一日店員体験

0
    昨日は多摩センターのバイクプラスで、
    一日店員ロケをして来ました。

    お客さんがいらして、バイク選びと
    簡単なセッティングをしようというもの。

    バイク選びをしてくださったのは、まゆみさん。
    モード、鈴鹿やバイカーズのカンパニョーロブースに
    いらしたので、会われた方もいらっしゃるかも。
    まだスポーツバイクに乗ったことは
    ないそうなんですが、昨年のモード以来、
    スポーツバイクに興味津々...

    私はプチコスプレ?で、トレックシャツで撮影。

    「お出迎えの挨拶は45度おじぎ?」
    とノリノリの私に
    「うちは自転車屋なんで、フレンドリーな感じで...」
    と苦笑される。

    最初だからってことで、クロスバイクを選ぶことになり、
    サドルの高さ調節や、ハンドル幅など、
    いろいろ調整すべき点をチェック。

    前に立って、前輪を自分の脚で挟んで支えて、
    両足をペダルに乗せて乗ってもらう....
    って、よく自分はやってもらってたけど、
    自分がやる側になって、内心かなり緊張したりしてました。
    いや、店員でびゅーも楽じゃないわ。

    キレイなお店でしたよ〜。
    ご協力いただいた皆さんに感謝!

    この模様も、来月下旬には、ご覧いただけます。
    乞う、ご期待〜

    バイオレーサー体験

    0
      ワイズロード赤坂店
      バイオレーサー体験をしてきました!

      身長とか手の長さとか、肩幅とかまた下とか、
      計測をしたカラダの寸法を基準に、
      最適な乗車ポジションを割り出してくれるシステム、
      って感じかなぁ。

      すごいよ、感動しっぱなし!
      バイクの購入を考えている方は
      トライする価値があります。
      短い時間だったけど、いろいろわかったひらめき

      今日は、「コンフォート」と「スポーツ」の
      二つのポジションをお願いして、割り出してもらい、
      それぞれのポジションで乗って比較してみると...

      「コンフォート」は、私のチネリとほぼぴったり同じ。
      乗りやすいわけだ!

      「スポーツ」になると、またぐっと変わる。

      速く走るためには、こういうポジションを取る必要があるのか。

      この上の「コンペティション」になると
      もっとレース向けなんだって。

      この前スキル・シマノの野寺選手と廣瀬選手が体験したそうで、
      栗村コーチと野寺選手の写真が貼ってあった。
      トップ選手と同じことしたかと思うと、なんだか光栄です....

      かなりノリノリになって、
      「スポーツのポジションに変えてみます!」
      と宣言してみたけど、変えられるのかな^^;

      あともう一つ収穫が。
      前にウワサは聞いてたんですが、
      ワイズ赤坂店に、確かに貼ってありました!
      私の昔の写真(バイシクルナビの特集記事です)

      丸い〜
      むちむちしてるぅ〜

      自分でびっくりですよー
      やばいよ、あれ。

      太ももが5cm細くなったんですって最近述べてますが、
      貴重な「before」写真を見たい方は赤坂店の階段を上ってください。

      「自転車と旅しよう!」の北海道レポの写真が1年前。
      これもふっくらしてて、びっくりしたんですが、
      いやはや、自転車で、変わるものですね....

      今日丁寧に対応してくださった大塚店長さま、
      ありがとうございました!

      詳細なレポは、来月末までお待ちを!
      たぶん、面白いですよ〜

      明日から日常

      0
        今日は、ホノルルもあるし、で、
        雨にならなかったのをいいことに、久々に乗りに行った。
        って言っても、たいした距離じゃないんだけど^^;

        どんどん、出会うスポーツバイクの量が増えてる気がする。
        今日はご夫婦で乗られてる方にもずいぶん遭遇しました。

        オフオフ言いながらも、
        やっぱ、やるべきことはたくさんあるのよねー。
        でも、祝日だしさ、って、やる気薄ピピピ

        明日から一気に予定が動くので、
        ちょっと間に合わない気配が漂ってるんだけど、
        まぁ、どうにかなるでしょYES!

        とりあえず、我が家に仲間入りした
        セイフティーちゃんを載せておきます。

        お顔が重いので、ポスト型貯金箱で支えています...

        ツール・ド・北海道が終わりましたね。
        宮澤選手の総合優勝。
        日本人が優勝してくれると、やっぱ嬉しいですね。

        さ、明日からがんばりましょう!

        自転車は、地球を救う?

        0
          今日、J-WAVEのLOHAS SUNDAYがオンエアになりました。
          ここのOSHMAN'S NATURAL LIFEをクリックすると
          理恵さんと撮っていただいた写真が出て来ます。

          オンエアが朝の8:30~だったのでギリギリ聴けたのですが、
          なんだか、えらく緊張して、逃げそうになりました^^;
          だって、先週のゲスト、紺野美沙子さんですよ...
          こんな顔ぶれに入れていただいていいものか。

          理恵さんの落ち着いたナビゲートを受けてるのに、
          伝えたいことがありすぎて、
          ちょっと早口だったかなって反省。

          これがきっかけで、自転車に興味を持ってくださる方が
          増えてくれたら、かなーりハッピーニコニコです。

          お話した「自転車に出会ってから、今まで」を聴きながら
          やっぱ、いろいろ思い出した。
          Axis-Japanなんて、立ち上げてがんばった年もありました。
          まだサイトは取ってあるので、ギャラリーとか見てみてください。
          今度こっそり、秘蔵写真を追加しておくか...(笑)

          ホントに、自転車を通じて、いろんなステキな方と出会えて
          私はとても幸せだと思います。

          さて、今日は花月園競輪場での「自転車は地球を救う!」
          というイベントのMCを務めさせていただきました。

          オープニングは県警の音楽隊とカラーガード

          「ポニョ」も演奏してくれていましたよ。

          この後は、オリンピックケイリンなどのデモンストレーションがあり、
          みんな、そのパワーとスピードに飲まれていました。

          誰でも、自転車でトラックを一周できる時間帯に突入すると
          たっくさんのお子さんが集まって来てくださって
          補助輪付きから、イルカ型のおもしろ自転車、
          家族で乗れる6人乗りの自転車まで、
          歓声を上げながら、楽しんでいました。

          名前入り完走証も大人気!


          私的一番の目玉は「ニホラ」

          デンマークから自活研の小林さんが持って来た
          お子さん乗せ自転車です。

          前の2輪が支えるBOXには4人までお子さんが乗れて
          120kgまで大丈夫なんだって。
          私も男性と女の子を乗せて一周しましたが
          7段変速で、ペダルはびっくりするくらい軽いの!
          ポジションもスポーツバイクに近いから、楽々。

          小林さんがおっしゃってたように、
          日本のお子さん乗せ自転車では、お子さんが自分の背丈より
          高いところの椅子に腰掛けさせられてるわけで
          自分がそうなることを考えたら、
          やっぱり、ちょっと怖くありませんか?

          それと比べたらニホラでは、
          お子さんの目線も低くなるし、圧倒的な安定感。

          欧米では普通に使用されているこの自転車。
          車中心にルールが作られている日本の道路も、
          方向転換して、走行可能になるといいですね。

          この小林成基さんと「自転車は地球を救えるか」という
          トークショーをさせていただき、
          このイベント記念式典、ケイリンのデモンストレーション...と
          午後の催しも着々終了。

          さてさて、アットホームなこのイベントでは
          フリーマーケットがあって農産物も特価販売中!

          しかも安い...

          私が一段落して駆けつけたときにはもう店じまいされており、
          大根しかありませんでした...(買って来た)

          自転車乗車シミュレーションとか、
          白バイパトカー体験乗車とか
          ホントにイベントが目白押しで....
          私もびっくりするくらいたくさんの方がお見えになりました。
          1000人越えたとか。

          抽選会で、当たった方が取りにお見えにならなかったとかで
          淋しそうだったセイフティーちゃんをいただきました。
          さらに、M社のシャツもいただきました。
          なんだか懐かしいね!

          あのチームが復活した際には、これを着てメカニック手伝いに行くか!

          帰りは、石原裕次郎さんが眠る、某寺にお参りして来ました。

          あまりに地元なので、誉めていいものか悩むんですが、
          スポーツバイクはナシ、絡むのは県警などのカタい組織、でも
          こんなに楽しい自転車イベントが開催できるんだって
          正直、目からウロコでした。

          競輪場に、これほどたくさんのお子さんや女性が
          お見えになったことも珍しいのではないでしょうか。
          中に入れば芝生が美しく、気持ちのいい空間なんですよね。

          改めて、実現に向けて尽力されたスタッフの皆さんに感謝です。
          来年、またこういうイベントが開催されるといいな。

          お越し下さった皆さま、ありがとうございました!

          花月園競輪場

          0

            朝からイベントに来ております。

            今は競輪選手のデモンストレーション中です。

            なんと、トラックの中からも
            ご覧いただけるということで
            お子さんたちが、トラック内で
            しゃがんでプロの走りに見入っていて
            ほほえましいです。

            このあとは、一般の皆さんに
            トラックを走っていただきます。


            「願い」と「夢」

            0
              学生時代に入ってた能のサークルが
              60周年記念誌を作るから、
              私がいた時代の資料を提供してくれと言われていたので
              今日は実家に家捜しに行った。

              私がいた部屋は、もう片付けられてるので、
              かなりの捜索が必要な気配...
              写真や名簿や謡本やメモは見つかったんだけど、
              要の「番組」(演目表のこと)が本棚にもなくて、
              物置の中の段ボールも探したけど
              やっぱり、見つからなかった。
              仕方ない、許してもらおう。

              改めて、自分が残して行ったモノたちを見てみると
              ホントにいろんなことに手を出して来たんだなと苦笑する。
              どれも、中途半端なんだよねー。

              ホコリ吸っちゃって、ちょっとダメな感じ(+_+;)
              でも、ついでだし、ちょっとだけ自転車乗りにいった。

              少年野球が練習してて

              ネットに「夢」って掲げてあった。

              夢か。
              だいそれた「夢」なんて、描けない子供だったな。
              物ゴコロついてからは、ずっと、いつも何かに
              一生懸命になって生きていた気がするけど。

              でも、語尾が「ように」で終わる「願い」ならたくさんある。
              「願い」の親玉が「夢」なのかな。

              一番叶えたい「願い」が、叶えられますように。
              ってさ、願うより、努力しろってか(笑)

              TDHに世界選手権に。

              0
                ツール・ド・北海道ってレースが始まっとります。
                北海道の広大な大地で行われるステージレース。

                あっちこっちから、今年は来ないの?って
                ご連絡をいただいて、切ない。

                実は、今年は不意打ちに現れてやろうと思ってたんだけど、
                二日続けて空く日がなくて、断念した。
                日帰りはかなり厳しいもんね。

                さらに、世界選手権の代表が発表されたんですよね。
                女子が3名になってて、なんだか嬉しい。
                野寺選手が、今度は、行かれて、勝手にホッとしました。
                ヴァレーゼ・イタリア・のでりーの(意味なし)

                世界選手権に、くっついて行った年もあったなぁ。
                もう「思い出」的回想です。
                っていうか、やっぱり今でも、こんな話題になると、
                いろんな思いがぐちゃぐちゃ自分の中を駆け巡って
                何を言ったらいいのか、わかんなくなるんです。

                今週末は日曜のみ出動です。
                朝、先日収録したラジオのオンエアがあるんだけど、
                花月園競輪場で行われる自転車のイベントのMCをします。
                用意したママチャリでバンクを回ってもらったりできますし、
                お時間と興味のある方は、ぜひ。
                私が生まれた街、鶴見を見ていってください。
                生まれた産婦人科も駅のそばにあるし(笑)

                意外と、予定が入らなくて、明日と月曜はオフです。
                オフパクッ
                オフというコトバに戸惑う小心者の私。

                つうか、やることはヤマほどありますがな。
                とりあえず、目覚ましをかけず、
                心ゆくまで寝るべし!

                磐田→奈良→大阪→高松!

                0
                  昨日は早朝から磐田に向かい、自転車通勤の取材をした後、
                  奈良に入って、4日のバイコロジーの打ち合わせ。

                  平城京跡を見せていただいたんですが、なんだかすごい土地ですね。
                  1300年前って、どんな生活だったんだろう?

                  東大寺の回り、ホントにシカがいっぱいいるのね〜。
                  中学校の修学旅行以来でした。

                  イベント当日は遷都くんはご来場いただけないとのことで..
                  代わりに遷都くんレアグッズをゲット!


                  諸事情から急遽梅田に移動して宿泊し、
                  これからバスで高松に入り、
                  10/11-13の自転車ワールドフェスタの打ち合わせです。

                  今日、ついに発売!

                  0

                    やって来ました、発売日!

                    今日「自転車と旅しよう!」が
                    エイ出版社の文庫シリーズから発売になります。
                    いや〜、なんだかキンチョーします..

                    基本的には雑誌「自転車生活」などに掲載された
                    これまでの旅の素材を使い、
                    書き下ろしたもので、
                    10のコースが紹介されています。

                    寝台特急「サンライズ」で行った
                    しまなみ海道、
                    自然遺産、白神山地
                    やはり寝台特急で行った大分耶馬溪
                    「北斗星」で行った北海道
                    肋骨を折りつつ走った
                    佐渡ロングライドの210km
                    落車したツールド宮古島
                    九州・温泉めぐり♀ツアー
                    笑うしかない(笑)八ヶ岳の
                    日本最高標高地点の露天風呂への旅
                    夜景をめぐった東京ナイトライド
                    自転車博物館の古墳めぐりライド。


                    それぞれ、コースマップもついています。


                    いろんなトコに行かせていただいたなあ。
                    どの旅もハプニングやら楽しかった思い出でいっぱいです!

                    キレイな景色を丸ごと楽しめる
                    自転車の旅のよさを出すためにも、
                    かなり写真の多い構成になっています。

                    個人的にはナイトライドの夜景が
                    めちゃめちゃキレイでお気に入り。

                    レポ内容は、本誌掲載時には
                    書くのをためらったとこまで盛り込んだ
                    ケイさんとの八ヶ岳温泉への
                    MTBライドが一番笑えるかな〜。
                    ハプニング、ありすぎでした(笑)

                    さらりと読める構成になっていますが、
                    自転車と一緒に旅してみたいな
                    って、思っている方には、
                    ヒントもあり、かなり楽しんでいただけるのではないでしょうか。
                    たぶん、旅に出てみたくなりますよ〜!

                    どうぞよろしくお願いいたします!


                    富士エコサイクリング!

                    0
                      この土日には、富士山の山麓を一周する
                      「富士エコサイクリング」が行われました。

                      開催カテゴリーは二つ。
                      富士山を一周する117kmと、ファミリーの部の20km。
                      みんな楽しそうだったなぁ。

                      土曜日は、ゴミ拾いや、富士の自然の講習会、
                      環境フォーラムや抽選会が開催されました。

                      環境フォーラムでは、海外ゲストの英語通訳役をうまく逃げ、
                      清水國明さんの進行で展開されるトークをのんきに眺め、
                      実は初めてくじ引き係とジャンケンターを
                      (じゃんけん大会でじゃんけんをする人のこと[今作ったコトバ(笑)])
                      務めさせていただいた抽選会は、
                      かなり好き勝手に進行をさせていただきました...

                      お昼はもつ焼き。

                      ヨーグル豚という、ヨーグルト状にした飼料を与えてるので
                      腸内環境がとてもよく、抗生物質などなしに育った豚さんとあり、
                      モツが肉厚で、ぷりぷりしてて、びっくり!
                      お肉もじんわり甘くて味が深かったよ!

                      さて、当日は5時に受付開始。
                      6時から富士山一周の部のおよそ1000人のスタートを
                      送り出して、しばし休憩。
                      地元ブースが「まかない」用にまぐろのアタマを焼いてた!

                      豪快だ...

                      9時に、ファミリーの部がスタート。
                      最年少は6歳です。
                      みんなかわいいよ〜。


                      10時すぎからは117kmを走り終えた皆さんが、ぽろぽろと帰って来た。
                      今年は皆さんのペースが速い。
                      清水國明ステーションではお汁粉の振る舞いがあったのに
                      最初の方のライダーは、みんな取りに来なかったって。
                      本気モードですね〜。

                      今年もスタート/ゴール会場になった富士ハーネスは
                      盲導犬のトレーニング施設。

                      盲導犬のトレーニングを見せてくれたり、

                      こんなオリジナルグッズの販売も。
                      かわいい〜。

                      売り上げの一部は盲導犬の育成費用になるんだけど、
                      ステファンが妬くと大変なので、購入は断念....。

                      今年は女性/男性の最高齢参加者にアメリカ・ツーソン市からの
                      ゲストが持って来てくださったトロフィーが贈られました。

                      こちらのご家族、女性最高齢68歳のおばあちゃん、
                      息子さん、お孫さんの3代でご参加です。
                      男性最高齢は74歳でした。すばらしいですね。

                      ファミリーも続々帰還。
                      お子ちゃまライダーが一生懸命で〜
                      ものすごかわいい...。

                      お父さんと走れるっていいですね。

                      すてきなお二人と記念撮影。

                      疋田さんは、知識の幅も広いし、お話がおもしろい!
                      この日は、贈られたエコフラッグのジャージで出場。
                      カネシロ編集長はピンクのTシャツが、妙にラブリーでした。
                      そして、この笑顔ですよ!

                      この日はスキル・シマノの畑中選手が走りに来てくれたんです。
                      まだ本調子ではないそうですが、
                      サイクリングペースでコースをめぐり、
                      気さくに、皆さんの質問に答えたりしていました。


                      そして、今大会の最大のニュースは
                      この8歳の最年少参加者、たいがくんが117kmを走り終えたこと!


                      10歳のお姉ちゃんが途中でリタイアし、
                      お父さんも付き添ってコースから離れ、
                      たいがくんは、係員が付いたとはいえ、一人で走り抜いたんです。

                      途中局所的スコールにも見舞われたらしいのですが
                      きちんとレインコートを羽織ってゴール!
                      規定時間からは遅れたものの、多くの方が会場に残り
                      拍手で、たいがくんを迎え入れました。

                      インタビューしても
                      「係の人が一緒にいてくれたから怖くありませんでした」
                      って...しっかり笑顔で答えてくれて、泣ける....

                      急遽、大会側が用意した賞品を授与しました。
                      大きな感動をもらいましたよ〜。

                      やっぱり、富士山を一周するって、すごくいいコースみたい。
                      参加された皆さんの充実した笑顔がとても印象的でした。

                      今年断念された方も、来年はぜひ!
                      参加する価値のある大会ですよ〜


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM