「自転車活用推進法を受けての取り組み」

0

    昨日都内で「自転車活用推進法を受けての取り組み」と題したシンポジウムがありました。

     

    コーデーネーターは有識者会議の座長でもある東工大の屋井先生。

    話しぶりがやわらかく、なんだかチャーミングで、

    大学ではさぞかし人気が高いだろうなぁといつも考えてしまいます。。

     

    先日、北海道の調査でロードバイクをレンタルし115kmを走られたそうで、

    これまで市街地などの短いライド派だったのが、

    長距離を走る魅力にも気づいたとお話しされたところから始まりました。

     

    パネリストには滋賀県守山市の宮本市長と、岡山市真庭市の太田市長。

    市長自ら、自分の言葉として、事業の取り組みを語れるってこと自体が

    すごいことだと思います。

     

    守山は多くの自転車乗りが知っているマリオットにジャイアントストアがあり、

    ビワイチのスタート場所に名乗りを上げ、熱心に自転車の環境を作っている土地です。

    市長が元自転車部ということと、お金の使い方、事業の進め方に

    しっかりしたビジョンと知識やノウハウに基づいて進められているので

    ものすごい安定感があり、期待せずにはいられない土地。

    昨日は地域の取り組みや広域連携を進める上での地域の巻き込み方など

    お話しをしてくださいました。

     

    真庭は鳥取に近いエリアということですが、シマノと組み、散走を提案したり、

    シェアハウスに集まる外国人旅行者の感覚を取り入れ、

    インバウンドにも対応可能な地図を作ったり、ライドを企画したりと

    すごく先進的なことをやっているそうです。

    蒜山(ひるぜん)のコースなどは本当に美しくって!

    まだまだ知らない場所はたくさんあるなぁと感じました。

     

    東洋大の矢ヶ崎先生は観光という角度から、アドバイスをくれました。

    インバウンドに受ける観光地を作るという話しの中で

    シンガポールには牧場がないので、北海道にきて、子供たちに

    本当においしいソフトクリームを食べさせようとされる旅行者が多いと語っていて

    そういうリサーチって、重要だなぁとしみじみ。

    観光は非日常だけれど、他の誰かの日常生活に入るという体験も価値があるとか、

    そうそう、そうだよと思いながら、サイクルツーリズムに手探りで臨む地域の皆さんに

    あれこれご説明するには、観光という角度で考え方を整理する必要もあるなと改めて感じました。

     

    サイクリングのジャパンブランドを作る必要があるという提案に

    自転車活用推進官からも前向きな回答があったので、

    そんな方向にも進んでくれるのかも?

     

    私自身、本当に勉強になりました。

    すごく有意義な機会でした。

     

    「日本道路会議」という大きな会議の中のひとつという形で開催されたので、

    各地で自転車行政に関わっている方が聴きにいらしていた、という感じでは

    なかったのかもしれませんが、日本全国で道路に関わる方々の中で

    興味のある方が聴きにきてくださったみたいで、熱心に聴いてくださいました。

     

    もっともっと多くの地域の方が聴いてくださっていたら、ヒントがあったかも、と

    ちょっともったいない気分にも。

     

    痛恨のミスで、パネリストの皆さんとお写真を撮り損ねてきたので

    看板写真を載せておきます。

     

    あと数年で、日本のサイクルツーリズムはぐんっと発展することになるかもしれません。


    サイクルモード女子ブース イベントスケジュール!

    0

      ギリギリになっちゃいましたが女子ブース「gbc」の

      イベントスケジュールが決定しました。

       

      多くの講師の方をお迎えして開催します。

      ぜひぜひ、遊びにいらしてください。

       

      トークの時間以外は、女性の皆さんに

      コミュニケーションを取ってもらえるスペースにしたいと思います。

      自転車好きな女性たちにブースにいていただいていますので、

      あれこれお話ししたり、情報収集してくださいね。

       

      お試しタイムでは、女性に実はオススメだけれど、あまり触れる機会が少ないかもしれないアイテムを

      試していただけるように、アイテムをお借りし、ブースに設置しますので、自由にお使いください。

       

      また女性にぴったりのジオメトリーにこだわったバイクを常設展示します。

      こちらもぜひ乗ってみてくださいね。

       

      <gbcスケジュール!!>

       

      3日祝日

       

      <お試しタイム>
      GTローラー 〜12:30頃まで
      (フォークを固定するため、ガッチリ固定する固定ローラーよりも
      実際の走行に近い形でトレーニングできるトレーナーを試せます!)

       

      12:00 効果を出すぞ!心拍トレーニングデビュー <MC杏寿沙さん>
      ゲスト ポラールジャパン 齊藤 陽一郎さん


      13:00 キレイに乗るためのメイク、スキンケア! <MC杏寿沙さん>
      講師 メイクアップアーティスト 斉藤みつきさん

       

      <お試しタイム> 13:30ごろ〜15時ごろ
      カンパニョーロコンポーネントのロードバイク
      (ドロップハンドルの手を置き握る「ブラケット」部分が小さく、手の小さな女性でも
      握りやすく、シフトチェンジができ、ブレーキが安全確実にかけられます。)


      14:00 パーツを選ぶだけでも、バイクはぐっと快適に! <MC絹代>
      ゲスト 東京サンエス 坂井美紀さん


      16:00お尻がいたーい!(泣)を改善しよう! <MC絹代>

       

      <お試しタイム>
      シマノディスクロード 15:30ごろ〜
      (雨の日でも制動力の落ちないディスクロード。握力の弱い女子にとっては、
      小さな力でもしっかり止まれるお助けアイテムです!)

       


      4日土曜日

       

      11:30 女子ウェアの着方選び方 <MC菊浦啓子さん>
       

      13:00 輪行のススメ <MC菊浦啓子さん>
      講師 オーストリッチ 伊美哲也さん

       

      <お試しタイム>
      シマノディスクロード 12:00-15:00頃まで
      (雨の日でも制動力の落ちないディスクロード。握力の弱い女子にとっては、
      小さな力でもしっかり止まれるお助けアイテムです!)


      14:00 大切なバイクを守り、安全に乗ろう <MC菊浦啓子さん>


      5日 日曜日

      <お試しタイム>
      カンパニョーロコンポーネントバイク 〜12:30頃まで
      (ドロップハンドルの手を置き握る「ブラケット」部分が小さく、手の小さな女性でも
      握りやすく、シフトチェンジができ、ブレーキが安全確実にかけられます。)

       

      11:20女子旅!日本一周旅行!<ナビゲーター 絹代>
      旅フェア会場集合!(詳細はサイトに告知されます。)

       

      12:00 チューブ交換とタイヤの選び方<MC絹代>
      講師 NIPPOヴィーニファンティーニ メカニック 福井響さん

       

      13:15-当たったらサイコーに楽しい!ケイリンの楽しみ方 <MC 絹代>

      ゲスト だいじさん

       

      14:00 セルフマッサージ・ストレッチ<MC棚橋麻衣さん>
      スポーツ整体 金田Body Talking 金田智行さん

       

      15:00 輪行のススメ<MC棚橋麻衣さん>
      オーストリッチ 伊美哲也さん

       

      <お試しタイム>

      GTローラー 15:30ごろ〜
      (フォークを固定するため、ガッチリ固定する固定ローラーよりも
      実際の走行に近い形でトレーニングできるトレーナーです。)

       

      16:00賢く使えば、女子の味方!パワーメーター! <MC絹代>
      ガーミンジャパン 小林 千元さん

       

      トークの詳細は以下の通りです!

       

      ・女子ウェアの着方選び方
      晴天の日、寒い日、雨の日、どうウェアを選ぶ?どんなアイテムがオススメ?汗対策、紫外線対策は?
      オススメのアイテム、効率的なウェアの選び方などについて実際の商品をご紹介しながらお伝えします。

       

      ・セルフマッサージ/ストレッチ
      がんばって乗った後、脚がパンパン!セルフケアはどうしたらいいの?より効率よく身体を使ったり、速やかな疲労回復を叶えるためのストレッチやマッサージについて、金田智行さんに教えてもらいます。一緒にトライしたい方は動きやすい服装でお越しください。


      講師 金田智行さん:

      スポーツ整体「金田BodyTalking」代表のゴッドハンド。元プロロードレーサー。施術のほか、ロード、トライアスリートのパーソナルトレーニングも行う。

       

      ・キレイに乗るためのメイク、スキンケア!
      汗をかくライドだって、キレイでいたい!美肌を守る紫外線対策、ウェアにも映えるポイントメイク、スキンケアなどについて斉藤みつきさんをお迎えし、教えていただきます。


      講師 斉藤みつきさん:ファッション雑誌、広告などで多くの女優、有名タレントのメイクアップなど、

      様々な舞台で活躍するメイクアップアーティスト。自身もサイクリストであり、スポーツシーンでのメイクの提案も行う。

       

      ・輪行のススメ
      自転車を専用の袋に入れ、公共交通機関に乗せる「輪行」ができると、楽しみの幅もぐっと広がります!輪行カリスマの伊美哲也さんをお迎えし、用途・趣向に合わせた輪行袋の種類や、スマートな輪行の仕方についてわかりやすく教えていただきます!


      講師 伊美哲也さん:輪行袋のパイオニア「オーストリッチ」代表。より使いやすく、より確実にバイクを守る輪行袋へと、今もなお日々改善を志す。日本一輪行に詳しい存在。


      ・大切なバイクを守り、安全に乗ろう(防犯対策、安全装備)
      バイクを盗難から守るための最新防犯アイテムや、施錠時のコツなどについてご紹介します。光ることで自分自身の存在を伝え、安全を守るライト等の安全装備も、実際のアイテムを使い、ご紹介します。

       

      ・パーツを選ぶだけでも、バイクはぐっと快適に!
      一般的なロードバイクはそもそも小柄な日本人女性には少し大きすぎるかも?日本人に合わせて開発されたバイク「JFF」(東京サンエス)を基に、一般的な日本人女性でも快適に乗れるジオメトリーや、ハンドルやクランクなどのパーツを変えるだけでぐっと楽に乗れるようになる可能性など、ご紹介します!

       

      ・お尻がいたーい!(泣)を改善しよう!
      お尻の痛みに悩む女子は多いもの。痛みの出る場所による解決法についてお話しします。各ブランドの痛みの出にくいサドルを展示します。ここで、マイベストサドルが見つかるかも!

       

      ・「女子旅!日本一周旅行!」
      サイクルモード会場内に出店する旅ブースを皆で一緒にめぐりませんか?今、サイクリング環境を整備する地域が増えています。オススメの自転車旅の行き先を皆で探りましょう。これまでノーマークだった魅力的な土地に気付けるかも。ノベルティなどももらえるかも?

       

      ・効果を出すぞ!心拍トレーニングデビュー
      自分にとってその運動がどれくらいの強度なのかを客観的に測ってくれる心拍計。心拍がわかると、脂肪燃焼や、もっと速く、もっと遠くまで行かれるようになるためのトレーニングも、より効果的に行うことができます。心拍計の大手、ポラールさんに、心拍トレーニングについてわかりやすく教えていただきます。

       

      ・パンクだってこわくない!簡単なチューブ交換。
      ライド中のパンク!でも、自分でチューブ交換できたら怖くない!NIPPOヴィーニファンティーニの福井メカをお迎えし、女性でもできる簡単なチューブ交換のコツを実演で見せていただきます。また、タイヤは自転車の中で唯一地面に接する重要なパーツ。乗り方に合わせたタイヤ選びのコツも教えていただきます!

       

      ・当たったらサイコーに楽しい!ケイリンの楽しみ方
      着順を予想し、楽しむケイリン。遊びに行きたくても車券の買い方がわからない..という女子も多いはず。「RideOn!」でおなじみ、だいじさんをお迎えし、初心者でもわかる車券の買い方、ケイリンの楽しみ方をわかりやすく教えてもらいます。ケイリンは近くで見るとかっこいいし、当たると、めちゃめちゃ楽しいよ!


      網走にやってきました!

      0

        昨日の飛行機で、オホーツクエリアにやってきました。

         

        女満別空港を降り立つと、想定よりすごく暖かくてびっくり。

        横浜より暖かいくらいじゃない?

        聞いたら、昨日がちょっと異常なレベルだったみたい。

         

        さっそく、最近すごくホットだというスポットへ連れていってもらいました。

        リスの森。

         

        こだわりにこだわりぬいて限定生産のジェラートらしい。

        このジェラートは大会で優勝したフレーバーとのこと。

        これだけ150円プラス!

         

        食べてみると、なんというかジェラートでありながら、

        プレミアムアイスみたいなとろっと、つるっとしたちょっと固いような感じ。

        プレミアムソフトのクレミアってやつと似てるかも、と思いました。

        ジェラートって、通常もっと軽い気がするんだけど。

         

        抹茶の味に、コーヒー味のクリスプみたいなのがかかってて、

        大人の味、かな。

         

        ミルクも、甘みがものすごく抑えられてて、でも、濃い感じ。

        他にはない食感、ない高級感。

         

        聞いてみたら、糖類だけで10種類くらい使っていたり、

        12時間くらい生地を寝かしたり、空気の含有量を計算したり、

        こだわりの結果らしい。

         

        なんだかすごい!

        他にはないから、食べる価値は十分あると思います。

         

        そして、最近ホットな、ここへ。

        JALの嵐のCMのロケが行われた能取岬!

         

        この白黒ボーダーの灯台を大野くんがつまんでいるビジュアルを

        みたことがあるかと思います。

         

        あれはどこからどう撮られたんだ??

         

        いろいろ試したけど、手をどの角度にしたらいいのか、どの高さにしたらいいのか、

        微調整が脳トレみたいで、めっちゃ難しくて。

        でけたー!

        があまりに嬉しくてすんごい顔してる写真を撮ってしまった。。。。

        恥ずかしいので、小さな画像で載せます(笑)

         

        ビジュアルは座ってるので、実際は足場を組んだのかも?

         

        と、こんな遊び方ができてたのしーです。

         

        さて、今朝の朝食にはいくらさんが!

        しゃけと合いの子で。

        めっちゃ美味しかったです。

         

        今朝の網走は風速25.8mを記録しちゃいまして。。

        早く落ち着いてくれー。

        せっかく自転車持ってきたのになぁ。


        「チェンジング ダイアビーティス」

        0

          昨日、丸の内のKITTEでノボノルディスクのイベントが開催されました。

          テーマは「チェンジング ダイアビーティス」「糖尿病を克服しよう」です。

           

          全員が糖尿病を患っている「チームノボノルディスク」は

          ジャパンカップでもすでに常連になっています。

          今回は「チームノボノルディスク」と日本人の一型糖尿病を患う子供との

          交流の実話が題材となった「ライドオンドリームス」というマンガが

          大きく壁面にあしらわれたり、冊子が無料配布されたり。

          先日開催されたジャパンカップサイクルロードレースの実際のコース上で

          バイクカメラで撮影した映像をもとに作ったVRの体験や

          コルナゴのロードレーサーの試乗など、

          糖尿病とロードレースがイベントの大きな軸になりました。

          このVRを私も体験してみたのですけれど、

          会場を埋める観客の間を走り、山岳賞ラインを越えたり、

          集団の横を走ったり。

          VRは上下も左右も前後も、すべて対応しているんです。

          なので、VRを付けたまま振り返ると、バイクの後部座席からは

          見慣れたA編集長が写真を撮ってたりして、

          すごく面白かったです。

           

          ゲストスピーカーとして、ノボノルディスクでプロ選手として活動していた

          ジャスティンモリスさんが来日し、ご自身の体験を語ってくれました。

          この写真はツアーオブデンマークを走ったときのもの。

           

          10歳で発症し、パイロットになる夢を諦めなくてはいけないと知ったこと。

          スター選手が一型糖尿病だと知り、自分も制限の中で生きる必要はないと知ったこと。

          スクールバスでのみんなのからかいから逃れるために自転車通学を始めたこと、

          チームノボノルディスクに入り、仲間が増え、交流する人も増え、

          きついレースを含め、自分を限界まで追い込み、そこを超えた達成感が最高だったこと。

          英国空軍には、一型糖尿病のパイロットがいることを知り、

          実は、一型糖尿病だから不可能、なんてことはないんだと知ったこと。

           

          ジャスティンさんの言葉には、エネルギーがあり、

          糖尿病を患っていない人の胸にも、響いたことと思います。

           

          東京女子医科大学糖尿病センターの三浦先生も会場にかけつけ、

          糖尿病について、そのケアについて大切なことについてお話ししてくださいました。

           

          日本人の糖尿病の95%が「生活習慣病」とも呼ばれる二型糖尿病で

          自己免疫反応の異常などからなる一型の糖尿病患者は珍しいそうで、

          糖尿病に種類があることをご存知ない方も、まだ多いかもしれません。

           

          二つの糖尿病に共通しているのは、食事と運動が大切だということ、

          でも、それは味方を変えれば、すべての人が健康に暮らすために必要な要素と同じで、

          家族みんなで健康的な食事をし、運動を取り入れていけば、

          みんなにとってのハッピーに近づいていく、非常に好ましいことなわけで、

          楽しみながら、みんなでそういう習慣をつけていきましょう、ということでした。

           

          豆腐やヨーグルトを使い、通常の1/3のカロリーに抑えたチーズケーキが配られましたが

          コクもあり、甘さも十分で、すごくおいしくて、これならできる!とか、

          カラダが喜ぶような食べ方を工夫していこう!と思った方も多いと思います。

           

          糖尿病の方にも、特にそうではない方にも、とっても価値のあるイベントでした。

          中心になって動かれていた石丸さん、中西さんと。

           

          それにしても、雨のジャパンカップで撮影をしたり、

          ここまでのご準備は大変だったろうなと思います。

           

          まだこのツアーは続いていて、

          ジャスティンさんと石丸さんは、今日は大阪にいるそうです。

           

          ノボさんには、ぜひ、こういうポジティブなメッセージを

          伝えていってほしいと思います。

          自分もがんばらなくちゃ!と思わせてくれる貴重な機会でした。

           

          ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!


          明日のMXテレビ「サタデーCROSS」

          0

            明日日曜のMXテレビのお昼12時から放送される「サタデーCROSS」の中の
            「ヒューマンCROSS」というコーナーで私の活動を取り上げていただきます。

             

            ホノルルも、

            (取材していただいた水落さんと。

            ホノルルセンチュリーライドにもご参加いただきました!)

            ジャパンカップも右京さんとの環境イベントも取材していただいていて
            どんなVTRになっているのか、すごく楽しみです。

             

            見られる環境の方はぜひぜひご覧ください!


            サイクルモード!girl's bike cabin開催!

            0

              もうすぐ11月、もうすぐサイクルモード!

               

              11/3-5に幕張メッセでサイクルモードが開催されます。

               

              今年も、女性向けブース「girl's bike cabin」を開催しますが、

              今年は拡大開催することになり、久々にトークステージも盛り込みます!

               

              girl's bike cabin紹介ページ(下の方にスクロールするとあります)

              好評なウェアにも映えるメイク、セルフマッサージ等も予定していますし、

              今年は心拍トレーニング、パワートレーニングの入門も設けます。

              輪行やチューブ交換の実演も予定しております。

              ウェアの着方、防犯、サドル選び、車券の買い方まで!

               

              今年は、女性がだべれるようなスペースとしていますので、

              ぜひ、集まっていただき、仲間づくりの場としても活用してくださいね。

              場所は、二つのホールをつなぐ通路の近く、壁際です。

              ゆったりたむろえる場所を設定していただきました(笑)

               

              メインステージも、3日を中心にMCを担当します。

              渡辺航先生も登場しますし、眼鏡市場の弱虫ペダルコラボ商品の発表も!

              JBCFのアワードもあります。

               

              5日には第7代目自転車名人の就任セレモニーも予定しております。

              どなたが、自転車名人になるのか?

              ぜひ、会場で見守ってくださいね。

              JR東日本さんのステージにも伺うことになりました☆

               

              みなさまのお越しをお待ちしております!

               

              チケットは前売りの方が安いので、ぜひ事前にお買い求めください!


              長い長い列

              0

                今日、先日他界されたフォトグラファーの高木さんのご葬儀が開かれました。

                 

                どうしても伺いたくて、自分のスケジュールを変更していただき、
                私も列席させていただいてきました。

                 

                斎場の駐車場は早い段階から車で埋まり、
                列席者が2階のホールだけではまったく入り切らず、
                ご焼香が始まると、順番を待つ方の列が、長く長く、
                階段の下まで伸びていました。


                遠方からいらした方も多かったようです。
                お花の量も、弔電の量もとても多くて、
                高木さんにありがとうを言いたくて集まった人が
                こんなにたくさんいるんだと、なんだか誇らしい思いにすらなりました。

                 

                JBCFを代表して、ブリッツェンGMの廣瀬さんからと、
                友人代表として、シクロワイアードの綾野編集長から
                お別れの言葉が贈られました。

                 

                いろんなことが語られました。
                最後の最後まで、熱意を持って動いていらしたこと、
                12年前に、綾野さんと群馬の会場で出会い、
                そこから高木さんの転線が始まったこと。
                国内レースの報道は高木さんが全面的に担い、
                やりがいのある仕事だと語っていたこと。

                 

                いつも笑顔だった高木さんが、白い布で覆われた箱になっていて。
                どうしても現実を受け入れられなくて、
                でも、どうしようもなく悲しくて、何度も天を見上げてしまいました。
                これが壮大なドッキリだったら、どんなによいだろう。

                 

                私が高木さんと初めてお目にかかったのも、
                10年くらい前だったと思います。

                 

                レース会場に高木さんがいるのが当たり前で、
                言葉で、ジェスチャーで、話しかけると
                いつも温かい笑顔で返してくれて、ほっこりして。

                 

                まさに日本中を取材さられていた高木さんの車の走行距離は40万キロだったそうです。
                高木さんが担われていた役割はあまりに大きくて、
                人一人が担えるような量ではなかったのだけれど、
                物理的な仕事量とかだけじゃなくて、
                高木さんだからできた、語れたところがあって。

                 

                これから、その穴を埋めるのは難しいことだと思うけど、
                思いを継いでいかなくてはいけないなと感じます。

                手渡されたお返しの中に、喪主であるお兄様からのメッセージが入っていて、
                大分のマトリックスの前代未聞の1-2-3-4フィニッシュについて語られていました。
                緑のチームが、高木さんに捧げたあの雨のレース。
                高木さんは、きっとご覧になっていたと思います。
                知らせがご遺族の皆さんにも届けられていたのだと思うと、
                高木さんを取り巻く皆さんも本当に温かい方ばかりだったんだと感じます。

                 

                ご挨拶は、型通りのコメントであることが通常なわけですが、
                列席したひとりひとりにお礼を伝えようとお兄様が綴られた文章が載っていたのも、
                やっぱり高木さんのお兄様らしいですよね。

                 

                最後まで残ったメンバーで、献杯をしました。

                たかぎさーん。
                あの笑顔で、きっと、ずっと、見守ってくれていますよね。

                 

                みんなで、がんばっていきましょう!


                キーツマンゴー

                0

                  今月11-12日に沖縄に行っていたのですが、

                  ここで、ある方がシンポジウムに来てくださって。

                   

                  ええと、ええと、と思ってたら「内間の父です」と。

                  ひゃー!!!!

                  いつもお世話になっております。。

                   

                  大島でも娘にすごくよくしてくれて、

                  娘もすぐになついてました。

                   

                  わざわざシンポジウムに来てくださるなんてー!

                   

                  それだけでもありがたいのに

                  「まだあったから」とマンゴーを持ってきてくれたんです。

                   

                  しかも超貴重品種!

                  これって、幻のマンゴーって呼ばれてるものだったんです。

                   

                  なかなか出回らないので、商店などにはあまりなく、沖縄の道の駅とか、

                  予約販売で購入するしかないものなのだとか。

                  ふわー!!!

                   

                  大恐縮しながら、いただいて参りました。

                   

                  帰ってきて、むいてみて、実の美しさにびっくり!

                  こんなキレイなマンゴー、みたことない!

                  おいしいこと、おいしいこと。

                  香りもいいし、甘くて、でも甘ったるくなく、

                  ちょっとねっとりしてて、ほどよいクセがあって。

                  こんな贅沢なものをいただいていいものかと思いながら、いただきました。

                  娘もものすごく喜んで食べておりました。

                   

                  沖縄には、こんなおいしいものもあったのか。

                  おそるべし、沖縄!

                  キーツマンゴー、本当に本当においしいです!

                   

                  内間選手のパパ、本当にありがとうございました。

                  それにしても、似ていてびっくりしました(笑)

                   

                  もうすぐツールド沖縄!

                  向上大会とぶつかりまして、今年も伺えないのですが、

                  沖縄に行く皆さんは楽しんできてくださいねー。

                   

                  次はプライベートで遊びに行きます♪


                  雨でもがんばろう!

                  0

                    今日は横浜市の自転車会議でした。

                    これだけ人口がいちゃうと、

                    どんなにあれこれ言っても、実際の動きには限界があるよねと

                    わかってはいるけれど、それでもあれこれお話してきました。

                     

                    私以外の方々はほとんど発言されないので、

                    なんだか口やかましくて申し訳ないけど。

                     

                    いろいろな条件の中、難しいのはわかっているけれど、

                    その中でできることを詰めて行ってくれているワーキンググループの皆さんに感謝。

                     

                    私も、言うだけでなく、実際にできることに動かなくてはです。

                     

                    さて、今日は娘を早迎えして、

                    一緒に連れ出して、あれこれ用事を済ませたのですが、

                    元気になってみたら、やっぱり我が欲望を強烈に押し通す困り者に逆戻り。

                    戦って、戦って、ぐったりです。。

                    買い物に行ったスーパーで、出会った洋梨ファンタが妙に魅力的に見えて、

                    なんだか私を救ってくれるような幻想を抱き、

                    100mlあたり44kcalもあるファンタを買ってしまった。

                     

                    今月に入ってから、ずっとてんやわんやで、

                    私もいろんな限界状態だったので

                    いろんな作業がとんでもなく遅れていて

                    毎日、あっちこっちに謝罪し続けています。。

                    本当に申し訳ございません...

                     

                    サイクルモードの準備も遅れています。。

                    本当に申し訳ないです。

                     

                    今年は女子ブースも拡大開催!!!!

                    コミュニケーションスペースを目指します!

                     

                    楽しんでいただけるよう、時間は残り少ないですが、全力で準備します!


                    ジャパンカップサイクルロードレース

                    0

                      ジャパンカップ2017が閉幕しました。


                      私は本戦は、久しぶりに栃木放送さんの中継を担当しました。

                      解説の今中大介さんと。

                       

                      台風の影響での雨風を受け、10周103kmのレースになることになって、
                      ゴール時間が変わるため、中継時間も変更にしないといけないと、
                      バタバタと放送枠の確保にスタッフの皆さんが動いてくださって、
                      最終的には放送時間を確保してくれました。

                      みなさん右往左往で、なるようになる中でできることをしようムード。

                       

                      結構ないきおいの雨。。
                      放送ブースには雨よけの幕が張られていたので、向こうがのぞき込めず、
                      前方がかなり見えにくくって、真ん前に来た方しかわからない!

                       

                      角度的にステージも見えず、選手たちの会場入りが皆ギリギリだったので
                      ほぼ選手たちの姿を見ないまま、レースがスタートしていきました。

                      選手たちは、どんな感じだったんだろう?

                      ちゃんと伝えられるのかという不安がうずまく。。


                      最大の頼みの綱、競技無線はイヤホンを刺せなくて、
                      無線の内容が放送にだだ漏れになったりして〜(笑)

                      (結局、別部品が必要だとわかり、対応してもらいました。)

                       

                      佐藤市長が放送ブースにお越しになり、
                      この森林公園のコースにはこれ以上の観客の方を入れられないので、
                      今後もっと広いエリアで観戦を楽しめるよう、方法を探していきたい、など
                      かなり前向きなお話が飛び出しました。
                      すごい!さすが自転車のまちのトップランナー!

                       

                      さて、レースは、距離が減り、山岳賞も2,4,6,8周回に変更になり、
                      みどころもぎゅっと濃縮されることになりました。

                       

                      開始後、早い段階で初山、トマルバ、アントワントルホーク選手の3名の逃げが決まり、
                      タイム差は大きくは開かないものの、このまま落ち着く形になりました。

                       

                      そんなこんなしているうちに1回目の中継が終了。
                      今年はこの後は一続きの後半戦中継になるので、
                      いましかない!と、大急ぎでレースが見える場所に行きました。

                       

                      先頭3人が来た〜!

                      写真は雨や暗さやスピードでうまく撮れず。。

                      いや、それくらい速かったのですよ。

                      (そして早々に撮るのを諦める)
                      例年のジャパンカップでは、終盤にこの逃げ集団は吸収されて
                      健闘がリザルトに残らないので、逃げた選手たちにはがんばってほしいものの、
                      順位は狙えないので「もったいない」という切ない思いも感じてしまうのだけれど、
                      今年はこの集団が最終の展開に絡む形になり、レースってわからない!と
                      改めて感じたのでした。
                      やはりこういうコンディションだと、レースの展開も変わってくるようです。

                      悪天候で、レースのペースが落ちる可能性も話していたのですが、
                      そこそこ速いペースでレースは進んで行きました。

                       

                      あっという間に後半戦。

                      今中さんにもいろいろな話を差し込んでいただいて、
                      チームや選手を応援しながら観戦しているときに「知りたい」と感じるような情報を
                      しっかりお伝えできたら、と考えながらお伝えしていったのですが、伝え切れたかな。。

                       

                      最大の反省は、ゴール前がまったく見えなくて、情報もなくて、
                      フィニッシュ直前の展開の一番大切なところを具体的にお伝えできなかったこと。


                      振り返ると、今年も反省だらけです。。

                       

                      とにもかくにも、雨澤選手のコメントや
                      ブリッツェンブースの木田さんや廣瀬ママのコメントまで
                      小暮アナウンサーが取ってくださって、
                      無事に、放送を終えることができました。

                      拙い放送を聴いてくださった皆さま、ありがとうございました!


                      そして、ずぶ濡れになりながら放送を支えてくださった栃木放送のスタッフのみなさん、

                      ご協力くださった皆さまに感謝です。

                       

                      放送終了後、表彰式に間に合いました!

                      あめちゃーん!

                      ベンジャー!

                       

                      雨の中、逃げ続けて、最後の最後まで健闘した山岳賞ボーイズ。

                      「目線欲しい方いらっしゃいますか?」のアリーさんの声に、

                      近くにいた怜ちゃんと「こっちこっち!」と騒いで目線もらったよ(^o^)v

                       

                      表彰台に乗ったのは、ロットの選手以外は全員日本にゆかりのあるチームの選手たち。
                      カヌラのW優勝と、U23の雨澤選手が最後の展開のあの集団に残り、3位に入り、
                      いろんな意味で、歴史に残る大会になりました。


                      ずぶぬれになっちゃったので、ホテルで温まって、着替えて、
                      仕切り直してパーティーへ。

                      今年はこんなリボンがあしらわれていました。

                      これがあるだけでぐっとジャパンカップっぽい!

                       

                      もともと国内選手への感謝祭として始まったイベントですが、


                      海外から、アタッキチームグストもフル参加してくれて、
                      BMCやTREKも立ち寄ってくれて、


                      抽選会も豪華で、ものすごく盛り上がりました!

                       

                      2回目の引退を発表した西薗選手への花束贈呈と胴上げ。

                      すごい高さまで上がってる!


                      西薗選手は、iphoneの仮装を着けたまま、終始ニコニコしていて、
                      学生の頃と、本当に印象が変わったなぁとしみじみ。

                      もうパパだしね。


                      ゾノさん、こんなにみんなに愛されていたんだなぁ、と。

                       

                      これからどんなことをするのか、もしかしたらまた復帰するのか、
                      わかりませんが、能力を発揮して、新たに活躍してほしいですね。

                      自転車界の盛り上げにも、ぜひご協力ください!

                       

                      想定の範囲内の押しで(2チーム飛び入りで来てくれたし♪)パーティーは終了。

                      今年は最後まである程度正常なままでいてくれた栗村さんが、

                      必要なところはしっかりと進行してくれました。


                      ここで、今年のジャパンカップが終了しました。

                       

                      荷造りにホテルに帰ったら、NIPPOが会食を終え、

                      帰ってきたところでわいわいしていたりして、
                      ジャパンカップの名残は感じたけれど、
                      クリテのコースだった街は平常に戻っていて、なんだかとっても不思議でした。

                       

                      照明を落とし、もう薄暗くなったペルマナンスでは、

                      あっちにこっちに奔走されていた中野さんが、ひとりまだ動いていて、

                      「今、最後のノボリを片付けて、積み込んできた」と。

                       

                      「好きじゃなきゃ、できないよね」

                      と、会期中にポツリと語っていたのが印象的でした。

                       

                      こういう事務局スタッフの皆さんの驚異的ながんばりがあって、

                      これだけの選手を招き、これだけの大会が開けるわけで、

                      みんなの熱い思いを、ひしひしと感じます。

                      本当にお疲れさまでした!

                       

                      今年も、本当に濃い3日間でした。

                       

                      あんまり写真を撮れていなくって。
                      お写真くださる方がいたら、ご提供下さい!

                       

                      来年はUCIルールの改正に基づき、参加チームも増えるとか?
                      来年のジャパンカップも楽しみですね!



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << December 2017 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM