四万十足摺無限大チャレンジライドレポその1

0

    あっという間に1週間経っちゃった!

    3月11-12日に四万十・足摺無限大チャレンジライドを走ってきました。


    1日目は四万十の156.5km、2日目は足摺〜土佐清水〜宿毛の136.5km。
    2日目を20kmあまり割愛することもできますが、
    フルに走ると2日間で293kmを走ります。


    獲得標高は発表されていなかったのですが、
    終了後に確認したら3000mを超えていて、
    この時期は風が強いので、まさにチャレンジライド、です。

     

    スタート時は気温も低く、2〜3度だったのですが、


    2日間とも天候にめぐまれ、18~20度くらいまで上がりました。


    日本で一番最初に桜が咲く高知県。春の訪れも早いのです。

    今回はゲストでもなく、イベントの状況を拝見しに行ったので
    練習もできていなかったし「走れるところまで行こう」
    というスタンスでスタートしました。

     

    さてさて、1日目。

    宿毛市長はサイクリストということで、

    応援のメッセージも心に響くものがありました。

    宿毛にはロードバイクのレンタサイクルもあるそうですよー。


    スタートは朝8時。

    場所取りするのが忍びなく、迷っていたので、最後尾スタートになりました。
    こんなに自信がないのになぜ最後尾?と自分にツッコミを入れる^^;

     

    美しい川の眺めが楽しめる堤防上をしばらく走り、


    14kmほど走ったらもう最初のエイド。


    温かい豚汁が振舞われていました。

    距離があり、完走の自信がないので、
    上着を脱ぎ、速やかにスタート。

     

    今回は「給水場」「エイドステーション」と名称が分かれていたり

    スタートゴールが含まれたりもしてましたが、
    水とお茶と食べ物が用意されたエイドステーションは6箇所。
    かなりいい間隔に設置されていました。

     

    公園?スポーツ施設の間を抜け、次のエイドへ。


    ここでは大ぶりのカツオのたたきが挟まれた
    カツオたたきバーガーが振舞われていました。


    おそらく市販品がそのまま?

    結構なお値段するのでは...


    かなりのボリュームでしたよ!
    大葉が効いてて、さっぱり食べられました。
    かつおってば、パンにも合うのね。

     

    しばらく海のエリアを北上します。
    晴天を受け、海の色もとても美しかったです。

    応援してくださる地元の方もいらして!

    そして濃い青色の海♪

    次のエイドではお豆腐のお味噌汁が振舞われ、
    みなさん、室内でくつろいでいました。

    ここを越えたら上りエリアなのです。

     

    私はくつろぐ時間の余裕もないので、速やかに先へ。

    今年は以前の上りは回避されたそうで、
    かなり楽チンなになったのだろうと信じ込んできちゃったのだけれど、
    結構じわじわ登ります。。。


    地形的にここで登らないと一周できないもんね(笑)

    大きな道ではなく、集落に入り、田畑や家々を見ながらのライド。
    素朴な感じの上り坂をえっちらおっちら登ります。
    たいして勾配はキツくないけど、なんだかずーっと登っていたような。

    ようやくいつもの道の駅のある道に復帰。

     

    前回は大雨で足切りギリギリに飛び込んだ大正の道の駅。
    今回は余裕を持ってたどり着けました。
    ポカポカ陽気でみなさんのんびり。

    しいたけうどんとしょうが大福が出ました!

     

    私はもうそこそこ脚に来ていて地べたに座りたくて、
    みなさんとちょっと離れたところで休憩。
    腰の痛みが出ていたのだけれど、だんだんひどくなってきた。

     

    自信がない時はともかくエイドを短く!が鉄則。
    ここもサクサクスタートします。

     

    十和に入るころには美しい四万十川の眺めが楽しめるようになります。
    まだ冬景色ですが、川は雄大で美しい!

    くりのお菓子が魅力的なとおわ道の駅も今日はスルー。


    今年も向かい風が強く、思うようなスピードが出ず、
    知らずしらずの間に、疲労が溜まっていきます。。

     

    あの絶品あゆフライや山間屋さんがあるよって西土佐まであと少し!
    今年は山間屋さんのケーキが出るんだよー!

    と思ったら、トンネル脇の旧道へ誘導されました。。
    うへー。
    トンネルをまっすぐ行ったらダメですか?(泣)

    チャレンジライドってやつです。


    川や田園風景を見ながら西土佐を目指します。

    南下すると、景色がだんだん春めいてきます。

    そんな変化も楽しいですね。

     

    ようやく!
    西土佐へ。


    ここではかわいいカップケーキとぜんざいがふるまわれました。


    甘いものが本当にうれしい!

    このころには腰がもう激痛になっていて、
    ペダルを踏み込むと、尖った痛みが走るように。
    はー
    痛い〜。

    カメラを背負ってのライドは限界を迎え、ここで断念。

    フロントバッグにしまうことにしました。

    これ以上痛めるともう乗れなくなっちゃうかもだ。

     

    好天なのに、どうもうまく進まず疲労が溜まっていく…

    同じ感覚を共感してくれる同士とそんな話をして、少し気が軽くなった。
    ここでは少し休んでから、先へ。

     

    あとはかわらっこの麦屋のうどんだ!

     

    この西土佐付近も川の景色はとても美しいのです♪

    このペースでいけば完走は大丈夫なはず。

    なんせ娘を預けてるので早く帰ってあげたいけど、
    私の脚力ではペースアップは難しかった。。。

     

    最後のエイドは麦屋さんのバナーが!
    まさかのうどん1人前!


    青のりうどん、冷たくしても美味しいんだよね〜!

     

    ここで、この先に峠があることを聞いてしまう。
    宿毛まで近道をするために、13%程度のそこそこの勾配の峠を越えるとか。
    ううっ。


    最後の最後、このタイミングで峠ですか?

     

    超余裕でゴールできると思ってたのに、計算が狂ってくらくら。

     

    麦屋の毛利社長は四万十を代表するサイクリスト。
    サポートライダー筆頭最後のグループと伴走してゴールするそうで、
    当たり前だけど超余裕な表情で待機してました。

     

    私にも脚があればなぁ。
    「峠ったって、本当に短い登りですよ」
    と”鉄人”毛利氏に笑顔で勇気付けられ、
    イベントについて意見を交わしてから、脚に自信のない私は先へ。

     

    あと、ちょい!

     

    どんな登りでも、スピードは出なくても、
    落ち着いてペダルを回していれば終わるのです。

     

    「スピード」ってやつを出そうとすると、
    途端に自転車はキツくなるんだよね〜。

     

    焦らず、無理をせず、
    淡々とペダルを回して、宿毛へ。

     

    スタートゴールのある公園が丘の上なので、
    そこそこの登りがあるのですが、これがちょっとキツい。

    多くのスタッフの方が拍手で迎えてくださり、

    四万十コース、無事完走。

    おいしいケンボロー豚のフランクフルトと文旦が待っていました。
    ホットコーヒーなどもあって、すごくありがたかったー!

     

    この文旦の皮の砂糖漬けがまた絶品!

    自分で作るとこんなにうまくいかないんだよね。。

     

    娘は県のスタッフの皆さんによくしていただいて、
    宿毛総合運動公園を満喫し、思いっきり遊べたようで、
    よい子にしていました。
    朝4時に起きてきちゃったのがたたり、3時間くらい寝たそうです(笑)

     

    無事のゴールは嬉しかったけど、想像以上に腰と股関節を傷めていて
    床から立ち上がろうとすると、力が入らなくなるほどの痛みが走ってました。

     

    周りの声を聞いてみても、妙にキツかったという声が。
    まだ体ができていない時期に、向かい風のロングで
    体に堪えてしまった方が多かったのかも。

     

    湿布薬を試して、ノンカフェインの栄養ドリンク飲んで、

    ともかくも早く寝ることとして、翌日に備えました。

     

    明日は明日の朝が来る!

     

    ということで、レポートは次号へ。


    ゴッドハンドのところに行ってきた!

    0

      昨日、ずっと行きたかった場所に行ってきました。

       

      浦和の金田BodyTalking
      ゴッドハンドってやつです。

       

      ロードレーサーでもあり、トライアスリートでもある金田さんが、

      平たく言えば「スポーツ整体」的なことをやっています。

       

      それだけじゃなく、ポジションや身体の使い方なども含め、

      総合的に見てもらうこともでき「埼玉自転車王国」にもご出演いただいたことがあります。

      ストレッチやパーソナルトレーニングもやられているみたい。

       

      私は極度の血行不良で、でもデスクワークも多く、

      荷物も重いので、すぐに肩〜首周りが固まってしまうんです。。

      結果、脳貧血を起しやすかったり、

      顎関節症になり、ちょっとでも集中したり、ぐっと身体を固めて何かに取り組むと、

      口が開かなくなるようになっちゃったりしてて。。


      そもそも、ここ7〜8年は首を回すことができなくなっていました。
      耳も常にぼーっとした感じになっていて。

       

      一度、どうにかしてもらえませんかと施術してもらったら!

      首周りをほぐしてもらっている間にスパーンと周囲の音がクリアに聞こえるようになって、

      終わったら「首回し運動」ができるようになってて!すごすぎる!!

       

      いまだから言いますが、準備体操などの首回しは私はできないので、

      いつも回したフリをしておりました(笑)

       

      もともと耳管が狭いそうで、めまい体質なのですが、

      学生時代から右手に力を込めると、当たり前のように

      「ぐぐぐぐ」と鳴ってた耳の中の異音がなくなって!

      生涯これは続くと覚悟していたので、まさに人生変わった感じです。

       

      これまで施術してもらったことはあったけど、身体がこんなに変わったことはなかったです。

      というかこんなに変わることが人生であるなんて。。

      ゴッドハンドってのは本当に実在するんだ!と、いたくびっくりしたわけです。

       

      もっと頻繁に通えたらいいのですが、なかなか時間が取れなくて。。
      昨日、やっと立ち寄ることができました!

       

      私のスケジュールが押してしまって、

      当初の予定よりかなり短い時間になっちゃったのですが、

      それでも背中に血がめぐってくる感じ!首周りが軽くなる感じ!耳の聞こえがまたクリアになる感じ!

       

      週末に無理な強度で乗っちゃったので、身体の固まり方がハンパないそうで(笑)
      左臀部〜ハムストリングスの張り方がすごいらしくて、
      おそらくそれは右腰をかばっていたせいだと思うけど、
      人間の身体ってすごいなぁと思いました。。

      それにしても上半身は右がガチガチ、下半身は左がガチガチって、絶対にいけないよねぇ。

       

      そんな発見もあり、本当に診てもらえてよかった!

      昨日は時間の制約があり、短時間で急にほぐしたから、

      もみかえしがきちゃう可能性があるというので、ちょっと用心しながら過ごそうと思います。

       

      しっかりほぐしてくださった金田さん。


      本当にありがとうございました!

      またよろしくお願いいたします!!

      私がほんとにボロボロな感じですが(爆)

       

      特に運動で身体を使う方には本当におすすめですよ!

      身体をばっちりほぐしてくれますし、

      身体の使い方などのアドバイスももらえます!


      霞ヶ浦を走ってきたよー!

      0

        3日に霞ヶ浦を走ってきました!

        よく走っているようであって、でも、意外と久しぶりな感じ。

         

        この日はこのエリアのモニターツアーがあり、参加させていただいてきたのです。

        BICYCLE TRIPさんもいらしていましたし、ライターさんとかモデルさんとか、

        参加者はいろいろ!

         

        霞ヶ浦ふれあいランドでレンタサイクルをお借りしました。

        ジャイアントのクロスバイクとミニベロを

        7箇所で貸し出し&返却ができるようです

         

        まずは行方市の歴史探訪へ。

        行方には歴史スポットが多いそうなんです。

        大場家住宅や

        芹澤鴨氏の生家

        新撰組を作った精鋭達の足跡をたどってきました。

         

        新撰組押しがすごい!

        愛を感じますね。

         

        実際に血を受け継いだ新撰組の子孫の方のお店に行ってみたら

        こんなカルメ焼きが。

        さっそく一本買って買い食いしてみました()

        おいしかったー!

         

        短いサイクリングだったけど、向かい風や横風にやられて

        お腹もぺっこぺこ。

         

        初めてスポーツバイクに乗られたという方にとっては、

        ハードな風もときどき吹き付けてきていましたが、

        皆さん、落ち着いてすごく上手に乗られていました。

        霞ヶ浦に戻ると、魚の加工工場などがあるらしく

        ぷーんといい香りがしてきて、一同

        「おなかすいたー!」

         

        今日のランチは「かすみキッチン

        この建物の2階にありました。

         

        ここの一階には自転車が並んでいました!

        レンタサイクルサイクリングツアーなどの企画が行われているようです。

        ツアーには、フルーツ狩りとか、地元を楽しめるいろんなプランが

        詰まっているようです。

         

        ちなみに、上のハッスル黄門さまのノボリが茨城の自転車サポートステーションの印。

        コンビニなどにも掲げられています。

         

        さてさて、ランチ。

        かすみキッチンでは、地元の食材を使って、

        おいしいランチを食べさせてくれるのです。

        お品書きもおしゃれだし、

        テーブルにはレンコンスタンプが。

         

        この日の一番人気は蓮根食べて育ったという蓮根豚のハンバーグ!

        これは絶対においしいと思ったけど、

        霞ヶ浦で採れた白魚ってのがすっごく気になって、

        「しらうおの卵とじランチ」をオーダー。

        淡白な身が、濃厚なたまごと相まって、

        さらに味付けが絶妙!

        しっかり旨味の乗った卵とじでした。

        かなりヘルシーだし、自転車乗りにいいね。

        お味噌汁もおダシが効いてて、すっごくおいしかったー!

         

        デザートは苺ソースのミルクムース。

        苺ももちろん地元の苺なんだとか。

         

        皆さんはここから車に乗ったのですが、

        ここで終わりじゃもったいないよー!ってことで、

        私だけ、もう一度自転車をお借りし、土浦まで走らせていただくことになりました。

        青い空が広がった今日、真っ青な湖面が太陽の光に輝き、

        キラキラして、本当にきれい!

        ルートの反対側には一面の蓮根ばたけが広がり、

        夏はハスの花がすごく美しいのですが、

        今日は水面がキラキラ輝いて美しかったです。

         

        霞ヶ浦周は、車と自転車歩行者道とが分離されたエリアと、

        車も通る道とがあるのですが、

        車と一緒に走る道も、スピードを上げて走ってくる車は一台もなし。

        こっちの道は、車と同じ制限速度で「走って」いいので、

        その意味でも気楽でした。

        自転車歩行者道の方は、歩行者の方がいらっしゃる可能性があるので、

        注意しながらのサイクリングになりますが、

        車は来ないので、安全に美しい環境の中を楽しめます。

         

        とはいえ、今日は記録的激向かい風で、

        ミニベロだったこともあり、ぜんっぜんスピードは出ず、

        走ってるというか、ともかく進んでるという程度のスピード。。

        何回か飛び立ちそうになりました。。()

        ビンディングのありがたさを知ったよー。

        滑らないように踏ん張るから、膝下がパンパン...

         

        このエリアでは、ハス畑の向こうの一般道も並行して走ってるのですが、

        一般道の方が、少し風の勢いがソフトでした。

         

        工事中の箇所とか、風が強い時はときどきそっちの道に回避しながら

        土浦を目指しました。

        こちらでは、ハス畑を眺めながら走ります。

        これはこれで、とってもキレイでしたよ〜

        夏は一面がハスの花畑になるのです!

        ちょっと極楽浄土的な異空間になりますよー。

         

        パン屋さんがあったり、もちろんドリンクを買える自販機もあるし、

        こちらの道を行くのもなんだか楽しかった。

         

        この日一番の収穫は、

        このサイクリングロードに矢羽のペイントをしている真っ最中だったこと!

        こうやって描くのかー!!!

         

        方向を示す矢羽がこうやって一定の間隔で描かれていると、

        右側通行の国からきた人でも、逆走もしないでしょうし、

        道にも迷わないし、車からはマークもしっかり見えるし、すごくいいと思う!

         

        個人的には堤防の上とか、湖沿いとかの市街地以外のサイクリングコースにも

        ブルーラインを全部に引いちゃうと、暖かい雰囲気の景観には似合わないし、

        そこまで道に迷わないわけではないので、どうなのかなあと思っていて。

        この程度の矢羽と、今どこにいるのかがわかる目印があったら一番いいんじゃないかなぁ。

        「ともかく全ての両端にブルーラインを引かなくては意味がない」と言う方もいるのでしょうし、

        これも意見が割れるんでしょうね。

         

        薄暗くなっても視認性が落ちないよう、黄色い線が入っています。

        これはこの土地オリジナル。

         

        ハス畑側からの道の合流地点は、よりしっかりと描かれ、

        合流する車にも「ここには自転車が来るかもよ!」と注意喚起してくれています。

         

        いいねー!

         

        このルートのペイントはかなり凝っていて..

        前にも紹介したかもですが、

        このマーク。

         

        日本語がわからない人でも「あ!釣りしてる人が出てくるかも!」

        って気づけるし、なんだかちょっと面白いし、いいなと思う。

         

        霞ヶ浦のルートを出ると、すぐお向かいにつながっていました。

        これなら、迷わないですね。

         

        自転車は土浦まちかど蔵「大徳」に返却。

        店内には魅力的なアイテムがいっぱいあって、

        帰りの電車が迫ってるのに、お菓子とかいろいろ買っちゃいました。

         

        はー。

        風は辛かったけど、楽しかった!

         

        今月、もう一度茨城に走りに行く予定!

        次はどこに行こうかな〜。


        埼玉サイクルエキスポ、終了しました!

        0

          サイクルエキスポ、二日目!

          さいたま新都心駅の改札を出たら、もうサイクルエキスポ一色でした!

           

          今日も本当にたくさんの方々にご来場いただき、大盛況でした。
          昨年をかなり上回ったのではないかと思います。

           

          個人的には、買う気満々だったのに買い忘れたアイテムが
          最大の後悔でしたが(笑)、来場者の皆さんが楽しそうでよかったなぁ..と。

           

          いろいろ直前の変更があって、バタバタ対応に走り回ってしまいまして、
          お声かけいただいたのに、ご挨拶しかできなかったりもして
          失礼してしまいました。。
          お声かけくださった皆さま、ありがとうございました!

           

          さてさて今日は、ウェアのコーディネイトを担当した
          たんぽぽのお二人とのステージ!

           

          私が川村さんを担当し、武田和佳選手が白鳥さんを担当しました。

           

          川村さんは、ちょっとシックなモノトーンにして

          差し色に赤を使うコーデをやってみました。

          反響の大きかった川村さんのウェアは

          MYNのジャージ

          Fmaのタイツ

          タキザワのバイクスカート

          ボントレガーのシューズ

          に差し色として、赤いバフと、赤いオージーケーカブトのアイウェアを合わせました。

           

          カラーコーデ用にアイエッジのDacoのモノクロなども用意して。

           

          バッグはKTCのバッグ、ヘルメットはKOOFUのCS-1のヘリンボーンでした。

           

          白鳥さんはLivにタキザワの白いバイクスカート。

          張りがあるので、美脚効果が高いです。

          ラベルのバッグなどもお借りしました。

           

          急遽、川村さんにビンディングを体験していただくことになり、

          脱着が楽なものじゃないときびしいと考えて、

          ダメ元でLOOKさんにお願いしに行ったら、本当に快くペダルとクリートを貸してくれて

          トレックさんがボントレガーのシューズを貸してくれて、

          クリートもつけさせてくれました。

           

          本当に本当に感謝です。。

           

          やっぱりLOOK!

          人生で初めてシューズを履いて、ビンディングを体験する川村さんも

          すんなり脱着ができました。

          私、女性にはLOOKがオススメだと思うんですよね。

          スニーカーでも踏めるし。

           

          超臨機応変に対応してくれて、楽しいステージにしてくださったたんぽぽさんに感謝!

          よくわからない中でもしっかり進行してくださった鈴木アナ、手島アナにも感謝!

          毎日明るく魅力的なトークをしてくれる武田和佳ちゃんにも感謝!

           

          最後は丸本莉子さんのライブで幕を下ろしました。

           

           

          自転車なんか全然わからない中で、いろいろトライしてくださってる

          運営会社のテレビ埼玉さんは本当に大変だったろうと思います。

           

          ともかく無事に終わってよかった!

           

          県庁がこういうイベントを主催しているって、本当に稀なことだと思いますし、

          それはそれは大変なことだと思いますが、

          サイクルエキスポは年々進化しているように感じます。

           

          あと、今日は

          こんな展示もありました。

           

          野口商会さんが、車椅子のタイヤを作られたそうなんです。

          車椅子のタイヤは床を汚さないグレー一色。

          選択肢もなかったそうです。

           

          リムにパステルカラーをあしらったタイヤを作ったところ、

          寄贈された小児医療センターなどでは「気持ちが明るくなった」と大喜びされたそうです!

          ほんのちょっとしたことだけど、使われる方にとってはとても大きなこと、ですよね。

           

          利益の出るはずのない商品ですが、社会貢献の一環として、

          製造分すべてを買い取ることで、特別に生産してもらうことができたとか。

           

          これまで、車椅子を使われる方のそんな思いを想像したことなんてなかったことに気付き、

          ハッとしました。。

           

          ちょうど少し前に、障害を持たれている方も動きやすく、暮らしやすい環境を作るための

          他者への「配慮」というものについて話題になったばかりで。

           

          こうやっていろんな存在の方々ことを思い、考え、それにしたがって行動が変わる、ってことが

          誰もが暮らしやすい社会に変わっていく一歩なのだろうと思いました。

           

          すごくいい「気づき」をさせていただきました。

           

          サイクルエキスポは入場無料で性別年齢問わず、

          自転車愛好家的な方でなくても足を運んで楽しめます。

           

          ここで触れた情報がきっかけで、日常使いしている自転車にも

          新しい関心を寄せてくれるようになったり、

          安全に乗ろうという気持ちになってくれたり、

          健康のために自転車を活用してくれるようになったり、

          ...という方も、きっといらっしゃると思います。

           

          こんなイベントがどうか長く続いてくれますように。

           

          ご来場くださった皆さま、ありがとうございました!

           

          おいしいメロンパンいただきました❤️

          ありがとうございました!
          まず、娘が飛びついてすごい勢いで食べてました(笑)

          ウィラースクールin前橋byタキザワサイクル

          0

            昨日は前橋グリーンドームで開催された

            ウィーラースクールin前橋に行ってきました。

             

            時期的に過去に雪になったこともあり、怖いので前橋に前泊しました。

            朝、前橋駅前のSAVE ONに行ったら、

            豆腐工場直送の製品がすごく豊富で安くて、買いたくなっちゃった〜。

            中にこしあんのはいったやわらか豆乳だんごがなんと216円!

             

            あー。

            あの1リットル98円の豆乳も買って帰りたかった。。

             

            スクールは76名の3歳から13歳の元気なお子さんが集まり、

            それはそれは大盛況!

            まだペダルなしのお子さんもいれば、

            ロードバイクでレースにも出ている本格派もいて

            参加者の幅も、ともかく広い。

             

            チャレンジと、スポーツクラスに分かれてもらい、

            講師は競輪の選手会のみなさんと、グリフィンの選手の皆さんだったのですが、

            講師のみなさんに分かれてもらい、それぞれのコースを担当してもらいました。

             

            さらにペダルなし組は別運営。

             

            こんなに広い全天候型の会場で、思いっきり自転車で遊べるのは

            子供達にとって、ものすごく魅惑的だったことでしょう。

            うちの娘も、会場入りしてからずっと興奮状態でした。

             

            休み時間は、自発的に「ブラッキーさんと遊ぶ会」が結成されていました。

            楽しげな子供の声を聞き、次々子供達が集まってきてしまって、

            最後にはかなりの人数に。

            さすがブラッキーさんだわ。

             

            私は全体のタイムキープをしたり、状況の確認をしたり、修正したりする役割だったので、

            あちこち回っていたのですが、ふと休み明けに娘を見たら、

            かたくなに拒絶していたスロープに自分で登って行っては滑り降りてる!

             

            ゆるいスロープを足をつかず安定してすべりおりられれば、

            バランスが取れているということなので、ペダルも付けられる、ということで

            バランスのチェックにごくゆるいスロープが使われているのです。

             

            私が公園などでやってみようよと言っても、気分を害してしまい、聞かないのですが

            こういう環境だと、周りを見て、自分でやるみたい!

            ほとんど足もつかず、降りられるようになっていて、感動。。

             

            ちょっと親の手を離れて、他の子の真似をして、工夫してみて、

            うまく行ったら、すごくうれしい!

            という体験をさせられることができてすごくよかったです。

             

            午後は希望者のみ、バンク一周のタイムを計るTTをやったのですが、

            娘もまさかのやる気を出してバイクを持ってきました。

            いつもならありえない!

             

            こんなバランスバイクでも、ちゃんとタイムを計ってくれて、

            まさかの滝沢社長が拍手までしてくれてる...感涙。

             

            最後は全員を4チームに分けて行うジャンボリレー!

            こんなヘルメットカバーでチームの色分けをします。

             

            とはいえ、一周8分かかるバランスバイクから、

            20秒台で帰ってくるロードバイクまでいて

            チームわけがものすごくむずかしい。。

            子供達の個人差や機材差はものすごく大きいのです。

             

            あくまでも遊びなので、いろいろ補正しながらやったのですが、

            真剣に競争したいお子さんたちもいるし、これは今後の課題ですね。

             

            でも、応援したり、誰かのために一生懸命走るって経験は

            すごくいいことだと思う!

             

            あれほどまでに欲しがっていたビッグチャメット君のジャンケン大会には

            体力切れで参加できず、しがみついて寝てしまい、ずっと爆睡状態。

            衣服を着たら16kgを軽く超える娘を抱いてバンクを登れず、

            記念撮影にも参加できませんでしたが

            本当に出し切ったのでしょう。。

            来て、よかった!!!

             

            こんなスクールが無料で参加できるなんて、本当に夢のような話です。

             

            よく考えたらすごいことだけど、このスクールは

            サイクルショップタキザワさんのサポートで実現しているもの。

            参加賞などでご協賛いただいている企業はあるようですが、

            ほぼ全て、タキザワさんによるものだと思います。

             

            子供たちに、正しい自転車の乗り方や楽しさを教えたいという思いなのだと思いますが、

            実際は、本当に大変なことだと思います。

             

            娘にすばらしい経験をさせてもらった親として、

            深く深く感謝しています。

             

            今回もネタを交えながら、ルールから実技までしっかりと伝える楽しい運営をしてくれた

            ブラッキーさんにも感謝!講師の皆さんにも感謝!スタッフの皆さんも感謝!

             

            市長さんもご挨拶にお越しになる予定だったそうで(急な公務で叶わなかったようですが)

            伺えば、前橋市はこれから自転車関係のことをいろいろと進めてくれそうな雰囲気。

            これからに期待が持てますね♪

             

            一企業がこうやってスクールを開くのは、

            正直、すごく難しいことだと思いますが、

            学校が教えてくれない以上、自治体とか、

            どこかでこういうスクールを開催していかないと、

            未来は変わらないですよね。。

            本当は家庭で伝えられたらいいのでしょうけれど。。

             

            「楽しかった!」うまく乗れるようになって「嬉しかった!」と

            娘も語っていました。

            3歳児にはまだ1回のトークでルールを理解してもらうのは難しいので

            繰り返し、繰り返し教えていくことになりますが、

            もっと大きな子供達はルールもしっかり確認できたでしょうし、

            「楽しい」「うまくなってうれしい」という感覚があれば、

            安全に乗るためのテクニックも、しっかり吸収できることだと思います。

             

            こういう「効果の出るスクール」が各地で開催できるようになれたらいいな。。

             

            私自身、いろいろと考えることも多い、貴重な機会になりました。

             

            皆さんに、ありがとうございます!


            荒川サイクリングロード

            0

              先日、来月の埼玉自転車王国の撮影で

              荒川サイクリングロード近辺を走ってきました。

              ゲストはずっと調整しながらも実現しなかった

              たんぽぽの川村エミコさん!

              久々の屋外サイクリングになったと思うのですが、

              ノリノリですごく楽しんでくれました。

              またスポーツバイクファクトリースズキの店長にもお越しいただきました。

               

              私の相棒は久々のタイレルFSX!!

              走行性能はばっちりだけど、折りたためて、しかも軽い。

              そんないいバイクなのに、作ったけど展示とかに使ってるだけで、

              全然乗ってなくって〜

               

              今回、乗るっていう意味では初お目見え的な感じになりました。

               

              今回は荒川近辺をゆるゆるサイクリングという企画だったのですが、

              いつもドロップハンドルばっかりだったので、

              景色もよく見えて、リラックスできて、

              フラットバーもいいなと再認識しました。

               

              ウェアは私も川村さんもカペルニュールを着用しました。

              このグローブ、あったかいけどワタがパンパンに詰まった感じじゃないから、

              つけ心地もよくって、すごくよかったです。

              手首のところがふんわりやわらかくて気持ちいい。

               

              朝は氷点下だったりしたので、防寒対策も。

              スニーカーにも着けられるトゥカバーを使いました。

              あったかった!

               

              走り慣れたエリアだけど、ビュースポットとか、

              鈴木店長にいろいろ教えてもらいながら走ると、

              また違った楽しさもありました。

               

              オンエアは埼玉を中心としたJ:COMで来月1日からです。

              グルメもあり、楽しい仕上がりになっていると思います。

              ご覧になれる環境の方はぜひぜひご覧ください!


              プレミアム・ロードバイク・セミナーvol1

              0

                昨夜、橋本で第1回のプレミアムロードバイクセミナーが開催されました。

                ゲストは地元出身のブリヂストンアンカーの初山選手。

                フェイスブックなどでの告知のみだったのにも関わらず、
                多くの方にお集まりいただきました。

                開催を知って、これは行かなくちゃと思ったものの、
                湘南バイシクルフェスの日で、娘のこともあり、
                なかなか難しいと断念してたのですが、
                お声かけいただき、いろいろやりくりして、
                開始前に行かれることになったのでした。

                第1回ということで、シンプルなトークのみでの進行で、
                手探りな感じになりましたが、
                かなりじっくり話を聞くことになり、
                初山翔好きな方にとっては、いろんな面が見られて
                すごく貴重な会だったんじゃないかと思います。
                印象が変わった、という方もいたかも。

                ともかくも、初山選手はサービス精神旺盛に、いろんな話をしてくれました!

                このセミナーはこれからも回を重ねていく予定とのこと。
                たぶん、どんどんよくなっていくと思います。

                次回以降もご期待ください!
                 


                GCS忘年会へ

                0

                  昨日は横浜のミニベロショップ、グリーンサイクルステーション(GCS)の忘年会でした。
                  12月恒例のイベントで、これが来ると、ああ今年がもう終わる…と感じます。。


                  実は今年、GCSタイレルのFSXを購入したのですが、
                  思えばほとんど乗りに行かれないまま年が暮れました..。
                  あのタイレルも、カドワキさんにお願いして、
                  オリジナルカラーで塗っていただいたのですよ!!

                  乗らなくちゃ。

                   

                  毎年、娘同伴で行かせていただいており、娘もすでに今年3回目の参加。
                  大きくなったなぁとしみじみ思うわけですが、
                  鈴木社長のお子さんたちは、もう大人の域に入っていて、
                  なんとも「子供はいつか大人になる」ことを実感させられる機会でもあります。

                   

                  今年もいろんなブランドさん、代理店さん、媒体の皆さんがお越しになっていました。

                   

                  娘は今年は大はしゃぎで、
                  これまた恒例のこのケーキに二人で入刀してみたり

                  ステージでしゃべってる人のところに乱入するわりには
                  マイクを向けると恥らうわ、

                  最後、カドワキ社長から歌を歌おうとの提案があり、
                  曲がかかると、娘は飛び出して行って、踊る踊る。。

                   

                  会場でただひとり、汗でずぶ濡れになってました。

                  間奏のところで私の席に戻ってきて
                  「この曲、むずかしいね」と真顔で語っていました(笑)

                   

                  子供って自由だー(笑)

                   

                  最後に吉川さんと。

                  妊娠中もいろいろとお心遣いをいただいて…
                  あっという間にここまできましたよー!

                   

                  抽選会でもふたりともすごいものが当たってしまい、
                  私たちはなにも景品を持って行っていなかったのに
                  申し訳ないやらうれしいやら。

                   

                  とても、とても楽しい時間でした。
                  お招きいただき、ありがとうございました!!


                  バイクロア、サイコー!

                  0

                    秋ヶ瀬バイクロアを走らせていただいてきました。
                    楽しかったよー!

                     

                    自転車の運動会ということなんですが、 レースだけでなく、
                    遊びゴコロ満載の会場で。
                    紅葉も美しくて、来場者の皆さんがゆったりと楽しまれていました。

                     

                    グルメブースも本当に多彩だったし、
                    お子さんが遊べるようなエリアも作られていて、

                    娘を連れて行かれたら、どれだけ楽しんだことだろうと
                    なんだか申し訳なく思いました。。
                    (娘は元気げにはなったのですが、まだ食事も摂れていない状態だったので
                    大事をとってDNSとなったのでした。。)

                    子連れ自転車乗りのみなさんには、ホントにホントにオススメのイベント!

                    自転車に乗れないひとも、走ってどうにかなるリレーのカテゴリーもあるし。

                     

                    私はさおりんにお借りしたバイクでレディースカテゴリーに参加。


                    オフロードにまったく自信がないのに、試走もできなかったし、
                    番組のオープニングを撮って、ドンで出る形になって、
                    運動センスなさ満天の私はかなりビビってました。。。

                     

                    ところが。

                    お借りしたMTBがかなり高性能で、「こりゃダメだ!」
                    と思うようなラインで入ってしまっても転ぶこともなく、
                    突っ込めばどうにかなって。
                    サスペンションも素晴らしくって、ただひたすら楽しかったです。

                    お写真をお送りいただいたのですが、

                    どれもレースとは思えない笑顔(笑)

                     

                    でもオフロードってあまりにうまくいかなくって笑っちゃうんですよね〜

                    「ああっ、これは転ぶ、転ぶ、転ばなーい!」とか、

                    一人でしゃべってたような。。。

                     

                    コースも、こんな私でも走れるんだから、相当エントリー向けに違いないっす。

                    (オウルクラスには、お子さんもエントリーされてましたし)

                     

                    走る前はオーバーパスは恐ろしい建造物にしか見えなかったけど、

                    乗ってみたら意外となんでもなくって。

                     

                    ただ、何度も靴紐がほどけてクランクやらチェーンリングやら、

                    ペダルやらに絡まってしまって立ち行かなくなり、
                    停止して結び直しで、グローブで結べなくて、手間取って、

                    後ろの方にご迷惑をおかけしてしまいました。。

                    ひも靴でオフロードに出てはいけないと悟りました。
                    いや、そもそも私がもっとぎゅっぎゅぎゅっと締めておけばよかったんだ。

                     

                    あと、ショートパンツはサドルにひっかかるからダメだと知ったよ。

                    ショーパンならタイトフィットタイプでないと。

                    スカートの方がよいね。

                    潔くタイツで行くか。

                     

                    こんなヘタレライダーにめっちゃ多くの方が歓声をかけてくれて
                    すごく嬉しかったです。

                    本当にありがとうございました!
                    一応体裁はレースなわけですが、こんなにみなさんと
                    コミュニケーションをとりながら走るってのはすごい経験です(笑)
                    レースなんですけど、ずっと笑ってました。

                     

                    スポーツバイクファクトリー北浦和スズキの鈴木店長は


                    ファストクラスに参戦したのですが、
                    レースは最初っから速い速い!

                    このゆるゆるイベントで、ここだけレース会場みたいだ!!!


                    鈴木さん、この速いレースの中で、ものすごい健闘されていました。

                    今日仕事ができているのか心配です。

                    ショップのみなさん、休ませてあげてください!(笑)

                     

                    うちのだんなさんもここに参加したのですが、

                    前日のイベントで疲れ切ったらしく、モチベーションはえらく低かったのですが(笑)

                    プロのプライドがあるのか、応援も受けて本気で走らなくてはと思ったのか、

                    今季初のシクロクロスなのに、一時は優勝するんかという勢いで。

                    お約束の「悔しい、悔しい」ポーズでゴールしてました(笑)


                    でもミニスカパンチラのディフェンディングチャンピオンが


                    爆発的な走りで表彰台のてっぺんを取ってました。

                    このミニスカパンチラ優勝者と、奥の木の上から見下ろす観客。。

                    バイクロアっぽい(笑)

                    「人間は見た目にだまされてはいけない」という好例ですね。はい。

                    来年はだんなさんがニーハイとかで出てみたらいいと思う。

                     

                    最後はこにわさんが出るオウルクラス。
                    仮装大歓迎のカテゴリーなのですが、仮装の本気度がハンパない!

                    ここに写りきってないけど、ホントにホントにすごかったです。。。

                    ここに全てをかけてきたんじゃないかと。

                     

                    こんな4人乗り自転車で来た家族も。

                    公道では走れないし、前から2番目は幼児がペダルを回せるような席が付いていたし、

                    いったい、いくらかけて作ったんだろう?

                    あのコースを走って、お子さんが無事だったかどうかが心配ですが、

                    会場は大いに沸いていました。


                    修造さんの「本気」Tシャツのこにわさんが普通のひとに見えたわ(笑)

                    でも、ポッケにはアレが入ってましたよー。

                    笑ってて終わっちゃったので、こにわさんの写真を撮ってなかったのです!!!

                    失敗!!!

                    オンエアで見てください!

                     

                    ポタガールは今年結婚したさおりん扮する花嫁とブライドメイド。

                    ハッピーをおすそ分けという感じで、お菓子をふるまってました。


                    泥んこレースとはかなり違う雰囲気のドレス姿の集団で、すんごい存在感でした。

                    仮装ってのもいいね。

                    ハロウィンでやるより、ここでやったらいいと思う。

                    私。

                    ホントに。

                     

                    ここは各ウェブなどのイベントレポートをぜひぜひ読んでくださいね。
                    たぶんいっぱい写真があがってくると思う!

                     

                    私たちの走行の詳細は、来月オンエアのJCOMさいたまの埼玉自転車王国でご確認ください。
                    カメラを付けて走ってたので、いろいろあるんじゃないかと(笑)

                    客観的に自分が走ってる姿を見るのが結構怖くはありますが。。

                    普通に走れてたのかなぁ。

                    だれか下ってるときの写真があったらください!

                    ちゃんと下れてたかなぁ?


                    とくにネタをやりながら走ってたこにわさんはすごかった。。

                    いやー。

                    本領発揮でしたね。

                    笑った、笑った。


                    個人的なことを言えば、ともかくも、走りきれてよかった。


                    今朝、熱が下がり、おお神よ!という感じだったのですが、

                    なんせウィルスに胃をやられて、丸二日ゼリーと甘酒。
                    でも、それでもどうにかなることがわかりました。

                    麹の甘酒のパワーはともかくすごい!

                    会場でもおいしい甘酒を出しているお店があり、救われました。

                     

                    いやはや。

                    MTBを買ってしまいたくなるくらい、楽しかったです。

                     

                    参加されたみなさん、お疲れさまでした!

                    実行委員会のみなさん、すばらしいイベントをありがとうございました!

                     

                    Buchiさん、Katoさん、お写真をありがとうございました!


                    ホノルルレポ!写真とともに。

                    0

                      なんと、公開しそこなってました!

                      綾野さん撮影の写真とともにホノルルセンチュリーライドのレポートです。

                      娘をチャリオットでひいて、一緒に走ることとしたものの、
                      自力で行けるのは80kmを限界と読んでいました。

                      8月にひどく体調を壊し、それを引きずったままだったし。

                       

                      近年のセンチュリーライドはアップダウンも増え、向かい風なんてこともあり..
                      ツアーの参加者どなたにも会えない可能性もあり、

                      せめてゴールのお迎えをさせていただこうと思って。

                       

                      子供を乗せて引っ張れるチャリオットは重量はありますが、

                      かなりスムースに転がるので、平坦であれば全然問題なし。
                      ただし、登りになった途端、がくっと重くなるんです。

                       

                      危ない時にすぐ足がつけるフラットペダルで行こうかと思ったけど、
                      せめて持ち合わせてる力をもれなく使えたら!と、

                      ロードシューズで行くことにしました。

                       

                      スタートは走行スピード順なので、
                      さすがに時速30kmのAに娘をひいて並ぶのはまずかろうと、
                      Bの最後尾に並んでスタート。

                      これが大失敗!!

                      6:15頃にはスタートできたものの、

                      混んでいて時速15kmしか出せない状態でコースを行くうちに
                      ずるずると遅れて、とんでもない差が開いてしまいました。
                      これじゃ、参加者どなたにも会えないよー!

                      しれーっと Aから出ればよかった!

                       

                      今年突然追加されたハナウマ湾への登りが、まずは最初の難関。
                      これまでの「ハートブレイクヒル」より、

                      長くて、ちゃんと登る必要があるんです。

                       

                      1km以上あるのですが、手元のサイコンでの計測では

                      最大勾配が一瞬8%くらいが付く程度で
                      ほとんど3~4%の登り。
                      意外なくらい難なく登ることができました。
                      よかった!

                       

                      朝の光に輝く海と山と、超美しい絶景を眺めながらハナウマを下り、
                      最初のエイドであるサンデービーチパークへ。

                      参加者はどなたもいらっしゃらない。。。

                      娘はここでもう寝てしまっていました。


                      大急ぎで水だけいただき、出発しようとしたら、
                      ツアーのサポートライダーのお二人が声をかけてくれました。

                      今回ツアーの参加者の皆さんはみなAから出て、かなり順調に走っているとか。

                      なんとすばらしい!

                      でも、どなたにも会えないまま終わることになりそうだな。。

                       

                      ここからしばらく一緒に行ってくれることになり、

                      さらに「きついところは軽く押してサポートします」と言ってくれました。

                       

                      「押して走れるなら、ジャンプアップさせたいんです。

                      絹代さんが誰にも会わずに終わるのは、やはりよくないと思うんです。」

                       

                      はっ、と。

                      当たり前ですが、ツアースタッフで来ているのに、この状態はまずい。。

                       

                      50マイルの折り返しまで順調に行かれたら、誰かに会える?

                      ともかく75マイルの折り返しに制限時刻の10時半までに着けば、多くの方を見送れるかも!

                      そこまで全力で行っても、6時間あれば、ひとりで帰ってこられるだろう。

                       

                      「お願いします!」

                       

                      ここからが決死隊。

                      私は、そもそもない脚でともかくがんばって、

                      内山さんと金田さんが道路状況を見ながら、押せるところは押してくれました。

                      景色はキレイだけど、風がきついことが多い海沿いエリアもクリア。

                      ジャングルエリアもなんなくクリア!

                       

                      あっという間にふたつめのエイド、50マイル折り返しへ。

                      今中さんと綾野さん、ツアー参加者の皆さんに追いついた!

                      娘が朝からほとんど食べてくれてないので、

                      熱中症にならないように、かき氷や飲み物、バナナを渡して、

                      強制的に水分と栄養補給。バテちゃいますもん。

                       

                      体温が上がっちゃった時用にと用意してあった冷えピタを見つけられてしまい

                      貼りっぱなしになっちゃって、写真写りがえらく悪い(笑)

                       

                      短めの休憩で、大急ぎでスタート。

                      さぁ、ここからは完全に想定外のライドです。

                       

                      目指すは75マイルのエイド、セブンイレブン!

                      そこまで行かれたら、たぶん多くのツアー参加者の皆さんに会える。

                      帰りは、まぁ、ちょっと休めばどうにかなるだろう!と。

                       

                      またお二人が合流してくれて、きついところで押してくれることになった。

                      本当に本当にありがたい。

                       

                      自分が持ってる限界の速度では、たどり着けたとしても足切りになるかもしれないし、

                      そんな風に走ったら、そのあと、一人で帰る脚はもう残らないかも。

                       

                      市街地を抜け、ひたすらひたすら次のエイドを目指す。

                      後ろで「押しすぎないように」と話し合ってるのが聞こえる。

                      いつもはなんでもない小さな登りでも、チャリオットを引いているとそこそこの勾配に感じるのですが、

                      そのプラス分をある程度カットするような方向でサポートしてくれてるらしい。

                       

                      なんと10時過ぎにセブンイレブン到着!

                      奇跡だー!

                      かなり多くのツアー参加者の皆さんがいて、ここで記念撮影。

                      はー、よかった!

                      目的達成です!!

                       

                      娘もチャリオットから出てきてエイドのクラッカーをいただいたり、写真を撮ったり。

                       

                      でも、でも、ここまできたら、もしかして、いけるんじゃない?

                       

                      東武トップツアーズのツアーにはサポートカーがいるので

                      折り返しまで引っ張って、そこでサポートカーにチャリオットを乗せられたら、

                      帰路は参加者の皆さんと帰れるかも!!

                       

                      こんな素晴らしい天気の日。

                      折り返し近くの、コース内で一番美しいビーチを見たいし、見せたい!

                       

                      幸いにも今年はほぼノートラブル。

                      (だからサポートライダーのお二人も普通に走っていた)

                      相談してみたら、ツアーのサポートカーもトラブルがないので稼働しておらず、

                      「お客様にトラブルがあり、自転車を積まなくてはいけない場合は

                      チャリオットと娘を降ろす」という条件付きなら、

                      と、いうことで乗せてもらえることになった。

                       

                      よし、いざ!

                       

                      今中さんまでときどきサポートしてくれて、

                      順調に一番美しい海のエリアへ。

                      チャリオットの中から「海だ!」という娘の歓声と

                      海だかこいのぼりだかの歌が聞こえてくる。

                      本当に本当にキレイな海。

                      車窓から見るのと、自転車の視線、スピードで見るのとでは、

                      やっぱり、感動が全然違うんだ。

                      センチュリーライドを走るなら、この海まで見たいよね!

                       

                      居合わせた参加者の皆さんも交え、絶景ポイントでパチリ。

                      ここまで来られたこと、みんなで写真を撮れたことが、すごくすごくうれしかった。

                      ひとえに内山さん、金田さんのおかげです。

                       

                      折り返しのエイドへ。

                      ドーナッツやクラッカーにピーナッツバターを乗せたものとか、

                      一通りつまんでセブンイレブンへ

                      なんとなく、ここでスパムおにぎりを食べるのが定番なんだー。

                      娘に変なおもちゃを買わされたけど(笑)

                      なぜか跳ぶ写真がブームになったー!

                       

                      サポートカーにチャリオットと娘を積み込んでいただいて、

                      皆さんと一緒にスタート。

                       

                      自転車がうそみたいに軽い!

                      電動アシストみたいだ!

                       

                      ...でも、脚は残ってない...まずい。

                      食べ過ぎも響いたかも(汗)

                      今中さんと綾野さんは、もっと前方を走っている方々の撮影もあり、

                      前に上がって行って、

                      私たちはツアーのリボンを着けた皆さんと一団でゴールを目指すことになった。

                       

                      エイドでは食べ物はだいぶ少なくなっているのだけれど

                      中にはなぜか追加でピザが運び込まれてくるところもあったりで、

                      帰路のエイドのたべもの探しも、実はそこそこ楽しい。。

                      このプリッツェルとピーナッツバター、バナナの組み合わせは

                      当初から予定されていたのか、思いついて並べてみたのか、不明。

                      でも、意外と美味しかったよ(笑)

                       

                      最後の難関、マカプウの登り。

                      心が萎えるんですよねー。

                      でも、景色がキレイだと、頑張れる!

                       

                      参加者の皆さんの中には、メカトラとか、転倒などのトラブルもあったけれど、

                      ともかく大事はなく、無事にゴール!

                      これまで何度もセンチュリーライドを走ってきたけれど、

                      今年はちょっと自分の中でも特別でした。

                       

                      腹筋すら触ると痛いくらいの私の全力総力戦だったのですが、

                      そこまで頑張れたこともすごく達成感があって、気持ちよかったし、

                      娘がチャリオットから海を見て、すごく楽しんでくれていたことが嬉しかった。

                      勝手に「やり遂げた」思いでした。

                      今年のツアーはいつも以上にアットホームで、仲間感が強くて、

                      参加者の皆さんとわいわい走るのも、すごく楽しかった。

                       

                      今年はともかく天気に恵まれて、いつも以上に絶景の連続で、

                      改めて、ハワイを自転車で走ることって気持ちいいんだなとも思ったし、

                      (だってクルマで走ったら、絶対にこんな感動はないもの!)

                      「キレイ」「おいしい」みたいな感動を共感できるって、

                      すごく楽しいことなんだなって。

                       

                      ツアーにご参加いただき、一緒に走ってくださった皆さま、

                      本当にありがとうございました!

                       

                      来年も、晴れるといいな。

                      来年は9/24の開催のようです。

                      いまからスケジュールを空けておいてくださいねー!

                      シクロワイアード にもツアーのレポートがあります!)



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM