「Fukushima 50」

0

    いろいろ、中止になってしまい、時間ができました。

    気持ちを切り替えるしかないし、映画に行ってきました!

    絶対に見なければ、と思っていた「Fukushima 50」

    予告編を見て、もう涙が出てしまうほどで、

    内容ももちろんですが、俳優陣の演技を見たいと思いました。

     

    あのとき、福島第一原子力発電所で起きたことって、

    知っているようで、実はよく知らなくて。

     

    爆発の映像は、あまりに衝撃的で「日本は終わった」と本気で思ったっけ。

    「素人」には理解できないことも多く、それがまた不安を煽りましたよね。

     

    あのときは、勝手に「責任を取ってどうにかすべきだ」と憤りも感じたわけですが、

    いわば「玄人」の立場で、この事態に直面した方々は、どれだけ辛かったことか。

     

    なんというか、あの震災を知る日本人として、

    この映画は見なくてはいけないと感じたんです。

     

    全身全霊で演じられている俳優陣が、ともかくすばらしかったです。

    石井正則さんも出ていて、これまた勝手に「石井さーん!」などと

    一瞬思っちゃうんですが、もちろん瞬殺でそんなのは消えました。

    心に響く演技をされるすばらしい俳優さんです。。いうまでもなく。

     

    緊迫した映像が続き、次には何が起きるのか...

    知っているようで知らなくて、ドキドキさせられます。

    そのたびに、ひとつひとつが、現実に起きたことであるということに

    愕然とさせられます...

     

    原子力のパワーの恐ろしさを誰よりも知っている方々が

    前例がなく予想できない事態に立ち向かうのは、

    どれだけの恐怖で、どれだけの勇気と覚悟が必要だったことか。

    スタッフの方々も人間で、家族もいて、原発の有用性を信じ、誠心誠意働いていらした方々です。

     

    決死の戦いを見て、辛くて「もういいよ!止めていいよ!」と思うのですが、

    「いや、彼らが止めていたら、日本はダメになっていたのか」という現実にも気づくわけで。

     

    当時身勝手な憤りを感じていた自分の思慮の足りなさを、情けなく思いました。

    それまで、原発の必要性や、この地震のある国で使用する危険性をしっかり調べたり、

    深く考えたこともなかったくせに、ね。

     

    コロナ拡大で、映画どころじゃない方も多くなっちゃったと思うけど、

    映画館は、みんなしゃべらないから、感染の確率は低いみたいです。

     

    映画としても、息もつけないような展開が続き、引き込まれる作品だし、

    いろいろと、考える契機になると思います。

    お時間、興味のある方はぜひ!



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << April 2020 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM