プロペルアンダーソン@東京シティサイクリング

0
    去る20日、都庁を出発し、東京をぐるっとめぐって、
    外苑前にゴールする「東京シティサイクリング」が
    無事に終了しました!

    現地からちょろちょろアップしたように、
    いろんなサプライズがあって、
    ゴール地点も豪華だったし、
    かな〜りもりあがりましたよ!!

    この日、着させていただいたのが、
    プロペルアンダーソンのサイクリングウェアー。
    Psy!z(サイズ)とのコラボで作られたウェアーです。

    プロペルアンダーソンというのは、今年アカデミー賞にかがやいた
    「つみきの家」が記憶に新しいところですが、
    ALWAYSや、踊る大捜査線など、ヒット映画を生み出している
    映画製作会社ロボットさんから生まれた
    「風車を建てているデンマーク生まれのおじさん」というキャラ。

    この世界観に共感された企業と、
    いろいろなエコ活動のコラボをしているのですが、
    このプロペルさんが、自転車にも乗ってみたいということと、
    もっと気軽に自転車に乗れるウェアーがあったら、
    もっと自転車を楽しんでくれる人が増えるのに、
    という願いから、今回このウェアーが生まれたのです。

    パンツも折り返しがピンクだったり、かわいいの。
    センスいいよねー。

    ポロっぽく見えるけど、吸汗即乾素材でさらっとしてます。

    ホントは、秋っぽくブラウンのハイソックスを合わせる予定が
    またもやわすれもの。
    レギンス履くと、重くなっちゃうから脚出してました。

    ただ、あまりに日差しが強くって、
    ゴール地点では、入手していただいたハイソックを
    履かせていただきました。

    取材に要らしてたシクロワイヤードさん。
    メタボ会長と記念撮影。

    妙にカメラ慣れし、ふてぶてしく写ってる会長ですが、
    ときどき「こ、このヒト実は、すごいシャイなんじゃ?」
    と思ったりもする今日この頃。
    いや、ひとりごとです(笑)

    開会式以降のスタートは、全グループで、
    カウントダウンをやらせていただきました。
    図々しいインタビューに応じてくださった皆さま、感謝ポッ
    この日は、Saschaさんが走りに来てくれたり、
    あの道端カレンさんがSpopreの企画で走ってくれて、
    ステージにも上がってくれたり。
    (めっちゃ気取らない、ステキな方でした〜)

    盛りだくさんでしたよ〜

    来年あたり、拡大版になったらいいなぁ...

    参加してくださったみなさま、
    ありがとうございました!

    Mt.Fujiエコサイクリング終了。

    0
      現地からアップしていた通り、
      この土日にMt. Fujiエコサイクリング
      無事に開催されました。
      今日は、ちょこっと、追記します。

      今回もたくさんのゲストの皆さんに大会を盛り上げていただきました。

      前日から笑顔で気さくに会場にお越し下さったり、
      トークショーも盛り上げてくださったり、
      詳しくは書けないけど、まさに振る舞いが「神」だった
      俳優の鶴見辰吾さん。

      レゴンのピンクのジャージに、白いフレアースカートを合せて
      ひときわ華やかで美しかった奥さま、一美さんや、
      チームメイトの方とゆっくりとコースを回って、ゴール。

      バタバタでお写真が撮れませんでした..残念。
      ゴール後の笑顔が、神と女神に見えましたラブラブ

      ほんとにほんとに、お忙しい中、ありがとうございます。

      一番びっくりしたのは、なぜかミスコースして
      スカイラインを1400m地点まで上がってしまったという
      メルビン・デンマーク大使。

      8段変速の、この自転車で....

      鶴見さんが家元として慕っているという今中大介さん。

      私がやたらと気に入っている今中バイクと記念撮影。
      このシルバーの入れ方が絶妙にすばらしい...

      今回は「練習させてください!」なんて声をかけられて
      カゴ坂で、参加者の方をかなり本気で引いて上がったらしいです。
      ゴール後も、しばらく会場に残っていろいろと対応してくれました。
      ものすごく、心の温かい方です。

      今年からスタート/ゴールになった
      山中湖交流プラザ「きらら」はすばらしい設備で、
      来年からも、ここを利用する可能性が高いとか。
      もっとステージも活用し、皆さんに楽しんでいただける形になるかもしれません。

      富士山一周の部、1412名。
      ファミリーサイクリング、116名。
      定員いっぱい、満員御礼、です。

      来年は、もっと増えるかな。
      朝の気温は10度強で、とても寒かったので、
      来年からはぜひ、防寒具を忘れずにいらしてくださいね。

      風邪で、ずっとマスクさせていただいていて、
      申し訳ありませんでしたm(_"_)m
      昨日、いろいろと処置をしてもらって、
      かなり回復しましたよ〜

      お声かけくださったみなさま、
      ありがとうございました!

      南房総に行って来ました。

      0
        昨日は、南房総、フラワーラインあたりに
        行ってまいりました。


        昨日ちょっと書いたように、
        朝、家を出る前に、タイヤの空気が甘そうだったので
        入れ足そうとしたら、プシューっていったの!!

        うをををを〜
        駅までどうすんじゃい!
        って大いに動揺して(結局ほぼ空気なしのタイヤで駅まで行った)
        朝から体力を消耗したらしい...

        無事に6時45分の特急に乗り、現地入り。
        (東京駅の京葉線ホームは輪行に向かない...
        遠すぎる(ToT))

        駅でチューブを替えて、走り出したんだけど、
        途中でちょっと雨が降ってきたり、
        あわや、帰りの電車に間に合わないか?って事態もあり、
        なんだかいろいろあったなぁ。

        振り返ってみれば、たったの50km強なんですが、
        ワタシ的には、もりだくさんだったので、
        やっぱり疲れたみたい。

        昨夜は、もうよれよれよれこになっていて、
        今日もカラダ中が痛くって、いうこと聞かなくて、
        午後まで使いものになりませんでした。
        ちょっと風邪もひいてたみたいです。

        ぐるり海沿いの道。

        ちょっとトロピカルでいい感じでしたよ!
        フラワーラインは春って思ってたけど、
        夏でもいいね。
        たっくさん海水浴場もあるし。

        道の駅に

        こーんな自転車てぬぐいもありました!
        ケッタマシーンとは書かれていませんでした(笑)


        このびわちゃんクッションも
        けなげにかわいい...

        このレポートは来月下旬にご覧いただける予定です。
        どうぞお楽しみに!

        ちゃりちゃり♪

        0
          さて、今日、苦笑してしまうほど
          いいお天気に恵まれて、大宮競輪場での
          「さいたまちゃりちゃり祭り」が開催されました。


          これは、実況ブースから見たバンクの風景。
          レアです。

          競輪場での展示試乗会など、イベントはいろいろと
          参加させていただいてきましたが、
          このお部屋に入れていただいたのは初めてでした。

          通常、競輪デモンストレーションのお時間は
          私たちはノータッチが原則で、競輪場サイドの方が
          いつもの実況を含め、全部担当されるんです。

          でも、今回は、もっと、もっと垣根を
          低くして行きたいという主催の飯島規之さんの想いから、
          私がそのまま実況をすることになりました...

          いただいたのは「運動会のような感じで」との優しいコトバ。
          競輪、トラック....完全に不慣れです^^;

          第一回目とあって、準備が錯綜し、情報の混乱があって
          バンクのの連絡も取れなくて、自分でも自分に凹むくらい、
          うまいこと振る舞えなかったのですが(ホントにごめんなさい)
          すばらしい助っ人を得て、「決勝レース」と、
          プロの方が出走された「わっしょいカップ」は
          掛け合いの形でレースをお伝えすることができました。

          第一回目の開催。
          これだけの規模のイベントで、これだけの内容を揃えて、
          イベント運営会社も入れず、参加料も取らない運営です。

          ホントにミラクルです...

          三輪車レースにできた長蛇の列、
          キッズのレースで、がむしゃらに
          ペダルを踏むお子さんの真剣な表情。

          たくさんの方のご協力を得て、実現したイベントのようでしたが、
          ひとえに、飯島規之夫妻のお人柄ではないでしょうか?

          来年、再来年と重ねて行きたいようです。
          これからの発展に期待したいですね!

          今、シャンゼリゼで別府史之が逃げていますが、
          強い想いってモノがあれば、それは形になるんだなって、
          ココロにずしーんと来た一日でした。

          スタッフのみなさん、お疲れさまでした!
          暑い中、お越し下さったみなさま、ありがとうございました!

          サイクルフェスタin松戸レポ。

          0
            サイクルフェスタin松戸。
            たくさんのブースが並びました。
            コルナゴのブースでは、試乗希望者に、
            真鍋選手、廣瀬敏選手、山下選手がサドルの上げ下げを!
            豪華だ...

            サーベロっていうと、なんかレーシーで攻撃的な
            イメージがあるんだけど、

            これはカワイイ!
            エアロ形状なのに、威圧感がない♪
            でも、女子サイズがない....
            (いつか作ってください!)

            こんなお子さんバイクを引っ張るバーも。

            女の子が座ってみてました。
            乗ってみたかったのかなぁ。

            トークイベントには、鈴木真理選手、廣瀬佳正選手が登場。

            お二人が登場したら、ステージの回りに、
            続々人が集まって来ました!

            初めてのロードバイクというテーマで
            いろいろお話ししてくださいました。

            これがうわさの、真理さんのアゴ打撃事件...

            マイクフォローしようとしたら、真理選手が前傾姿勢をとって
            マイクがぶつかっちゃったの。
            そしたら廣瀬選手がすかさず「真理さんの黄金のアゴを!」って。

            いけないと思いつつ、ツボで笑いが止まらず、
            しばらく苦しい思いをしました...
            (こんな貴重な写真を、Nさん、ありがとうございました!)

            とりあえず、ポジションを取った真理選手を間近に見たら
            超かっこよくて、今さらびっくりしました!(と、フォロー)
            いや、ホントに。

            さて、ここからはバンクに移動。
            東京藝術大学の学長さんも走ってくださったのですが、
            同大学の声楽の博士課程の飯島香織さんが来てくださって、
            トゥーランドットから「誰も寝てはならぬ」を独唱。

            彼女の歌声に、会場が静まり返ってました。
            あんな小柄な方なのに...すごい!

            そしていよいよ、競輪デモンストレーション。
            前夜から、どんなユニットなんだ?と、
            スタッフの話題を独占した
            「競輪アイドルユニット・ラブナイン」
            歌って踊って走る、らしい。
            ついに、バンクに登場!

            会場では、チアリーディングのようなダンスを披露。

            そしてこんなレースも展開。
            胸元のハート形の切れ込みがセクシーですね〜


            さらには橋本聖子外務副大臣が、
            ガールズ競輪の誘導を。

            笑顔が美しかったです...


            先週のJICA中部の開所式では、急にご来場いただけなくなってしまい、
            とても残念だったのですが、昨日は向こうから手を差し出してくださって
            握手してくださいました。
            感動〜

            この後は大抽選会で盛り上がって、
            イベントは終了。

            浴衣→ウェアー→浴衣とチェンジしてたんですが、
            私も個人的にお祭りっぽい気分でした♪
            あまりにてんこもりで、
            オカッピーさんや、ウィーラースクールを見に行かれず、残念。

            まだのどがダメで、ちょっと声が出にくいこともあったのですが、
            とりあえず、無事に修了しました。

            みなさん、おつかれさまでした!
            ありがとうございました!

            お気楽スポーツ島

            0
              そして、この週末は、
              ジャパンスポーツプロデュース[JSP]
              コナミスポーツのコラボレーションの
              「スポーツ自転車体験プログラム」に参加。

              ルイガノさんが、バイクとヘルメットを、
              オークリーさんがアイウェアーを出してくださって
              なーんにも持ってない方でもご参加いただけるのです。


              さらには、アキコーポレーションから、竹本将史さんが
              いらっしゃって、乗り方講座をしてくれるのです。
              すご〜い!豪華!

              関西、関東の6カ所で開催が予定されており
              9月までスケジュールが決まっています。
              ぜひぜひ、皆さま、ご参加ください!

              なごや地球ひろば

              0
                遅くなっちゃいましたが、
                10日は、JICA中部の開所式に行ってきました。

                JICAとは、国際協力をやってる機関で、
                よく青年海外協力隊=JICAと思っている方もいらっしゃるのですが、
                協力隊は、たくさんあるJICAの事業のひとつなんです。

                JICAはいくつかの地方センターを持っており、
                途上国から、日本に技術などを学びに来た
                研修員の方を受け入れています。
                中部センターが、「地球ひろば」を併設して、
                このたび、新しくオープンしたのです♪

                この開所式の出席メンバーがすごい...
                緒方貞子理事長から、海部俊樹元内閣総理大臣、
                神田愛知県知事、河村名古屋市長とホントにVIPが出席されて、
                ヘマできません...ホントに。

                テープカットも、無事にテープがすっぱり切られてくれて
                (なんのこっちゃ)一同、胸を撫で下ろす。

                さて、会場となったJICA中部センターですが、
                まわりはライブハウスや、映画館などに囲まれてて
                なんだかアミューズメントなエリアにあるのです。

                1、2階は「地球ひろば」といって、皆さんに
                世界で起きていることに興味を持ってもらったり、
                活動団体に、お貸しする会議スペースなどが確保されています。

                すごくわかりやすく、説教くさくない感じで(笑)
                途上国で起きていることに興味が持てるよう、
                工夫されているんです。

                一日、1ドル以下で暮らしているひとは、世界にどのくらい?
                世界の貧しい国では、1000人のうち270人のこどもが
                5歳になる前に亡くなってしまう...
                などなど、改めて聞くと、びっくりするような数字が。

                愛知には、ブラジルに移民をした日本人の子孫の方が
                戻っていらして働いていたりするケースがあるそうで
                ブラジル系の方がたくさんいらっしゃるそうです。

                そんな事情もこんなかわいい人形で説明されていたり

                こどもたちに、伝わるように、なっているんです。

                食材の模型をスキャンすることで、

                その食材がどのエリアやどの国から来たのか
                PCの画面に表示されるコーナーも楽しい♪

                途上国から、正しい方法で輸入されたアイテムを集めた
                フェアートレードショップ。
                購入することで、彼らの生活のサポートになります。

                シアバター入りのシャンプーコンディショナーがいいと聞いて
                わくわくして見に行ったら、まだ入ってなかった...残念。
                ここには、協力隊のOB/OGの方が携わっているそうです。

                レセプションが終わって、残ってた料理を
                スタッフでつついたんですが(ハイエナか!)

                これが激ウマなの。
                このローストビーフも、タンドリーチキンも、
                この細ネギが生えてる(笑)アボガドと牛肉の太巻きや
                天むすが巻き込まれた太巻きも、サラダも、デザートも
                何を食べてもうまーい!

                この「カフェクロスロード」はいつも、世界各国の料理を
                食べさせてくれるんです。

                価格はリーズナブルですが、雰囲気も、味も抜群なので
                ぜひぜひ、お立ち寄りください。

                私も次は、観光でいきたいなー
                こういうセンターがきっかけで、
                興味を持ってくれるヒトが増えますように。

                ありがとうございました!

                0
                  昨夜、新城から帰って来ました。
                  どどどっと疲れが出て来ちゃって、
                  だめだめくんでした^^;



                  2日間のゲストだった、愛三工業レーシングチームの
                  別府匠選手、鈴木謙一選手。
                  昨日は3時間エンデューロを走り、そのままトークショー、
                  そしてレースと、超激務系スケジュールだったんですけれど、
                  カラダの疲労は大丈夫だったでしょうか...

                  綾部選手、盛選手にも、いろいろとお手伝いいただきました。
                  本当にありがとうございました!

                  ちなみに、綾部選手の腕の中のめんこいお子さんは
                  どなたのお子さんだと思います?

                  さて、昨日は二日間合せての各カテゴリーの総合優勝含め
                  たくさんの表彰式がありました。

                  表彰台ってのは、悲喜こもごも、ですよね...
                  みなさんの表情を見ながら、
                  いろいろなドラマを想像するわけですが、
                  遅すぎるってことはないわけですし、
                  ぜひ、悔しかった方はリベンジに燃えて
                  次のトライをしに来てください!

                  私もしっかり、がんばらなくては。
                  お声をかけてくださったみなさま、ありがとうございました!

                  全日本ロード選手権

                  0
                    最近は、一眼レフを持って行くこともなくなったから
                    まともな写真も撮れてないんだけど、
                    昨日のことを、ちょっと書いてみます。


                    まずは女子。
                    最後のスプリント、なんだかすごく緊張した。

                    すーっと抜けて行ったのは
                    レース中も積極的に走っていた西選手。
                    表彰台もとても美しかった...

                    来日して参戦した荻島美香選手は6位。
                    走り終えたあとのさっぱりした表情がステキだった。

                    豊岡英子選手。
                    コンディションがいいとは決して言えない状況の中、
                    ホントにがんばりました。
                    ちょっと、泣きそうになったよ、あたし。

                    バイクがとってもかわいくって
                    記念撮影させてもらった。
                    アシンメトリーな完全オリジナル。
                    パーツのコーディネートもとってもステキ。

                    男子エリートは、岡崎和也選手の
                    引退セレモニーから。

                    この笑顔に、いろんな思い出がフラッシュバックする。
                    NIPPOのとき、AXIS-JAPANで遠征してるとき、
                    ホントにお世話になりました。

                    「オトコ」という形容詞で表されることが多いんだけど、
                    今回の引き際も、ホントにオトコでした。

                    そして、青空の下、レースが始まった。
                    メイタングラファイトの菊池選手が飛び出し、先頭を行く。
                    ただ直線で見るのもつまらないと、
                    コースを下ったコーナーに下っていって陣取った。
                    天気予報を覆し、ぴかぴかの晴天で暑くてくらくら。

                    シマノレーシングの畑中選手が集団から飛び出して来た。
                    わわ!

                    菊池選手に合流。

                    逃げる、逃げる。
                    この湿度の高い炎天下....
                    タイム差は3分以上になった。

                    観戦部隊には、スタート後、数分でもらい落車をし、
                    バイクが壊れてDNFに追い込まれた初山翔選手も加わる。

                    今回はNIPPO-COLNAGOだけど、普段はイタリアのチームで走ってる。
                    07の世界選手権にも出てる注目の選手だけど、
                    あまりに知られていないので、どうか皆さん注目してください!!

                    どれだけ、逃げていたんだろう。
                    集団が牽制して、このまま決まっちゃって
                    表彰台でヨーヨーか?
                    なんて話し始めていたころ、動きが出始めた。

                    愛三トレイン。

                    なんとなく、来るか..という緊張が走る。

                    このまま、逃げが吸収され、先頭集団ができたという
                    がらぱさんの実況を聴き、ホームストレートに上がって行った。

                    あれほど落ちついていた先頭集団が、見事にばらけ、
                    役目を終えたり、振りちぎられた選手が後方に落ちてきていた。

                    最終局面、先頭集団は非常に豪華で
                    野寺、土井、鈴木真理、飯島、西谷、盛、
                    佐野淳哉、真鍋、新城、宮澤。
                    きっちりスプリンターが揃ってる...さすが全日本。

                    最後の最後、ゴールを待つ私たちの唯一の情報源は
                    がらぱさんの実況のみ。
                    皆が、全身を耳にして、がらぱさんの声を聴く。

                    来た!だれだ、だれだ?

                    西谷!西谷!
                    歓声が沸き上がる。

                    アジアのレースではかなりの勝利を手にしていても、
                    去年、オリンピックに行かれず、
                    とても、辛い思いをさせられていたはずの西谷選手。
                    今年は、タイトルを取らせてあげたいと、
                    思っていたひとたちも多かったはず。


                    今年、レースに出るチャンスがなかったにもかかわらず、
                    単独参戦で2位にまで来た宮澤選手もすばらしいし、
                    スプリンターではなかったはずなのに、3位に入っている
                    野寺選手も、どうなってるんだかわかんないくらい、すごい...

                    「見せてもらった」って感じです。

                    エースのために働いた選手たちも、
                    それを支えたスタッフの皆さんも、
                    運営役員のみなさんも、お疲れさまでした!

                    詳しいレポートや、美しい写真はCWで!

                    奈良ステージ

                    0
                      今日は大仏殿前をスタートする奈良ステージ。
                      セレモニーに登場した
                      ちびっこポリスのあまりのらぶりーさに、腰くだけ..

                      「渡る世間は..」かと思うほどの長セリフを暗記して
                      語るさまに感動しました!

                      自転車は、夜道はぴかぴかさせてね、みたいなこと言ってた。
                      こういうポリスに言ってもらったら、誰にでも、
                      すんなり言うこと聞いてもらえそうだ!

                      レースレポートの詳細は他のサイトにおまかせです。

                      奈良ステージを征したワンカンポ。

                      最初に見た時から比べても老けていないような...

                      レースってヤツは、なぜか終わりが近くなってから、
                      一気に展開していく。
                      原稿の仕上がりっぷりと、締め切りとの関係と似てるよね(似てない?)

                      今日も、そんな感じだった。
                      それまであった集団がラスト2周で
                      またもう一段階ばらけたらしく、
                      想定外のサイズの集団が上がって来た。

                      やっぱり、集団の中に日本人を捜す、よね。
                      勝ってほしいもん。

                      ゴールに向かう上り坂を上がって来る選手たちを待っていると、
                      すごい低いとこから突き刺すように現れた清水都貴選手。
                      あのジャージが、攻撃してるヘビみたいに見えた。
                      いい意味で、だよ。

                      最初に逃げてた選手が、そこまでのスピードには乗れなくて
                      ちょっとゆっくり上がって来ると、
                      沿道のみんなの大歓声。
                      そういうのって、なんかうれしい。
                      リザルトには残らないけど、がんばったんだし、
                      魅せてくれたんだもん!

                      次の集団もスピードアップしてた。


                      結局ワンカンポの逃げ切り。
                      振り返りながら、早い段階で勝利を確信して、
                      体制を整えてゴールに向かって行った。
                      嬉しそうだった。

                      明日は美濃ステージ。
                      どんなレースになるんだろう?
                      がんばれ、ニッポン!

                      私は朝7時半から名古屋でトークさせていただきます。


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM