ああ、カンゾウエキス

0

    いやー困りました。

    花粉でぜんそくを起こし、じわじわと悪化。

     

    呼吸困難とせきとで眠れないし、寝たら悪夢連発で、

    靴下脱いだらゴキブリが3匹出てきたり、キャベツ切ったら巨大な亀が出てきたり、

    天井に黒くて赤ドットの大型クモが歩いてたりして

    びっくりして起きたら足が攣ったり〜(笑)

     

    昨日また呼吸器科で点滴してもらって、ようやく踏みとどまっています。

    今年の花粉は手強すぎるよ〜!

    みなさん、大丈夫ですか?

     

    ドクターに舌下の治療法について聞いてみたら

    「効かないよ」とのことば。。

    そうなの?

    効かないの??

    どのみち声も出ないし、ショックであまり深く聞かなかったけど、

    一般的に効かないのか、私みたいな重度のアレルギーには効かないのか。。

     

    これ以上の薬に頼るわけにもいかないので、

    あれこれ探してみたんだけど、

    栄養つけようと思って飲んでみたこれ↑が、完全予想外にすごく効いて!

     

    成分を見てみたら主成分は「カンゾウエキス」

    おおお!!!リコリス!

    あの、私の好きなお茶です。

    イタリアだと、ジェラートとかになっててめっちゃうまいのだ。

     

    感じで書くと「甘草」ってやつ。

    調べたら、甘草は咳に効くらしい。

    ならば「甘草湯」という漢方を飲んだら、めっちゃ効くのでは?

    近所の薬局にはなかったので、Amazonさんにお願いしてみました。

     

    取材で毎日ネギを食べてたら風邪をひかなくなったと言われたのを思い出し、

    ネギ刻んでおかか入れて、ごま油とカキ醤油をたらして

    でも、調べたら別にネギは咳とかぜんそくに効くわけではないらしかった(笑)

     

    これはともかくおいしいし、身体を温める効果はあるから、まぁよいか。

     

    週末は西来るフェスタ

    それまでに声を治さないと〜(焦)

    近隣を走られる方は、ぜひぜひお立ち寄りくださいね。

     

    できる限り静養しつつ、

    あれこれ、いいというものを試してみようと思います!

     

    花粉なんて、ちっぽけなものなんだけどなぁ。


    びーも協議会@守山市へ

    0

      今日はお呼ばれして、守山市を伺ってきました。

       

      びーもサイクル協議会さん主催のイベントで

      講演させていただくことになったのですが

      市民の皆さんに自転車に乗ってもらいたいという趣旨とのことで

      より、自転車生活が魅力的に見えるように、と、

      いくつかのブランドさんにお願いし、ウェアやアイテムをお貸しいただきました。

       

      カステリ、カペルミュール、テリー、ロコゴワ、

      さらに、ライゼンタールのバイクバスケットもお借りしました。

       

      色とりどりのウェアが並び、会場は非常に華やかでした!

      みなさん興味深くご覧くださっておりました。

      なかなかこんな最新のウェアを見られる機会はないですよね。

       

      すでに自転車に乗っている方も、

      ちょっと興味を持ってくださった方も、

      いろんな方がお越し下さって、会場はほぼ満席。。

      こんなお天気の春の日に、なんとありがたい!

       

      あれこれ、トピックスを織り交ぜてお話させていただきました。

      興味を持って聞いていただいて、とても嬉しかったです。

       

      こんな素敵な手ぬぐいをいただいちゃった!

       

      終了後は1階のカフェに移って交流会。

      スペイン料理だったのですが、どれも目に美しいだけでなく、

      おいしくって、びっくり!!

      感動してあれこれ食べてきちゃった!

       

      みなさんといろんなお話をしてきました。

       

      守山市といえば、自転車乗りの宮本市長。

      非常にクレバーで行動力がある宮本市長への期待は非常に大きくて、

      ここから、何か生まれるんじゃないかと見守っている方も多いのではないでしょうか。

       

      滋賀県のビワイチ推進総合ビジョンも形になったところですし、

      守山から、滋賀から、インパクトのある動きが生まれ、

      日本のトップランナーになってくれることを期待したいです!

       

      お越し下さった皆さま、ありがとうございました!


      大阪ええとこ

      0

        今日はSBAAプラスブラッシュアップ講座@大阪でした。

         

        大阪駅を降りて歩くのは、なんと久しぶりなことか!

        駅近辺のあっちこっちの歩道上にたくさんの駐輪場ができていて、感動してしまった。

        歩道上に作ると、確かに歩道走行を誘発するリスクはあるけれど、

        収納できるということは本当に価値があると思う。

        すごいなぁ、大阪!

         

        そして講座も無事終了。

        トピックスは、自転車活用推進計画、女性、シニア。

        ショップで多くの方に接することの多いみなさんに

        伝えたいことを満載に詰め込んだので、

        ちょっともりもりだったけれど、皆さんがすごく熱心に聞いてくださって

        準備した甲斐があったー!とうれしかったです。

        なんとなく自転車関連のことは西が元気な印象なんだけど、

        やっぱり、西の熱意は高いんだと感じた1日でした。

         

        問題意識を持って、伝えたいことを伝えていく、意見していくって、

        知識も必要だし、表に立って意見することで攻撃を受けてしまうこともあるし、

        なかなか大変なことなんだねぇと、近年感じますが、

        それを誰かがやらないと!ということも感じます。

         

        今日もいろんな方とお話しさせていただきました。

        モチベーションの高いいろんな方々と交流できることに感謝。

         

        午後の講座を担当しているシマノの小松さんが

        なんとホワイトデーを用意してくれました。

        恐れ多くて、感動。

        逆にホントにすみません...

        エビでタイを釣ってしまいました(汗)

         

        小松さんには、初めてクロスバイクで参加したホノルルセンチュリーライドで

        濃厚にお世話になったっけ。。。

        あの時は輪行の梱包を大門さんがしてくれて(なんと贅沢な!)

        現地で後輪のはめ方が合ってるか不安で、小松さんとこまで行ったんだった。

         

        とここまで回想して、気づいたのは、もうあれから14年!?

        だひゃー!

         

        後輪がはめられなかった女が、今や人前でしゃべっているというところにも

        なんだか奇跡を感じたりします(ポジティブ)

         

        帰り道。

        反対側のホームにドクターイエローが停まってた!

        人はなぜ、ドクターイエローを見ると写真を撮ってしまうのだろう。

        顔近くまで行って撮ってるのは私一人だったけど。

         

        黄色いし、見ると幸せになるような気がするからかな。

         

        さて、いろんなご縁に感謝しつつ、がんばっていきましょう!

         

        貴重な機会をご提供くださった自転車協会さま、ありがとうございました!


        安全は大切なんだよ、わかってほしいんだ。

        0

          今日はau損保さんに取材で伺っておりました。

           

          自転車保険。

          最近、条例化する自治体さんが増え、

          メディアにも取り上げられる頻度も増え、たわけですが、

          実際にどれくらいの方が入っているのかというと、

          まだまだだと思います。。。

           

          「誰かをケガさせたとき」の賠償という問題だけなら

          車両保険や火災保険のオプションで「個人賠償責任」をカバーするのが一番安いし、

          家族全員をカバーできるので、いい選択肢だと思うのですが、

          クルマを持たない方も増え、住居に火災保険をかけてない方も増えているとか!

           

          自転車って便利だけれど、金属でできてて、重さがあって、

          さらにスピードが出るものだから、

          乗っていれば、誰でも、他人をケガさせる可能性があるわけです。

          どんなに注意していても、避けられない種類の事故だってあるわけで。。

           

          でも、そんなこと、想像することもない方が、ほとんどですよね。

          どうやったら自転車の安全について

          日本のみなさんが考えるようになってくれるのかなぁと

          トライアスリートでご自身も自転車を楽しまれる森岡さんとあれこれ話をしてきました。

           

          「安全」と言っても、「自転車に乗る側がケガしないという安全」と、

          「加害者にならないようにするという安全」がありますが、

          ここ最近でも、まちではありえないひとを多く見ました。

           

          前かごにお子さんを入れて保育園にお子さんを連れて来ていた父親とか、

          二人乗りしている親御さんなどはしょうっちゅう見ますが、

          一昨日は、後ろのチャイルドシートに二人お子さんを乗せて

          (一人のお子さんの膝の上にお兄ちゃんを乗せてました)

          三人乗りで走る母親がいたし、

          昨日は、コンビニのサンドイッチのパッケージをむいて、食べながら、

          片肘をハンドルにおいて、ハンドルコントロールしている風に

          右側通行で自転車を走らせている男性がいて。

          (なにかあって停止するときには、サンドイッチを両手で投げ捨てないと

          ブレーキをかけることは不可能でした)

          まぁ、どっちの「安全」も眼中にない方が多いですよね。

           

          ちなみに、幼稚園に聞いたら、子供乗せ自転車による事故は多発していて、

          幼稚園の間では問題になっているそうです。

          でも、みんな単独で、結果としては自分のお子さんがケガしているだけだから、

          警察には届けていないようだ、と。

           

          私がお世話になってる保育園も、送り迎えのほとんどの方がノーヘルノーベルトで、

          あまりに危ない方にはお声かけしてますが、「あー」と言われて終わってしまう。。

           

          子供さんたちがしっかりしてくれたら、10年後が変わってくると思うので、

          特に子育て期の家庭には、安全を意識してほしいんです。

           

          特に朝の通勤通学時間の住宅地の自転車の往来はまさにカオスで、

          いつどんな事故が起きてもおかしくありません。

          確かに、死亡事故は起きにくいかもしれないけど。

          誰もルールなんて守らないし、手信号出しても、理解できないひとも多いし。

           

          子供を乗せてるときは、絶対に転びたくないので、

          危険な状態に追い込んで来る人に会うと泣きそうになります。

           

          こういう状態を知った上で、対策しなくちゃいけないと思うんですよね。

          もっと自転車の安全対策を真剣に考えないと利用の推進もできないと思うんです。。

           

          たかが自転車。

          されど自転車。

           

          自転車が「危険な存在」というイメージが強くならないようにしたいですねと

          森岡さんと熱く語り合ってきました。

           

          自転車保険(個人賠償責任)に入ることで、「自転車と安全」について

          初めて意識される方も多いんじゃないかと思います。

           

          ご自分は大丈夫でも、お子さんや配偶者の方、ご両親!

          大丈夫かな?と、確認してみていただいて、

          周囲の方にも、ぜひぜひ、広めていただけたらと思います。

           

          私も、「安全」について、お伝えできる機会を、

          今年からは積極的に模索する予定です。

           

          意識のあるみんなで、がんばりましょう!!


          ブラッシュアップ講座@東京

          0

            今日はSBAAプラスブラッシュアップ講習会の東京会場の日でした。

            この中で、自転車の最近のトピックスについての情報提供という形で、
            お話しさせていただいているのですが、
            私の他には栗村修さんと安藤隼人さんが救護などライドの安全管理を、
            シマノの小松洋樹さんが電動コンポのメカニックの技術を、
            また、警察からルールや安全についての話があるという
            丸々1日の講習会です。

             

            東京会場には100名を超える方が集まられて、びっくり!
            ほとんどが販売店の方ということなのですが、
            知識や意識を高めようという方が、こんなにたくさんいらっしゃるなんて
            本当にすごいことだと思います。

             

            東京会場は全国からお越しいただいているということで、
            まさか目の前でお話しさせていただくなんて恐縮すぎる方々や
            実際に私がお世話になっているショップさんなどもいらしていて、
            僭越すぎて、恐れ多かったです。

            いやはや。。

             

            持ち時間に対して、詰め込みすぎてる感はちょっとあるのですが、

            あんまり省略しても伝わらなくなっちゃうし。

            いつもお話させていただくときの課題です。

             

            いま、自転車はまたとない好機を迎えていて、
            自転車はうまく活用すれば、乗った方の心身が健康になったり、
            渋滞が減ったり、環境負荷を減らせたり、

            人々をハッピーにできる貴重なツールなのですから、
            販売店の皆さんは、訪れた方の幸せを増やす大使という思いで、
            しっかりと要望を聞いて、提案をしていただけたらなと願っています。

             

            また、安全にしっかり配慮した自転車が増えてくれることも、切に祈っています。

             

            来週は大阪会場。

            これまで2会場の反省を踏まえ、お話させていただいてこようと思います。


            平昌が終わって...

            0

              五輪が閉幕すると、やっぱりちょっと淋しいですね。

               

              終盤になっても、高木菜那選手がすばらしいレースを見せて金メダルを取ったり、

              カーリング女子が大いに健闘したり、

              振り返ってみれば、開幕前の想像を超えた盛り上がりだったように思います。

              10代の選手も活躍しましたねー!

               

              どうしても、年間300日合宿というスピードスケートの強化費は

              どこからどうやって捻出したんだろう?とか、

              そういう興味が強くなっちゃうんだけど(汗)

               

              冬の五輪の選手たちは、通常の露出も少ないことが多いし、

              どうやって生計を立てて生活して、自分を高めているのでしょう...

              こんなに国民が一喜一憂するんだから、もっとサポートしてあげてほしいなぁ。

               

              ロシアがよく話題になりますが、国営のトップアスリート養成学校があるとか。

              フィギュアでいうと、スケートも身体トレーニングもバレエもスクールで学び、

              その上で学業サポートもあって、遠征などでうまくいかないときは個人教授がついて..

               

              日本の女子選手が毎朝2時に起きて、スケートリンクに行って、そこから学校に行って、

              またリンクに戻って、帰って宿題をして、22時に寝るというのを聞いて、

              太刀打ちできるわけがないよと思ってしまいました。

              遠征費用やコーチ費用も自腹とのことだし、できる環境に限りがありすぎる!

               

              東京五輪まであと2年。

              日本はどうなんだろう???

               

              うちのむすめっこはスポーツ観戦にはほとんど興味がないのだけれど、

              側転ができるようになりたいとか、スケートを習いたいとか、

              いろんなことを言い出していて...

               

              親として、何を経験させて行くべきなのか悩んだりもしています。

              最近は手紙を書いてくれることも増えて。

               

              折り紙を折ってプレゼントしてくれたり、

              なんだか女の子っぽくなってきました。

               

              子供にとってベストの道ってのは、模索しながら見つけるものなんでしょうね。

              東京五輪の年には、娘は小学生!

              貴重な幼児期。

              いろいろトライしてあげなくちゃなぁ。


              生きかた

              0

                東京サンエスの前社長が逝去されて、

                昨日お通夜を伺ってきました。

                 

                利益よりも質のよいもの、求められているもの、

                誰かを助けるものを作り続けている会社で、
                こういうお仕事ができるのは、経営されている方に確固たる信念があるからですよね。

                 

                つい最近、自転車ではないお仕事の場で、サンエスファンの方がいらして
                商品を絶賛されていて、思わず大いに盛り上がったのですが、
                見分けられる眼のあるファンの方が付くのも、すごくわかる気がします。

                 

                前代の社長さんと直接お会いする機会は少なくて、

                でも、お目にかかると、とても温かい笑顔を向けてくださったり、お声かけくださって。


                私自身、私のことを知っていただいているとは思っていなかったので、
                簡単なご挨拶だけで遠慮していたのですが、
                私のことをしっかり評価して、信頼して、協力しようとしてくださっていたとのことを
                今回初めて知りました。
                もっと、直接感謝をお伝えすればよかった…

                やっぱり、また後悔してしまいました。

                 

                サンエスには、まっすぐな眼でお話しされる方が多いのですが、
                昨日も、お力落としのことでしょうに、皆さん、

                少し潤んだいつもと変わらない眼で、いろいろと話を聞かせてくださいました。

                 

                信念を持って、生き抜かれた方には重みがあります。

                 

                自分も与えられた寿命の中で、できるかぎりのことをしていかなくては。

                 

                いただいたお茶。

                ゆっくり、ほっこり、いただこうと思います。


                ケイリンと自転車競技の未来への期待

                0

                  昨日は経産省の車両競技小委員会の会議でした。

                  委員の皆さんは、各界の、本当にすごい顔ぶれです。

                   

                  今年から、元バレーボールの選手であり、今はJBAの会長である

                  三屋裕子さんが委員に加わられて、

                  前回はバスケット界の取り組みなどについてお話しいただく機会もありました。

                   

                  こういう会議に自分がお声かけいただいている意味を考えて

                  自分の立場からのお役に立てる発言を、と、試みているのですが、

                  いつも十分なお役目を果たせているのかなと自問自答です。

                   

                  アジア選手権では、ロードもトラックも健闘し、

                  金メダルを多く獲得しましたし、かなりの確率で表彰台に上がっています。

                   

                  トラックのチームパーシュートなどはアジア新記録を打ち立てて優勝し、

                  トラック競技では特に金メダルも多く獲得していました。

                   

                  12月には脇本選手がワールドカップで優勝されていますし、

                  深谷選手はアジア選手権の1kmT.Tで優勝し、世界選手権に臨む、と。

                   

                  五輪を前に、「スポーツ」という面で、

                  もう少し自転車競技が注目されてもいいのではないかなと...

                   

                  この会議は、国や地方自治体に財政的貢献をする「公営競技」である

                  競輪やオートレースなどがメインテーマです。

                   

                  意外と、この「公営競技は国や地方自治体に財政的貢献をする」

                  というところは、知られていない、のかな、と感じます。

                   

                  競輪には、ただのスポーツではなく、公営競技という性質があり、

                  これまでの歴史があるからこそ、変えがたいものがあるのだと思いますが、

                  よりよいものにしていくために、大きな改革が実際に進んでおり、

                  これから、どんどん魅力度を上げていくのではないかと思います。

                   

                  Dream Seakerのような動きも、本当にすばらしいと思いますし!

                   

                  ロードやシクロクロスで親しみのあった豊岡英子選手も、

                  もう少しで競輪学校の卒業ですよね。

                  はげしく緊張しそうですが、観に行かなくちゃと思っています。

                   

                  多くの方々が「実際の会場に観に行きたい、遊びに行こう」と

                  感じてくれるように、環境とか、魅力度とか、変わっていったらいいな、と。

                   

                  東京オリンピック、パラリンピックも近くなってきました。

                  自転車界全体で、魅力度を上げる取り組みを重ねて行きたいですね。


                  完全に...

                  0

                    今日は水曜日くらいの気分で生きていました。

                    まさかのもう木曜日だった!

                    1日1日が短すぎるー!

                     

                    娘のこととか、家の中のもろもろがあったり、

                    いろんなデッドラインにあわあわして対応してたり、

                    パパがまた旅立ったりと、気づけば日が過ぎてしまっています。。

                     

                    ついついオリンピックも見ちゃうし〜

                     

                    2月ももうすぐに終わっちゃうし、

                    このままだと今年もあっけなく終わっちゃうかも(焦)

                     

                    かわいいワンちゃんのサブレとチョコのセットをいただきました。

                    こういうのって来年は全部イノシシ柄になるのかな???

                     

                    干支によって、ずいぶん雰囲気が違うものですよねー。


                    広がり

                    0

                      昨日は、打ち合わせで都内をあっちゃこっちゃ動いておりました。

                       

                      自分に役割を任せていただけることの幸せと重み。

                      自分の能力や知識がそれに足りているのかという不安。

                       

                      どんなジャンルでもあるんだろうけれど、

                      そこを乗り越えていかないと、ダメだよね。

                      軽く凹み気味になりながら、古くからお世話になっている方にお会いしました。

                      相変わらず、精力的にいろんな事業に取り組まれていて。

                       

                      前を見て、あるものを活かし、つなぎあわせるべきものをつないで、

                      みんなのためになる新しいものを生み出して、広げて、もっといいものにして。

                       

                      これまた、どんなジャンルでもそうだと思うけど、

                      そういうことができる人の周りには、人が集まってくるし、

                      そういう刺激で成長していくんだと思う。

                       

                      平昌に出ている誰だったか、海外のライバル選手がすごい成績を出して

                      絶望して「あんなこと絶対できっこない」って言ったら、コーチが

                      「同じ『人間』にできているのに、どうしてお前はできないと言うんだ?」

                      と言ったとか。

                      これを聞いて一念発起して、努力を重ねて、今回メダルを獲得した、と。

                       

                      言われてみれば、みんな同じ「人間」。

                      「自分にゃ無理だ」と思わないで、トライしていきたいですね。

                      (いや、実際のところ、冬季五輪なんて、もう、絶対無理な神業パレードだから

                      「自分にゃ無理」なんだけど。そこは「ジャンル違い」で(笑))

                       

                      できる限り、前を、先を見て、がんばろう!

                       

                      がんばりましょう!

                       

                      お忙しいのに、お土産を買ってきてくれたんです。

                      娘の名前にかけて、超特大の「紅ほっぺ」!

                      ありがとうございました。

                       

                      娘の手に置いたら、乗り切らないくらい大きい!

                      大きくて、キレイで、みんなで大歓声をあげました。

                       

                      せっかくなので、なにもつけずにいただいたら、

                      ものすごくジューシーで、

                      へたの方はほどよい酸味、先端に行くと強い甘味。

                      よくこんないちごを育てられるなぁ。

                      この生産に至るまで、どれだけの苦労と工夫があっただろう?

                       

                      すごいひとは世の中にたくさんいるもので、

                      自分も、「がんばれる」と信じられる自分でいたいですね。



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM