ルコック×OVE

0
    ちょっと遅くなりましたが、
    昨日一昨日には、青山のOVEを舞台に
    ルコックの来春のモデルのプレス向け発表会がありました。

    女性ものばかりでゴメンって感じだけど、

    色鮮やかで、めっちゃカワイイ!

    これはランニングのラインだけど、
    このスカート、すっごくカワイイですよね。
    この丈が優秀。
    ある程度短くないと、乗った時バランスがよくないのよー
    これくらいだと、キレイに広がって、ステキそう。
    これは買いです。(何色かありました。)

    サイクリングラインのスカート。
    なんとも風合いの変わった素材で、
    ちょっと見ると皮製みたいな感じ!


    他、ウィンドブレーカーの素材も軽やかでステキだったし、
    ビタミンカラーのアイテムも、元気でかわいい!


    サイクリング以外のラインも、
    いろんな印象のものがあって、どれも着てみたい感じでした。
    バッグも華やかで、いいアクセントになりそう。

    来春が今から楽しみです〜

    「講演」してきました!

    0
      去る14日、大阪ドーンセンターで行われた
      仕事と生活の調和を考えるセッション2008というイベントの中で
      お話をさせていただいてきました。

      会場のドーンセンターは、サイクルモード主宰の
      テレビ大阪のホントに隣なの!

      さっそく押し掛けて雑談してきました。

      ええとこの日の講演(ってコトバ自体恐れ多い...)は
      自転車を取り入れて、カラダとココロの健康を手に入れよう!
      というもの。

      私以外のスピーカーは、ホントにカタい感じで
      こ、これは「場違い」というものでは?たらーっと、
      だんだん怖じ気づいて来る。


      「絹代さんのは『特別講演』と、完全にくくられているので
      まったく別な感じでも大丈夫です!」と勇気づけられ、
      気を取り直す。それにしても、このカタいイベントで、
      このステージにジャージで上がるのは私が初めてに違いない。

      リハで呼び込みを聞いたら「絹代様」と連呼されてるの。
      「『様』を付けていただくほどのニンゲンじゃないんですが^^;」
      他のスピーカーの方ならわかるけど....
      こんなノリで「様」はないよね。
      「さん」で呼んでいただくことにして、リハ開始。

      他の方は立派な講演台の後ろで話すのだけれど
      アクティブに生きようって話をするのに、
      客席から遠いところで、動かず話すのは、違う気がする...

      お願いして、台も除けてもらって、
      自由に動けるようにしてもらった。

      固定ローラーにトレックの女性用ロード、
      マドンのWSDを置いてもらって、スタンバイOK。

      講演するヒトは、この花をつけるらしい。
      1w2wのジャージに、このたいそうな花は...汗
      ということで、私は花なしでやることになった。

      「代わりに持って帰ります!」と提案したら
      「それは困ります」
      あ、そうですか(笑)
      じゃぁ、記念撮影だけでも。


      某S社のEさんのアドバイス
      「観客を眠らせないためには、脱ぐといい」
      そうか、そういうものか。
      さっそく実践。

      このルコックのジャージで出て、バイクに乗るときに脱いで
      1w2wのサイクルジャージになってみた。

      下は普通の3/4パンツだけど。
      効果あったかな〜。

      いつもより、ココロの健康と運動ー自転車の部分を
      厚めにまとめて、お話しました。
      ココロとカラダを元気に保つには、運動が絶対に必要なの。
      ひとりでしゃべり倒して、無事、時間内でトークを終了。

      聞いてくださった方の中に、必ずしも自転車でなくてもいいから
      何か、ヒントになることが残ってくれていますように。

      そのまま京都に移動し、某関西の大切な知人とゴハンして
      新幹線で帰ってきました。
      ホントはそのまま残りたかったんだけど。
      気が抜けて、疲れがどっと出たよー

      お話しするチャンスをくださった皆さま
      ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました!

      サイクルモード終了。

      0
        大阪→幕張と開催されたサイクルモードが
        終了いたしました。
        どのくらいの方がご来場されたんでしょう?
        毎日、たくさんの方がご来場され、
        会場は大盛況でした。

        毎日とっかえひっかえ着させていただいた
        ローテイトのウェアー。
        実はあんまりにも余裕がなくて
        自分を撮っていなくて...今日は撮影して来ました!
        (+Buchiさまありがとうございます!)


        連日、行ったツアーには、
        たくさんの方にご参加いただいて...
        限られた時間の中で、どの程度有用な情報をお届けできたか
        わからないのですが、企画を実行した甲斐がありました!

        ご参加いただいた皆さんへの感謝とともに、
        お忙しい中、ご対応いただいたブースの皆さま
        ありがとうございました!

        また道中たまたま出会った業界の有名人や、選手の皆さんも
        ご紹介したり、巻き込みつつ、進んだのですが、
        大阪から数えて、何人ご紹介しただろう...(笑)

        イヤな顔もせず、笑ってご対応いただいて
        ありがとうございました。

        プラカードと、拡声器、会場の見取り図を持って
        回っていたのですが、

        一人では持ちきれず、
        たまたま居合わせた方々に、
        ヘルプをお願いしてしまったり(すみません)
        ブースの皆さんにも、ご自分で拡声器のマイクを外し
        コメントをいただいて、さらに、はめていただいたりする始末で...

        皆さんに助けていただき、ご好意に甘えながら、
        そんな臨場感も、参加者の皆さんに
        楽しんでいただくツアーになりました。
        また、主旨をご紹介し、温かく送り出し、
        さらに臨機応変に対応し受けてくださった
        サブステージの吉村洋三さんにも感謝しなくては!

        そうそう、今日のコルナゴブースなんて、
        中田さんの他に、井上、中山選手がいて、
        さらに大門さんと、エルネストコルナゴ氏まで!
        全員無理矢理参加していただいたんです。
        (コルナゴ氏は、大量の日本人女性に取り囲まれるという
        あまりの事態に、緊張してコメントが出なかったそうです。)

        最近ロードに乗り始めたという要潤さんのトークショーも
        進行を担当させていただき、とても緊張しましたが、
        意外と気さくで、楽しい方で、ホントによかったです。
        ぜひ!要潤プロデュースのサイクリングウェアーで
        かっこいい男子を増やしてほしいですね。

        今日はあまり参加できませんでしたが
        スクールのお子さんたちは、やたらとテンションが高く
        かわいくって、楽しかったです。


        *写真は2日目のものです。

        2回目のスクールには、鶴見辰吾さんも
        特別講師としてご参加いただいたそうで...
        1時間、フルにご参加いただいたそうです。
        スタッフ一同、鶴見さんのお人柄に感動していました。

        連日、無茶ぶりにも対応してくれた
        講師の選手の皆さんにも感謝!
        笑いの絶えないスクールになりました。


        今日は屋外の気温がとても低く、
        夕刻の女性のスクールは
        急遽室内でやらせていただくことになりました。
        最終的にサブステージを拝借しました。

        近隣に、ご迷惑をおかけしてしまったこともあったようで、
        この場で、深くお詫び申し上げます。

        いろいろな意味で、反省点、改善すべき点も残りましたが、
        大盛況に終わり、今後への広がりも予見させていくれる
        すばらしいイベントなりました。

        参加させていただいたことをとても光栄に思います。
        みなさんに、感謝。

        これからも、自転車界を、盛り上げていきましょう!



        サイクルモード東京開幕!

        0
          ホントに、余裕のないまま終わっちゃいました...

          4時起きしたんだけど、仕事が終わらず、
          予定より、入りも遅くなっちゃったから
          会場がオープンしても、ツアー用の聞き込みが
          終わってない状態で...^^;

          トレックのローテイトトークショーから
          ウィーラーレディースまで一気に流れ去って行きました。

          ツアーには、予想を越える数の皆さんに
          お集まりいただき、
          サイン会にも、皆さん来てくださって...
          本当に感動でした。
          ありがとうございます!

          暗くなってからのウィーラーレディースでしたが
          女性に集まっていただけて、大感謝です。

          全く余裕がないまま終わっちゃったので
          写真もオープン前のミシュランしかないんですが、

          それほど充実した一日だったってことで。

          とりあえず、アタマが動かないので、もう寝ます。
          おやすみなさーい。


          モード大阪2日目。

          0
            さて、モードの2日目。
            朝、スクールにちょっとだけ顔を出した後は
            館内ツアーの会場へ。

            この日のチョイスは自転車用サロペット。
            ディズニーランドか、歌のおねいさんかってイメージ?
            でも、自転車に乗るのにサロペットって
            いいアイデアかも。
            ミニ丈もあったらかわいいな。

            昨日の反省を活かし、プラカードは低くしてもらって、
            腰にスピーカー付きベルトを着けてるんだけど、
            必要に応じ、後ろとかに回せるようにしたり。

            今中さんのインターマックスから始まって、
            6号館の果て、パナソニックの映画「シャカリキ」実車を見て、
            下って来て、2号館の端、シマノとカジュアルモードを回って
            マビックのウェアーで解散。

            この日もたくさんの方にご参加いただきました。
            本当にありがとうございました!

            早足になっちゃうのと、音声が届ききれない箇所があったのが
            申し訳ない感じでした....

            急いで着替えて、吉本多香美さんのトークショー。
            顔立ちとか見た目だけでなく、
            表情がキレイ...お話の仕方がかわいい...
            私がややうっとりしちゃいました。
            ものすごく、すてきな女性です。
            顔っちっちゃいし!

            迷ったけど、早い方がいい、と、ステージのカッコのまま、
            お借りしてたスピーカー付きマイクベルトを届けに行ったら
            ウィーラースクールは超大盛況。

            最後のゆっくり走る競争には、講師の選手の皆さんが出走。
            全日本チャンピオン野寺選手が横っ飛びで他の選手を蹴落とし、

            余裕のタイムで優勝。
            最後はウィーリーでゴール。

            超感動。
            ああ、駆けつけてよかった...

            トークショーの撮影も多香美さんとの記念撮影も
            できなかったので、エイ出版社ブースでの出版記念撮影。

            多香美さんがオーガニック系の方なので、
            コットン素材の、なるべく明るい色の服で行きました。

            実は、サイン会が予定されていたのですが、
            持ち込んだ本が少なすぎて、あっさり売れてしまったそうで、
            大阪では、開催しないことになったんです。
            幕張では、たぶん毎日開催しますので
            ぜひ、いらしてください!

            この日のウィーラーレディースには、
            野寺、土井選手が講師として来てくださって、
            さらに途中廣瀬、狩野選手も少し加わってくださって、
            そのあと畑中選手も合流。
            ポジションチェックや、合わせ方、
            輪行やトラブル対処のノウハウを教えてくれました。

            これは、ビンディングシューズの説明です。

            あたし、ブラッキーさんやら講師選手の話にウケっぱなし...^^;

            モード大阪、濃厚でした...

            スクールに講師で来てくださった選手の皆さま
            スタッフの皆さま
            お声をかけてくださった皆さま
            ツアーにご参加いただいた皆さま
            どうもありがとうございました。

            幕張もいろいろてんこもりなので、がんばります!
            どうぞよろしくお願いいたします!

            ツアー風景

            0
              1日目のツアーのお写真もいただいたので
              載せておきます!

              マルイのローテイトのマドン・ナTシャツ(仮名)と
              サイクリングスカートです。



              綾野さま(2,3日分)、Hさま
              お写真をありがとうございました!

              モード@大阪一日目終了

              0
                大阪一日目を終えました。

                オープン1時間前くらいには
                もう長蛇の列ができていたし、
                予想を越える盛り上がりでしたよー。

                キッズ2回、
                女性2回行ったウィーラースクールも
                すごくたくさんの方にお越しいただきました。

                これは↑第一回目の写真。
                スキル・シマノの土井、畑中選手、NIPPOENDEKAの清水選手が講師。
                「一発ギャグを」とのブブラッキーさんの無茶ぶりにも、
                一瞬の躊躇もなく返した清水選手に、みな感動。

                さて、懸案のレディースツアーは?

                大盛況だったんです。
                ホントにホントにありがとうございました。

                大急ぎで一周したんですが、
                今中さんとか各ブースのキーパーソンや
                注目ブースで止まって行くと
                3つの建物に分かれてる大阪会場では
                どうしても1時間オーバーしちゃう...

                でも、楽しんでいただけたようで、よかったです。
                今日もやります!
                男性も、女性ネタでよければ、ということで
                同行していただいておりますので
                ぜひ、みなさまご参加ください。

                って、昨日はローテイトのスカートに
                黒のレギンスを合わせて、
                黒の「マドン・ナ」Tシャツと
                グレーのスカートで動いてたんですが
                自分の写真撮ってなかった....
                レッグウォーマーが間に合わなかったんですが
                可能であれば、東京会場で!

                ウィーラー会場に寄ると
                3本ローラーキッズビーチクルーザー乗車チャレンジで
                盛り上がってた...


                午後は一回トレックブースでトークをさせていただき
                ウィーラーレディースへ。
                女性に集まっていただいて、自転車の効用などを
                簡単にお話しした後、ポジションチェック、
                講師選手ごと3つのグループに分かれて
                輪行のための前後輪外しなど、やりました。

                講師にはここにも、土井、畑中選手、
                そしてNIPPOENDEKAの山下選手。


                休憩なしで走り回ってて
                要所要所の写真がないんですが...
                めっちゃ楽しかったです。

                お約束にベッドカバーの上で
                化粧水もつけないまま寝てましたが。

                今日は吉本多香美さんのトークショーもあります。
                がんばりますので、よろしくお願いいたします!




                ジャパンカップオープニングイベント、レビュー

                0
                  やっぱり、振り返っておきますね。
                  ちょっと長いから、お時間のある方のみ、で。

                  土曜の朝は、フリーランから。

                  選手も入れたら、250人くらい?
                  すごい人で、びっくり。

                  転んだら怖いから、後ろの方にそろそろ並んだら
                  綾野さんが「クネゴと写真撮ったる!」
                  え、え、え、?
                  と動揺するままについていったら
                  「ダミアーノ!」って声かけて、写真撮ってくれた。

                  クネゴはめんどくさそう。
                  ごめんなさい...とココロの中で謝罪。でも、せっかくだし♪
                  やたらと笑顔な私

                  クネゴも、イヤそうな顔はしないでくれて、よかった。

                  いよいよスタート。
                  私はあくまでゆっくり走る。
                  この上りがなかなか終わんない....
                  疲れるとまずいので、軽いギアでゆっくり、ゆっくり。
                  後ろから超軽々岡崎選手が上がって来て、声をかけてくれた。
                  岡崎選手の笑顔を見るのは、久しぶりで、かなり嬉しい。

                  意外と、座ったまま上まで行かれたけれど、
                  この上りって、こんなに長かったっけ?とびっくり。

                  転ばないよう、ゆっくり下る。
                  イメージより、平坦の区間が長くって、
                  「ジャパンカップは上りの強さだけでは勝てない」
                  んだなぁって、てれてれ走りながら痛感。
                  最後の上りは、ちょっと難儀。
                  フレッシュな足なのに、お尻を上げてひーこら上る。

                  自転車って、ゆっくり走るのと速く走るのでは
                  別の乗り物のように、運動強度が違うの。
                  私はゆっくりでも一回で十分だわ^^;
                  だけど、体感が残るから、一回走った価値はあったぞ。

                  チャレンジレースを見て、
                  右京さんの投げキッスゴールと、
                  険しい顔で走る安田大サーカスの団長の走りを見て、
                  担当するイベントの会場となるオリオンスクエアへと下った。

                  あんま、余裕なく、ばたばたとイベントがスタート。
                  リンク栃木ブレックスというバスケットボールチームの
                  チアリーダーブレクシィとキッズ、ジュニアの演技披露。
                  ブレクシィキッズが、あまりにかわいくて、
                  腰を抜かしそうになった。
                  彼女たちはスタンバイ中のブレクシィジュニア。


                  セクシーなブレクシィのお姉さんたちは、
                  今度宇都宮に誕生するブリッツェンっていうロードチームも
                  応援してくれるはず!革命的だ!

                  このままウィーラースクールイン宇都宮がスタート。
                  進行はブラッキーさん。
                  講師は、宇都宮が誇る廣瀬佳正選手と、
                  八王子が誇る畑中勇介選手(ともにスキル・シマノ)

                  小さなスペースだったけど、スタッフの皆さんの
                  すばらしいチームワークで、スペースを有効活用しつつ
                  まっすぐ走る、一本橋、八の字スラロームなど
                  自転車教室を展開。
                  ギャラリーの皆さんもたくさん集まってくれて
                  笑いの絶えないスクールになりました。

                  ブリッツェンのPRと、ブレクシィの2回目のステージを経て
                  安田大サーカスの団長さんのトークショーがスタート。
                  短い打ち合わせだったけど、さすが団長なトーク運び。
                  終盤には、JALの客室乗務員の目黒さんにも加わっていただきました。

                  楽屋に戻ってみたら、あのピンクエレファントの
                  北川えりさんと西村さんといらしてたので、急遽、
                  今中大介さん、片山右京さんのトークショーにご登場いただくことに。
                  いや、華やかでした....ホントに。

                  市長をお迎えして、このまま
                  チームプレセンテーションになだれ込む。

                  最初にご登場いただいたのはスキル・シマノ。
                  もう、客席には、たくさんの方がいらしてて
                  嵐のような声援を送ってくれて、
                  進行する私が、うるうるした...いかん。
                  全日本チャンピオンジャージに身を包んだ野寺選手が
                  ともかくキラキラしてて、まぶしかった。

                  メイタンGDRはスタッフもみんな来てくれて大所帯。
                  久々に近くで見た、新城選手。
                  くもりのない感じで、前向きにパワーとコトバが出てて
                  変わってなくて、なんだか勝手にほっとした。

                  「ジョニー(監督の愛称)!」という声援が多かった愛三。
                  匠選手に、自転車の国の王子ネタを振ってみたり。
                  風邪を引いちゃったという西谷選手には、
                  なんだか心配で、あんまり聞けなかった(臆病者な私)

                  アンカーは地元栃木の柿沼選手。
                  いつもながら、真摯な答え。
                  大歓声を浴びて、感無量だったかも。

                  NIPPOエンデカは、大門監督が現れてびっくり!
                  めったに自らは現れてくれないんだけど。
                  井上選手、佐野淳哉選手、今年、大きく飛躍したよね。

                  マトリックスは、安原監督とのコントみたいだった。

                  このチームのメイントピックは、引退する三船選手。
                  ヨーロッパでの競技生活を終えて、日本に帰国して、
                  ミヤタ・スバルで迎えた最初のシーズンと
                  私が最初に自転車に絡んだミヤタ・スバルでのシーズンが
                  一緒だったの。
                  なんだかんだ言っても、やっぱ、いろんな思いがあってさ。
                  三船選手にコメントを取ろうとしても、言葉少なだったから、
                  安原監督のコントのノリのまま、
                  あえて明るく締めて、送り出した。

                  そして、日本代表。
                  意外と、マイクを奪うくらいのノリでしゃべる若者たちと
                  マイクをふられたくないとぼそぼそ語る伊藤選手の
                  対比が面白かった。

                  休憩を入れてから、いよいよ外国チームがスタート。

                  ジャイアント...マッキャンの英語はきっちりわかるけど..、
                  他の人たちがわかりにくくて冷や汗をかく。

                  頼む、口を開けて発音してくれ....^^;
                  聞き取れないよー。
                  仕方なく「よくわかりませんでした」と正直に報告..。
                  みんなどっと笑ってくれてよかった..

                  (あとからマッキャンに、「彼の言ってることは
                  ボクでもわかんないから、仕方ないよ」と慰められた。
                  笑顔のマッキャンが天使に見えた。)

                  ああ、英語勉強します、ホントに。
                  思わず心の中で神様に誓う。

                  次はトレックマルコポーロ。
                  こっちの皆さんの英語は大丈夫で、胸をなで下ろす。

                  MTBのJシリーズを2位で終えた小野寺選手、
                  ロードの上りも強いので、注目してほしくて、コメントをもらった。

                  ここから今中さんを迎えてプロツアーチーム。
                  みんなきさくで面白かったなぁ。

                  海外の洗濯洗剤はめっちゃいい香りなの。
                  彼らが登場すると、そのいい香りが漂う(笑)

                  書き出すとキリがないね。

                  バッソの澄んだ目と、優しい笑顔がともかく印象的で...
                  ああ、来年からバッソを応援しよう。
                  バイクには「伊蛮伐蘇」と「日本杯二〇〇八」と書かれてる。
                  通訳さんに伺うと
                  「これは日本の『観音ダーレ』というメーカーが
                  このレースのために作ってくれたもので」
                  (注:確かに「ダーレ」でした!せんちゃんさま!)

                  一同「....?」
                  「キャノンデールって、日本のメーカーでしたっけ?」
                  会場、大爆笑.....

                  このバイクは、チャリティーオークションにかけ、
                  ガンの少女の治療費に捧げられるとか。

                  いろいろありましたが、ジャパンカップが終わったら
                  バカンスに入り、海に行って、美味しいもの食べて、
                  夜遊びしたいというクネゴのインタビューで
                  イベントは終了。

                  いやはや、盛りだくさんでした。
                  ものすごい反省点がぐるぐる頭を回ってたけど、
                  ともかく、終わったからヨシとしようと自分に言い聞かせる。

                  翌日の打ち合わせして、宿行きの車にあわてて乗って帰ったら
                  財布入りの袋を楽屋に忘れてた!
                  あーあ。

                  「ジャパンカップ」の重みを知っている分だけ、
                  今年初の「オープニングイベント」を成功させなくちゃという
                  思い入れが強くて、私には力不足では?と弱気になったりもしました。

                  こんなイベントを任せていただけて、ホントに、幸せでした。

                  感謝して、ちゃんと、反省点は改善して、成長しなくちゃね!
                  これからも、がんばります!

                  センチュリーライド、本番レポ。

                  0
                    センチュリーライド、本番のレポです。
                    おそくなりました...m(_"_)m

                    サイクリングタイムのレポは、こちら
                    写真もいっぱいありますよ〜!

                    朝5時にホテル1階に集合。
                    スタート地点に繰り出す。

                    またファンライドのちえちゃんと遭遇。
                    理恵子先生や、ピンクエレファントのお二人もいました!

                    ジャージが、ほぼおソロだったの!
                    でも、微妙に違う...
                    ふたりでお互い感動。

                    こんなデコレーションバイクも。


                    スタートしたら、一番の見所は、ここ!
                    朝焼けが美しいダイアモンドヘッドで記念撮影。

                    コナミのツアーの野口さんや
                    アンカーツアーの田代さんも発見したよ。


                    ホノルルの天気は最高!
                    たぶん、過去最高の天気!

                    海もキレイなの!


                    今中さんとスタートしたけど、
                    私は集団を縫って行くのが下手で、
                    どんどん引き離される...

                    1番目の補給地点で通過の印のステッカーを貼ってくれた少年。

                    ありがとう〜
                    隣でバナナ配ってるおばちゃんが
                    「この子ばっかり人気で〜」ってぐちってて面白かった(笑)

                    綾野さんと合流し、先を急ぐ。

                    3番目のエイドに、阿部選手発見。
                    せっせと働いてたけれど、
                    なんだか、やたらとかっこよかった。


                    ここには、なんと、プリッツェルが!

                    大好きなの〜。
                    のど乾くけど。

                    綾野さんは参加者の方のバイクのトラブルに対応し、
                    私は先に100マイル折り返し地点のエイドステーションを目指すことに。
                    ゆっくり進んでたら
                    「クイックシャフトとリムテープをシマノテントからいただいて来て!」
                    という電話がかかってきた。

                    折り返して来た今中さんと巡り会った!
                    いっちばんキレイなとこだよ!
                    記念撮影してもらった〜

                    一緒にまたエイドステーションに行ってくれるって。
                    なんてやさしいんだ...

                    メカニックサービスの車が停まってくれたそうで、
                    綾野さんも折り返し地点にやってきた。

                    タイムアウトぎりぎりの時間に折り返しを通過。
                    この時間のこのエイドには、各ツアーの「親玉」がいて豪華だ。
                    今中さん、湘南ベルマーレの中島さん、トレックの野口さん、
                    アンカーの鈴木光弘さんもいらしたかも。
                    みんなのためにお菓子を買って来たという野口さん。
                    なぜかキティちゃんマシュマロ。

                    このエイドステーションが閉まる時間に、出発。

                    去年の帰り道は、今中さんは先に飛ばして行ったから
                    そんなに急がなかったんだけど、
                    今中さんを抱えたまま、この時間はマズい。

                    今中さん、中島さん、綾野さんについて走り出す。
                    当然、私にめちゃめちゃ配慮してくれてゆっくりペースなんだろうけど、
                    それでも私にとっては、ゆっくりではない...

                    ホノルルに着いてから、ひたすら皆さんのパンクを直してきた
                    綾野さんのバイクがパンク。
                    でも、地元の方が手伝おうと止まってくれたりして
                    ああ、いい土地だなぁって思った。


                    今度は参加者の方がパンクで、チューブもないとの電話。
                    綾野さんは、みんな使い果たしていたので、
                    私のチューブを渡して、足のない私は中島さんと先に出た。
                    メーターが壊れちゃって、スピードがわからなかったけど
                    なんだか、必死に着いて行った。

                    最初に参加したときは、泣きそうに辛かったアップダウンが
                    今は、このスピードで越えられるってことに感動。
                    でも、この強度で走ってて、あと80km持つかどうか、心配...

                    阿部さんのいるステーションにクロース2分前に到着。
                    ぎりぎりセーフでお水をもらってたら、今中さんと綾野さんが姿を見せた。
                    戻って来たシマノメカニック勢と今中さんの記念撮影。
                    お一人、顔出しNGの方がいらっしゃいましたが...

                    そうそう、あんだけ直らなかったメーターを、
                    さくっと数秒で直してくれたんだけど、いったい、どうなってるの?

                    さて、ここからはホントに決死隊。
                    千切れたら終わりだと、ひたすら綾野さんの後ろ姿を見ながら着いて行く。

                    でも、私はうまく直後に付けないから、後ろに付く風よけ効果がなくて
                    「ほとんど独走」状態になってたらしい。
                    あんまり集団走行に慣れてないので...^^;

                    最後のエイドステーションを越えて、あと5マイルを切ったあたりかな
                    ぱたっと、脚が言うことを聞かなくなった。
                    やばい...どうしたって、二人について行かれない。
                    どうしよう、どうしよう、と焦ってたら
                    異変に気付いた二人が降りて来て、今中さんが背中を押してくれた。
                    す、す、すみません..
                    足がないよー。

                    すかさずムービーを撮る綾野さん。
                    「ここを撮りますか!(笑)」
                    私もすかさずツッコミ。

                    この後の長めの下りで回復して、また追えるようになって
                    自転車でよかったと胸を撫で下ろす。
                    ランや水泳だったら、これはないよねー。

                    ダレもカレも公平に名前を呼ばれるゴールに苦笑しつつ
                    フィニッシュゲートをくぐる。
                    走り終えたぞー!
                    かなりよれよれだったけど、ともかく無事に完走。

                    日焼け止めを塗り重ねすぎて、厚塗り系でごめんなさい(笑)

                    すぐに顔を作り直して、後夜祭のパーティーへ。
                    今年も盛り上がりました〜。

                    助けてくださった、今中さん、綾野さん、中島さん、
                    いろいろとお心遣いをくださったトップツアースタッフの皆さん
                    そして、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

                    もうちょっと速く走れるようになっておかなくては。

                    ツアー参加者のみなさんのために
                    いろいろ奔走していらした綾野さん。

                    お写真くださったり、クリート直してくれたり、
                    何から何までホントにありがとうございました!

                    ウィーラースクールin高松

                    0
                      今後、各地で開催されるウィーラースクール。
                      先日、高松で行われた自転車ワールドフェスタでは
                      11-13日の3日間で、計5回開催されました。

                      まず、ルールとマナーの説明をし、

                      今回は、2本の線の間を走る「まっすぐ走る」

                      幅20cmほどの木製の板の上を渡る「一本橋」

                      コーンの間をジグザグ走る「スラローム」

                      バランス感覚がものをいう「ゆっくり走る」

                      を用意。

                      時間を見ながら、まっすぐ走る〜スラロームまでを
                      つなげて行い、タイムを計るゲームを行った回も。

                      予想より、小さなお子さんが多くて、
                      小さな自転車が足りないなんて事態もありましたが、
                      みなさん、ニコニコ笑顔で帰ってくれました。
                      すっごくうまくなったよー。

                      まだイベントも始まったばかりで、
                      一人での進行に内心オロオロしてた1日目
                      先代の曽我さんをお迎えしての2日目は
                      曽我さんらしく、真面目できっちりした進行に。
                      主宰のブラッキーさんと講師キクちゃんと
                      模範師範多々楽くんを迎えての3日目は
                      笑いすぎて腹筋痛に...
                      ギャグが私のツボすぎた。

                      ウィーラースクールは、いろいろな方の
                      ご協力を受けて、これから各地で開催されます。

                      開催されすぎて、スタッフはどうなる?なんて
                      いろんな課題も出ておりますが、
                      ご協力いただける方が増えてくれば、
                      日本中に広がって、本当に自転車が交通手段として
                      活用できるような、社会の環境を作れるかも。

                      とりあえず、ブラッキーさんが過労で壊れないことを祈りつつ
                      これからも、がんばりましょう!



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << June 2018 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM