屋久島にお安く自転車を送れることになりました♪

0

    来年2月16日に開催される「サイクリング屋久島」

    行きたい!という方のネックになっていたのが、

    屋久島への自転車輸送じゃないかと思います。

    飛行機利用の場合、輪行で屋久島までは行かれないらしく、

    船の場合は、搭載台数に制限があり、必ず乗せられるとは限りません..

     

    こうなると、宅配になるのですが、島に荷物を送る時って、中継料金ってのがあって、

    これがかなりのお値段なので、一気に高くなっちゃうんです。

     

    これまでは、東京23区内⇔屋久島往復を佐川急便(3辺260cm以内、20kg以下を想定)

    で申し込むと、

    東京⇔鹿児島県内往復¥21,276に離島追加料金(いわゆる中継料金)がプラスされ、

    ざっくり、26000円以上かかっておりました。

     

    この中継料金をどうにかできないですかと主催のサンケイさんの担当者さんにお願いし、

    担当者さんが、島の皆さんとアイデアを出し合って、あれこれ方法を探してくださって、

    なんと、この中継料金が2200円まで下がったんです!しかも往復で、です!

    島の皆さん、ありがとうございます!

     

    シクロエクスプレスで東京←→鹿児島の往復が¥12,760、まずここが安いのですが、

    ここにプラス2200円で送れるようになりました。

    ぐぐっと、エントリーのハードルが下がりましたねー!

    (価格は消費税10%を含むものです)

     

    大会のエントリーは8月31日まで、早割料金でお受けしています。

     

    世界遺産の中を走るサイクリング屋久島。

    やっぱり、忘れられない経験になりますよー!

     

    前後の日程に余裕を持っていただき、島のハイキングなんかも楽しまれることを

    強くオススメいたします☆

    皆さまのご参加をお待ちしております!

     

    サイクリング屋久島公式サイト

    宅配の詳細はこちら


    奥久慈里山ヒルクライムルート(仮)

    0

      これから整備される茨城県北部の奥久慈里山ヒルクライムルート(仮)

      振興のための勉強会で現地を伺ってきました。

      水戸からスタートし、北上して、茨城県最高峰の八溝山に向かい、

      帰って来る周回ルートで、八溝山に向かう上りはそこそこのものらしく、

      ヒルクライムルートなる仮名が付いているようです。

       

      実走もしようということで、一番早く着ける電車に乗って行ったのだけど、

      ちょい先で人身事故があり、95分遅れてしまって、

      ほぼ車による視察になっちゃいました。とほほ。

       

      那珂川沿いに上流に向かうように進んでいきます。

      この那珂川沿いは堤防の上を走れるようです。

      水戸から大して離れてないのに、もう空が広くって、広がりのある風景があって、

      気持ち良さそうだった!

       

      道の駅かつらでストップ。

      手作りまんじゅうを作る場所があるようで、おまんじゅうや、

      どらやき、すあまなどがどーんと並んでおりました。

      よもぎまんじゅう、つぶあんがしっかりしてて、絶品でした。

       

      どらやきは、トマトや梅もあって、興味津々。

      こちらトマト!

      なかなかオツな味。

      甘すぎず、食べやすい。

      ブルーベリーも安かったけど、お野菜は衝撃のお値段でした。。

       

      ご当地せんべいもめずらしくって、思わず購入。

      あまじょっぱくて美味しかった!

      お茶の産地なんだって。

      外の売店も鮎の塩焼き、揚げまんじゅう、ジェラート..とメニュー豊富でした。

       

      次は常陸大宮の「ふるさわ」さんにストップ。

      和洋菓子が並んでいて、生クリーム大福が人気なんだって。

      クリームを詰めたクロワッサンやパイシューも美味しそうで〜。

      パイシューと、葛バーを買いました。

      どうやら葛でフルーツを固めて、それを冷凍したみたい。

      フルーツの食べごたえもあり、どろどろ溶けないし、

      少しねっちょりしたテクスチャーもよくって

      個人的には大ヒット。補給食にもいいよね。

       

      パイシューはランチになりました。

      パイ生地がバターっぽすぎず、食べごたえがあって、

      クリームもしっかり入ってておいしかったー!

       

      本当は大子に行って走る予定だったのですが、ここから東に行って、南下。

      この東に行くルートもちょっとアップダウンはあれど、

      アップダウンがあるからこそ、すごく走って楽しそうだった!

       

      そして、常陸太田を少しだけ自転車で散策させてもらいました。

      コンパクトだけど、風情のある街並みがよかったー。

       

      甘酒売ってるお味噌屋さんや、

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      バケツプリンを売ってる洋菓子店があって、気になった。。

       

      この塙坂はロケでもかなり使われてるんだって。

       

      ここからは常陸大宮の今日の会場へ。

      サイクルツーリズムについてお話をさせていただきました。

      本当はこの日視察したものを元に、例を作ってってのを考えていたんだけど、

      到着遅れで時間がなくなってしまって、予備としてたものを膨らませたので、

      すぐに着手できる楽しいイメージのお話、にならなかったかも?と、少々不安です。

       

      とても魅力的なルートだったので、

      人気のルートになってほしいなと思います。

       

      この推進計画にも載っている奥久慈里山ヒルクライムルートは、

      今後走行環境が整備されて(すごくない?)幹のルートとなります。

      このルートから各地に入って、それぞれの土地を回遊するような設定です。

       

      今日お越しになっていた皆さんがやる気になってくれて、

      各地から、このエリアを多くの方々が楽しめるような提案が出てきますように。

       

      今回は車メインでしたが、いつか自転車でめぐりたいなー。

      今はあまりに賓脚だけど。

       

      お集まりくださった皆さま、ありがとうございました!


      9月連休は北海道オホーツクで、もぐもぐしませんか?

      0

        北海道のオホーツク地域のおいしいものを食べ尽くすグルメライド

        「もぐもぐライド」の参加者を募集しています!

        北海道ですから、空気もさわやかで気持ちいい!

         

        昨年の写真をあげると...

        いろいろ食べます。

        この牛乳も絶品!

        リスの森のジェラート

        この流氷ソフトも絶品だったー!

        海鮮丼

        コスモス畑

        揚げたての揚げかまぼこ!

        道も、爽快!

         

        9月20日が前夜祭、

        21、22日にライド、

        23日は希望者のフリーライドです。

         

        シクロワイアードにも告知記事が掲載されています。

        ツアー詳細はこちらから

         

        皆さまのご参加をお待ちしております!


        おおいたサイクルフェス!!!2019 Day2

        0

          そして今日はロードレースのおおいたアーバンクラシックが開催されました。

           

          私はブラッキーさんと、いこいの道広場でパブリックビューイング担当でした。

          最初、レースのペースが速くって、このままだと3時間でレースが終わってしまうかもと

          焦り、開始時間を早めたのですが、結果的には、レースが動く重要なタイミングで

          パブリックビューイングを進めることができました。

           

          日本人を表彰台に、という思いもありましたが、今日はトレンガヌの1-2フィニッシュ。

          それでも、最後まで可能性を見せてくれた椿選手、今村選手の存在は光っていました。

           

          終盤、追走に出た黒枝咲哉選手。(写真はクリテ終了後のものです)

          地元大分で開催されるレースで、少しの可能性でも賭けようという気概が見えて

          この動きに、会場が沸きました。

           

          士揮選手とお二人は、注目度がとんでもなく高くて、プレッシャーだったと思うのですが、

          しっかりと振る舞っている姿は、とても立派で、頼もしく見えました。

           

          会場内にはグルメブースが並んでいて、

          ウィーラースクールに入る前に、インスタ栄えしそうなマーブルドリンクをば。

          かなりしゃっきりしましたー!

           

          スクールには、パラサイクリストの石井雅史選手、大城竜之選手が来てくれて

          最後にタンデムのデモも見せてくれました。

          子供達も興味津々!

          お二人はそれぞれ、3回のパラリンピックを経験しているのですが、

          来年の東京パラリンピックを目指しているのだそうです。

          本番は応援に行かなくちゃ!

           

          暑さに負けず、元気だった子供たち。

           

          いろんなブースがあったんだけど、ANAのブースのこのウミガメちゃんたちが

          あまりにもかわいかったなー。

          ホノルル線の機内限定販売なんだそうです。

           

          ここから着替えて、移動して、アフターパーティーです。

          16チームが参加してくれました!

          華やかですね。

           

          佐藤市長は、パーティーの最後まで残ってくださって、交流をされていました。

          いつもニコニコで、気さくで、細やかな気遣いをしてくださる方なのですが、

          市長がこういうパーティーの最後までいらっしゃるって、なかなかない気がします。

           

          私がもはや着崩れていますが

          ステージMCだった財前さんと絶妙な通訳をしてくれた斉藤さんと。

          ダブルまゆみさんです。

          今年もお世話になりました!!!

          二人とも、仕事っぷりが着実にプロで、ああ、私ももっとちゃんとしなくてはと

          しみじみ思いました。。来年までには、がんばります。

           

          パーティーは昨年より時間が短縮され、時間内にまとめなくてはいけなくて

          私は時間を刻む方の進行に徹して、栗村さんと今中さんが内容を濃厚に膨らませてくれました。

          パーティー進行スタッフの皆さんと、

          トータルでこの大会を運営されていた百雲さんと。

          直前までバタバタしましたが、皆さんの機転も冴えていて、無事に終了しました。

          本当にお疲れさまでした!

           

          最後に。

          こんな看板がいこいの道広場の横にあって。。

          焼きたての「ざびえる」って!

          気になりすぎます。。。

           

          次回はどうにかして食べてみよう、と、誓ったのでした(笑)

           

          おかげさまで、娘も大分の託児所で、本当によくしていただいて、

          超ゴキゲンで過ごしました。ホテルも大好きだったみたいで、

          帰るのをいやがりそうだわ。。

          特に冷蔵庫が好きで、困りました。。

           

          さて、3日間、あっという間でした。

          スタッフの皆さん、キャストの皆さん、本当にお世話になりました。

          会場にお越しくださった皆さま、ありがとうございました!

          また来年、10月に、大分集合で!


          おおいたサイクルフェス!!! 2019 Day1

          0

            おおいたサイクルフェス!!!を終えました。

             

            自分にともかく余裕がなくって、SNS系は昨日まで何も手を付けられなかった。。

            上の子の時もそうだったんだけど、1歳児が一番大変ですね。

             

            さて、初日金曜日にはパーティーが開催されて、

            昨日は大分駅南口のいこいの道特設コースでのいこいの道クリテリウム、

            今日はスポーツ公園付近の特設コースでアーバンクラシックというロードレース

            が開催されました。

             

            2日間を通じ、いこいの道広場ではおおいたサイクルフェス!!!が開催されていて、

            私は2日とも、この広場のイベントを担当しました。

            駅の南口に、どーん!

            このゲートです。

            すごいことだ!

             

            昨日はものすごく気温が高くって。

            お子さん向けに

            こんな水遊びできるエリアもあって、それはそれは楽しそうでした。

             

            クリテリウムは1周1kmのコースを30周する設定です。

            スタートの時、電波時計を見たら、まさかの41.5℃!

            もちろん、日光が当たった状態で、ですが、

            体感はそんな感じだってことです。。。

             

            ちなみに、このあとステージから大分放送さんの生放送があったのですが、

            ステージの下にある温度計も42℃を超えていました。

            こんな中、高速レースをするってすごい。。

             

            優勝はブリヂストンの今村駿介選手。

            スプリントポイントも全て獲得し、トップでゴールするという完全優勝ですが、

            いとも軽々とやってのけているように見えました。

            この大分では、未来が楽しみな若手が活躍してくれて、頼もしく、嬉しいですね。

             

            大分放送の番組は、谷まりあさんがスペシャルゲストだったのですが、

            それはそれはチャーミングで、受け答えもしっかりしていて、

            酷暑の中、汗ひとつかかなくって、すごいと感動してしまいました。

             

            スポーツ万能なまりあさん。

            レースを見て、自転車にも乗ってみたいと目を輝かせていましたよー。

             

            大分シェアサイクルのトークショーもありました。

            この濃いメンバーで30分のトーク!

            右京さんがまたがっているのが、噂のシェアサイクルです。

            ポートはアプリで探せるし、大分駅周辺はポートも多くて、ともかく便利なんだけど、

            レンタサイクルは通常無保険で、たとえば何かや、誰かを傷つけた場合、

            乗り手が加入している自転車保険(個人賠償責任保険)でカバーするのだけれど、

            ここでは自転車に保険が付いていて、確実にカバーしてもらえるんだって。

            海外からの旅行者なんかが乗った場合、日本の自転車保険に入ってるわけないしね^^;

             

            しかも車体の

            万が一の事故時、このQRコードからアクセスすれば、

            どのバイクがどこでトラブルにあったかという情報を確実にセンターに送り、

            必要な通報などもすべてしてもらえるそうです。15カ国語対応!

             

            1月1回30分以内の使用なら、1200円なの。

            私も月額会員に登録して、3日間ホテル間や娘の託児所の移動に使わせてもらいました。

            朝夕に大分川を渡って行き来するんだけど、気持ちも晴れ晴れして、

            今までの大分来訪では見なかったいろんな街のかおが見られて、

            すごく楽しかった!

            タクシー移動してたら大変な金額だけど、たったの1200円だもん♪

             

            こんな、原付や二輪が前方で信号待ちするスペースもあって、

            へえええと感心してしまった。

            ここに自転車も入れてほしい(笑)

             

            この日最後のトークは、汐留から「ズームアウト」してきたSaschaさんを迎えて

            栗村さんをMCとした「明日の見どころ」トーク

            独創的な進行で「最高に笑えた」と大評判でした。

            何を話したのか、あんまり覚えていないんだけど、たぶん天才だなぁ(笑)

             

            娘を託児所からピックアップしてきて、1日目、終了。

            どんだけスポーツドリンクを飲んだことか!

             

            でも、暑かったけど、楽しかった!


            山梨県で安全適正利用対策検討会議

            0

              山梨の自転車安全適正利用対策検討会議というのが開催されることになり、
              山梨県の甲府を伺ってきました。

               

              暑い暑いと聞くけど、実際どうなんだろうと思って降り立つと、
              八王子よりやや暑でした。
              いや、これは暑い。

              でも、夏景色って感じで、キレイでしたよー

               

              今回の会議は自転車活用推進計画だけじゃなく、
              条例の検討などをするため、自転車保険などの安全に関することがらを話し合う、
              というような主旨のもので、委員の幅も広く、
              大学の先生、自転車を売る立場、レンタサイクル、交通安全協会、老人会、保険関連、
              保育園の親御さんの組織、PTA、県内の自治体さん、と多様でした。


              いつもの自転車会議より、もっとずっと、山梨県内で生活している方が多い印象です。

               

              山梨県には自転車保険について個人賠償責任保険まで選択肢を書いていただいていたのですが、
              「自転車保険」の種類が多くてわかりにくい!というご意見があり、
              広報をシンプル化することの必要性を悟らせてもらったり、
              自転車のルールが最近変わったせいでわからないとか、いろんな意見が出て、
              「そうかそうか、こういう受け止め方になるのか」
              「こんな情報が出回っているのか」とすごく勉強になりました。

               

              未就学児の公道走行を禁止してほしいという意見もあり、
              お子さんを大切に思うと、こうなるのか、としみじみ考えたり、
              本来ルールや乗り方は親が伝えなくてはいけないことなのに、
              そんなこと思いつかない親御さんも多いとの指摘に
              やっぱり親御さんに向けての広報をしないといけないなぁと悟ったり。

               

              全員がそれぞれフリーに意見を述べて、今日は終わってしまったのですが、

              考えることの多い委員会となりました。

               

              山梨県では今月末に自転車推進活用計画の最終案が出て、

              それが活用推進計画となります。

              今日のお話を聴いて、安全面の施策に力を入れなくてはと思いました。。

               

              それと、自転車保険とヘルメットを条例にどう入れるか、

              ということは大きな争点のひとつなのですが、

              自転車のチャイルドシートのベルトも努力義務くらいにできないものか、と。

               

              よく考えたら、自転車が万が一の、衝突時などに、お子さんが飛んで頭から落ちる想定で

              ヘルメットを!と言われているようなところもあるような気がするんですが、

              ベルトをしていたら、そこはもうクリアなので、ベルトも義務化した方がいいんじゃないかと...

              どうしてベルトを義務化しないんだろう???

               

              そうなれば、前かごにお子さんを入れて走っている親御さんも、はっとしてくれるでしょうか。

              おそらく、山梨県にはいらっしゃらないと思いますが...

               

              まだまだ自転車の交通分担率は低い山梨ですが、

              今後、乗る方が増えるように、と、

              同時に、安全面もしっかりと配慮してもらえるよう工夫しながら、

              進められたらと思っています。


              けったシンポジウムへ

              0

                土曜日は名古屋市のけったシンポジウムを伺っておりました。

                 

                名古屋市ではこれまでに、自転車関連で一般の方をお招きし、

                こういうイベントをやられたことがないそうで、

                記念すべきキックオフイベントになりました。

                 

                せっかく行くので、集合時間前に、自転車の走行環境の整備具合を

                拝見させていただくべく、市内をかるく走らせていただきました。

                 

                まずは、びっくりするくらい暑かった!(笑)

                気温を測定する百葉箱が、高台にあるらしく、

                公式の「名古屋市の気温」は、実際の街の気温よりやや低いらしいです。

                 

                合流部にも矢羽があって、ピクトグラムはカゴ付きで、

                そうか、名古屋はこんな感じだったかーと面白かったです。

                専用通行帯

                 

                名古屋市はかなり前から走行環境整備に取り組まれているということで、

                もうこのペイントが剥げたり、水道管工事の際に切られていて

                新たに埋めた部分を塗って付け足していたり、溝があったりと、

                改めて、塗ったとしても、使っているうちにいろんなことが起きて、

                路肩の走行環境の維持という問題が起きてくるのねと、

                現実を見せられた感じでした。

                 

                設置時に大いに話題になった自転車専用道は、

                もうちょっと交差点を越えやすい工夫がされていましたよー。

                 

                ただ、あちこち見に行ったけど、ほぼだれも自転車用の空間を走ろうとしない現実。。

                歩道が広くて、楽々走れちゃうんですよね。

                歩道上を歩行者と自転車とで分離してきた歴史もあるようで、慣れていると思いますし。

                 

                とはいえ、自転車道がないところでも、

                車道でクルマに嫌がらせされるようなことは1度もなく、

                むしろ「お先にどうぞ」してくれたりして。

                なんのトラブルもなく、快適に移動できました。

                 

                自転車の分担率はそこそこ高いので、こんな暑い日でも

                あっちこっちに自転車が停まっています。

                自転車道からアクセスできるようになっている駐輪スペースもあるけど、

                追いつかないのか、手近なところに停めていっちゃってる方もいるようでした。

                 

                走りつつ、止まって道を確認したり、写真を撮ったりしながら動いてたのですが、

                暑すぎて、スマホがすぐに「高温すぎるのであと◯秒で停止します」と

                エラーメッセージが出るし、ナビもなんだかぐるぐる位置が変わるし、

                道に迷いまくり。

                 

                カメラも、書き込みエラーが出て修復すると言って止まったり、

                高温の難しさを知ったのでした。。

                 

                小学中学校で同級生だった友人が名古屋に住んでいて、

                軽く連絡したら、ホールの隣の駅にいるというので、寄ってもらったものの、

                予定より押すし、大人あるまじき滝のような汗で、大爆笑されてしまった(笑)

                本当に、いつまで経っても変わらないもんだねぇ、人間て。

                バタバタすぎて、写真も撮らなかったけど、来てくれてありがとう!

                 

                さて、シンポジウム。

                (ちゃんと着替えて、お化粧して、何事もなかったかのように壇上に立ちました)

                メンバーは名古屋市の自転車活用推進計画の検討をされている大同大学の嶋田先生、

                金沢であの路面表示を実現させ、向上会議を開催している三国さん、

                地元NPOでイベントの開催などに尽力されている木村さんと、

                ナショナルサイクルルートなどの会議でもご一緒させていただいている徳島大学の山中先生でした。

                 

                山中先生の基調講演は、内容ももちろん興味深かったのですが、

                スライドの前段が面白すぎて、心をつかまれすぎてしまいました。。

                心をつかんでからお話しするって、大切なことですねー!

                 

                名古屋は比較的平坦で、道も広くて、自転車を活用しやすい素地は揃っていて、

                でも、この道が広いってところが、逆に事態の発展を難しくしてる面もあるかも。

                 

                自転車が通る場所をだれでもわかるようにわかりやすく表示、誘導し、

                それをドライバーさんにも伝わるように工夫すること

                ルールをしっかりと伝えていくこと、など、

                制限時間いっぱい、いろんな意見が交わされました。

                 

                市のスタッフの皆さんが、みなさんパワフルで、モチベーションもあるようだし、

                これからの発展には、大いに期待できるのではないかと思います。

                 

                今回はちらっと道を見ただけで終わっちゃったけど、

                また、ツーリズム的にも走ってみたいな。

                 

                お招きいただき、ありがとうございました!

                お越しくださった皆さま、ありがとうございました!


                ますます進化、シマノバイカーズ!

                0

                  土日は、富士見パノラマでシマノバイカーズ。

                  昨年は出産でお休みしたので、2年ぶりだったのですが

                  びっくりするくらい、進化していました。

                   

                  土曜日はあいにくの天気に。。

                  それでも、みなさん元気に走ってくれました!

                  バイカーズには、レース部門と、ツーリング部門があるのですが、

                  雨でもどちらも予定通り進行!

                   

                  ツーリングは林道をつないだりしてるので、降られなかった組もあるみたいです。

                   

                  レースの方は、かなりなどろどろコースに。

                  なかなかな試練ではあったと思いますが、

                  こんなどろっどろになることなんて、日常でないもんね。

                  これはこれで、すごい達成感があり、貴重だったんじゃないかと。。

                  日常のストレスなんか、どっかに飛んでっちゃいそうだもん。

                   

                  さてさて、バイカーズには、アルパカちゃんも来ているし、

                  マルシェがオープンしていて、近隣のグルメが販売されるようになっていました。

                  新鮮なお野菜やパン。

                  これはセロリパン。

                  セロリがたっぷり入っていて、おいしかったー!

                  これでもかってくらい、絶品ハムが入ってますー。

                  チーズもめちゃ美味しそう。

                   

                  注目のババロアパン!

                  硬めのババロアがサンドされているのです!!

                  いちごサンド♡

                  断萌えサンドだね。

                   

                  さらにビストロでは、

                  肉厚のベーコンをじゅーっとあぶってくれて

                  しゃきしゃきの朝採れレタスとサンドにしてくれるのです!

                  このピーターズのベーコンがじゅわーっとうまみに溢れてて、甘くて、

                  塩パンがまたカリッとして、バターが効いてて、塩の分量も絶妙で。。

                  上のホットプレート写真は食パンバージョンです。

                   

                  あっという間に、二日分が売り切れました。

                  こんなにおいしいサンドを人生で食べたことないもん。

                  近隣のおいしいものを会場にいながら食べられたり、お土産で買えるのはうれしー!

                   

                  お野菜やたまご、パンを結構な量買って帰りました(笑)

                  (でもババロアパンは、その場で食べないと溶けちゃってダメだった。。。)

                   

                  もちろん展示試乗会もあって、

                  e-bikeが50台以上来ていました!

                   

                  二日目は、晴れた!

                  すごくきれいだった!

                  でも、気温34度くらいまで上がって、こちらはかなりの夏日でした。

                  キンキンに冷えたババロアパンがおいしかったはず!

                   

                  ツーリング班は、絶景も楽しめて、サイコーだったって。

                  E-MTBのサイクリングなんかもあって!

                  もちろんE-MTBを貸し出してくれて、この美しい地域を走れるのです。
                  どうしたってアップダウンがあるから、アシストが活躍しまくり、
                  ただ、ひたすら気持ちいいライドだったとか。

                  いろんなコースが設定されているのだけれど、エイドもすごくおいしかったとか、

                  どれも大好評でした。

                   

                  クロスカントリーを担当されたMCアリーさんと、

                  ダウンヒルを担当されたMCコウゼンさんと。

                  お世話になりました。

                  私はアシスタント的に、レポートに行ったり、あれこれ動いておりました。

                   

                  バイカーズフェスティバルは、ますます誰でも楽しめるイベントになっていました。

                  レストラン内にキッズスペースがあるから、小さなお子さん連れで来ても安心だし、

                  (もちろんお子さんのレースも充実してます!)

                  MTBのレースだけじゃなくて、各種ツーリングもあり、

                  さらにはお買い物も、試乗もできて!

                   

                  これまで参加されていなかった方も、参加を検討してみてくださいねー。

                  家族で来ても、お一人で参加しても、仲間で参加しても、

                  いろんな楽しみ方のできるイベントだから、絶対に楽しいよ!

                   

                   


                  こどもたちにエコについて一生懸命にお話した話。

                  0

                    昨日、飯田市でエコ講座でお話をさせていただいてきました。

                     

                    最初は、自転車での関わりだったけれど、

                    エコライフコーディネーターという役割をいただいた飯田市では、

                    環境関係の活動もさせていただいています。

                    妊娠・出産があって、久しぶりの飯田市訪問でした。

                     

                    さて、今回のミッションは、年長さんから小学6年まで(幅広い!)

                    のお子さんたちに、エコのお話をさせていただくこと。

                     

                    エコって、みんな「なんとなく知ってる」けど、

                    大人でも「エコ」は節約のことだと思ってたり(しません?)、

                    レジ袋を断ることだったり...

                    意外と知らないものなんです。。

                     

                    せっかく、夏休みに来てくださるんだから、みんなが飽きずに楽しめて、

                    なにか、記憶にとどめてくれる話がしたい。

                     

                    とはいえ、6歳児は50分間も集中できるのか???とか

                    構成に悩んで、悩んで、悩んで、

                    前日に大幅に方向性を変えて、パワポが完成したのは、午前2時でした(笑)

                     

                    暮らしのなかのエコ実践の話ではなく、もっとずっと根源の方の話にしたんです。

                    「ちきゅう」には3000万種のいきものが暮らしていて、

                    みながかいてきに生きるけんりを持っていること。

                    にんげんは、ちきゅうじょうのいきものたちの中で、

                    47億年のちきゅうのれきしのなか、ずいぶんあとからたんじょうした存在で

                    べつにとくべつにえらくなんてないってこと。

                     

                    そのちきゅうが、にんげんのせいで、まずいことになっていて、

                    このままでは、生きられない生物がでてきたり、消えるくにもあるってこと。

                     

                    どの年代も飽きないように、分かりやすいように、イメージを持ってくれるように、

                    パワーポイントの画像を増やしただけじゃなく、

                    地球儀や絵本、動画も使って、みんなの意見も聴きながら進めました。

                     

                    ここが伝われば、これからの生活の中のチョイスが変わってきます。

                    この年齢でそれが根付いたら、これから先への影響はものすごく大きい!

                     

                    年長さんの子も、しっかり聴いてくれて、話す中で、みんなの表情が変わるので、

                    ちゃんと話を聴いて、考えてくれていることが伝わってきました。

                    じゃぁ、暮らしの中で、どうやっていこうか?と聞いたら、

                    「でんきのせつやく」とか、いろんなアイデアが自発的に出てきました。

                    飯田のこどもたち、すごいです。

                     

                    ここまで、準備に思い詰めていたので(笑)、肩の荷が一気に降りました。

                    みんなが、真剣に聴いてくれて、ものすごく嬉しかった。

                     

                    会場となったエコハウスは、太陽光や太陽熱、地下熱を利用し、

                    どの季節も快適に暮らせるようになっているんです。

                    作りも、とてもステキ。

                    昨日はお話終了後、エコのあそびがありました。

                    この地球儀風船も1メートルくらい舞い上がったとか。

                     

                    外の路面温度などを測っています。

                    50度あったって!

                     

                    終了後は、TESSHINでランチ。

                    ここはサラダバーがすごくいいんですよー

                    トマトが特においしかった。

                    おやさいしゃぶしゃぶや、野菜スープも飲み放題!

                     

                    ランチはお魚のランチ。

                    カリッと揚げられたフライと、お野菜たっぷりのソースが絶品でした。

                    家だと、ついついヘルシーに衣を薄くしてしまい、こうカリッといかないんだよね。。

                    本当においしかった。

                    毎週食べたいよー!

                     

                    私たちが入る直前まで、牧野市長がいらしてたとか。

                    惜しかったなぁ。

                     

                    巣ごもりを買って、帰路に着いたのでした。

                    クルマで来ちゃうところはエコじゃないんだけど、

                    時間的にしかたない。。

                    リニアが通れば、あっという間に着くようになるね。

                     

                    悩みに悩んで、講座の準備はそれなりに大変だったけど、

                    改めていろいろと考える、すごくよい機会になりました。

                    こういう機会をいただけて、本当にありがたかったなと思います。

                     

                    集まってくれて、話を聴いてくれたこどもたち、ありがとう。

                    一緒にお越しくださったご両親にも感謝です。

                     

                    ありがとうございました!


                    ReadySteadyTOKYO@山中湖

                    0

                      五輪のテストレース。

                      悩みに悩んで、山中湖に観に行ってきました。

                      2回観られるし、景観もいいし、よいかなって。

                       

                      2回見られる旭日丘の交差点に一番近い駐車場は50台、

                      その奥のが100台とあって、おそらく無理と言われていたのだけど、

                      ダメ元で行ってみたら、ガラガラだった(笑)

                       

                      実際は、封鎖されているはずの湖畔の駐車場とか、

                      交差点近くの駐車場に停めることができていて、停めている方も多かったみたい。

                      行ってみないとわからないねぇ。

                       

                      文学の森公園で時間を潰す予定だったので、その近くで1周目を観戦。

                      まずはNIPPOのザッカンティが来て、その後に集団。

                      ここで一緒に観ていた子供たちが、相模原からいらしたご家族は初山選手を、

                      もう一家族は、息子さんがしょういちろうくんだったので、入部選手を応援したいとなって、

                      それぞれに、翔さんと正太朗さんをお伝えしようと思ったら、

                      二人が並んで来てしまい、思わず「しょう、ちゃん...」と言ったら、

                      正太朗さんが手を挙げてくれた(笑)

                      みなさん「レース中にすごい!」と感動されていました。

                       

                      そのまま別れてしまったけれど、どうだろう、2周目はみなさんそれぞれ応援できたのかな。

                       

                      さて、2周目は、旭日丘交差点へ。

                      さわやかホワイトシャツがいる!と思ったら今中さんだった!

                       

                      ホノルルツアーで毎年ご一緒させていただいてる山田さんと運野さんも。

                      ここですっかり和んで、リラックス観戦になりました。

                       

                      ウリッシ、フォルモロ、ピーターズがそれぞれ単独でやってきた。

                      若干の上りだけれど、飛ぶように走り去っていく。。

                      走りの軽いことったら。

                      ウリッシは40km独走でこのまま優勝したそうですね。

                      次々選手たちがやってくるけれど、

                      上位勢を見ると、ほぼヨーロッパ圏の選手たちで。。

                      やっぱり、すごいなあ。

                       

                      本番はツール・ド・フランスを終えた選手たちもやってくるわけで

                      どれだけハイレベルな戦いになるのか、楽しみです。

                       

                      観戦も、どんな形になるのでしょうね。

                      今日は運営のテストができたんだろうか。

                       

                      ともかくたくさんのボランティアスタッフの方々が動いていて、

                      山中湖畔は都留文科大の方々が多かったのだけれど、みなさんハキハキされていて、

                      情報が足りず、戸惑われるシーンもあったようだけれど、

                      明るく活動されていて、すごく気持ちよかったです。

                       

                      サイクルロードレースは、五輪の中でも、おそらく一番試合会場が広域なので、

                      ものすごくたくさんのスタッフさんが動くことになると思うのだけれど、

                      普段自転車に携わる身からして、多くの一般のみなさんが

                      これだけ一生懸命に開催を支えてくださってる姿はとても感動的に映ります。

                       

                      今日もいろいろあったかと思いますが、よい大会にしたいですね。

                      それにしても、世界のトップ選手たちが、この至近距離を走るのかと思うと...

                      やっぱり、すごいことだよ!!!

                       

                      今日レース観戦に出かけたみなさま、お疲れさまでした!

                      スタッフの皆さま、ありがとうございました!



                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << October 2019 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM