笑)

    無事に運転して帰れて、よかった。

     

    このタイミングにしゃべる仕事とかが入ってなくてよかったなぁ、としみじみ。

    間違えてたり、言葉が出なかったり、しかもそれを自分で気づかないとかありそう、と、

    怖い可能性に今気づいて、ゾッとしていたりして。

    ...いや、本当に怖い。怖い。

    最近誤字の多すぎる原稿を出してしまい、叱られたんだけど、

    しゃべるのは、読み返すようにチェックもできないから、もっと怖いよねぇ。

    いや、自分が医者とかだったら、もっと怖いな。って、タラレバすぎるだろ^^;

     

    まぁ今週はわかりやすく異常状態だったのですが、

    大人は、それでもちゃんとふるまえるようにならないと、と、今反省してます。

    立て直そう。

     

    今日は娘を置いてきた自責の念もあって、余計に疲れてたんだけど、

    面会に行ってみたら、咲璃は、えらく元気で!

    点滴も抜かれていたし、下痢も止まったそうで、安心しました。

    あとは、退院するだけです。

     

    走った選手の皆さんも、運営のスタッフの皆さんも、観戦された皆さんも、

    お疲れさまでした!

     

    子連れで伺い、ご迷惑をおかけしたところもあったと思います。

    お心遣いくださった皆さま、ありがとうございました!


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM