タイツとガーゼハンカチで、マスク問題は無縁です!

0

    少し、街中やネット上でマスクの販売を目にするようになってきました。

    でも、それなりの値段で、毎日使い捨てはあまりにきつい。。

     

    情報を総合して、すんごくいい方法が見つかったので、ご紹介します。

    必要なものは、タイツとガーゼハンカチ。

     

    タイツ??となるかと思いますが、丸めて売られているカラータイツが最適です。

    私は量販店で冬物整理のカゴに入ってた白の80デニールタイツを100円で買ってきました。

     

    これを輪切りにして、くいっくいっと引っ張ります。

    すると、この真ん中にあるようなまるいソフトなゴムになります。

    前回は、このゴムで、縫ったマスク本体に付けたのですが、

    もっと簡易版は、ハンカチを畳みます。

    これは子供用の小さなハンカチバージョンですが、

    こんなふうに折って、ゴムを置いて

    左右を畳み込みます。

    これを着けると

    こんな感じです。

    完全に、マスクじゃないですか??

     

    これは子供用でちょっと小さいんですが、大判でやれば完璧。

    摩擦で、意外と落ちないんです。

    ちょっとした買い物とかの外出くらいならトラブルなし。

    子供用のは小さいので、粘着テープのマジックテープを中に貼って

    解けにくいようにしています。

     

    私も今週からこっちに移行しようと思ってて、

    使い勝手をみて、またご報告します。

    サイドにマジックテープを入れたら、たぶんそう大判でなくても大丈夫そう。

     

    これだと、洗濯もノーストレス!

    厳密に、空中に飛散したウィルスからガードできるのか?

    とか言われちゃったら、それはダメかもだけど、

    今は、どこに行くにもマスクがマナーになっていて、

    自分からの飛散防止だったら、効果はあると思います。

     

    ガーゼマスクの柄で楽しめるしね。


    さて、今日は、アマビヱTシャツを着ています。

    アマビヱとは、江戸時代末に現れて「今年から6年豊作が続くが、疫病が流行するので、

    私の姿を描いた絵を人々に見せよ」と語ったという海の妖怪?で、

    発言からして、絵を見せてどうなるかは不明だけど、疫病の流行が収まることと、

    豊作を祈って、あっちこっちでみなさんが掲げています。

     

    大学時代の尊敬すべき友人が製作に関わったということと、

    宇都宮のTシャツ屋さんだったこともあって、即買いしちゃいました。

     

    アマビコ(尼彦)ってのもいるらしく、アマビコは「私の姿を見る者は無病長寿、

    早々にこのことを全国に広めよ」と言ったらしいので、

    もしかしたら、アマビコの方が正しいのかもだけど、ほぼ同じ存在という説もあるらしい。。

    いずれにしても、令和がアマビヱ(アマビコ)の4回目の流行だとか。

    歴史の中では、難しい病気が流行ってきたものなのですね。

     

    なんというか、てるてる坊主的なものなのかな。

     

    ちょっとでも、日々の中で、楽しい気持ち、ポジティブな気持ちを持って、

    生活して行きたいですねー!



    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>

    profile

    TEAM KEEP LEFT kabuto took

    Twitterもそれなりに更新中☆

    selected entries

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    categories

    archives

    recent trackback

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    みんなのブログポータル JUGEM