快晴!富士ヒルクライム

0
    昨日は、こんなにキレイな富士山、見たことない!って
    思わず絶叫するくらい、すばらしい景色が広がっていて...
    最高の富士ヒルクライム日和になりました。

    写真提供:マップスポーツ山崎さんラッキー

    私は、会場入りした後、6時のバスで5合目に。
    4時の段階で、五合目の気温は3度だったのですが
    このピカピカの晴天に、気温はぐんぐん上がって、
    上着を着てさえいれば、過ごしやすい気温になりました。

    今大会、4719名の方がエントリーした最大の大会になりましたが、
    5合目へ向かう観戦バスも、今年は最大の人気だったとか。
    乗客は主には、奥さまや、お子さんたちだったのですが、
    わんちゃんを連れていらしてたり、お揃いのジャージだったり。
    選手たちのフィニッシュを待つ五合目もいい雰囲気でした。

    ジャスティンさんと携帯電話でつないだりしながら、
    五合目とスタート会場の皆さんにアスリートクラスの状況をレポート。
    10km地点で筧選手を振り切ってからトップをひた走った
    リンタマン・クリス選手(FUJIバイクチーム)の独走優勝。
    昨年の成績に失望し、この大会のためにトレーニングをして来たそうです。
    筧選手が「クリスが強すぎた...」と語ってました。

    みんなめっちゃいい表情でゴールして来るの。
    出し切ったんだろうなー。
    体調不良を押して点滴打って参加した片山右京さん、
    今中さん、カネシロ編集長、鶴見辰吾さんらのゴールを見届けて、下山。

    でも、あまりにも五合目の居心地がよく、例年と比べ、
    選手たちがなかなか下山して来ないという事態発生(笑)
    クリス選手など、早めに下山して来た選手のインタビューを経て、
    表彰式へ。

    カネシロさんが仕切った大大大抽選会は
    前日中止になった抽選会分の賞品が持ち越しになっていたため、
    賞品が尽きず、延々大盛り上がり大会になってました。

    それにしても、カネシロさんのパワーはすごい。
    ファンが多いのもうなづけますよー

    今回ご一緒させていただいたジャスティンさん。

    恐縮してしまうほど、心遣いの細やかな方で、瞬時に状況を判断して
    さっと対応してくださるし、すごく勉強になりました。

    そして懸案のパールイズミ製スカートですが、
    結局皆さんの意見を総合して、迷彩柄に。

    この記念ジャージも、さわやかでいい感じでしたよ!

    こんなステキな大会のMCを務めさせていただいて、
    本当に幸せでした...。
    お声をかけてくださったみなさん、ありがとうございました!

    この後はカナイさんに、アクセスのいい駅まで
    乗せていただいたのですが、道中、現地からのメールや
    テキストライブで追っていた全日本選手権の最終局面の展開に
    帰れなくなってしまって、思わず二人でファミレスでお茶(笑)

    かなり無意味に大緊張して、気持ち悪くなりましたが(爆)
    ...野寺選手優勝に湧きました。
    こういう展開で勝つってすごい!

    これほどみんなに愛されて、尊敬されてる選手もめずらしいよね。
    静岡の応援団、めっちゃよろこんでるだろうなぁ。

    最後まで粘った和郎選手、淳哉選手の健闘も、嬉しいニュース。
    今季は人が変わったようだって、たくさんの方が言ってるの。
    すごくいい素質と気質を持った選手たちだから、がんばってほしいです。

    富士ヒルでは、選手、応援の方の、めっちゃ楽しそうな表情を見られたし、
    幸せな気分にしてもらえた一日でした!

    TOJ最終ステージ、終了。

    0
      昨日、大井埠頭周回コースで
      ツアー・オブ・ジャパン、最終ステージが
      開催されました。

      朝はあいにくの雨でしたが、
      スタートの頃に雨が上がり始め
      周回コースに入ってしばらく経つ頃には
      もう傘も手放せるようになりました!

      周回コースに入りまもなく、数名の逃げ。
      これはポイント賞狙いだったのかも。


      この逃げも吸収され、仕切り直しに。
      補給地点でボトルを渡すスタッフにヘルメット着用が義務づけられ、
      (かぶらないとペナルティーらしい^^;)
      奇妙な光景になってました....
      海外チームは余計に「なぜなんだ〜ムニョムニョ」って感じかも。


      さて、そんなこんなしているうちに、また動きが。
      ムロズの選手が一人抜け出した。


      そして、新たな逃げ集団が。

      ここに乗るべく、岡崎選手ら数名の選手が全力で追って行く。
      晋一選手、アンカーの雅道選手、NIPPOの井上和郎選手、と、
      すでにいるメンバーもなかなかのもの。
      決まるか?

      ここに、Aスタイル2名、マルコポーロ、
      シマノ真理選手、アンカー中村誠選手、
      メイタン宮沢崇史、岡崎選手らが合流して
      14名の逃げ集団を作った。
      後続との差は2分20秒まで開いた。

      ここから、ラスト3周、晋一選手とムロズのディロレンツォがアタック。

      数秒差で、追う12名。



      先頭14名の逃げ切りも確定かと思われたが、
      メイン集団もスピードアップ。


      どうなるか?

      先頭との差は1分を残し、最終周回。
      晋一選手ら2名は吸収され、14名の中の決戦に。

      トップでフィニッシュしたのは、ムロズのマルチン・ゲンプカ。
      宮澤崇史選手、山本雅道選手が2、3位。

      というわけで、すべてのステージが終わりました。
      明るいニュースと言ったら、
      西谷泰治選手がポイント賞を守ったことかな。


      柿木brsと田崎綾マッサーが、きっちりサポートしてた
      実業団選抜チーム。

      43歳の奈良選手から、19歳の中山選手まで、年齢も、
      背景もさまざまなれど、すっごくいい雰囲気で、
      ステージを重ねていました。
      今後に、期待です!

      ツアー・オブ・ジャパン、全ステージが終わりました。
      今年も、海外勢が強かったですね...

      昨日は、MTBの北京五輪選考会が開催されており、
      片山梨絵選手、山本幸平選手が勝った模様。

      今週末は、いよいよロードの全日本選手権。
      私は富士ヒルクライムに行きますので、会場を伺えませんが、
      いいレースになりますように...

      TOJ伊豆

      0
        昨日は、修善寺、日本CSCでツアー・オブ・ジャパンの
        第6ステージ、伊豆が開催されました。

        修善寺駅前をスタート。

        パレード区間を終えCSCに入り間もないうちに、逃げが決まりました。

        メイタンの福島晋一、シマノの狩野智也、トレックのリス・ポロック

        4名はなおも逃げ続け、

        差は1分40秒,45秒と開いて行きました。

        リーダーのゴンを抱えるソウルが集団を引き、
        必死に4名との差を詰めようとするのですが...


        あまりに情勢が変わらないので
        私たちは、応援しながら勝手に盛り上がる....

        追撃集団が乱れ、スピードが上がっており、
        何かがあったに違いない。
        来たぞ、来たぞ、と盛り上がる私たち。

        メイン集団のソウルが先頭を引く構図は一気に崩壊。


        次の周回は山岳賞。
        晋一選手が山岳賞ポイントに向け、激走してきた。

        動いた!

        先頭集団に野寺選手や、佐野淳哉選手、Aスタイル、サウスオーストラリア
        いろんなジャージが加わって来た。

        スピードが上がり、後続はバラバラになり、縦長に伸び、
        一人一人の選手が,必死の形相でバラバラになって上がって来る。

        がんばれ!

        私はこのあたりでゴール地点に向けて下山開始。
        また先頭が入れ替わってる〜

        新城、土井(たぶん)、康司選手が先頭を走って来た。

        10秒差ほどで、追ってくる集団は、オーストラリア色...


        どうなるんだろう?

        ラスト1周の鐘が鳴り、トップで駆け抜けたのは
        地元出身スキル・シマノの野寺選手!
        会場は、大盛り上がり!
        ゴール地点から振り返ると、コースが見えるんだけど、
        走って行く遠くの野寺選手に向けて「のでらぁ〜!」って叫んでた。

        さらに、野寺応援団も「逃げろ、逃げろ」と大歓声。
        超かわいい....

        私たちも「逃げて〜」と騒ぐ...。

        一同はオーロラビジョンに注目。
        だんだん残り距離が少なくなって来て、
        トップでコーナーを曲がって来たのは、
        スキル・シマノのジャージ、土井選手だ!
        湧く会場。
        追うのは黄色と黒のジャージ、アレクサンドル・オーラ。

        ホームストレートに目を凝らし、
        見えたジャージは...黄色い....

        オーラが優勝。
        ロベルトラッシュが次着、土井選手は3位でした。

        勝つって、ホントに、ホントに大変なことだ...

        グリーンジャージのゴン選手は
        (なぜかみんながゴンちゃん、ゴンちゃん呼んでます)
        2回のメカトラで、うち一回はチームカーが見逃したらしく
        対応してもらえないという不運に泣いたようです。

        レース終了後、泣き崩れて
        しばらくテントの裏に呆然と座り込んでいたとか。
        ソウルの選手は愛嬌があって、歓声にも答えてくれるので
        みんな一緒に同情...

        でも、彼は86年生まれ(片山選手と全く同じ誕生日)
        の若い選手なので、今後に期待です!

        さて、表彰台。
        あまりに西谷選手の印象が濃く、他を憶えてない^^;

        他の選手の表彰の間、ポーカーフェイスで
        お腹を押さえる西谷選手。
        気になって仕方ない....


        両手を挙げた瞬間、ひらひら落ちるスポンサーロゴシート。
        あああああ
        MCの白戸太郎さんが後ろから貼り付けて(でもナナメ)

        もう一度記念撮影して、めでたし、めでたし。

        こんなときにもネタを忘れないなんて、さすがです。

        今日はMXテレビで生中継。
        最終ステージです。
        品川駅から無料シャトルバスも出ますし、
        ぜひ、会場にお越し下さい。

        雨が降りませんように!

        富士山ステージ、終了。

        0
          今日はめちゃめちゃいいお天気でした!

          さて、全長11.4km。
          今年はグループ分けせず、全員の選手が1分おきに出てしまうので、
          最後の選手のスタートまでの時間が短く、危険だったのですが、
          富士山もきれいだし、歩いて上がることにしました。
          ここ数日運動してないから、ハイキングってことでジョギング

          歩いて上がると、コース全部見られて、
          どんだけハードなのかよくわかるし。
          全員の選手を見られるし。
          本気の撮影なら、ポイント決めて狙った方がいいんだけど、
          プロじゃないので、個人の楽しみ優先です。

          サポートカーは、各チーム、1人の選手にしか付けられないから
          パンク等に備えて、オフィシャルがきっちり準備。
          マビック&シマノ&カンパニョーロのタッグです。
          壮観...


          こんなお子さんたちも、応援に来てくれました。


          先行出発する前に、スタート台からの風景を。
          緊張するんだろうな。


          最初は勾配もそれほどではないんだけど、
          歩くのと自転車とでは坂の影響は違って、歩く方がずっと楽なの。
          これ、自転車だったらかなりキツいに違いない。

          ちょうど斜度のキツいところで雅道選手が来た。
          富士山があんまりキレイなので、後ろ姿とともに。


          出発が遅れちゃったから、最終選手のゴールまでには、
          フィニッシュエリアに行かれないかもしれないけど、
          とりあえず、せっせと歩く。暑くて、ゆだる〜。
          水あんま持ってないから、干からびそう...

          しめた!

          補給カーに、お水とマアム3枚いただきました!

          すぐそばを走って行く選手たち。
          平坦系の選手ほど、息づかいは荒くって、遠くから聞こえるくらい。
          流れ落ちる汗が、ぼたぼたと地面に落ちて行く。
          ああ、キツいんだろうな。

          しつこく日焼け止めを塗り直しつつ、先を行く。
          個人総合の順位の後ろの選手から一人ずつスタートするので
          だんだん、上位の選手になって行くの。
          一概には言えないけど、上位になるほど、
          だんだん、上りが軽やかになって行く。

          アンカーがサポートカーを付けたのは長沼選手。

          監督からポストカード、森川マッサーからゼリーもらっちゃった。

          このあたりから、本当に勾配が厳しくなって来るから。
          勾配の険しいところでは、蛇行して上がって行く選手も出現。

          予想外のタイミングで現れたNIPPOのジャージ。
          ありえないびっくり
          先に出た選手たちをゴボウ抜きにしてきたガロファロでした。

          何人抜いて来たんだ〜!

          もう、このあたりは、総合上位の選手ばかり。
          ムロズのチームカーの監督の怒鳴りがめちゃ怖い。

          ソウルの監督の、ハングルな叫びを受けながら、
          まるで平地のように現れたゴン選手。

          ここ、上りですから...

          全部の選手を見送ったときには、まだ1km残ってた...
          この最後の1kmの勾配が、悪夢のように険しいの!
          自転車で上がるところじゃないよー。

          結果、ずば抜けて速かったガロファロ選手が優勝。
          43分1秒32、平均時速15.9km/h。
          すげー
          パンターニ選手に憧れて、上りの練習したそうです。

          さて、明日は伊豆ステージ。
          最終日は東京、大井埠頭のクリテだから、
          展開としては、明日が最後な感じですよね。

          どうなるか、楽しみです。

          TOJ、飯田ステージ!

          0
            今日は、ツアー・オブ・ジャパン、
            略してTOJの飯田ステージに行って来ました。

            実は、生でロードレースを見るのは
            去年の夏以来….なんだか、緊張。

            パレード走行をする選手を見送って、
            山岳賞のエリアへ。
            ここの路面には、例年たくさんの選手の名前が
            チョークで書かれているんです。
            さすがに、メイタン強し!
            でも、こんなのも。

            注:ジョニーとは愛三の田中監督の愛称です。

            今日は晴天。
            飯田で流行っているのか、この頭傘。

            幾人かの方がかぶっていました。

            そうそう、この坂で愛三の別府匠選手に会いました。
            ずっと自転車に乗れてないんだけど、
            やっとギブスが取れたそうで、ひとつストレスが減りました、って。
            8/16オンエアのNHKの番組に自転車の王子として
            出るらしいので、これも要チェックです。

            もう、誰を応援したらいいのかわかんないんだけど、
            その場に居合わせた人たちと、わあわぁ応援。

            序盤からの逃げ。
            ポイント賞ジャージの西谷選手が勇ましい。


            ふと見たら、ポロシャツに、てんとう虫が止まってた!

            なんか縁起いい感じ♪
            でも、てんとう虫はなぜ「しあわせ系」に
            分類されてるのか、実はよくわからない。
            模様も冷静に見れば毒キノコみたいなのに〜

            まぁ、縁起いいってことで!(笑)

            ホント、みんな久しぶりで…
            チームカーの隊列の中にいる各チームのスタッフも
            超久しぶりなので、いちいち嬉しい。

            一番いい仕事してたチームカーは、これ!(笑)

            ステッカーを受け取った方に、
            「このコムレイドってチーム、誰を応援すればいい?」
            って聞かれて、一同「監督でしょ」

            ここから、ガロファロとサイモンクラークが抜け出した。
            ガローファロ、引きまくり。

            残りの先頭集団のメンバーを飲み込んだ数名が、
            先頭を追う。

            タイム差1分で最終周回。
            なんとなく、イタリアで会った、ガローファロには
            思い入れもあるので、逃げ切ってほしかったけど、
            まず、ガローファロが千切れて、サイモン独走。

            結局二人とも残り5キロくらいで飲み込まれて、再び集団に。
            最後、新城選手がかけたけど、その後ろに控えてた
            サイモンクラークが再び前に出て、
            そのまま快調に加速して、優勝。

            いくらガローファロの後ろで
            常に足をためてたとはいえ、強い….
            ん?足をためるポジションを選び続けられたってとこが強いのか。

            最後、不運にも落車してしまった佐野淳哉選手。
            かなりの出血で、足を引きずって歩いてたから、心配だったけど、
            ポケモンバッグを持って、にっこり笑ってくれました。
            ここで気分的に沈んじゃったらダメなんですよ!って。


            診察の結果、骨とかには異常なかったって。
            よかった….

            TOJは明日は移動日。
            次は富士山のタイムトライアルステージです。

            佐渡ロングライド!

            0
              5/17-18に行われた佐渡ロングライド210kmのこぼれレポです。
              ライドのレポと写真は来月26日発売の雑誌「自転車生活」に載ります。
              必ず、見てね。

              ジェットフォイールという高速船で佐渡入りし
              レンタカーを借り、遅い昼食を摂ることに。

              フェリーで黒マグロネタを聞いたため、一同頭はマグロ。
              レンタカー屋さんおススメの回転寿司に。

              これで、690円!安い!
              飲み放題のお味噌汁には、エビの頭がゴロゴロと...

              会場入りすると、たくさんの方が集まってました。
              さっそく、カンパニョーロブースに私のバイクをお渡しし、
              足がない上に、ろっ骨2本折っちゃった私の強力なアシスト
              シャマルを付けてもらうことになった。

              じゃーん。
              かっこええ〜。
              こりゃ、完走しないわけにはいかない....


              抽選会が終わり、宿へ。
              同じく強力なアシストになるサプリ類を入れるため
              でっかいサドルバッグを買って来たので、取り付けて、夕飯へ。
              糖質を摂っておいた方がいいので、おなかパンパンに完食〜。

              朝はいろいろ怖いから、早めに起きて大浴場に行ったら、
              ボランティアのガールズが「こんな時間に起きたことないし〜」
              とだべりつつ、ぐりぐりメイクしてて、苦笑。
              そうだよね、まだ4時前だもん。

              長時間乗っても、汗かいても、ずれないように、工夫して
              テーピングテープを留めて上から固定バンドを巻く。
              弁当を同室のサイスポのむつみさんの分も持ち帰り、先に食べた。

              さて、出発!
              空気はちょっと冷たい....
              スタートは、一応、前の方に並ばせてもらった。

              脚を黒光りさせたファンライドのカネシロさんを最前列に発見。
              「アグレッシブな脚ですね〜」と挨拶すると
              「いや,絹代さんみたいにアグレッシブな生き方してませんから」
              ふたりで爆笑。

              サイスポの岩田編集長に挨拶すると、開口一番
              「朝からでっかいモンブラン食べてたんでしょ?」

              う、なんでそんな情報が伝わってるの..汗

              同室だったむつみさん経由らしい...
              私の手よりでっかいモンブランを発見して、
              こんなときしか食えないからって、朝から一人で食べてたの〜
              こ、これが楽しみでロングライド走ってるんです!
              それにしても、うまかったポッ

              えと、スタート!
              さすがみんな速いよームニョムニョ

              タムタムことT編集長が急遽来られなくなって、
              代わりに私のお守に送り込まれて来たNさんには
              「最初はゆっくり行きましょう」って話してたのに
              彼の「ゆっくり」は私には速く、自分の足のなさを悟る。

              エイドステーションでカンパのIさんと遭遇。
              私に合わせたペースで前を走ってくれたから、
              徐々に脚が慣れ、私の順行スピードも、徐々に上がった。

              だんだん順調に。景色もめっちゃキレイ!


              ただ、お昼を食べてからが、キツかった。
              鎮痛剤を飲んで10時間後。
              徐々にあばらの違和感が強くなり、路面の振動で痛み始める。
              やばい...冷や汗

              エイドで鎮痛剤を追加。サプリと胃薬も飲んで、
              固定バンドもギリギリ締め直した。
              ここでは、マッサージを受けられるんだけど、
              「うつぶせになってください」
              無理です....

              ラスト50kmに出発!
              たった50km、されど50km...
              もうすぐ坂道エリアなの。

              でも、薬が効いて、復活〜。お薬バンザイ!
              橋からの眺めがキレイ!

              ジャパンな「わびさび」感も漂う海沿いの道も。


              この辺りから上り坂の登場。
              いったん降りたら終わりな気がして、全部乗り切る。
              とろとろ自転車でも、歩くよりは速いのだ。

              最後のエイドステーションに到着。
              ゆでだこ系に顔から湯気る。
              でも、ここさえ通過すれば、完走確実だよ!
              またとどめに日やけ止めを塗り固めて出発。

              ここから始まる坂が...

              終わんねー。

              勾配は緩いのに全然終わんないの。
              もうやってられなくて、写真を撮って気を紛らわす。

              ヤバい...
              見慣れたバン車が横を通り過ぎて行く。

              次の坂を上って行ったら、てっぺんでカメラ回してるし〜
              某BS社の映像チームが収録中。
              もうちょっとキレイなうちに撮ってよ!

              次の坂を上ってたら、またクルマの音が近づいて来る。

              今度は、横付けしてるし〜たらーっ
              私はいつもクルマから撮る役割の方なのに...

              ひときわ背の高いSさんは
              「脚回ってるね〜」と茶々を入れ、
              さらさらのロングヘアーで美しく座ったつぐみさんは微笑み
              マップスポーツの山崎さんは写真を撮る。

              (提供:山崎さん)

              「じゃぁ、僕たちは車で行くから!」
              とコトバを残し、笑顔で去って行った...

              あばよパー

              ここさえクリアすれば、もう後はゴールするだけ。
              最後は市街地の平坦エリアなのだ。

              フィニッシュ。

              帰って来たよ!一周走り切ったよ〜、生きてるよ〜。

              晴天、風なしのお天気が味方してくれて、
              あと、たくさんの方のヘルプをいただいて、
              完走にこぎつけました。
              やっぱ、諦めないで、走ってよかった!

              思ったより、女性参加者の姿も目立ってて、
              なんだか嬉しかった。
              みんな速かったけど...

              助けてくださったみなさま、ホントに、ありがとうございました!

              松屋銀座トークショー

              0
                今日は、松屋銀座さんでトークショーを
                やらせていただきました。

                最初から最後までひとりしゃべりなので
                妙に緊張しちゃって...
                掛け合いがないと、単調になっちゃうから、
                観てる方も疲れそう。

                ロード×シティバイクフェスタということで
                ママチャリとスポーツバイクの違いに焦点を当てて、
                ちょっとバイクに乗ったりしながら、
                お話をさせていただきました。



                今日もウェアーはルコックです。
                この前の富士と同じノースリーブなんだけど、
                こうやって着ると、また感じが違うよね。



                もうちょっと内容を絞り込んで
                メリハリ付けた方がいいのかな。

                まったく自転車経験のない方が、聞いてくださったときに
                興味を持っていただけるようなお話しができていたら、
                とても嬉しいのですけれど。

                それにしても、キレイな展示。
                すごい盛り上がってました!

                今日はズームインの西尾アナがいらっしゃてって
                顔小さくて細くてめっちゃ美人だった〜。
                はー、感動....

                あと、フジテレビの特ダネもいらしてて、
                映像を撮っていらっしゃいました。

                両方、オンエアはいつなのか、知らないんですが
                月曜あたりなのかな。

                松屋さんのセンスの良い展示と、
                それをご覧になる皆さんを拝見して、しみじみ感動...
                自転車に新しい波が来てますね。

                サイクリング協会の会報誌に、
                栄養関係の連載を持たせていただくことになりまして、
                そのカットを撮っていただきました。
                こっちはかなり夏な感じのウェアーです。


                さぁ、明日から佐渡です。
                うー。
                だいじょぶかなぁ。

                イオンエコイズム、最終日

                0
                  さて、エコイズム最終日(5/5)は
                  ウィーラースクールの日!

                  会場入りする途中でロードに乗る人を見かけ、
                  おお!と思ったらブラッキー親子でした...
                  朝は、朝礼でみんなを前にご挨拶。


                  11時開始なのに、当日参加者が集まるのか不安で
                  スタッフが試乗スペースでデモンストレーション。

                  キクちゃんは3本ローラーで喝采を浴び

                  山本雅道選手も、子供に混じってアンカーに乗る。

                  豪華だ....

                  そんな努力の甲斐あって、あっさり定員に。
                  よかったーニコニコ

                  こどもたち、めきめきうまくなって、
                  最後はこんな隊列で一定ペースで走行するまで上達。

                  すごいよ〜ラッキー集団走行、できてます!

                  13時から大人対象の回をこなし、
                  14時15分から「キクちゃんのバイク解体ショー」

                  私のカメラ中継もだいぶうまくなってきました!?
                  お子さんたちも興味津々に見守ってくれました。

                  3日間毎日、バイクを解体しては、夜ホテルで組み立ててくれた
                  キクちゃんに、大きな大きな拍手を!拍手

                  そして15時からウィーラーキッズの2回目。
                  雨になっちゃった...うまくできなくて泣いちゃうお子さんもいたけど
                  みんな最後は楽しんでくれたみたい。
                  あんまり体調がよさそうじゃなかった雅道選手も
                  笑顔でみんなをサポートしてくれました。

                  GWの最終日に、設営から撤収までこなしていらした
                  ウィーラーのスタッフの皆さん、お疲れさまでした!

                  16時からのクイズ大会を経て、ステージはすべて終了。
                  3日分の問題を作るために、ブリヂストン・サイクル社の商品と
                  YAMAHAのPASには、ずいぶん詳しくなりましたよ〜

                  アジア選手権後のタイトなスケジュールの中で
                  ヨーロッパの街並の映像など、すばらしい映像を編集し、
                  ご提供してくださったシクロイマージュさんにも、
                  深く、深く感謝します。

                  このイベントを実現させてくれた、
                  イオンの関係者の皆さん、スタッフの皆さんに、拍手。
                  自転車なんて、全然関係のなかった方々が
                  一生懸命になって、「限られた予算の中で
                  みなさんに喜んでもらえるプログラムを!」って、
                  1ヶ月以上、毎日朝早くから夜遅くまで。

                  自転車スクールで、メーカーでもないところが、
                  自転車、メット、グローブを計60人分
                  すべて貸し出すって大変なことなんです。
                  使った自転車は、まともな売り物にはなりませんし...

                  手さぐりでしたが、微力ながら、お手伝いができて、
                  これだけのものを実現できて、よかったです。
                  これが、これからのいい流れにつながってくれますように。

                  そして、改めて、お越し下さった皆さん,
                  ありがとうございました。

                  表富士レポ

                  0
                    書いたままアップしてなかったの!
                    ごめんなさい...
                    表富士自転車登山競争大会を振り返ってみましょう!
                    (レポはサイクリングタイムでどうぞ。)

                    いきなり余談だけど、道中、高速道路で、
                    背中に「三輪車」と文字の入ったジャンパーを着て
                    この三輪バイク↓をかっ飛ばす方が。

                    ノーヘル、でも、バンダナ。

                    このマシン、すげー高いお金お金らしいよ。
                    これから、あのジャンパーを着た仲間たちの集会があるのだろうか。
                    柱の影から見守ってみたいぞピピピ

                    さてさて、26日は前日受付&展示試乗会&前夜祭。
                    雨になってしまいましたが、富士宮市役所1階の各社のブースには
                    多くの方にお立ち寄りいただきました〜。

                    ワイヤレスマイクを持って各ブースをめぐり、
                    好き勝手に、いやがる担当者の方も、しゃべりたがる担当者の方も(笑)
                    無理矢理コメントをいただき、ブースのご紹介。

                    14時頃、招待選手陣が到着。
                    真鍋和幸、佐野淳哉、山下貴宏選手(NIPPOエンデカ)と
                    チームコルナゴのサポート選手で、ディフェンディングチャンピオンの
                    佐々木優也選手(京都産業大学)

                    ものすご久しぶりなので、「きゃーっ、久しぶり〜」
                    と、私は一人で盛り上がる。
                    でもみんなクールで、あんまりトークしてくれなくて不満(笑)

                    7階でライディングクリニックの打ち合わせ。
                    時間がなくて、あんま余裕なし...
                    「若手にしゃべらせろ」と、大門監督のオーダーだとかで、
                    ステージでは急遽4名全員に話を伺うことに。

                    んなことしてたら、あっという間にステージ開始時間に!
                    ややオタオタしつつも、プログラム進行。

                    ライディングクリニックでは、
                    なぜか突然「平地キャラ」になった佐野淳哉選手がオチ役に回り
                    「僕がみんなと走り出したら、
                    『ああ、佐野は諦めたんだな』って思ってくださ〜い」
                    と、あのスマイルでステージを締める。
                    真鍋さんは横で下を向いて、ずっと笑いをこらえてた。

                    佐々木選手は、ど☆キンチョー冷や汗してたらしいけど、
                    しっかりしゃべってました。初々しくてよかったです。

                    さて、どうカットインしてもしゃべり止めてもらえない
                    出店者ステージ(どのブースとは言わないが(笑))や、
                    グリコCCDのパワプロ劇場を終え、
                    (非常にパワフルなサプリメント摂取講座なんです)
                    鶴見辰吾さん、今中大介さんとのトークショー。

                    ほぼ打ち合わせナシ、なんだけど、おふたりのお話がうまいから
                    さくさく話が回る。すごいなぁ....さわやかだし。

                    盛り上がったところでビンゴ大会へ。
                    じゃんけんだと「あー」とか声に出して盛り上がってくれるけど
                    ビンゴはみんな豪華賞品を前にビンゴに集中しちゃって
                    会場は静かになっちゃうの!
                    でも、かまわずしゃべり倒しますから、私。

                    ビンゴを引いてくれたミス富士山のお二人がホントにキレイで
                    しかもいい具合に気さくで、ココロ美しい感じで...

                    無事に前夜祭が終了。
                    下に降りて、記念撮影。


                    お疲れさまでした!

                    展示会は18時に閉会。
                    へろへろ気味だったのでともかくホテルに送ってもらい、
                    せめてコラーゲンを!と
                    コンビニで牛スジおでんを買って来て食べて、終了....

                    二日目、朝起きたら、ホントに痛い。
                    甘いもん食べて、鎮痛剤飲んで、あぅあぅ半泣きで、行く準備。
                    冷えると辛いらしいので、ホッカイロも2枚貼った。

                    佐野淳哉選手、笑顔でアップ中。
                    大門監督がうっかりフレームイン。

                    真鍋和幸選手、黙々アップ。

                    佐々木選手、大門さんとバイクチェック中。
                    今年の彼らのコルナゴは白基調のシンプル配色。
                    フレームの形状もステキ。女性にも似合いそう!

                    どうでもいいが、↓休日の公園のようなほのぼのモードだ...

                    笑顔がチャーミングなディフェンディングチャンピオン。

                    さ、もうすぐ、スタートですよ!

                    レース展開はCTのレポに回して、
                    真鍋和幸選手が、すばらしいタイムでゴール。

                    5合目は、真っ青な空と、真っ白な雪景色が美しかったんですが、
                    風も強いし、体感気温は氷点下とかで、めちゃめちゃ寒くて..

                    でも、つづら折りを単独で上がって来る真鍋選手を見たときには
                    なんだか、妙に感動しました。
                    すごくキレイでした。
                    ほんとに、さすがです。

                    震えるたびにハンパない激痛で、
                    5合目レポートを終え、招集地点、水ヶ塚公園へ戻って
                    車から降りたときには半ば気が遠くなりそうだった...

                    表彰式、大抽選会(→大じゃんけん大会に企画変更)を終えて、
                    お疲れちゃ〜んラブ

                    いやー、へまもしましたが、ASCのスタッフの方にもお世話になりつつ
                    無事に終えられて、ホントによかったです。
                    富士山と真っ白な雪、キレイだったなぁ。
                    走り終えた皆さんの、充実した表情がいいんですよ、また。

                    迷ってる方がいたら、来年はぜひ、ご参加ください!
                    すごいいい思い出になると思いますよ〜。

                    一日目終了。

                    0
                      イオンエコイズム、1日目が終了しました。
                      今日も幕張メッセには、すごくたくさんの来場者の方が
                      お見えになったのですが、お天気が回復する明日以降の方が
                      多くの方がお越し下さるだろうとの見込み。

                      トラブルやアクシデントも多々ありましたが、
                      今日のスケジュールはすべて終了。

                      キクちゃんのバイク解体ショー。
                      持ち時間きっかりで見事にバイクを解体したキクちゃん、
                      ブラボー拍手


                      事前に4回くらい練習して来たらしい...エラいよ〜。
                      その努力がリハなし本番の成功を生みました。
                      私は60インチの液晶TVに接続されたDVカムで細部を撮りながらMC。
                      面白い試みだったかも。

                      そして、アンカーウーマンのロードバイクをお借りして
                      シェイプアップのステージ(落車しないでよかった..)

                      さらにキクちゃんのバイクメンテ術。
                      キクちゃんがアドリブでホイールに目打ちを打ち込んで
                      ホントにホイールをパンクさせたので
                      本気のリアクションでびっくりしてしまいました...。

                      あとは小林成基さんのエコロジー関係のトークと
                      自転車クイズのステージを経て、演目は終了。

                      グルメ屋台も充実してて、楽しそう。

                      ここ↑ものすごい多種のブッセ売ってるの。
                      見てるだけで面白い。

                      なんかあらゆる意味でいっぱいいっぱいで、
                      たべものを受け付けず...、
                      今日のランチは、桜の花のアイス。
                      桜の花の香りは、ココロをやわらげてくれるんだよ。


                      試乗エリアは、子どもたちに大人気。


                      でっかいわんこのぬいぐるみと記念撮影しそこなって
                      代わりにここで記念撮影。

                      このブツは、巨大ウツボや人食い花ではないのであしからず。
                      なんであたしら、めっちゃ嬉しそうー。


                      明日は田代恭崇さんがやって来ますよー。


                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM