自転車の走る場所って?

0
    今日は安全で快適な自転車利用環境の創出の促進に関する検討委員会でした。

    今日はパブリックコメントでお寄せいただいた内容を受けて、
    審議するというものだったのですが、
    通常パブリックコメントでお寄せいただく数よりも、
    かなり多くのご意見をちょうだいし、
    中身もしっかりと濃いものが多かったということです。

    関心の高さを計り知るとともに、しっかりと受け止め、
    よりよい今後につながる形を作っていかなければいけないと
    関係者一同、思いを新たにしてきました。

    パブリックコメントと今日の話し合いを受けて、修正されたものが
    年度内には公開されるということです。

    パブリックコメントでは、様々な立場の方々からご意見をいただき、
    自転車をどうするかという問題って、
    本当に本当に大変なんだなぁと改めて感じました。

    今回のパブリックコメントの直接の対象となることではなかったのですが、
    「自転車はどこを走るのか?」という課題につながるご意見が多く、
    やはり切実な課題として、浮き上がってくるのだなあと認識しました。

    自転車の走る場所は、もちろん歩道ではありません。
    これは私が自転車乗りだから、ということではなく、
    歩道を走ってくる自転車は本当に脅威なんです。
    妊娠したり、子供を持ってみて初めて、どこにでも現れる自転車の恐ろしさを痛感しました。

    今日も帰り道、歩道を歩いていたら、私の傍1cmくらいのところを
    後ろからやってきた立ち漕ぎのママチャリがスレスレですり抜けて行って
    思わず「怖い!!」と声をあげて、立ちすくみました。
    歩道を安全に歩く権利は、すべての歩行者にあると思うんですよね。

    「自転車を歩道から車道に下ろして、命の危険にさらすのか」
    というご意見は、あちこちで耳にします。
    特に「ママチャリや、子供乗せ自転車を車道に下ろすなんて無理だ」と
    言われるんですが、私の暮らすエリアには、歩道を力走してくる子供乗せ自転車が非常に多く
    「ママチャリや子供乗せ自転車=弱者で被害者」ということは成り立たないと感じます。

    すれ違いなんて不可能な細い歩道を無理やり走ってくる自転車も多く、
    マンションや店舗から人が出てくる可能性もあり、
    避けようとしてバランスを崩して自分も車道に吹っ飛ぶかもしれないし、
    よっぽど車道を走った方が安全なのに...といつも思うんです。

    実際、交差点などで歩道から飛び出してくる自転車はクルマからは気づきづらく、
    反応が遅れるため、本当に危険で、事故の原因にもなっています。

    じゃぁ、自転車は「自転車通行可」の歩道に限定して、「徐行」と言える速度で、
    ルールを守って乗っているのかというと、そんな自転車、見たことがないのも現実。。

    現時点で、そんなに配慮しないでも走れてしまっている歩道の居心地がよく、
    「車道におろされる」ということへの拒絶が、強いんですよね。

    幅寄せしてきたり、暴言を吐くドライバーさんはいまだにいるようですし
    ビュンビュン車がすり抜ける横を、路面状態もよくない中で走る、
    となると、やっぱり「勇気が必要」ということになるのでしょう。
    自転車レーンを作ったり、路面に矢羽根を描いたとしても
    ドライバーは守ってくれるかどうかわからない、と。

    正直、私も自転車で交差点に差し掛かり、悩んでしまうことは多々ありますし、
    車道の左側に居場所がどうにも見つからず、ママチャリの場合は特に
    「自分が歩道に上がるのが一番平和かな」と空気を読んで歩道に上がることもあります。

    こうなると、「自転車はどこを走るか」を「安全」を叶えた形で実現させるには
    ドライバーさんが、自転車の存在を認識して、
    自転車と共存するような走り方をしてくれるかどうか、
    ってところが、最大のポイントになるのでしょうか。

    もちろん、自転車が意思表示をしながら、まともに走れるのか、
    という、自転車のテクニック的なところも大切なんですが。

    そこを放棄するなら、
    「歩行者優先、かつ徐行」というところをしっかり守って歩道上を進んでください、
    ということですよね。。

    「大変」と言いつつ、書いてみると、しごく当たり前のことなんです(笑)
    でもこの当たり前っぽいことが、実はとても難しい。。
    これまで自転車が歩道を、クルマは車道を、自由に気持ち良く走ってきた歴史がありますから。

    自転車に乗る人にも、クルマに乗る人にも、みんなが安全に道路を使うためのルールを
    「伝える」→「理解してもらう」→「納得してもらう」→「守ってもらう」
    というのを実現するには、どうしたらいいのでしょうね?

    各自治体さんに、これをかなえるために必要な環境を整えてもらうための提言をするのが
    今回の委員会なわけですが、ハード面だけを整えても、やはり現実的ではないということで、
    この次は、「いかに守ってもらうか」など、ソフト面のことを話し合うことになります。

    「伝える」→「理解してもらう」→「納得してもらう」→「守ってもらう」
    という進展がないと、環境を整えても、機能しませんよね。
    さらに外国からのお客さまも増えていくわけですし!

    これから、自治体さんをはじめ、日本中が、安全な環境作りに合意して、
    変えていこう、という動きが出てくることを祈ります。

    今さらの内容かもしれませんが、書いてみました。

    東京多摩・島しょ地域も自転車推進!

    0
      昨日は「自転車のチカラでまちづくり!」と題した
      東京多摩・島しょ地域の自転車シンポジウムでした。

      古倉先生の講演ののち、この地域の調査研究結果の発表があり、

      私も自転車の効用や楽しさについてお話しさせていただき、
      最後にパネルディスカッション、というもりもりの内容でした。

      パネルディスカッションでは、路面に自転車の走行スペースや進行方向などが
      しっかりペイントされている金沢や、
      外国人観光客を対象にガイド付きサイクリングをされている
      東京グレートサイクリングツアーの事例紹介を受け、
      自転車の走行環境のことや、
      自転車を活用し、インバウンドで観光客を呼び込むことについて
      皆で話し合いました。

      パネルディスカッション登壇者一同。

      金沢は、路面にしっかり表示することで、事故も減り、
      車道を走行してくれる自転車も増えたそうです。

      私は今、八王子市内でこのブログを書いていますが、
      ここから自転車に乗って津久井湖や宮ヶ瀬の方に抜けると、
      都心部からそれほど離れていないのに、
      どこか遠くに乗りに来たかのような錯覚を覚えるほどの
      自然や田園風景が広がっていたりします。

      外国に行った時って、ドーンとそびえる観光資源より、
      ちょっとした商店や、その地域でなくては見られない景観や
      その地域の人々の暮らしが垣間見える時の方が
      わくわくしたり、しませんか?

      東京と一口に言っても、奥多摩も、大島も東京です。
      まだまだ「東京」が持つ可能性は大きい!

      八王子も、自転車で移動しやすい街、
      歩道を我が物顔に走り抜けていく自転車に怯えなくてもいい街になってくれることを祈りつつ...

      春のTheKAIMAKU

      0
        土曜は、幕張海浜公園でTheKAIMAKUという
        ウィズスポシリーズの開幕戦でした。

        めちゃめちゃ好天!

        朝は肌寒かったけど、午後は半袖の方も多く見かけるほどの暖かさになりました。
        寒くも暑くもない環境のイベントって
        実は貴重という噂(笑)

        午前は、ミニベロカップと、キッズレース。

        一時間のレースにエントリーしたミニベロは
        本格仕様のものから、8インチやBMXまで、ホントに多様!

        キッズレースは、U15はもちろん、U12も、子供たちはほぼロードバイクで、
        U9ですら、半数程度がロードバイクだったことに、
        ホントにおどろきました…

        すごいなぁ〜。
        大人顔負けのスプリントを見せてくれたりして。

        あとで、表彰台で会ってみて、子供らしくてまた驚きました。
        バイクに乗ってると、身体も大きく、年齢も上っぽく見える!

        午後からは四時間エンデューロ。
        今回は、最初の二時間の走行距離に応じて、
        ブースで使えるクーポンがもらえて、
        52周以上走ったらオーダージャージがもらえちゃう!
        という、開幕戦ならではの太っ腹企画があったのですが、
        見事に5名の先頭集団がこれを達成!
        主催者サイドは嬉しいような、悲しいような(笑)
        そんな盛り上がりもありました。

        ビギナーの方も多く、家族も遊びにいらしている方も多かったので、
        会場の雰囲気も、少しほんわかした感じ。

        こういう開幕戦も、よいですね!

        最後は残ったみんなで記念撮影!

        ウィズスポシリーズ、次戦は、5月末の温泉ライダーin加賀温泉郷です。

        温泉が楽しめる土地での公道レース。

        お湯もよいし、食べ物もおいしいし、
        環境もよいので、皆さん、ぜひご参加くださいね!
        私も今から楽しみです♪



        ロングライドが好き!

        0
          ということを聞きつけられたのか、
          サイスポの今月号の別冊付録のイベントガイドブックにお声かけいただき
          ロングライドイベントの項でご協力させていただいています。

          いやー。
          ホントにホントに光栄です♪

          長距離とか上りとかって、女性は好きじゃない、という定説もあるのですが、
          あえてこの「ロングライド」で女性の視点を用意してくれた勇気あるサイスポに感謝!

          私自身はロングライドが大好きです。

          一番の理由は走ったあとの身体が変わるからなんですが、
          あの達成感と満足感は格別!
          初めてのロングライドはホノルルの160kmだったのですが、
          「自分って意外とがんばれるんだ!」と大きな自信になったものです。

          女性は速く走るのは苦手でも、持久力がある方が多く、
          また、無理な速度で走ろうとしない方も多いため、淡々と同じペースで走り、
          超ロングライドでも意外と完走できてしまう、という話もよく聞きます。

          やっぱりロングライドをすると、違うトビラを開くというか、
          自転車の醍醐味である風を切って進む爽快感とか、様々な景色を五感で堪能できるとか、
          おいしいものが、よりおいしく感じられるとか、
          楽しいことがぐっと増えるように思います。

          日本中のロングライドイベントが一挙に紹介されている保存版です。
          眺めているだけでも想像が膨らんで楽しい♪
          おススメイベントもピックアップされていますので、
          すでにロングライドが好きな方も、今興味を持ち始めている方も、
          ゲットしてくださいね。

          チャンスがあれば、いろいろ走ってみたいなぁ。
          ロングライドを走ると、だいたいその土地を好きになりますよね。

          ちなみに、この別冊の半分はハシケンさんのヒルクライムです!

          あと、本誌には先日の四万十足摺無限大チャレンジライドのレポートが掲載されています。

          2日間で277km。
          ホントにチャレンジライドでした!

          こちらもぜひご覧ください☆

          サイクルスポーツ5月号は、絶賛発売中です!

          自転車が怖い!

          0
            昨日は4回目の横浜市の自転車等施策検討協議会でした。

            昨日の議題は「はしる」と「いかす」

            走行空間の話や、自転車を横浜でどう活用するか、という話です。

            車道に、自転車走行帯や自転車道など、安全に走れるスペースを確保することは難しい
            →怖い人は歩道に上がる
            →歩道は徐行で時速8kmまでしか出しちゃダメ。
            となると、もう自転車は交通機関として用をなさないものになってしまいます。

            そもそも、歩道を時速8km以内で通行しているひとにはめったに会いません。
            国会では、過去に自転車の徐行とは「時速4〜6km」だという発言があったとか。
            ゆっくりバランスを取りながら進むことは難しく、
            子ども乗せ自転車でそのスピードで安定して進めたら、たいしたものです...

            妊娠中、歩道上で自分に向かって来る自転車や、
            背後からすり抜けて行く自転車は、殺人犯のように思えるほどの恐怖の対象でした。

            でも、娘が、街を歩くようになってから、よりいっそう自転車が怖くなりました。

            まだ歩きも、周囲の安全確認もおぼつかない小さな娘の存在も気にすることなく
            減速なしに歩行者の死角からナナメに歩道に乗り上がってくる自転車とか、
            背後から脇ギリギリを猛スピードで駆け抜けて行く自転車とか、
            思わず「逮捕して!」と思うくらい、おそろしく感じます。

            娘がふと右に身体を向けた瞬間、背後から自転車が脇すれすれを走り抜けていったときには
            もう少しでスポークに指が巻き込まれたのでは?と、
            身体が凍り付いて、数秒、歩けなくなるくらい、おそろしかったです。
            なぜ、こんなに小さな子どもの脇すれすれを走り抜けて行かなくてはいけないのか...

            自転車が怖いと言うと、なぜかスポーツバイクを想像するみたいなんですが、
            今までにおそろしい思いをした相手は、だいたい、ママチャリです。
            歩道上に減速なしに突っ込んできたのは、とても上品なご婦人でしたし、
            ごく一般の悪気なく走っている方々も、十分人をけがさせる可能性があるわけです。

            小さな子ども、妊婦さんなどの他、
            脚の悪い方もいらっしゃるでしょうし、
            障害を持たれている方や、高齢の方など、
            守るべき存在は、街に多くいらっしゃいます。

            私は歩道というスペースは、安心して歩ける場所でないと絶対にいけないと思います。

            子どもの手を引いて、安全に歩ける場所が
            歩行者用のスペースの中に確保できないって、おかしいと思うんです。

            自転車と歩行者が通行する空間を区別するためのラインを歩道上に引いたところで、
            そのラインを意識し、しかも徐行で通行している自転車が、街に何台いるでしょうか。
            ラインがあれば、歩道は「自転車のスペース」で「走ってもいい」と誤解されかねません。

            太い歩道は自転車通行可であることが多く、
            ラインを引いて自転車が通行するための空間が確保されがちで、
            本来、ゆったりと散歩を楽しめるような太い歩道は結局危険度が高くなってしまっています。

            考えられる対策は、
            自転車の乗り方をしっかり皆さんに心得ていただくことと、
            車道の左側に自転車のための最低限の安全が確保されるような配慮を現実的に実施すること、
            でしょうか。

            もう作ってしまったものを翻すことは難しいとか、
            予算の問題だとか、スペースの問題だとか、
            現実的に困難は多々ありますが、少しずつでも解消の方向に近づけたらと思っています。

            自転車は大好きですが、
            時にとてもおそろしい存在になります。

            自分自身が乗るときも、それを忘れてはいけませんね。

            全日本選手権を盛り上げようよの密談

            0
              今週、那須の実行委員会の皆さんと会談を持ちました。

              限られた時間の中で、できる限りの話ができるよう、
              頭よ回れ!と糖分とカフェインをとるべく、あんカフェオレをオーダー。

              カフェオレの底に、あんが沈んでました!

              6月20-21にタイムトライアル、
              27-28にロードレースの全日本選手権が那須で開催され、
              この期間、那須サイクルフェスタと題し、那須では、イベントウィークになります。

              全日本選手権というと、当然、日本一を決める大会。
              そりゃー注目を集める大会のはずなんですが、
              意外と、観に行く習慣のない方が多いようで...
              この私も、タイムトライアルの全日本は観に行ったことが一度もないんです。
              なんとなく、淡々と、山の中とかで開催されるイメージ。

              そんな状態なので、全日本の週が、イベントウィークとされること自体、
              ものすごく新しい!
              全日本選手権と、イベントって言葉が組合わさるイメージすらなかったというか。


              今年はめずらしく関東での開催。
              さらに観光地での開催ということもあり、
              日本初の、多くの観衆が押し寄せてくれる、大盛り上がりの全日本にしよう!ということで
              実行委員会はやる気満々です!

              とはいえ、まずは、大会があることを知ってもらうことだったり、
              行こう!という気持ちになっていただけるよう、レース以外の部分でも魅力があって、
              さらにレースにも注目してもらえて、誰か、お気に入りの選手を応援してもらえるよう、
              サイドイベントを工夫したり、事前に十分な情報を配信したり、
              当日も観戦しやすい情報配信や、コース内のレイアウトを考えたりと、
              思いつく限りのことをやってみようということになりました。

              全日本というと、やっぱりカタいイメージ。
              もちろん、レース自体の「格」はしっかり守りながらも、
              もっと足を運びんでいただきやすいよう、イベント性を高めようと話しています。
              ともかくも多くの皆さんに注目していただき、足を運んでいただくことが第一!

              とはいえ、イベント性を高めすぎてしまうと、お叱りを受けるかもですよね..
              この辺りのさじ加減が難しそう。

              気付けば開催まであと3ヶ月しかない!(焦)

              これからみんなでせっせと動きます。
              私もいろいろお手伝いをすることになりました。

              「史上最高の全日本選手権」を目指してがんばりますので、
              皆さん、6月の20-21、27-28日のスケジュールはしっかり空けておいてくださいね!

              コミュニティサイクル担当者会議

              0
                あっという間に木曜です。
                どこかおかしいんじゃないかと思うくらい、一週間がはやい...

                月曜は、コミュニティサイクル担当者会議という会で
                基調講演をやらせていただいてきました。

                基調講演って言っても、例年の講演者とはかなり毛色の違う存在でして
                これまでは、大学の先生が、国内外のコミュニティサイクルの実施例などを
                講演されてきたそうで...

                でも、ご担当の方が、自転車に詳しくなかったり、
                仕事として担当されると、そもそもの自転車の楽しさがわかっていないと
                利用者の心に響く広報もできないし、という風に捉えて、
                自転車の楽しさやメリット、あとは地域の自転車の広報の例などについて
                お話をさせていただいて来ました。
                楽しかった!と多くの方に言っていただけて、ホッとしました。

                各地のコミュニティサイクルの状況の発表があり、

                その後はポスターセッション。

                各地の取り組みを掲出し、その前に担当者さんが立って、
                あれこれ自由にお話しできるというもの。
                どこも試行錯誤されていると思いますし、こういう形で情報交換できるのはいいですね。

                ベイバイクのように、30分以内なら追加料金なし、と言うような形で
                自転車を借り、いろんなポート間を行き来する形だけじゃなく、
                紀の川や四万十、しまなみのように、複数のポートがあるレンタサイクルは
                コミュニティサイクルという分類になるのだそうです。
                知らなかったー!

                都市内の近距離の交通を担う形のコミュニティサイクルも
                いまはかなり増えていて、堺とか、札幌とか、いろんな土地にあるんですね。
                私がうろうろしてたころは、堺にはなかった気がするんだけど。

                いろんな形の自転車の活用の発展を知ることができ、
                有意義な一日でした。
                皆さん、お疲れさまでした!

                チクリッシモNo.44!!

                0
                  チクリッシモが出ると、季節が変わったことに気付きますね。。
                  4月号が発売になっています。

                  春ってことで、プロチームガイド&選手名鑑の付録がついています。
                  これがあると、1シーズンフルに使えて、すっごく便利です!!!

                  個人的にはですね

                  ↑ここに自分が載っていたことに感動!!(ミーハーか!(笑))
                  去年のサイクルモードの砂田さんのトークショーです。

                  いやいや、見どころはこんなところじゃなくって(当たり前だ)
                  私が七転八倒していた06年からの振り返りがあったりして、感慨深いです。

                  冒頭にある、1枚にフォーカスするコーナーでは、

                  女子のレースが取り上げられていて、すごく新鮮でした。
                  鹿屋の上野みなみ選手が世界選手権で銀メダルを取ったり、
                  梶原悠未選手がアジア選手権のロード、TT、トラックで金メダルを取りまくったりと
                  日本でも、女子選手の活躍が注目されているので、
                  今シーズンは女子の年になるのかも?と思わず期待してみたりしちゃいますね。

                  ダウンアンダーや、カタール、オマーンのレポートはもちろん、
                  永井孝樹さんのロードレース観戦塾の連載も始まりました。

                  今年はレースを見るぞ!という方も、
                  写真を眺めているだけでも楽しい本なので
                  ぜひ、お手にとってご覧ください。

                  明日は宇都宮クリテ。
                  私は伺えませんが、大盛り上がりのいいレースになりますように。

                  今年は関東からは非常にアクセスしやすい観光地・那須で全日本もあるし!
                  レース界が盛り上がる一年になるかもしれませんね♪

                  西来る(サイクル)フェスタ!

                  0
                    昨日はさいたま市西区の「西来る(サイクル)フェスタ」でした。

                    ちょっと風が強かったのですが快晴に恵まれ、サイクリングの部もあかるいスタートに。

                    ママチャリで参加された方も多くて、
                    自転車の層の厚さを感じました。
                    TSUBAGURA&安部健太選手のストリートトライアルショー。

                    さいたま市在住の安部健太選手は、中学生ということなんですが、
                    UCIランキング8位とか!
                    世界チャンピオンを目指して行くそうです!
                    が、まずは高校受験とか。

                    日本に世界ランキング8位の選手がいるなんて知らなかったので
                    すごくびっくりしました。
                    (UCIのウェブにはエリートのランキングしか見つからなかったのですが、
                    たぶん、ジュニアのランキングなのでしょう。)
                    がんばってほしいですね〜!

                    BMXの田中光太郎さんのパフォーマンス。

                    お子さんを乗せてのウィリー体験などもあって
                    皆さん、すごく楽しまれてました。
                    パフォーマンスもステキなんですが、飛んで来た風船を拾いに行ってあげたり、
                    あたたかい人柄がにじみ出てくるようなショーで
                    にこにこ見ちゃいました。

                    そして女子自転車競技チーム・Ready Go Japanのトークショー。

                    併催の高石杯に出場されていたのですが、こちらのステージにも、
                    マネージャーでもあり、選手でもある須藤むつみさんの他、
                    伊藤選手、小沼選手、高橋由圭・吹歌選手にお越しいただきました。

                    今、日本では、女子選手はたとえ学生時代に活躍して、競技を続けたいと思っても、
                    受け皿になる場所が少なく、かなりきびしい環境にあります。
                    そんな中、非常に貴重な女子選手のチームです。

                    最年少の吹歌選手は14歳。
                    小沼選手は、結婚、出産を経て、13年ぶりに競技に復帰されたそうで、
                    昨年のマスターズトラックで優勝されたそうです。
                    女性のさまざまな可能性を見たような気がしました。

                    チームの母体となるNPOサイクリスト国際交流協会
                    今年8月に女子選手だけのレースも計画しており、
                    JCF、JBCFをたばねた女子選手の日本ランキングも始めるそうです。

                    東京五輪も見えてきて、女子の環境も活性化するといいですね。

                    今年の西来るフェスタは、サイクリングに始まり、トライアルやBMX、女子選手と、
                    さらにキッズのランニングバイクレースやロードレース、高石杯も併催され、
                    豊富なトピックスが詰まったイベントになりました。

                    ご当地アイドル「I Doll」の登場や、
                    キッズたちがすごく魅力的なダンスを披露してくれるライツパフォーミングアーツのステージもあり、
                    正直、一日があっという間でした。

                    また来年も開催が予定されているそうです。
                    グルメブースや自転車ブースなど、楽しみどころはたくさんありますので、
                    今年来られなかった方は、来年いらしてくださいね!

                    強風の中、ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

                    全日本選手権エリート自宅観戦・情報整理☆

                    0
                      もうすぐ全日本選手権が始まりますねー。

                      興味がある方がいらっしゃるようなので
                      自宅観戦仲間の皆さん向けに情報を整理しようかと...

                      動画配信はUSTREAMに専用チャンネルがあるみたい。

                      ただ、ネット配信の画像はわかりにくかったりするので、
                      自転車レースなんて見たことなーいという方は
                      各チームなどが配信してるテキストライブ(文字ベースのライブレポート)を
                      読むのが一番わかりやすいかも。

                      お目当ての選手やチームがいる方はそのチームのものを、

                      宇都宮ブリッツェンはライブブログ
                      シマノレーシングはライブブログ
                      マトリックスもライブブログ

                      中立な立場からは

                      自転車レースを応援するwe love road raceのライブブログ
                      などがいいのかな。

                      獲得標高は1周回あたり502m。

                      エリート男子は午前8時スタートで12周、
                      エリート女子は午前8時5分スタートで6周。

                      男子は6000m以上の標高を上ることになります...

                      ゴール予想は何時くらいなんだろう?

                      雨が降っているみたいで、心配です。
                      落車などのトラブルなく、
                      すばらしいレースが展開されますように!


                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM