発表会とこどもの成長

0

    先日、娘たちの「発表会」がありました。

     

    低年齢の子供たちが9時開演で、

    入れ替えて、3-5歳児が10時半開演。

    両方いる我が家は8:40から12時までというフルコースになりました。

     

    0歳児クラスは、観客の多さにびっくりしてしまって、

    いつもちゃんと踊るらしいのに、誰もちゃんと踊れず。。

    泣かずに、名前を呼ばれたら手を挙げて反応できたので、

    そこでヨシとしようという感じでした。

     

    5歳児クラスのべにかさんは、MCを仰せつかって、

    ミュージカル劇の主役があって、自分で演目を紹介して、

    自分の出番は体操と合奏・合唱と劇をやるという

    なんだか大活躍な1時間半でした。(毎週ミュージカルの授業があるのです)

     

    ちょっと前まで、マイクが苦手で、パパの表彰式に出ても

    何も言えなかったり、そもそも人前に出たり、挨拶することすらできなかったのに。

    この一年で大きく変わりました。

     

    体操では倒立、側転、ブリッジ回転も無事に美しく披露できて、

    センターで歌って踊って。

     

    べにかMCは会場内にどよめきが起き、大絶賛されて、小学校2〜3年生のしゃべりだと。

    私も幼稚園の年長さんの発表会でナレーターをやって

    「きぬよちゃんはアナウンサーになった方がいい」と皆さんに言われて

    しゃべる仕事を意識した経緯があったので、

    まったく同じことを理事長先生に言われる娘に、なんだか笑っちゃいました。

     

    園内の写真は一切掲載不可なのが残念だけど、

    すばらしい保育園で価値ある時間を過ごさせていただけた幸運を

    深く深く感謝した一日でした。

    中耳炎がまた悪化して怪しかったけど、えみりもぎりぎり参加できて、

    ほっとしました。

     

    5歳児は3名しかいないけど、もうすぐ卒園でお別れなので

    発表会後に急遽交流ランチをすることになって

    普段めったに姿を見せないパパも参加して(笑)

    ロコモコとお野菜の美味しいカフェを貸切状態でランチしました。

     

    普通の認可保育園だけど、意識の高い親御さんが非常に多い園で、

    パパママもレスペクトしあえる人たちが多いし、

    ねちゃって、起きて、ご機嫌の悪いえみりのために、子供たちがせっせと

    アンパンマンを描いて持って来てくれて!

    みんな、やさしい。。

     

    この園に、べにかは、あと2ヶ月しかいられないのが残念。

     

    同じクラスのもう一人のお友達は小学校受験をされたようで、

    子供の教育ってどうあるべきなのか、悩み悩む日々です。。。


    平塚吉光感謝の会へ

    0

      土曜日、昨年度をもって引退された

      平塚吉光さんの感謝の会を伺ってきました。

      いつも目がキラキラしていて、ニコニコしていて、愛嬌があって

      「よっくん」の愛称で皆に愛されていた平塚選手。

       

      突然の引退発表には驚きましたが、チームの状況により、

      退きにくくなる可能性もあり、配慮で決断を待機していたようで、

      実際は、かなり早い段階で決まっていたようです。

      気遣いのよっくん、だな、と、これまたしみじみ。

       

      今回の会は、東京と静岡の2会場での開催が決まっていて、

      東京はかなりアットホームな雰囲気の中で開催されました。

       

      なにか思い出を語ってと言われて、

      一緒に戦ったりしてないので、思い出ってのが難しくて(笑)

      よく考えたら、思い出ではなく、平塚選手について語ればよかったんだけど、

      紅香を妊娠している時に、お守りを買ってきてくれたこととか、

      一緒に講習会をやらせていただいたことなどお話ししました。

      意外と機転のきかない私(笑)

       

      記憶のどこをどう掘り返しても、

      優しい心遣いをもらったり、お世話になった記憶しかない。

      絶対に疲れているはずのときでも、声をかけに来てくれたり、

      周りをいつも見て動いているんだなぁって。。

      本当にありがとうございました。

       

      関東圏の選手たちも数名来ていて、みんなでお食事をいただきながら、

      楽しい時間になりました。

       

      会が用意した花束贈呈に加え、ファンの方も大きな花束をもっていらしていて

      贈呈式がありました。

       

      みんながそれぞれ感謝を毛筆で書いて、記念撮影。

      (お写真は平塚吉光感謝の会東京開催FBより)

      私は娘を抱いてて、感謝の色が感の一部しか写り込まなかった!(笑)

       

      最後に一緒に写真を撮ってもらいました。

      娘がでかい。

      いや、どこに行っても必ず「男の子かなー?」と聞かれるけど。

      よっくんは、もう次の就職先での勤務が今日から始まっているはず。

      コナステイ伊豆長岡でホテルマンになるそうです。

      サイクリストリゾートということで、e-バイクの活用や

      サイクリングツアーなんかもやる、のかな。

      よっくんならではの場所を創り上げてくれたら、ステキだな。

      いつかみんなで遊びに行きたいですねー!

       

      お姉ちゃんは預けていたので、みなさんより先に会場を失礼したのだけれど、

      いただいたお土産を、咲璃が握りしめていて、その場では気づかなかったけど、

      電車でふと見たら、こんな直筆カードが入っていました。

      本当に、心遣いのよっくんです。。

       

      ちなみに、ここに入っていたクッキーを食べたいと言うので娘にあげたら

      おいしかったらしく「もっと!もっと!」と電車内で号泣され

      夜の電車で困り切った母でした(笑)

      クッキー、相当おいしかったみたいです!

       

      お写真は、幹事の安田陽子さんにご提供いただきました。

      素敵な会を企画していただき、お写真まで!ありがとうございました!

       

      次のステップに踏み出すのは、勇気もいることだけど、

      人生は長いから、大切なことですよね。

       

      続ける勇気、方向転換する勇気。

       

      最近、私も「さぁ、あなたはこれからどう生きるつもりだね?」と、

      神さまから問いかけられているように感じます。。


      えひめサイクリスト交流会

      0

        すっかり遅くなっちゃいました!日曜、月曜と、愛媛を伺っておりました。

        えひめサイクリスト交流会というイベントで、お話をさせていただいたのですが、

        いろんなことが「さすが愛媛」だなぁと思わせられるひと時でした。

         

        今回は、「当たり前になってしまっている自分たちの姿を一度客観的に見てみよう」

        という主旨で、街の一般の方々がどんな風にとらえるか、と、

        サイクリストの振る舞いなどについて、問題提起するような形でお話を構成しました。

         

        少しマナーとはそれますが、周囲を理解できるようにということで、

        「女性との走り方」についてもお話をさせていただいたのですが、

        多くの女性から「強く同感」と結構な反響がありました!

         

        初めてのテーマだし、いろんな考え方があると思うので、

        どんな反応が返ってくるかと緊張していたのですが、

        それなりに興味深く聴いてくださったようです。

         

        輪行時や立ち寄りが多い時はカジュアルウェアでも!ということで、

        カペルミュールさんとデマルキ京都さんにご協力いただき、

        カジュアルウェアを展示、ご紹介もさせていただきました。

         

         

        県内の活動紹介や、イベントの告知などもあったのですが、

        障害者の方にタンデム自転車などに乗っていただく活動をされている

        タンデム自転車NONちゃん倶楽部の紹介もあり、感銘を受けました。

         

        視覚障害の方が、タンデムに乗り、風を感じた時にどれだけ喜びを感じるか、

        障害を持たれているお子さんが自転車に乗せて走行してもらって、

        手をバタバタさせて喜びを表現しているさまが上映されたのですが、

        思わず、涙が出ました。

         

        会議で、タンデムの解禁の話になったときに

        「自分はタンデムに乗りたいなんて人に会ったこともない。

        タンデムにニーズはない」と県警に言われて、

        思わずびっくりして、「私はあります!」と発言したことがあったのですが、

        タンデムって、なぜかいつも「ニーズがない」と回答されるんです。

         

        本当にこういう活動されている方々ってすばらしいと思います。

        こういう活動について伝えていくことで、事態が動くことが、あるのではないかと思います。

         

        今年のサイクリングしまなみの告知もありました!

        愛媛は女性サイクリストを増やそうという活動にも力を注がれているので、

        子育て期の女性も参加できるよう、託児的なものも用意できませんかと

        ご提案してきました。(これも、女性たちから大きな共感がありました!)

        ワンウェイのルートでは難しいと思うのですが、実現したらいいな。

        もっと、ママになった女性も、乗れる環境が整ってくれたらと祈るばかり。

        ノッてるママずとか、結成しませんか?(笑)

         

        さて、場所を移動して、交流会です。

        愛媛県内には、何十ものチームがあって(90くらいでしたっけ、失念!)

        その皆さんが集まられていたのです。

        こういうサイクリストの皆さんが、愛媛の財産ですね。

         

        ノッてるガールズえひめの皆さんと!

        このチェックのジャージもかわいいですね〜。

         

        本当にありがとうございました!

        いろいろな方々とお話できて、貴重な機会となりました!

         

        翌朝、街に出たら、ごく普通に思いやり1.5m運動のラッピングをしたバスが走っていて、

        愛媛、すごい!と驚いてしまいました。

        自転車を追い抜く時、1.5m間隔をあけるというプレッシャーからか

        掲出を避けたがる方が多い中で!

         

        実は到着したときから驚きっぱなしだったのですが、

        リムジンバスの運転手さんが、「ブレーキをかけます、止まります」とか、

        車内事故防止に向けて、穏やかにお話されるんです。

        路面電車の運転手さんも、子連れの私の荷物を乗せるため、飛び降りてきてくれて

        私が路線図を見ていたら、信号で止まった時に「行き先は大丈夫ですか?」と

        聞いてくれたり、信じられない手厚さで!(やはり信号停止時は告知がありました)

         

        翌日は娘を連れて今治まで行ったのですが、その道中も、

        松山からリムジンバスに乗る時も、降りる時も、すべてのタイミングで、

        居合わせた男性が「大変だねぇ」と荷物を乗せ降ろししてくださって。

        さすがにこれは初めての経験で、本当に驚きました。

        愛媛、さすがすぎます。

         

        帰ってきて、羽田でリムジンバスに乗ろうとしたら、

        さっそく、ちょっと嫌なことが続いたので、こんなに人って違うものかぁと、

        しみじみ、淋しくなったりもしました。

         

        今回は咲璃を連れて行ったのですが、また先週から中耳炎が悪化して、

        飛行機に乗せられるかどうかわからない状況になってしまい、

        直前までハラハラでした。。

        薬が効いてくれたようで、終始ご機嫌に愛媛を満喫してくれたので、

        結果的には、連れて行かれてよかったー!

        アンパンマン列車にも乗せてあげたかったの。

        (このアンパンマン列車レポは改めて書きたい!!!)

         

        得るものの多い、2日間でした。

        愛媛のみなさま、本当にありがとうございました!


        えひめへ行ってきます。

        0

          今日は愛媛に向かいます。

          えひめサイクリスト交流会という会が予定されていて、

          ここで「マナー」に関するお話をさせていただく予定。

          サイクリスト交流会なる企画があること、

          しかもそれが早期に定員に達するってことが

          まず、すごいと思う!!!

           

          「講師」なんて肩書きをいただいてしまい、恐縮なんですが、

          最近、自転車に乗る人が増えてきて、当たり前に感じていることが多い中、

          それでも、自転車にレジャーとして乗る人は少数派なので

          「マナー」ってものに立ち戻って、いろいろ考えてみようと思います。

           

          お題をいただき、考えたり、意見を聞いたりして、

          私にとってもとても良い機会になりました。

          荷造りと、パワポを最終的に調整してて、こんな時間になっちゃったけど、

          とても楽しみです♪

           

          しかとお役目果たせるよう、がんばらねば。

          朝出発なので、まずは、寝坊しないようがんばらねば(笑)

           

          愛媛までの旅には、懸案事項もあるのですが、

          どうか、うまく、行きますように。


          しまなみ・ゆめしま!

          0

            先月取材に伺ったしまなみ・ゆめしま海道のレポートが

            バイシクルクラブに掲載されました!

            今回も、12ページの企画です。

             

            しまなみ海道をベースに、尾道や今治、

            さらには上島町の島々をつなぐゆめしま海道にも伺いました。

             

            しまなみには新しい施設が次々できていて、

            大三島に建設中のWAKKAは

            海を見る絶好のロケーションで、宿泊施設、カフェ、イベントスペースなどができる予定。

            コテージになってるところもあって、家族で行ったら、

            子供たち、大喜びだろうなぁ。

             

            この春、オープン予定です!

            楽しみー!!!

             

            尾道の駅のホームの上(!)にできたm3ホテルも素敵でした。

            ドミトリーも、すごく居心地がよそうだった。

            鉄道好きじゃなくても、ホームの上のラウンジはワクワクします。

            併設のレストランもめっちゃおいしそうだったなぁ。

             

            宿泊施設が充実してるのはやっぱり嬉しいですよね。

             

            そして、美しすぎたゆめしま海道。

             

            弓削島の大森神社のこの鳥居の魅力的なこと!

            高浜海岸のこの水!

            これ、海なんです!

            近寄ると、まっ透明で、本当にびっくりしました。

            海って、こんなに透きとおってることがあるの???

            いつか、夏に行ってみたいな。

             

            防波堤ペインティングも素敵でした。

            この土地だから映えるんだろうな。

            空が広くて、海が青くて、

            時の流れを忘れてしまいます。

             

            12ページあっても、伝えきれない感はありますが、

            最新の情報を詰め込んでいます。

            年明けの進行で、かなりタイトな感じだったんですが、

            今回も、魅力を伝えたくて、精一杯、書かせていただきました。

            ぜひぜひ、お目通しください!

             

            また行きたいなー!

             


            寒かったりゆるんだり。

            0

              風邪っぴきです。

              正月からずっと!

               

              あまりに喉が痛くて、なにか効くものはないかと探したら、

              レモンと生姜とはちみつと紅茶を合わせたものが効くというから

              まだ瀬戸内のレモンがある!と思い立って作ってみました。

              それぞれを好きな分量で混ぜ合わせて冷やして、それをお湯割りして飲むらしい。

               

              うーん。

              結果は想像の範囲内の味と効果でした(笑)

               

              土曜日はめちゃめちゃ寒くて雪が舞ったし、

              今日は結構ポカポカしてて、暖かめで、

              身体が適応にびっくりしちゃいそう。

               

              ロングライドの完走には、スピードの上げ下げが一番ダメージが大きいと

              言われることをなんとなく思い出してみたり。

               

              新調したラップトップはやはり不具合が解消されず

              初期化して、返送することになりました。

              サポートで迅速かつ丁重に対応してもらえたので、

              運が悪かったというところなのかな。

              初期化の方法はグーグルで調べてくださいと言われたのがちょっとびっくりだったけど(笑)

               

              10.10というOSだったラップトップから、

              10.15というOSにデータを移行したところで、

              なにか異常が出ちゃったのか、初期不良か、どっちかみたいです。

              こまめにソフトウェアもアップデートしておかないといけない、のかな。

              時代の流れに付いていけないっすー。

               

              それにしても、使えるラップトップが整わず、困ってます。。。

               

              てか初期化にもまたネット接続が必要なのね。

              指紋までみっちり登録してるし、初期化ってやつも、慎重にやらないと。

               

              初期化したら、購入時と違う反応になったから、なんか直った気もするなぁ。


              りんご問題継続中

              0

                最初に就職した団体がMacintoshで、

                そのあと、ウェブの作り方を教えてくださった方がMacintoshで、

                結局、ずーっとMacを使っています。

                いろいろあったけど、近年はトラブルも少ない的な印象で。

                 

                12月に入る頃からバッテリーがおかしくなって、

                一瞬でもACが外れたら全部終了してしまって、ファイルが消えるだけでなく、

                PCの時計も2015年に戻り、全部やりなおし、

                という状態になっていたんだけど、アップル社の商品は、

                毎年1月2日にセールをするから、そこまでこのラップトップをどうにかもたせて、

                オンラインで無事購入、した、はずでした。

                 

                想定外に製品のデリバリーは13日!?

                「発送完了」ってお知らせが来てから、さらに1週間後。

                どうして到着予想がそんなに遅いんだ?と思ったら、

                発送元のクロネコヤマトの支店は中国国内でした^^;

                 

                ようやくめでたく届いたら、進化して、バッテリーもなにもかもすべてUSB-Cになってて

                USBももう入らないので、変換アタッチメントを買って、

                データを移行してみたけど、一向にwifiを認識しないし、

                タッチパッドはうまく反応しない。

                 

                もしかしたら、ハズレを引いてしまったのかも。

                ああ。

                 

                今日電話で問題解決してくれるサービスを利用し、

                初期化して、OSを入れ直すことに。

                「30分以内で終わります」とサポートの女性は語っていたけど、

                もうそろそろ2時間、まだOSのインストールが終わらない。

                こりゃダメだorz

                 

                さらに知らなかったんだけど、ワードもエクセルも、パワーポイントも、

                これまでのソフトは使えなくなっていて、

                Office365とかいう、毎年使用料金を12800円払うアプリに誘導される。

                ひー。

                これって、Office2019ってのの方がまだ安いよね?

                言われるがままに進んでると、どんどんお金を取られるシステムだ。

                ともかくも、まともに使えるラップトップをひとつ整備しなくちゃだ。

                 

                そんな中、いろんなデッドラインが明らかになってきて、

                少々パニックになって、自暴自棄気味に飲み食いしてます。

                最近、コーヒー中毒だ(笑)

                ああ、免許の更新にも行かなくちゃいけないしなぁ。

                 

                ちょっと甘いもの食べて、

                ひとつひとつ、落ち着いて進めよう。

                 

                USBやSDカードを読み込める、前のMacBookの方がよかった、

                ように感じるのは、私だけでしょうか。


                みかんの皮まで食べてしまえ!

                0

                  誕生日に、香川の稲田さんから、曽根果樹園さんのみかんをいただきました。

                  無農薬で、土壌に万田酵素使ってて、ここの柑橘は段違いにうまい。

                   

                  今年は気象の影響なのか、みかんがこぶりとのこと。

                  むむ。

                  いかにも皮ごと食べられそうな。

                   

                  年末年始は八王子で過ごしたのだけれど、寒くて、

                  冷え性の私はみかんをそのまま食べにくかったり、

                  正月から風邪をこじらせて発熱しちゃってたこともあり、

                  みかんを焼いて食べ始めました。

                  これが、うまいんですよ、なかなか。

                   

                  みかんの薄皮にはヘスペリジンが入ってて、

                  血管とかお肌とかにいいはずなんだけど、

                  皮の方には、もっと濃厚に入ってると聞いたような。

                   

                  サプリメントで摂ったら高いけど、

                  捨てるみかんの皮で食べたら無料だ!

                   

                  一回そう思っちゃうと、もう捨てられなくなり、

                  ひたすら焼いて食べてます。

                  セオリーもなにもなく、電子レンジである程度加熱して、

                  ガスの魚焼きに鉄板を入れて、じりじりと。

                   

                  加熱するとビタミンCはダメになっちゃうけど、

                  そこは気づかなかったことにしよう。

                   

                  そんなわけで、毎日ひっそりとみかんを焼いて食べてます。

                  病みつきになりますよ!

                   

                  と、柑橘ネタ第2弾でした!(笑)


                  皮を鍋に入れるとおいしすぎる謎の柑橘

                  0

                    先日しまなみの取材で買ってきたこの柑橘。

                    「皮を擦りおろすと山椒の風味でおいしいよ」と言われ

                    迷うことなく買ってきたのを失念していました。

                     

                    昨夜横浜に戻り、なべ的汁物をしたので、思い出して入れてみたら

                    ...めちゃめちゃおいしい!!

                    なんだこれ??

                     

                    どんな味かって?

                    よくわかんないんです(笑)

                    ピリッとするような、香りがあるような?

                    ただ、味が深くなると思う。

                    苦味はない。

                     

                    なんだこれ?

                    そもそもなんという柑橘だったんだろう?

                    パッケージには生産者の名前しかなく、柑橘の名前すらわかんない。。。

                    「味はレモンだよ!」と言われたので、レモンの一種なのかな。

                     

                    上島町のリモーネプラザに並んでました。

                    お立ち寄りの際は、ぜひ!って、遠いね(笑)


                    「初山翔を送る会」と2019を終えて。

                    0

                      2019年が終わってしまいましたね。あっという間だった。

                       

                      29日に初山翔選手の自作自演引退パーティーがあり、

                      光栄にも、村上純平さんとMCを務めさせていただきました。

                       

                      基本的には、初山選手が全部企画、運営する方向と聞いていたのですが、

                      やる気満々な選手仲間たちと、この会に協力したい方々の熱意があり、

                      裏の実行委員会が作られて、連日ミーティングを重ねていたようです。

                      皆が'19シーズン最後のレースや仕事を終え、参加できる日程ということで

                      この日になったようなのですが、この暮れの時期でも、参加希望者は早々に定員に達し、

                      締め切ってからも「どうしても」という方々が多く、2フロアーを貸切にして、

                      どうにか120名ほどのみなさんを収容しての開催という形になりました。

                      (T.TONEGAWA)

                      「ゲスト」という形になった選手たちの顔ぶれが豪華で!

                      さらに、ゲームにも積極的に参加して、会を盛り上げてくれました。

                       

                      パンスト引き大会は「引き」が強すぎて、パンストが見たことのないちぎれ方をし、

                      かぶってたたいてじゃんけんぽんに企画変更。

                      (T.TONEGAWA)

                      (井上さん、お写真をありがとうございます!)

                      私も進行しながら、笑い転げました。。。

                      (井上さん、お写真をありがとうございます!)

                      初山も出ろということで、引っ張り出されてきたけれど、

                      なぜかじゃんけん自体に負け続けて、ヘルメット被りがプロ化!

                      完全に確率統計論をくつがえす負けっぷりでした(笑)

                      ゲーム終了後、来場者の皆さんがじゃんけんを試しに来たけど、

                      ここでも全員に負けるというミラクルが。

                      本人曰く「サービス精神」だったらしい。

                       

                      このあと、初山選手が引退理由を語る時間となり、沸きに沸いていた会場が、

                      話を聴くために、シンと静まりました。

                      (T.TONEGAWA)

                      パーティーとしては、かなり稀で、

                      進行しながら、当然ですが、来場してくださった皆さんは、

                      思いを持って全国からお越しくださっているのだと感じました。

                       

                      引退を決めたのは、10月初旬だった、と。

                      ここまで、「少しでも、前年を上回る」ことを目標にやってきたそうです。

                      三大グランツールのひとつ、ジロデイタリアで単独逃げを成功させ、

                      ガゼッタ紙を始め、世界のメディアに注目された今年。

                      来年、ここを上回ることができる気が、もうしなかった、と。

                       

                      ワールドツアー、プロコンチネンタル格のチームに所属するのも

                      非常に狭き門で、さらに母国にはプロコンチームもない日本人としては

                      その席を得るだけでも、大変なことで、その中でグランツールに出て、

                      トップレースを走って、となると、本当に奇跡に近いこと、だと。

                       

                      欧州で走ることを目標としてやってきて、まさにその目標だった格での活動をし、

                      そこを超える自分の飛躍のイメージや可能性が、もう描けなくなった、ということのようです。

                       

                      ここから何かやりたいことが決まっているわけではなく、

                      人生の次のフェーズに踏み出し、次の目標を模索したい、と。

                      (井上さん、お写真をありがとうございます!)

                      盟友、西薗氏は、同じくプロコンを経験した自身の経験になぞらえながらも、

                      彼なりのエールを送った、ものと思われます。若干酔いすぎてたかも(笑)

                       

                      こんなトップのコンディションにある年齢で選手を辞めるのは、

                      もったいないことなのかもしれないけれど、自分の中で整理がつくのであれば、

                      「人生の次のステップ」に移るのは、よい決断なんじゃないかとも思います。

                      ここまで自分を追い込み、レースで達成感を得てきたひとが、

                      普通の生活に馴染めるのかなというのは、ちょっと不安だけど。

                       

                      でも、なんだろう、この漠然とした大きな寂寥感は、と考えていて、

                      事前に教えてくれていたら、レースを走る姿を目に焼き付けたりしたのに、

                      後から「ジャパンカップが最後でした」となんて言われても、もう遅くないすか、あーた!

                      ということなのかなと思った。

                       

                      今後も、声かけがあれば、イベントの参加や、例えばレースの解説をするとか

                      そういう活動は可能なのだそうです。

                      グランツールで存在感を示した日本人はまだごく少数だし、

                      すっぱり、ここまでの活動と線を引いてしまうのではなくて、

                      十代でイタリアのチームに入り、苦労して、コミュニケーション能力も磨き、

                      ここまでやってきた経験は、伝えてほしいし、自身の価値を、活かしてほしいです。

                       

                      初山選手が「尊敬するアスリート」として掲げていた陸上短距離の福島千里選手からの

                      ビデオメッセージがサプライズで寄せられ、とても嬉しそうでした。

                       

                      豪華な賞品が並んだビンゴ大会を終え、

                      初山選手に、サプライズのプレゼントが贈られました。

                      NIPPOの会長からも真っ赤なバラの花束が届いていました。

                       

                      参加者全員に、NIPPOから初山選手の写真で構成された特製のクリアファイルが贈られました。

                       

                      29日なんていう押し迫ったときに、北は北海道、西は山口から、参加者が集まり、

                      仲間の選手が集合し、裏の実行委員会を作って準備して、

                      明治さんがビデオレターに協力してくれて、NIPPOさんからもこんなにプレゼントが贈られるって、

                      どれだけ、みんなから愛されてきたんだ!

                       

                      実は29日は私の誕生日で。。

                      サプライズで、ケーキを用意してくれました。

                       

                      実は、このケーキは、初山選手の誕生日と今季の活躍を祝して、夏に手配していたものの、

                      訳あって、その会が開催できなくなり、キャンセルしたものと同じものでした。

                      残念がっていたので、この機会に用意してくれたのだと思います。

                       

                      このサプライズはありがたかったけど、皆さんは初山選手のために集まったわけだし、

                      やっぱり私へのものを用意していただいたのは恐縮で...そんな話をしたら

                      「最初から、この日程は絹代さんの誕生日も含めたものだったじゃないですか」と

                      ふんわりと笑ってくれました。

                       

                      これから、どんな道をゆくのかわからないけれど、

                      きっと、周りのみんなを味方にしながら、これまでの経験を活かして、

                      初山翔ならではの新しい道を拓いて行ってくれることと思います。

                       

                      (T.TONEGAWA)

                      日付が変わって、今日からが新しいスタート、ですね。

                       

                      揺らがないシンの強さとか、前にぐっと出てくる強いオーラとか、

                      他の選手にはないものを持っていて、

                      「このひとは、送り出さなくちゃいけないひとだ」

                      と、イタリアで強く思ったあの夏は、もう12年前か。

                      本当に、お疲れさまでした。

                      羽ばたく姿を見せてくれて、ありがとう。

                       

                      この日のパーティーの、ひとつ大きな後悔と反省点は、

                      ダブルMCだった純平氏がしゃべる余白なく、私がしゃべってしまったこと。。

                      つい、時間内進行と、ざわざわするたくさんのひとに届けようとするあまり...

                      ああ、やってしまった。

                      ごめんなさい。

                       

                      そんなこんなで、2020が明けました。

                      私も、言い訳してないで、ちゃんと前に進まなくちゃと思います。

                      少しでも、前を見て、進化のある年に、したいです。

                       

                      1年後に、2020が、すばらしい年だったと言えるよう、

                      がんばりましょう!



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << October 2020 >>

                      profile

                      TEAM KEEP LEFT kabuto took

                      Twitterもそれなりに更新中☆

                      selected entries

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      recommend

                      links

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      みんなのブログポータル JUGEM